岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やたらと白飯ばっか食う奴/1

食べ物描写のあるマンガはいまでこそいくらでもありますが、80年までは個人の嗜好に偏りすぎた食べ物描写はそんなにはありませんでした。そんななか前川つかさの「大東京ビンボー生活マニュアル」は個人的なこだわりと金銭感覚の独特さで多くのファンを掴んでいたように思います。

発行は87年から3年。世間ではバブルやなんやで景気がいい話ではありましたが、フリーターという生き方が注目されたのもこの時期。主人公コースケは定期アルバイトについておらず日雇いや商店街の人々の手伝いをしつつも、何故か食えて生活できててしかも彼女もいるという人徳の人。そんなコースケはいっつもピイピイしてて「この日ポケットには228円しかなかった」とか「53円しかなかった」とか「残り22円のうち2円は貯金するとして・・・」といったあまりにつつましい生活を営んでいます。2円を貯金する! 少なくとも「落とした1円玉を拾うと1円以上労力がかかるから拾うのは損」などという人は絶対に出来ない発想ですね。
コースケはビンボーですが世間に対して引け目がなくビンボーを楽しむ域に達しています。だからこそ憎まれないしだれかれが優しくしてくれるんでしょうね。

このころ世間はバブルで美食だグルメだといわれてたわけですが、このマンガではコースケはひたすらに米食道を邁進しているのも心地よい。日本のビンボー人にとって「米さえあれば何とかしのげる」というものです。たとえば若者の味方である牛丼。マンガに登場しやすいモチーフですが、米っ食いコースケの牛丼コースはこれ。

bin1.jpg

「バイトの金が入って懐が暖かかった」時しかやらないとはいえ、この日は牛丼半額デー。

bin2.jpg

まずは牛丼の具をアテにしてビールを一本。なんだ豪勢じゃないか(そんなでもないか)、と思いきや、具だけというところが不穏。残ったのは白飯だけ。ああわかった、牛丼の汁をオカズにかっこむのね・・・と思ったら甘かった。

bin3.jpg

熱いお茶?

bin4.jpg

そう、タダの紅生姜をのせまくりお茶をかけてお茶漬けにしてしまうのです。ビールでコッテリとした具を食べてシメにお茶漬け。全然アリ、ビンボ臭くない・・・いや、ビンボ丸出しですね。

で、この日は半額だからとも一杯持ち帰りで購入し、

bin5.jpg

翌日それで牛丼ヤキメシをつくる! これ何度見ても「やってみたい」と思うも、結局20年来やれずにいる謎食です。レンジであっためるのがまだ一般的でない20年前の描写ですからね。だれかに経験談をお聞きしたいところです。妙にウマそうなのがくやしいですね。

さらに学食に行ってはこんな組み合わせで。

bin6.jpg

最小金額でオカズをつけて異を満足させるにはたしかに麺類よりもこっちの方が腹持ちがよさげです。同様選択肢でなっとう、というのもアリですが、学食にいまあるのか?・・・て、しらすおろしもいま学食にはないだろうなあ。何故か親身になって「どうすれば安くて腹いっぱい食えるか」を考えてるともっと上手が出てきます。コースケの友人の組み合わせは身もフタもないコレ。

bin7.jpg

まあそうだろうな。これしかないですわ。最悪みそ汁さえあれば飯は食えます。ただ学生でもなんでもない人間がコレをオーダーするにはけっこういろいろと捨てるものがないとなかなか言い出せないですね。100円マックなんてものがなかったころはそこそこ安く飯食おうと思ったら苦労したわけで。

米っ食いにも程があるのはコースケの親戚のマー坊。

bin8.jpg

「ごはんですよ」さえあれば何もいらない・・・って、まあそれはありですよ。でもさ、

bin9.jpg

コメ4合半も食わんだろ普通。4合半って1300グラムですから、旧ココイチの大盛りチャレンジカレーくらいですな。

まんだらけ渋谷店の小山さんが塩だけでコメ4合食った、という話を以前聞いたときにも感じましたが、感心するよりもまずyなんか怖くなります。4合半ですよ。吉野家の牛丼大盛り3杯とか4杯とか、そのレベルです。それを塩やごはんですよだけでって、胃だってきっと「もっとちがうもの消化してえな」って思ってるよきっと。

大東京ビンボー生活マニュアルは人情マンガとビンボーライフマンガをうまく取り合わせて、惨めじゃないビンボー生活を描けてたから夢があり、役者や音楽をめざしつつフリーター生活・・・なんて夢を見る若者に愛されてきましたが、いまの世でコレをおなじコンセプトでやろうとしても「闇金ウシジマくん」的なものになってしまうのかと思うとちょっと身震いがしますね。

ともあれ「孤独のグルメ」的な食べ物マンガが好きな人にはおすすめの「大東京ビンボー・・・」。食描写がおおいので、また改めて続きを紹介していきますのでよろしくお付き合いを。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/05(水) 23:49:16|
  2. 食べ物

冷やし中華、天ぷらそば、カップ焼きそば

先日「みなみけ」6巻を読んだところ、「カップ焼きそばを食べたい気持ちと焼きそばを食べたい気持ちは全く別物」という主張が出てきました。

yaki1.jpg

げにそのとおりで、焼きそばが食べたいんだけどカップ焼きそばで我慢、ということにはなりません。あれは全くの別物です。

この「インスタントが別モノとして成立しているか、ただの代用品なのか」はなかなかに難しいテーマです。たとえば冷食のピラフやピザは本物の代用品なので、本物が横にあったらみなそっちを選ぶと思います。そりゃ中には「俺は冷凍食品のピザじゃなきゃダメなんだよ!」という人もいるかもしれませんが少数でしょうね。

ですがカップヌードルが食べたいときにちゃんとしたラーメンを出されても不完全燃焼ですし、みかんの缶詰が食べたいときに生みかん出されても意気が上がりませんし、キューピーのミートソース缶(マッシュルームが入ってない奴)が食べたいときにちゃんとしたポロネーゼを出されても箸の進みは悪くなる・・・というものです。

このようにそもそもが何らかの代用品的に作られたものがいつのまにか代用品の枠をはみ出て独自の位置を得ることはまれに起こりますが、やはりインスタント業界や缶詰業界においてそれは顕著です。レトルト系や冷凍食品系は「本物に限りなく近づく」ことに主眼を置いているからか「今日はどうあってもSBディナーカレーの中辛じゃないとダメだ」という事態はあまり起こらないみたいですね。

そしてこういう「インスタントはジャンクなりのよさがある」を力強くいってくれたのが泉昌之の新作「天食」。いやあ大納得でした! 

浪人姿の男が食べ物に対してウンチクをこねるシリーズ「食い改め候」の第1話は冷やし中華。冷やし中華が食いたい!しかし飛び込んだ店ではこジャレた冷やし中華(クラゲやサクランボが乗ってる)が出てきて、むかし町の中華屋で食べたようなシンプルな冷やし中華じゃなかったことにガッカリ。こうなったらアレだ!とばかりに町中のスーパーを探すがなかなか見つからない「アレ」とは・・・。

yaki2.jpg

これです! そう、冷やし中華のインスタントといったらこれに勝るものはないですよねえ。異常にすっぱくてとても飲めそうにないあのタレ。そしてノンフライ故に食感がある麺。食べ終わった後にしばらく置いておくと部屋からなかなか冷やし中華臭が取れないほどの存在感ですよ。泉昌之さんが鋭いと思うのはあのフリカケにまで言及してることです。

yaki3.jpg

冷やし中華の具代わりにフリカケ、ってのもヘンですが、ノリと紅しょうがの粉末が入ってて、最悪具がなくてもこれだけで食べられます。気分的にはけっこうビンボ臭いですが・・・。
以前は「冷やしラーメン大盛」というのが売ってましたが、最近売ってないですね。1袋だと少なくて2袋だと多すぎる(ていうか飽きる)ので重宝してたんですが・・・。選択肢的には「中華三昧」の涼麺があり、こちらも2年に1回くらい食べますがやっぱり異常にすっぱいですね。コマ中に「しかも乾麺のヤツ」とあるように生麺タイプもありますが、ぼくも乾麺のほうがスキです。

また別の日は「立ち食いそばの天ぷらそばが食べたい!」という欲求にもだえ狂うが果てず、最後の手段として選んだのがコレ。

yaki4.jpg

名前はぼかしてありますが東洋水産の「天ぷらそば」。

インスタントラーメン、インスタント焼きそばに比べると圧倒的にマイナーで、ほぼ一社独占状態ですが、いかんせんマイナーなインスタントそば。そばの場合選択肢が広すぎるのでなかなか選ばれないですがこれもやっぱりオンリーワンですよ。2年に1度くらい食べたくなりますね。
しかし冷凍麺のそば、レンジでチン式のコンビニのそば、カップのそば、さらに乾麺と生麺とゆで麺があってしかも立ち食い蕎麦屋が深夜まで営業中、となると調理が本式でもなく簡単というほどでもない(鍋は汚すので)ため中途半端でなかなか選ばないですね。天ぷら入ってるから緑のきつねでいいや、と思うのが妥当でしょう。ですがこっちの袋をあえて選ぶ理由の一つが、値段。コレ一袋70~80円くらいじゃないかな? わずか数十円でも切実だった学生のころはお世話になったものです。
ちなみに当時「この袋そばの麺を冷やしてざるそばを作ったらどうなるのか」試したところ、あんまウマくない、ということも判明。

そんな食べ物に対する思い入れはやっぱり泉昌之先生でしか出せない味。周囲の話だと泉昌之の作品は独特の絵がとっつけない・・・という人もいるようですが、食べ物ネタ好きな人は満足できるはず。この本の帯は奥田民生ですが、「孤独のグルメ」の帯がスチャダラパー。「新さん」の帯がピエール瀧と、泉作品はミュージシャンにファンが多いですねえ。

yaki6.jpg

ただ表紙が、どうもあの「騒音おばさん」に見えてしまって仕方がない・・・というのもあります。確かに装丁でちょっとソンしてるかなあ・・・。
  1. 2009/07/19(日) 23:16:08|
  2. 食べ物

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。