岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

山岡とカツカレー

男が読む詩集、といえば「湾岸MIDNIGHT」。どれをとっても印象的すぎる名言が多いのですが、僕の好きなくだりのひとつがこれ。ちょっと長いですが。

wan3.jpg

wan4.jpg

wan5.jpg

wan6.jpg

この章のライバルである自動車評論家・キジマは主人公アキオのフェアレディ「悪魔のZ」S30に挑むため、マツダのFCを選ぶ。けして現役とはいえないし、ロータリーのなかでも最新でもない旧車・FCをいなぜ選ぶのか?を説明するくだりです。

このくだりをはじめて読んだときに僕はかなり気が楽になったというか、せめぎあわなくて良くなった覚えがあります。

多かれ少なかれあるとは思いますが、それが小説でもマンガでも音楽でも作家でも下手したら食べ物でも、自分が選んだものが人から見てどうなのか、恥ずかしくないのか、正しいのかということを気にしつつ選んでましたし、人に「何が好き」と聞かれて答えるにはそういう対外的な部分においてこっぱずかしくないか、誤りでないかばかりを気にしていたからです。

古本の森に分け入るには自分が正しいコトをしている、そういったものを集めているということを問われたときにそれが正しいと言い切るつまり理論武装であり信仰告白みたいなものが必要だったわけですが、そういったものを気にせず「好きだから」「なんかいいかなと思って」だけで読み集めてもいいんだなと思うと気が楽になりました。
何が万人において正しいかはちゃんとわかってるけど、正しいかどうかなんて実はどうでもいい。正しいことは案外つまらない、って。こういうのをさらっと言えるのが楠みちはる節ですね。

しかしまあ僕も上司には未だに嗜好の部分では気が許せず、たとえばどこの店のラーメンが好きかみたいなことを聞かれてもどう答えるのが正答なのかを気にしてしまってなかなか云えませんが。

ちょうど食べ物の話に上手くつながりましたが、ではその「正しい食べ物」を圧倒的に分かってる男である、山岡士郎がホントに好きなのは何なんでしょうか? 
山岡は鋭敏過ぎる舌を持つ男。そして添加物や調味料、残留農薬にもめっぽう詳しく、きちんと作られた食べ物とそうでないものをいくらでも見極められる男。でもしかしじゃあ何が好物なのかはあまり本人の口からは語られてないようですが、僕はこれが好きなんだろうと疑っています。美味しんぼ20巻から。

katu1.jpg

同僚たちと歌舞伎を見にいき、寝こいた山岡が寝ぼけて大声で「ふわーい !! カツカレーの大盛りねえ―っ!!」と怒鳴る。
閉演後さっきの何よ、恥ずかしいじゃないの!と話題になり、カツカレーってのが恥ずかしいよな、といわれると逆ギレ。めずらしく「あの旨さがわかんないなんて!」

katu2.jpg

と描き文字で山岡の本音が描かれてます。この山岡が描き文字で本音、というのは、実は長い美味しんぼ中でたった一回しか登場しなかったのでは ? それだけに本気度が高いですね。夢の中では体裁や何が正しいのかなんて考えなくていいので本心からのオーダーに違いありません。本心の欲求がカツカレーの大盛り、というあまりに体育会系なメニューだったりするのが山岡の本質か、と勘ぐりたくなるのも当然。

また栗田が団社長とくっついた!と勘違いしてボケた山岡が社主に朝食会のメニューを考えろ、といわれて出してきたのもカツカレー。

katu3.jpg

何で朝食なのにカツカレーなんだ!と叱られるが、山岡は昼食と勘違いしてた・・・つまり山岡にとって皆から不平が出ない昼食の代表例がカツカレーだったのです。さらに61巻では、山岡ではないですが副部長がカツカレーの素晴らしさを力説し、周囲も「よくぞ日本人に生まれけり!!」と大喜び。

katu4.jpg

いやそれにしても副部長みじめな食べ物大会でもトンカツのコロモだけをチョイスしてきたり、山岡も「カツ丼を考えた人はなんて自由人なんだ!」と感動したり、トンカツネタが実は以上に多くて好意的だったりします。ですがトンカツもカツカレーも、食の正しさという観点からはあんまり賛同は選れない感じはするんですよね。もちろん究極VS至高のメニューでも、カレー対決のときにカツカレーを創ってきたりはしないですし。
でもある種の男にとってカツカレーは絶対的にイイことは間違いがないのです。正しくなくともいいんです。正しかろうが誤ってようが知ったことか、というこの振れの幅があるあたりが美味しんぼですが、もっと振れを大きくすると「孤独のグルメ」に行き着きます。つまり正しさなんかはじめから考えてない境地に。

カツカレーは旨いものをふたつあわせたメニューなのでそうそう失敗作は出来ないはずなんですが、府中の免許センターの食堂のカツカレーはすごくまずかったので衝撃を受け、免許更新のたびに食べています。ルーも足りないしぬるいしカツはアブラでギトギトなのです。給食以下です。
なのでそれを渋谷店の飯田さんに「府中の免許センターの地下食堂のカツカレー、すごいまずいから食べた方がいいよ」と伝えたところ、彼は食べに行き、しかも「まずかったです」と報告してくれましたが、よく考えたらまずいから食いにいけと云うのもヘンだし、ちゃんと食べに行く奴もやっぱり問題ですが、何故か二人の間で妙な満足感があったのも事実なので、それはそれでいいんですかね・・・? わざわざあんかけ抹茶スパとかを食いにいったりする感覚でしょうか?
  1. 2009/07/31(金) 23:55:45|
  2. 美味しんぼ

栗田ゆう子の髪の横っちょのちょんまげは7巻にてなくなっていたことが判明

かつて

「初期の栗田ゆう子は髪の脇に束ねた個所がある」
「ハートの髪留めを多用」

旧岩井の本棚35回にて説明しましたが、具体的に初期といえるのが何巻なのかはぼくも特に調べずじまいでした。
しかしこの「美味しん本」には「第7集で左側のちょんまげがなくなる」とズバリ指摘。おおむね初期山岡、初期雄山とも激しく仲たがいして互いを憎み吼えるのはひとケタ台なので、まとめると作風的に初期は9巻まで、といってもよいのかもしれません。ここから先は少しづつ関係修復と対決の繰り返しになるわけです。15巻で至高VS究極、が明示されてからは特にその傾向が強いですね。
そんな些細な疑問にも答えてくれるこの「美味しん本」。前回は「みどころ」の良さをお伝えしましたが、今回はその続きです。まずは山岡編。

koro6.jpg

この回の山岡の栗田のつくったメシへの難癖のつけ方はホント思いやりなくてみててイライラします。確かにずっと「オレの母親は雄山にいじめられて死んだんだ!」と主張してたくせにこのヤリ様はないですよ。

koro2.jpg

「足腰弱すぎではないだろうか」。本来のガイドとしては全く不必要なくらいこまかいツッコミです。でもこれは云われるまで気がつかなかったですね。山岡はほかにも自殺しようとする力士を助けて川にドボンと落ちる、というのも経験済み。たしか京都でも沼に落ちてたし、鯛の干物のときも海に落ちてたろ。つくづく水に落ちる機会が多いですな。

koro3.jpg

「ただのクズです」!。毒舌が山岡の持ち味とはいえ、いつも感じるのはマズいとはいえ作った人には全く敬意を払わない部分ですね。一緒にメシを食いにいこうという気になりません。こんなのと文化部の人は何故昼食をいつも一緒にいくのか。慣れは恐ろしいです。

koro4.jpg

礼儀に反すると分かってたらやらなきゃいいのに、それを口にしてヌケヌケとやるのが山岡流です。冷やし中華の回の、店主を前にして「まずスープがダメだ、ろくにダシをとってない」と目の前でいうとこなんかまさにそれですね。これをなだめるのがゆう子の役なんだが、結婚するともうこんな。

koro7.jpg

接待の場で「水道の水だからくさくて」。こうなると接待なんだかやりこめてるんだか分かりません。いやな夫婦ですね。

そんな山岡も丸くなったんだなと分かるのが

koro8.jpg

山岡が場を和ませるためにおやじギャグ! かつての名言
「日本の食通とたてまつられてる人たちは滑稽だねえ!」
「ああ聞こえましたかそれはどうも!・・・感想をひとり言でいっただけなんだが・・・」
「スーパーの寿司の方がよっぽどうまいぜ」
「できそこないだ、食べられないよ。」
「30点・・・」
がウソになるような気の回しっぷり。みなさん、社会化されると言うのはこういう事ですよ! 牙を抜かれるの実例がここにあります! 

初期といえば初々しいころのゆう子についてもチクリ。

koro1.jpg

男性の免疫がない・・・山岡と歩くときに腕組むの大好きなゆう子ですが実際はどうなんでしょう。いいように手玉に取ってるなあと思った時期もありますが・・・。そしてツンぶりも「みどころ」ではいい表現で指摘。

koro5.jpg

ぶんむくれ。とはいえむくれるそもそもの原因はゆう子と団社長が接近したからなんですが・・・。この時期のゆう子は3人の男を秤にかけてた悪女ですよ。

やがて結婚すると、究極のメニューに新入社員飛沢が配属。だが初対面の印象はというと・・・

koro9.jpg

ピリピリして生意気で人相も悪い、と言いたい放題です。初対面の印象が強烈、っていうのは美味しんぼキャラの特徴なので、これは当然かも。でもそんな飛沢は究極側なのに、至高のメニューの雄山にも心酔。伝書鳩化していく有様を「みどころ」ではこんな表現で。

koro10.jpg

「直接いえばいいじゃないですか」。それがいえたら美味しんぼが成立しなくなっちゃうというものです! だいたい親子で和解するのに100巻かかるって、どんなこじれっぷりだよ! あらためて「結婚するまで46巻、和解するまで100巻」は長すぎると考えざるを得ません。
  1. 2009/07/15(水) 23:52:51|
  2. 美味しんぼ

みどころ、が素晴らしくポイントを突いている

また美味しんぼの話で恐縮なんですが、この「美味しん本 究極の反骨LIFE」は本の半分を全話のデータリストとして収録しています。最初チラ見したときは、話のタイトルとかるーいストーリー紹介なんだろなと思ってたんですが、ここにある「みどころ」が美味しんぼ好きにとってはホントに見所すぎるので拍手を送りたい所存なのです。
たとえば美味しんぼの初期エピソードの中でも印象が強い生ガキの話「鮮度とスピード」では、恩人に美味しいカキを食べさせてあげたいと、山岡が暴走族のバイクに2ケツして遠方よりカキを運ぶ・・・というストーリーですが、ふつう「みどころ」というのであれば、危険を顧みず最上の味を味あわせるために飛び出した山岡を称えるはずです。しかし

mido4.jpg

「もっともなご意見で場をしらけさせる雄山」のほうが「見るべきシーンである」とみどころ執筆者は突いているのです。感動する部分や考えさせられる部分ではなく笑えるところ、突っ込むべき箇所、何コレ!? というシーンをより重視して「みどころ」と解釈しているわけで、これはすばらしいスタンスです。すくなくとも「美味しんぼは食に対して本当に真摯だよな」とか「海原雄山や山岡の食に対する美学はすさまじいな」と感心する層よりは、美味しんぼ好きだけど好きが高じてネタ的に見るようになったジャンキー寄りのスタンスですね。

たとえば富井副部長といえば舌禍と酒乱。この二つでトラブルを招いてマンガ界屈指のダメ上司として有名ですが、

mido8.jpg

やっぱりかばう谷村に対して批判的です! 設定や物語の展開に対しオフィシャルブックのほうで「そりゃないよ」という事態っていうのは、相当常識から考えても富井副部長の酒乱ぶりはイライラするということでしょう。ほかの「みどころ」でも「これだけの酒乱キャラはめったに出てこないから、富衣服部長だけは禁酒したりしないように願うばかり」的なことも書かれてました。そのとおり、いくらイライラしてもまじめになったらそれは富井副部長じゃないのです! 

山岡の一張羅だった黒のスーツについてもチクリ。

mido3.jpg

この話なら輸入レモンの安全性についてが話の主題なんですが、そうじゃなくて「ハイキングにいってるのに何で山岡ひとりだけ黒スーツよ。TPO考えれ」というのが「みどころ」だ、といいきるピンポイントさ。
そして結婚してすっかり尻にしかれるようになって、オフの日は黒スーツを着なくなった後年に対してはこの痛快なツッコミ。

mido7.jpg

「はい、今日はこれを着ていってね」とゆう子が渡してるんだろう、というその服装がコレ。

山岡7

これは確かに山岡チョイスじゃないですよね。

さらに意外に傍若無人というか、思ったことをズバリいうゆう子に対しても容赦ない。

mido5.jpg

本人目の前にして「気持ち悪い」。素直というよりはただの毒舌です! このシーンのギャップ、いわれてみてはじめて気がついたくらいです。

mido1.jpg

浮浪者と一緒に酒飲むようになったゆう子に対し「山岡ワールドにひきこまれている」という言い方もいいですね。まさか山岡自身が後年、栗田ワールドに逆に引き込まれることになるって誰が予想したんだ。山岡ワールドがそのまま継続してたら間違いなく今でも山岡は独身でしたから。

ほかにも当然、雄山に対しても鋭いツッコミが。

mido6.jpg

「それにしても短気すぎ」は物語の根底を揺るがす発言ですが、これは富井副部長の場合と同じで「しかしそれでなくては美味しんぼではない!」という強い愛が感じられます。このほかにも雄山みどころ旗草なりましたが、そっちは次回に回しましょう。

さらには原作の設定ミスに対しても「みどころ」はあるゾとばかりに

mido2.jpg

たしかに披露宴の料理を、新婦に横恋慕してた男に任せるのは尋常じゃない空気読めなさです。これもみどころ執筆者に指摘されるまで僕、気がつきませんでした。

もちろんこんなみどころセレクションばかりじゃなく、ふつうの紹介が大半なのですが、中にはこのように執筆者のツッコミ的な視点が強調されたみどころが散見され、それが実に「みどころ」なので、僕なんかは「そう、そこまさにみどころだよ!」と小躍りしたくなるのです。オフィシャルブックなのにこの若干ネタ的な方向に針がふれててしかもイヤミじゃないあたり、中の人はそうとうヤリ手ですね。このオフィシャルブックを買うような層は当然美味しんぼを読み込んでいる層ですから、もう一回「こんなシーンあったか!? 」と読み返させるのがこのガイドブックの意義。そう考えればまさに「みどころ」の趣旨を完遂している出来具合といえます。もちろん美味しんぼビギナーにもこれだけ突っ込みどころを指摘してるわけなのでオススメ。

それにしたって小学館はゴルゴのオフィシャルガイド「ゴルゴ学」を出版したときにも「ゴルゴは仮性包茎ではないか」というどうでもいいネタに数ページ費やすなど、まじめとネタの振れ方が絶妙ですね。この辺、あまり面白味がない講談社のガイドブックとはかなり差が出てるなあと感じてしまいますな。
  1. 2009/07/14(火) 17:26:05|
  2. 美味しんぼ

怪しい? 妖しい?

ガイドブック「美味しん本」のせいで美味しんぼ熱がまたぶり返し、「有名なシャッキリポンって擬音出てくんの何巻だっけ」とか

栗田2

( 31巻「鍋対決」です )、

「カレー屋マイダス王の主人が悩んだ挙句あげた奇声ってなんだっけ」とか

栗田1

つまらないことを調べていたらこんな時間になりました。ちなみにいまは、たとえば二木まり子と山岡がベタベタしてたりして栗田ゆう子が「つん!」といってそっぽを向くのは合計何回あるかを調べているところです。付箋というのは便利ですね! 

そういえば山岡は実はかなりのモテぶりで、栗田に二木以外にも、片思いしてた女性がけっこう出てきたりします。なかでも読み返してたら、実は10年位前に中学生の女の子に「ねえ将来お嫁さんにしてね!」と告られ、山岡あっさり「いいよ」と答えていた・・・などというエロゲーのような萌え設定もあったことにビックリ。栗田もモテるけど山岡も相当ですね。さすがあの二木まり子が山岡とのあいだに既成事実を作ろう、とガバっと山岡に抱きつき「ああ・・・言葉なんてまだろっこしいわ!」といいながら逆レイプしようとするだけはあります。

まあ栗田も栗田で、山岡を憎からず思っていつつも金持ちの団社長に誘われればホイホイついていき、それを山岡に見咎められるとこんな詭弁で応酬。

栗田3

栗田4

団社長と食事に行くけどこれはデートじゃないんだからね!って。ただ食事に行くだけだったら、ハイヤーに乗ってフランス料理なんか食いにいかんだろ。

で今回はずっと誤植なのかそうじゃないのか迷っている表現です。28巻「長寿対決」の回ですが、

栗田6

男ふたりが視線をあわせてニコリ。その次のコマで「なにか妖しい雰囲気ね・・・」って、このコマだけ抽出するとどうにもホモっぽい印象をもたざるを得ませんが、この場合は「妖しい」ではなく「怪しい」なんじゃないかなあ? と思いつつもう10年以上経ってます。手元にある2004年発行のものでもこのままなのですが、実際のところはどうなんでしょう。まあぼくは京極×岡星とか団社長×近城とかを支持する人間なので一向に構わないのも事実ですが・・・。
  1. 2009/07/11(土) 23:54:46|
  2. 美味しんぼ

最強の美味しんぼガイドが発売!

いやいやいや、美味しんぼについては当コーナーでも何かと紹介してきましたが、すごいガイドブックが発売されましたね。

山岡3山岡1

左のチンピラ然と黒スーツの山岡が立ってる方が「THE美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編」で、右の政財界の大物と闘牛を足して2で割ったような怖いころの雄山がヌッとそびえてるのが「海原雄山 至高の極意編」です。何がイイって、両者ともいまの山岡と雄山ではなく、初期山岡と初期雄山でビシっと決めてるのが最高にイイですね! 
この画像だと見えづらいですが、山岡の方は「日本の食通とたてまつられてる人間は滑稽だねえ!」などのアオるコマが。雄山のほうは「これを作ったのはだれだあっ!」「見ろ!手が汚れてしまった!!」といったドS画像がふんだんにバックに使われております。この「オレたち初期で攻めるから」というセンスがビンビン伝わってます。ちなみに山岡の方は「MAVERICK」(一匹狼)、雄山には「TYCOON」(大君)と、スゴい称号がついてる。狼と大君が親子って、この家系は曽祖父まで追っかける必要がありますよ。

この本は美味しんぼが休載していた時期から「のぼうの城」が連載していたころにスピリッツで連載してた特集記事が原本ですが、いやあ僕らファンにはたまらない出来栄えですね。いままでも「レシピ集」や「美味しんぼ塾」も買っちゃいましたが、今回も間違いなく買っちゃいますよこれは。

山岡編は怒りの山岡と雄山のエピソード、さらになんと富井副部長の人柄分析、京極万太郎特集、そして京極さんといえば、単行本未収録の

山岡4

が初収録、とやりたい放題です。単行本未収録だった(とくにマズいことがあったわけではないのですが)この話は、京極さんの愛娘がカレシをつれてきて京極さん激怒、というぼくのような京極×岡星の同人、出たら絶対買うよ!というだめなヒトにはたまらないエピソードです。こんな大人気ない京極さんが。

山岡5

怒る京極さんは滅多に出てきません。確か自動車会社の社長から「土地を売ってくれ」と言われて怒ったとき以来のはずです。

ほかにも雄山と山岡のキャラ紹介で、家系なのかこの口の悪さは・・・として

山岡6

こんなシーンや、初期と後期の差で出てきたこんな

山岡7

シーンで笑いどころが分かってる感ありますね。これがオフィシャルブックなんだからすばらしい!。

雄山編は美味しんぼの基本理念である「食でヒトに感動を」「食の安全を」にやや傾いた内容で、作中に登場する「京味」やすっぽんの「大市」など名店の紹介と、作中で出てきた名品・・・「ばいこう堂」の和三盆やヤマヒサの醤油などが取り上げられてます。「美味しんぼ塾」やレシピ本が好みだった人は雄山編、原典主義者は山岡編がそれぞれオススメですね。

今回うれしかったのは山岡編に収録されている「全話エピソード紹介」。どんな話が何巻に収録、というのが丸分かり。ぼくのように「六三郎でてきたスッポンのからあげって何巻に出てくるっけ」「アイスクリーム屋をスパイした中松警部が騒がれてコソコソ逃げるシーンって何巻だっけ」というダメ検索をよくする者には非常に役立つデータベースです!

ひとつだけ個人的に惜しいなと思ったのは、ゆう子に関しての記述があんまり多くなかったり、キャラクター・・・とくに岡星さんや大原社主、部長や中川などの脇役についてのキャラクターデータベースがなかったこと。いまの長編マンガのファンブックにはキャラ表は必須なんですが・・・ってリボーンや銀魂の集英社キャラブックと同列に語ること自体がちょっとおかしいような気もしますが、でもやっぱり続編が出てもいい気もするんですよ! ゆう子編が出ると三者揃い踏み、ってカンジで見栄えもいいと思うんですが、どうでしょうか小学館さん! 
  1. 2009/07/09(木) 23:41:14|
  2. 美味しんぼ

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション