岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どんなに可搬性が悪くとも使ってみたい携帯プレイヤー

以前「とろ鉄」の不必要な柱について触れた際に、

「単行本の金額の半分くらいは、雑誌掲載時に載ってる柱や広告や登場人物紹介を省くために支払ってる」

と記しました。ちょっと傾いた書き方だったので、異論がある方や読んでて違和感を感じた方もいるかもと思います。

では雑誌で読むことの楽しさは何かというと、封じ込められた時代をそのまま味わえるということです。68年発行の「漫画アクション」の柱にはこんなことが書いてあります。

zawa2.jpg zawa4.jpg zawa1.jpg zawa0.jpg zawa3.jpg

ここだけ抽出すると「こんなこと書いてあったっけ」と思うのですが、数ページに一度ずつこんな調子で柱にコピーがついてるんですよ。「岸本先生のマンガが読めるのはジャンプだけ!」みたいなものですね。ガールハントとか、ケメ子とか、ノリが60年代のままですね。当時読んでた方はこんなの何の気もなく視界にすら入ってないと思うんですが、40年を経た今読むと一文一文読まずにはいられません。雑誌で集めるというのは茨の道ですが、あえてその道を進む方が多いのも分かります。

さてこの号には中沢啓治の「三匹の蟻」が掲載されてます。

zawa5.jpg

内容はというと巨悪打倒モノ悲劇でありきたりですが、主人公の妹が巨悪の現場を抑えるために持ってるテープレコーダーがめちゃくちゃカッコいいんです。

zawa6.jpg

手の平サイズでオープンリール!当時こんな小さいオープンリールあったんですか? すでにカセットテープはあった時代じゃないかと思うんですが、ウォークマン登場まではかなり先という時代の描写です。

最近は数センチしかないシリコンオーディオばかりになってきて機械としての存在感がある携帯オーディオは少なくなったなと感じざるを得ませんが、それに比べてこのメカ感! オープンリール個所は駆動しなくてもいいので、こんなipodを作って欲しいです。

ちなみに僕はカセット時代のウォークマンを数台乗り換えた後にDATウォークマンを4台乗り換えて、世間がとっくにMP3再生がメインになってたころもCDとMDのまま、最終的にはリニアPCMレコーダへと移行してったというかなり偏りがあるプレイヤー暦をもっていますが、そういうダメな人からするとこのゴツいいかにもオープンリールな無骨なスタイルは是非所持してみたいという欲にかられます。ぶっちゃけこの大きさなら中のメカ部を外してシリコンオーディオ組み込むこともスピーカーを内蔵することもできますし。便利な世の中になったものです。
最近聞いた話で驚いたのは、カセットウォークマンを知らない人は「メタルテープ」はヘビメタ専用のテープで、テープレコーダの「メタルポジション」という切り替えスイッチはヘビーメタルを聞くときに使うものだと思ってた・・・という話。ずいぶん限定された用途しか使えないテープですねえ。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/24(金) 23:48:13|
  2. 中沢啓治

屁と世界平和

前前々々々回くらいに中沢啓二先生について触れましたが、中沢先生は皆さんご存知のように反戦マンガ家としての1面のほかに、下町大衆ものともいえる人情マンガを数多く描いています。市井でつつましい生活を送る主人公が多い、両親を失ったものやハンディキャップを負った人が多く登場する・・・とともに登場頻度が高いのが、屋台です。
以前紹介した「お好み八ちゃん」は鯛焼き、たこ焼き、お好み焼き、カレーのそれぞれ店主の話ですが、他にもほるぷの作品集とか読んでいくと、ラーメン屋台も出てきましたし、食べ物の屋台はあらかた登場してるんじゃないか、ってくらい頻度高いです。
今回70年代の雑誌「現代コミック」にも中沢先生の名前を発見。あすなひろしとともに新鋭登場、という触れ込みで掲載されてましたが・・・。

    芋4

「芋を食って一度考えてみよう!! 新鋭が投じる問題作!」

問題作、って云われても。「芋を食って一度考えてみよう!!」ですもんねえ。バカにしてんだか本気なのか何度考えても分かりません。

     芋2

主人公は一流商社の面接でこんなことを言ったのが幸いして採用。でました「ハハハハハハ」中沢笑い!。
ところが商社が武器に関する仕事もしていたと知り退社。彼の父が戦争によって足をケガしたので、戦争の道具には関わりたくないと思い切り、石焼き芋屋に転じる・・・という物語。でもなあ、

     芋1

「おれは芋食って屁を出す平和主義者だよ」

     芋3

「焼き芋会社を作って世界中の奴に焼き芋を食わせて屁を出させてやるよ 平和の屁を」

焼き芋を作ることよりも何故か屁をすることに主眼が置かれてるような気がします。
平和の屁、ってなんだ、屁を出す平和主義者、ってなんだ・・・? 屁とは、芋とは、平和とは・・・。考えれば考えるほどこんがらがって、しまいには「ああ、おれも芋食ったあと屁がけっこう出るから、どっちかといえば平和愛してる方だよな」「最近屁出てないな、平和への祈念が薄くなってるからかな」などと途方もない勘違いを生みそうです。僕は体質からいっても昔から平和主義者のようですが、あなたはどうですか?
  1. 2009/06/08(月) 22:20:33|
  2. 中沢啓治

ウィークポイント

前前々回くらいに中沢啓治の描き文字について触れましたが、先日同僚との話であることに気が付かされました。
どうもぼくは物語が良いとかストーリーが深いとかそんなんじゃなく、いいコマ、いい表現があるかないかだけで作品の評価につながる癖があるようです。まさにそのとおりです。物語を覚えてなくても、コマの絵だけ覚えてる作品のほうが多いですから。
その点では中沢啓治先生の作品はいい表現だらけで、ぼくにはウィークポイントだらけです。路地があって、ダンボールがあって、中見ると子猫が5匹くらい入っててミューミューいってて、その上母猫が不在で、しかも自分スーパー帰りでカツオブシもってて、しかも通路にだれもいない、みたいな。
ジャケ、タイトルからコレですもん。

     中沢1

妙に筋肉質な猫、猫の手が変、あと猫にまで水を出す律儀さが和みますね。

     中沢2

これは中表紙ですが、表紙と中表紙でこれだけネコを描いてながら、実は作中にこのネコが1コマたりとも登場しないというズバッとした潔さに和みますね。

     中沢3

いうだけいって「もうねるわ」。すごい展開の早さそしてツンぶり。「にあうといいなさいよ」いわれたいですね。これ以上ないツンです。
お好み八ちゃんは主人公がお好み焼き、たこ焼き、タイ焼き、カレーの屋台の兄ちゃんという、屋台オムニバス集ですが、中沢先生らしく主人公の男は全員楽天家でグズです。でもこのタイトルはないだろう。

     中沢4

「カレーバカ」。何でこの画像だけサイズちっちゃいんだ、と感じる人もいるかもですが、あんまり良くない表現が入ってたのでサイズを削減させていただきました。
主人公は大のカレー好きですが、妹ももちろんカレー大好き。

     中沢5

肺炎で苦しいのに妹「うううカレーカレー」しかいわない。肺炎といったら相当食欲なくなる病気だと思うんですが、カレーは別腹です。このぶんならカレー食べたら全快するよ。
主人公が目が見えなくなるが「おれはそれでもカレー作るよ!」っていうシーン。

     中沢6

3コマ目のコトン3連呼が妙にかわいいですね。

     中沢7

こんどはタイ焼き屋台が主人公のマンガから、奔放な少女に向けて主人公が送った詩の内容がイイ。「進め~進め~」。脱力しますね。
ちょっとひらいただけでぼくが好きな表現ばかりです。コレのどこがいい表現なのか!といって憤慨する方も少なくないと思うのですが、ぼく明日健康診断で「きみ太りで不健康決定」とダメだしされるだけのブルーな一日で、ちょっと不安定だということでお目こぼしください。
  1. 2009/06/02(火) 00:04:34|
  2. 中沢啓治

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。