岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だからって作中でアームロックかけていいってことにはならんス

孤独のグルメの作中でもっとも有名なシーンといえば、やっぱりアームロックでしょう。

井之頭五郎が洋食屋に行く。ギリギリランチのハンバーグ定食に間に合う。コワモテの主人は言葉もママならない中国人留学生と思しきアルバイトを客の前でなじる、叱る、文句を言いまくる・・・飯が不味くなる五郎。ついに我慢が出来なくなってアームロックで締め上げる・・・という話ですが(省略アリ)、メシの味云々じゃなく、メシを食うときには雰囲気も大事なんだ。特に自分みたいにひとりで飯を食う人間にとっては・・・と印象深い回です。

その後になってガンバレガンバレフトシ!の回ではジイサンに「あんたいい体してるね」といわれ、さらに入院したときには「家が古武道をやってまして」と五郎の体格のよさや育ちが明かされ、先日も見知らぬサラリーマンを投げ飛ばすとか、五郎無双が繰り広げてきたわけですが、テレビ版ではそんなことにもならずでちょっとだけ物足りなかったりして。
だってさぁ、シャイで目立たないけれど、若き女優と恋してたりと女性遍歴もそれなりに豪華、で個人事業主で人にぺこぺこしないで生きててそれなりカネがあり、それでいて人の気持ちも分かる男でしかも過去に武道やってて肉体的に強いって、そりゃ無双過ぎるよ。欠点ってほとんどないじゃん! それは男があこがれるわ。俺だってジローちゃんになりたいよ!

まあだからこそ、男の理想像みたいなものを突きつけられてんのにそりゃ長嶋一茂だよね!ってきたら、んなことあるか!って猛反発されるわ。だって一茂はダメなところ表に出すぎてるもん。一茂は男の理想にはなれません!今回テレビ版でゴローちゃんやってる人は事前情報でどこがダメかが分からなかったからスンナリいったんですね。

というわけでアームロックの回の話ですが、そんな店があるの?という謎に関しては、ネット上を見る限り、やっぱり過去にそういう店主がいたようではある(ただし現在では代替わりしていて、今の店主はそういった風評にちらっと被害を受けている・・という話もあります)。今回、原作者の久住さんがどういう体験をしたかの裏づけが取れました。

imidesu1.jpg

というわけでこの本ですが、久住さんと伊達めがねという人が組んだ、辞書形式の4コママンガ本。いってみれば大ヒットした「コージ苑」の二番煎じ企画の「イミデス」です!88年度版と89年度版があることを確認してますが、それ以降も出たのかは不明。

伊達めがねというヒトが、いろいろなマンガ家の絵を模写して4コマと時事問題を絡めてギャグニするのですが、本家コージ苑にくらべて著しくギャグがつまらない!たんなる模写作家で、ギャグにはクスリとも笑えないものが大半。画は似ていても、ギャグについては相当にセンスない方がやってるな、と感じます。で、その4コマについている小コラムを久住氏が書いているんですね。そんな中にこんな体験談が。

imidesu2.jpg

中国人留学生かどうかはわからないけれど、やはりこういった実体験が確かにあったわけです。このあとで久住氏がアームロックを決めていたら本当にいい話だったのになあと悔やみたくもなるのだけれど、それくらいしたっていいよ!と感じる横暴主人ですね。
店の名前ですか? 店がある地名と、豆腐、洋食、あたりで考えるとなんとなく・・・。

ただ、ですが、先ほども触れたように、既に代替わりしててその店主ではない方が店をやっていて、今は非常によい店といううわさも聞きます。豆腐を使ったカラシ焼きが絶妙とか。
あるファンが聖地巡礼とばかりに店にいったところ、手元にあった「孤独のグルメ」をチラとみた店主が「こういった情報に惑わされないで下さいね・・」とさびしげにいった、という話もネット上で読んだ記憶があります。

さてそれ系の話題がもうひとつ入ってて、

imidesu3.jpg

もうこっちは店がなくなってるから言ってもいいと思いますが、荻窪にあった丸福ですね。3人くらいおばさんがいて、背の低い店主がけっこうな緊張感を周囲に撒き散らしていた記憶があります。東海林さだおが書いてたけれど、品書きには「中華そば」って書いてあり、でもひとりくらい「ラーメン」って言う人がいてもおかしくないのに、全員が「中華そば」って注文するような感じ。本とラーメン道場みたいだった。

それでもあの名物店主が亡くなって、店が休業していたとき。店の前で張り紙を見て、ぼんやりと店の前に立つ男どもが散見してるのを見て、みなが怖いながらもけっこう慕ってたんだよな・・・と胸が熱くなったりもしましたよ。

この「イミデス」いろんな意味で駄本ですが、ここにしか書いてない情報もそれなりにあり、久住さんのファンには楽しめます。



さて、ずっと休んでた当ブログですが、またしばらくはちょびっとずつ更新していきます。末永くお付き合いお願いしますね。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/10(土) 22:58:55|
  2. 泉昌之

あえて長嶋一茂を起用するならココだ

「孤独のグルメ」の原作者である久住さんが某「K独のグルメ」のドラマ化の話がきたが主演が長嶋一茂、と聞いて断った・・・というエピソードが話題になってます。
まあ長嶋氏の周辺に不穏なうわさがある昨今、ふつうにナイ話ですし、原作のイメージをまるで無視するかのようなキャスティングに衝撃を覚えたファンも少なからずいるでしょう。ただ、世の中ほうっておくと世間とのズレを厭わずに何でもかんでも主張し始める人はいるのかもしれないと不安になった方も同様に少なくないと思います。もし久住氏が断らなかったら、大変な原作破壊がテレビ画面で行われたということですから。ココまでいくと原作破壊どころか原作陵辱、原作輪姦、原作大虐殺です。

僕も少なからぬファンですが、ニュース聞くや近年ないくらい大爆笑しましたね。世の中いろんなことを考える人がいるなと思いましたが、「井の頭五郎を演じさせるとよいと思う男性俳優ランキング」を電通とかが候補であげていって、上位500位に入ってるかどうかですよ。長嶋一茂という選択肢は。極端な話「一茂をのぞいた日本の中年俳優」からまず選ぶのが合理的とすらいえるくらいです。多分だけど、「孤独のグルメをドラマでやる」のが目的なんじゃなく「何らかの事情で長嶋一茂を主役に据えたドラマを作」ことが主題なんじゃないでしょうか。

僕の中の一茂氏といえば、現役時代「バント練習せい」と言われて激怒し「土井!?あいつつかえねえよ! 誰だよあんな奴呼んだのはよ!!」と暴言を吐き叱られシュンとするとか、野球解説者になるも語彙が少なすぎて何を言ってるかチンプンカンプンだったとか、そのあとフジテレビの極真+K1ムーヴメントに乗っかって極真に入門、妙に短い道着を着てエイ!エイ!と声を張り上げ身長が15センチくらい低い相手に組み手してるとか、むやみやたら食べるとか、(贈答品が長嶋家に山のように送られてくるので)果物は全部桐箱に入ってるものだと思っていたとか、かと思うとなんでも売り払うとか、そういうなんていうか朴訥で牧歌的な人柄です。見るからに「孤独」でもないし「グルメ」でもない。タイトル意を人格がまず否定するキャスティングというのはいい度胸といわざるを得ません。
そもそも井の頭五郎は海外からアンティークを集めて売るバイヤー。一茂氏は家にあった父親の持ち物を勝手に売り払う人です。これだけで基本的な性格がまるで違うことが分かるというものです。
それに谷口ジローのマンガに登場する雰囲気がありません。人間を絵柄でたとえるなら、集英社のビジネスジャンプ系とかスーパージャンプ系、週刊漫画タイムスとかマンサンとかあっちの絵柄です。猿渡哲也が似顔絵を描くと似るカンジがあります。

しかし、あえてその世間の総意を曲げて、むしろこのシーンは一茂氏に演じてもらいたいというシーンをチョイスしたいと思います。

kazu.jpg

妙に目がクリクリしてて、五郎らしくない顔です。他は誰がやってもそれはいいんですが、ココのシーンだけ、一茂氏がやるとハマるとおもう。

kazu3.jpg

バスの中で眠るシーン。なぜかガチムチ系のコラに使われがちなコマですが、一茂氏はやや高い声色含めてせりふをしゃべるととたんに五郎ぽくなくなると思うので、このシーンは狙い目です。

kazu2.jpg

そして無言で目をきらきらさせてバンバン食いまくるシーンもまた一茂氏にマッチしているので、この屈指の名シーンも一茂氏が演じることが望ましいですね。体の大きな男がムシャムシャ食べるマッチョな快感に満ちたシーンは似合うと思います。

kazu4.jpg

同様にガタイのよさと格闘技経験者を生かすなら、こんなシーンもお手の物ですが・・・

kazu5.jpg

こんなふうに名言をさらりとつぶやくシーンを一茂氏がやってしまうと、高い声で早口でまくし立てるスットンキョウな印象になるので台無しです。ほんとに「なにワケ分からねえこといってやがる!!」と言われること必定です。しかし「長嶋一茂=井の頭五郎」をアリと信奉する一部の人は、一茂氏がこのシーンやって演じきれる・味わいがあると思ってる話になるわけですが、まだこれだったら小沢一郎や麻生太郎が井の頭五郎になったほうがイイくらいです。

kazu6.jpg

kazu7.jpg

野球界でも屈指のイイ体格は、汗だくランニングで「フトシ!フトシ!」と連呼するシーンでこそ活きます。貧弱系体格の昨今の男優では演じれません。「あんたなにかやってたの」「ええ、野球をちょっと」と衒いなく言えるのも利点ですね。
  1. 2010/02/06(土) 23:28:53|
  2. 泉昌之

孤独のグルメまめちしき

先日孤独のグルメ文庫判について「増刷が25刷」と触れましたが、コミック文庫でこの売れ行きというのはかなりのもの。

手元にある文庫判は2000年2月初版で2006年11月で15刷。2008年の版は25刷。つまり05・6年から急激に増刷スピードが増してきたということです。
ところがオリジナル版は初版が97年10月初版で、増刷がかかったのが98年5月。つまり最初はあまりパッとした売れ行きではなかったのですね。文庫初版が00年だから、オリジナル版は99年には絶版になってたと考えられそうです。つまりオリジナル版は最大でも4刷程度で絶版になっていたんでしょうか。
新装版「孤独のグルメ」の巻末の鼎談にて「最初はあまり売れなくて」と久住氏が言っていましたが、そのとおりだったんでしょう。

さて、文庫判の増刷数を確認するために奥付付近をチラとみたところ気になる表記が。

kodo1.jpg

えっ嘘!! 加筆あったっけ!? ぼく両方とも持ってますが、特に違和感感じませんでしたよ? この手の書き換えやなんかにはわりと気がつく方だと自負してたんですが・・・。
焦って早速前ページ読み返してみましたが、気がついたのは結局これだけ。

kodo3.jpgkodo2.jpg

・・・左がオリジナル版、右が文庫判です。オリジナルで写植貼り忘れのまま印刷しちゃった個所に「どうも」って入れただけじゃないか! えらく時間の無駄をしたとガッカリしました。こういうのを加筆っていうのかな・・・と思ったのですが、確かにどこにも「加筆修正」とは書いてありません。「どうも」と書き加えただけなら加筆には違いないけどさ・・・。

何故ぼくがけっこうな剣幕で上がったり沈んだりしてるのかというと、じつは「孤独のグルメ」は、雑誌掲載時と単行本収録時で大幅にセリフが入れ替えられているからです。

孤独のグルメはもともとはSPA!の兄弟誌パンジャに連載されており、パンジャの廃刊と同時に消えていったマンガ。しかし雑誌に掲載しているときはあの特徴的な「井ノ頭五郎のひとりごと」はかなり抑え目だったのです。

先日ネットに上がったパンジャ掲載時のシウマイ弁当のラストシーンは、有名なこのセリフではありませんでした。

kodo4.jpg

さんざパロディにされた「ジェットのせいで歯車がズレたか」・・・ではなく、もっとボソっとした印象に残らない一言でした。これにはちょっとした衝撃を受けましたね。その後調べたところ「うおォン」も雑誌掲載時には載ってなかったそうですし、言葉の端々がかなり異なっているとのことです。

つまり久住氏が大幅にセリフを単行本時に書き直しているわけで、それは「新さん」での直しを見てわかるようになかなかなレベル。こまかな擬音まで修正してるとの話です。

印象的なあのセリフが雑誌掲載時には乗ってなかった部分もある、ということを踏まえると、井ノ頭五郎と孤独のグルメがホントの意味で完成したのは、単行本が発売になった瞬間だとも言えそうです。
しかしながら未完成だった雑誌掲載バージョンはもう新装版が発売されてしまったいま、絶対的に雑誌でしか読むことは出来ないわけで、むしろみなの興味が沸くのはこちらの雑誌版でしょう。ぼくも全話どんな修正がかかったのかを調べるためにも全話読んでみたいですね。

というわけで、孤独のグルメのパンジャ掲載時の号をまとめて持っている方がいましたら、ぜひ一度まんだらけにお持ちください! パンジャの平成6年8月号から8年4月号まで、です!
  1. 2009/07/29(水) 23:44:31|
  2. 泉昌之

入る方面担当と、出す方面担当

当コラムでは何度か泉昌之さんの作品について触れていますが、振り返る意味で改めて著作を読んでいくと、ちょっと気になることがありました。
泉作品にはこれまでも紹介したように、食事ネタが多いのが特徴。同様に飲み・飲食店ネタもよく登場しますが、おおきくくくって食べ物ネタがけっこうな割合を占めています。

で近作「天食」を呼んだところ、確かに前半は食べ物ネタオンパレードでしたが、後半になんか違和感のある便所ネタマンガが併載。食べ物ネタ中心の本なのに、何故正反対の便所ギャグが? とそのときはそんなに気にもとめてませんでしたが、よくよく考えてみたら泉昌之名義の本にはしょっちゅう便所やウンコネタが登場することに気がつきます。

たとえばデビュー作「夜行」が収録されてる「かっこいいスキヤキ」は駅弁とスキヤキのネタと同時に「ロボット」という、おなじみトレンチコート男がニンニクラーメンを食べ過ぎて腹壊し、急に襲ってくる便意と戦いながら家路を急ぐがモラしてしまう・・・というエピソードが。タイトルの「ロボット」は、ウンコもらしたときの歩き方がオモチャのロボットみたいな歩き方になるところからの命名でしょう。

つづいて前述した「新さん」でも新さんが居酒屋のトイレでクソしてる時にいきなり女性に便所をあけられてアセるエピソーがあったし、

ben1.jpg 「イイ大人」にも校門が緩んできて死茶いけないときにばっかオナラこく中年男の話「狂った肛門」があったし

ben2.jpg

「ダンドリくん」でも便所についての段取りが出てきたし、いや出てくるわでてくるわ。便所に限らずとにかくクソ、ゲロ、下痢とスカトロな方向のギャグがやたらと多いのです。このスカトロネタの多さは相原コージに匹敵します。
たしかに日常の下世話な部分にギャグを発見するのがこのユニットの持ち味だとしても、あまりに多くないか? あとこのスカトロ方向は久住氏と泉氏どっちの持ち味なんだ? と思ってたところ、先日こんな本が入荷して疑問が一気に氷解しました。

ben3.jpg

泉昌之の作品はだいたい把握してた僕もこんな本があるとはつゆも知らず。新書サイズでKKロングセラーズの本です。途中マンガも多少は入ってますが、9割は文字の本で便所ネタだけで一冊を作り上げたという恐ろしい読み物。昭和63年発行。
野グソ、不意の便意、下痢、公衆便所、ラーメンにウジが、紙がない・・・といったどこを読んでもウンコと便所の話しか出てきません。
ここで分かったのは「どちらかというと泉晴紀のほうがこっちネタに強いんだな」ということ。両人とも食べ物ネタには強いようですが、主に食べ物ネタのウンチクを語るのは久住氏、と考えるのがしっくり来ます。で、出す方向のネタは泉氏担当と。便所ネタが好きでなければ、便所ネタだけで一冊作ろうとは思わないはずです。この本が入荷したときにモヤモヤしてた謎がパっと晴れたように感じましたね。とはいえ内容は深夜ラジオ的なノリでこういった下ネタを豆本とか新書で出してた80年代文化をふと思い出すような作りですが、そんなには売れなかったんじゃないでしょうか。

泉昌之さんの本は増刷しつづけるタイトルが一部しかないので、いざ集めようと思ってもすぐには揃わない状況です。泉昌之名義(久住・泉晴紀名義をのぞく)で文庫などを含めて全部で26種類発行されていますが、現在リアル書店に並んでそうな現行のは5・6種類しかありません。中野店でもだいたい棚に並んでいるのは10~15タイトル。比較的最近出た「芸能グルメストーカー」ですら新刊在庫が切れてるとは・・・。「孤独のグルメ」文庫判が25刷以上いってるのと比べると、もう少し潜在的読者は多いはずだと思うんですが。
  1. 2009/07/26(日) 22:08:10|
  2. 泉昌之

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。