岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うばすてやま/4

いよいようばすてやまの最終回です。前回までは・・・
ババを殴ることに多少の罪悪感を覚え始めた美江子と安信。僕らはこんなことしなくても、もう大丈夫なんだから・・・とババ殴りから逃避。しかしババたちは殴られ賃がもらえずシュン。そして、狂った一ヶ月がやってきた・・・。

陰気さが影を潜め学校にも出てくるようになった安信。学友達の間でも評判は上々。そんなある日女生徒たちが安信に声をかけようとすると、ウウ・・・と苦しんでいるじゃないですか。

bau1.jpg

ヨロヨロしてて、その姿は何かに耐えているようでもあり苦しんでいるようでも。サッと振り返ると・・・

bau2.jpg

目に下にはクマ、瞳は血走ってこりゃダメですね。ぜんぜん殴り断ちできてねえじゃねえか安信!そして凶行は行われた・・・。

bau3.jpg

力いっぱいボカスカとブン殴り放題。ものすごいアッパーです。殴ってそして走って逃げる安信。この人ババ相手そして女生徒相手と、徹底して自分より弱い人間、それも女にしか拳を向けないんですよね。ヒキをこじらせて家庭内暴力に至ってるヒトの元祖ともいえます。陰気か、そうでなければ弱者暴力か・・・いずれにせよお近づきにはなりたくないですな。

bau4.jpg

本人も自分の最悪さがホトホトイヤになってて、凶行の末逃げ込んだ公園で、ぼくはダメだ・・・死ぬしかない!と気落ち。ダメな人間なんだ、ぼくは・・・と、追いかけてきた美江子に、しかし安信はこういうんです。こんな不穏なことを。

bau5.jpg

そのあと? 自分がダメだというくらいだから内省的になったのかと思いきや・・・

bau6.jpg

うれしくて? 内省とはほど遠い形容詞が出てきちゃったけど、話をうかがいましょうか。うれしくてどうなったんです、か・・・?

bau7.jpg

「世界をかけまわりたくなるようなすばらしい気持ちになったんだ・・・」

エエ―ッ! 高揚しすぎだよ! あとぶっちゃけすぎ!もちっと隠そうよ自分の業をさ!
あの人って自分にウソをつけない人なの。確かに頼りないところもあるけれどそこがすきなのよね・・・などと草食系男子に対して評する女子もいますが、自分にウソをつかなすぎる人間もまた困りものだ、ということがお解かりでしょうか? 安信は自分に正直なだけなんです、棒は持つけどピュアメンなんです!

bau8.jpg

だからちゃんと爽快になるだけじゃなく苦しみもあるんだと吐露。その苦しみは禁断症状なのか罪悪感なのか?

bau9.jpg

罪悪感だ、人はやっぱり殴っちゃダメなのに耐えられない自分の情けなさが・・・僕みたいな奴は死ぬしかないんだ! とのた打ち回る。ハタで聞いていた美江子は、こころの苦しみを取り除くにはどうすればよいのか考え、罪悪感を増幅させて正常化するかそれとも暴力か、どちらを優先すべきかをハカリにかけるわけです。そしてわかったわ、私にまかせて安信くん! とばかりに出た答えは・・・

bau10.jpg

「私が
安信君の
なぐる相手を
あたえるわ!
よろこんで
なぐられる
相手を・・・・」!

大まちがいです!! ああ~~やっちゃった、致命的エラーです! このエラー報告をマイクロソフト社に送信しますか? 送信しません!

カネにあかせて殴らせてくれる相手、といえば・・・

bau11.jpg

そう、ババたちです!ババたちもしばらくご無沙汰だったバッティング&お小遣いがきた!とばかりに喜びを隠せず「ウヘヘヘ」とと口調からも笑みがこぼれるほど。このよどんだギブ&テイク。資本主義とはこういうことだ。格差社会とはこういうことだ!・・・アレ、違うような気がするな・・・。そして始まりますよ、コイツが・・・。

uba42.jpg

そう、時計の出番です!狂った一ヶ月の始まりです!じゃあ狂った一ヶ月をぜひご覧下さい!

bau12.jpg

uba43.jpguba7.jpg

叩けば叩くほど目つきはランランとして来、ランランとするほどにババたちにおひねりが振舞われ札束が散る・・・安信のテンションは上がる上がる。アッパー。躁状態。ハイテンション・・・ことばは違えど、そんなことばじゃ表現できないほど殴るイコール↑。殴らないイコール↓。これからは気軽に「今日テンション高いねー」などと言えなくなりますね。ババを棒で殴った後かもしれませんよ! これがその効果です!

bau13.jpg

「すばらしい・・・」

bau14.jpg

「全てがすばらしい・・・」
「生まれ変わったようだ!」
「さあ僕といっしょにあるこう踊ろう!初夏を楽しもう!」
いやーちょっとそれは。尻込みしはじめる美江子をヨソに全開放!

bau15.jpg

蝶が舞い、花が咲き、世界は安信のために動き、地球は安信のために回る・・・天井点が唯我独尊、ワールドイズマインですね。でもモンちゃんだってここまで開放しなかったと思うな。例の棒グラフだったらきっとてっぺん突き抜けてるよ絶対! そのころあばら家では・・・

bau16.jpg

よかった、ババたち重傷ながらも生きてたよ!狂った一ヶ月戦争を戦い抜いたんだ! 寒い冬もこれで越せるぞ・・・しかし思うのは足が悪いとはいえゴンじい、男なんだからババたちに替わって殴られるべきだったと思うんですよね。

ババたちの策略も見事にこれで当たって、上手いことハイソな嬢ちゃんからカネを巻き上げたわけです。これで現代にもうばすてやまがある!といわれてもな。わたしらをなぐりんさい、って言い出したのはババたちだし、それを言い出さなきゃだれも悪い目に遭わなくてよかったんだよねこの話・・・まあ安信は陰気なままだけど・・・。

ってその安信は狂ったあばら家を出てどうなったかと言うと・・・

bau17.jpg

bau18.jpg

すぐに苦しみだす!アレだけやってもう足りないのかおかわりなのか安信!そう、麻薬と同じで常習するようになると禁断症状が出やすくなりスパンが短くなるんですな・・・暗い野原で美江子はババたちの策がやっぱり根本的解決に至ってなかった、お金では人の気持ちは変えられないわ、と悟らされる、が・・・

bau19.jpg

「ギロ」
そう、ここに獲物はもう一人残ってた!

bau20.jpg

表情が豹変し、あっというまに棒を手にして踊りかかる安信。おまえ美江子まで毒牙にかけるのか? 

bau21.jpg

最後の理解者さえも棒の餌食にしてしまう安信。最後の一線を越えたというわけですね。残る道は・・・

bau22.jpg

そう、貸本ホラーマンガお決まりの発狂オチです!何の救いもないオチで完。誰もイイ目にあわない、どころか実は被害はあれど当初の目的を達成したのはババたちだけ! 老獪ですね。 

でもここから得られる現代的な教訓は「老人の知恵を侮るな」でも「因果応報」でもなく

「うかつに救いの手を差し伸べるととんでもないことになるので要注意」
「自分で稼いでない奴のあぶく銭の使い道はロクなもんじゃないから気をつけろ」

だったりすんのかなあ・・・とフト思ってしまうんですね。美江子の母性本能がなければこんなことには。安信が陰気で引きこもってるだけなら社会は平穏なままだったんだよなあ・・・。でもそうするとババたちは冬を越せないし。いっそ安信をもっと陰気にさせて、しまいにはあばら家に住み着かせ、かわりにババたちを安信の家に住まわせればオールオッケーだったのかもしれないですね。

貸本はこんな考えてないラスト&テキトーさが漂ってるのがほとんどですが、池川先生はチトちがう。社会派ですから。でもこの空回り感が失せることは無いんですねえ。社会派だけど伴ってない。だってこんな結論でも池川先生は社会を良くしよう、ってホントにおもってるんですよ。池川先生の太陽プロの若手も共感してたみたいですしね。この偉大なる空回り。ものすごい力技で押さえつけてるけど、蹴り足はスカッと空を切ってる感じ。真正面から襲ってきてるのに空振りするウエスタンラリアット。それが池川伸治です。

池川先生は作品も多くて貸本集めの入門としては最適。ここカオスには池川貸本けっこうでてますよ! やっぱ宣伝かえ! もちろんですとも!
スポンサーサイト
  1. 2009/10/21(水) 03:27:17|
  2. うばすてやま

うばすてやま/4最終回予告

さてうばすてやまの最終回は?

uba42.jpg

狂った一ヶ月。

uba43.jpg

エスカレートする棒の上下と力量。

uba44.jpg

そして躁状態になる安信・・・。

この話でババたちの安否が気遣われるというものです!そして驚愕のラストとは? 

一方

「やっぱりな」
「安信のために地球が回ることまではある程度折込済みだよな」
「ウウウ、アアア・・・は新鮮味はないが、現場ではそうなるのが正直なところだろうな」

などという超愛・うばすてクラスの人は次回を待つ必要はありません! 
  1. 2009/10/13(火) 23:37:37|
  2. うばすてやま

うばすてやま/3

町外れのあばら家に住む4人のジジババ。寒風吹きすさむ家を改築するため、陰気な安信に棒で殴られることを自ら選ぶババたち・・・事情を抱えた子供と老人達の狂った日々を描く「うばすてやま」の第3回です。

ババを殴ってスッキリした安信は今までにない開放感を得、陰鬱な気分が支配していたのがウソのように明るくなった・・・目を見張る学友たち。

uba130.jpg

口笛を吹きつつ駆け足で活発に・・・ババ殴り効果はすごいですね。チョコンとベレー帽をかぶってるのが美江子の友人です。友人は見違えたわ、安信くんどうしたの?と美江子に問う。

uba30.jpg

ハイ、ここででました例のグラフ! こんな感じで明るくなってるのよ・・・と、「心の明るさ」みたいに数値化できないモノをグラフにするのが力技ですね。案外「子犬をなでたらプラス1点」「鏡を眺め続けたらマイナス2点」とか評点制で計算してんのかも。初日の8倍くらい明るくなってる、というのはテンション高まりすぎではと危惧するくらいです。

おばあさんの言うとおり、ババ殴りさせたらネ、明るくなったんだから・・・と親友に打ち明ける美江子。しかし友人は

uba31.jpg

「邪道よ!」。

善悪とか常識とかじゃなく「邪道」。そりゃ邪まな道であることは間違いないけどさ、「いやいやダメでしょそれ」「何いってんの、頭おかしいんじゃないの!」ですむところが「ババ殴りは正道か、邪道か」みたいな柱、大元の問題になってるのが解せません。

とはいえ一度周り始めたら状況は加速していくだけ。最初は安信に罪悪心を抱かせないように、

uba32.jpg

「まちくたびれたぞ!」「時間にルーズだ」と挑発したり悪ぶったりしてたババたちでしたが、

uba6.jpg

当の本人、安信が「はい!」とヤル気マンマンになり始めたのは誤算でした。顔にタテ線、しかし腕まくりしながら力強く「はい!」これは恐れてない、武者震いです。棒を握る手にも力が入るというものです。ボカボカと殴りまくってどんどん爽快になっていく安信。今年の夏は泳ぎに行こうよ。初夏を楽しもう!などと、流血の惨事の後に夏のイベントの話を楽しげにする二人。狂ってますね。日本のアブグレイブ捕虜収容所はここにあります。

uba29.jpg

一方、ジジババも自問しだす。なぜわしたちを殴るとあの子は明るくなるんじゃろ? もっともな疑問です。このページはエクトプラズムみたいなシュロシュロぼんやりとしたものがやがてババになる・・・という効果もイイですね。

uba33.jpg

uba34.jpg

つまり人を殴ると、普段は隠されていたその人間の暴力性が活発になり、明るくなる・・・という、まあやっぱり「失恋したときに「エイ」「チクショー!」といいながら女子がバッティングセンターでヒッティング」理論ですね、いっていることは。ただその矛先がババだ、というのは大きな大きな違いですが・・・。
ですが、あえて自分達を矛先にしたのはやっぱりカネが欲しいから。そうでもしないと収入源がまったくないジジババたちは今年の冬さえ越せないんです。だからあえて我慢する。なかなかしたたかです。新薬実験バイトみたいです。

uba35.jpg

「邪道よ」といわれた美江子は、誰かが幸せになるためには犠牲は必要ネ、と理屈をこね自己弁護し始めるが・・・。いやいや違うだろ社会の犠牲じゃないだろ。
パパだって「じゃあ安信君が明るくなる為に、ババたちを棒で殴るのもアリでしょ?」ときかれたら「いやあ、安信が陰気なままの方がいいよ」「ていうか、お小遣いをババ殴り報奨手当てに使ってるとは思ってなかったよ」と答えると思います。

自己弁護はしてもやっぱり心にモヤモヤしたものが残る「美江子。

uba36.jpg

「悪いことかも・・・」。・・・そう、いけないことだよ!

uba37.jpg

安信も同じ事を考えていたんだが、やっぱりピントがズレてる。もう陰気病は治ってるわ、殴らなくても・・・棒も必要ないわ! そうだ、もともと僕は明るい人間だったんだ・・・そうだ、そうだね・・・。と思いきや、

uba38.jpg

しかし・・・しかし・・・。出ました貸本の写植ワーク!! こういうの大好きです!

やっぱり世の中はそう簡単にはいかないんです!。

uba39.jpg

まずババたちは「これからずっと殴られればカネがたまってなんとか冬が越せる」とアテにしてただけに、殴られないことにガッカリ。落胆。で、今度はいつ・・・と目をウルウルさせて棒待ち状態だったのに、おあずけをくらってしまいました。ようやく道徳的な発想と場面が出てきましたね。今までの全ページは反道徳的でしたから。

uba40.jpg

「・・・・・・・」と無言で「こっちもアテにしてるんじゃから」といえないもどかしさ。結局おあずけで説得されるババたち。しかし

uba41.jpg

そうはいっても私達をなぐることに結局なるんじゃて・・・また叩かせてくれ、といってくるじゃろ・・・と一抹の希望を抱く。どんな希望だ? そうはいっても対処療法でもあるし、ババたちも殴られること自体は好きでもなんでもないワケで、状況はなかなかに複雑ですね。

そう、安信がね、ババなんか殴らなくても心の平衡を失わなければいいんです。ババを殴らなくても、僕は元々明るいんだから大丈夫さ・・・そうとも、そうだわさ・・・。美江子が「麻薬中毒みたいになっちゃうもの」と危惧してたように、そしてババたちが「ちょっときけんでは・・・」と危惧してたようにならなきゃいいんです。安信のココロ棒グラフがどんどん上に伸びてけばいいんです。それだけのことです。

です、が・・・

uba42.jpg

なのに・・・なのに! さあ狂った一ヶ月がやってきてしまいました! 狂った一ヶ月は安信がどうなるのか。ババたちの身は!? さあ次回はラストです! お楽しみに!

・・・エ? ババたちがカワイソウでぜんぜん楽しくない? さあどうなんでしょう? ムフフフ!

  1. 2009/10/13(火) 23:29:21|
  2. うばすてやま

うばすてやま/3予告

さーて次回のうばすてやまは・・・

uba30.jpg

uba29.jpg

グラフで計られる安信の明るさ! そして自問するババたち! 何がなんだかさっぱりわからないというものです!

一方

「やっぱりな」
「明るくなるのは当然だよな」
「ババ以外にも対象はあるが、現実問題としてベターな選択ではあるよな」

と感じるような超愛・うばすてクラスの人は次回を見る必要はありません! どんどん不元気になるババたちと快活になり続ける安信をご希望の方は次回を!
  1. 2009/10/08(木) 23:39:37|
  2. うばすてやま

うばすてやま/2

さて、うばすてやまの2回目です。
現代にもうばすて山はある!と社会を告発するかのような、しかしどう考えても貸本としてはビジュアルがショボショボなジャケットで攻めてきた池川伸治。主人公のジジババたちはいったいどんな境遇に置かれるのか?

uba11.jpg

uba10.jpg

ジジババたちは世間には春が来たというのに我々にはあたたかい生活は無縁、とグチ利はじめる。足を痛めたゴンじい、寝たきりのじいさん、そしてヨボヨボのバアさんの4人は、窓ガラスも割れ雨漏りがし、すきま風吹きすさぶあばら家に4人で暮らしてるのです。いずれも子供達に厄介視されたりでこの吹き溜まりのような空家にしか居場所がない4人。政治が悪い社会が悪いんだ!と叫んでも現実は変わらない・・・うんざりな出だしですね。

しかし彼らにも楽しみがあるんです。午後4時になると、少女がひとり慰問にくるんです。

uba12.jpg

わー4時だ!とばかりにババたちの表情も明るくなる。

uba13.jpg

4時に遊びに来る少女・美江子は、毎日何かしらのお土産やおやつを持ってくるんです。ババたちは慰問がうれしいんじゃなくて、このお土産が目当てなんですな。
まあちょっと聞いたところによると老人ホームに学校の吹奏楽部が慰問にきたりしても、うるさいばかりで当の老人は全然うれしくなくてハタ迷惑とすら思ってて、最も喜ばれるのは食べもんの差し入れだったりするらしいそうですから、リアルってこんなもんですね。

でも毎日ここに来るたびにお土産やおやつをもってきたらお小遣いが大変じゃないかい? とババが気を使うも

uba14.jpg

わたし月に2万もらってるから大丈夫ヨ、とニコニコしてこたえません。高校生の小遣いが月2万は、平成のこの世でも多いくらいですから、この本が発行された今から40年前1968年の物価に相当すると、大卒初任給やなんやかやで換算するとざっと今の3倍から4倍ですから、この子は月10万の小遣いもらう超ハイソというわけです。甘やかしすぎですな。
まあそれくらいのハイソでもないと自分の小遣いでおばあさんにおやつを毎日買っていこうなんて到底思わないんでしょうが・・・。2万の小遣いときいて「毎日しょうちゅうが飲める!」とノドを鳴らすジイさん。

しかしそんな美江子にも悩みが。年頃らしく恋の悩みですが、

uba15.jpg

友人はその男、安信のことを「陰気野郎」「大きらいよ!」とバッサリ。

uba16.jpg

どんな男かというと、ロクに学校にも行かず家に閉じこもっており、劣等感の塊で自虐的。陰気で暗いので誰からも疎まれてる、という安信。元気出して学校に行きましょうよ!と美江子に声をかけられるも「ほっといてくれ!」「僕は駄目な男なんだ!」と額にタテ線いれて答えるのみ。まあ今で言うところの引きこもりの人ですね。

uba17.jpg

uba18.jpg

陰気な顔で陰気な動作で、群れからポツンとはなれてる安信を見て、なぜか構いたくなってきた美江子。母性本能なのか恋心なのか、このダメ男を守ってあげたい。陰気な性格を明るく変えて快活になってもらいたい。そうすればあたしとも上手くいくのに・・・と夢想する。

uba19.jpg

屈託ナイ美江子はあばら家のババに相談。するとババ二人は耳打ちをしてコソコソと相談するではないか。

uba20.jpg

彼の性格を変えるにはこの方法しかないですよ、とその手段を美江子に話す。あまりにあんまりなその方法に、エッとおどろく美江子・・・ババたちの考えた「安信の陰気を吹き飛ばして、引きこもり脱却!社会復帰だよ大作戦」はどのようなものなのか?

uba21.jpg

それにはまず安信に、今の性格を直したい!と本気で考えてもらわなきゃ、と説得に向かう美江子。それでもウジウジとヤダヤダいってる安信、ホントムカつきますね。今だったらともかく高度成長期でみんなアゲアゲになってるこの時代にこんな腐れっぷりでは、アメリカだったら「ベトナムに行け!」の7文字で終わりになると思います。
やっとのことで「この性格が直るんならなんでもする!」「君の言うとおりにするよ」「つれてってくれ!」と美江子の誘いにのる安信。

そして休日、ババたちの家に行くことに・・・この時点では、まだ自分がなにをするのかが安信、わかってません。

uba22.jpg

「おばあちゃんきているとおもうわ」。って、おばあちゃんに何かするのでしょうか。陰気な青年のこころを回復させるのになぜバアさんが必要?

uba5.jpg

さあとあばら家に入ってみると、そこには両手を縛られたバアさんが・・・「棒をとりなさい」? 何が起ころうとしてるのか? 棒? 両手縛られ? で、棒 !? ・・・不穏さがジワジワと増してきましたね!

uba23.jpg



「さあそれで私をはたくのです」
「エッ」
「あなたのためなのよ! いわれたとおりにやって!」
「あなたの性格が直るのよ! さあ早く!」
唐突のことに悩む安信。殴るの、棒で!? 

しかしババは
「なにをしてるんだね」「わたしは叩かれるとつかれがとれるんだよ」「さあはやくやっておくれ!」と挑発。

殴るのか安信、殴ったらダメだぞ、ここは儒教の国だぞ、年長者殴るのはフツーに考えてダメだろ、お前・・・

uba24.jpg

あーあ。やっちゃった・・・。

さんざ殴ったあげく、ババを残して去り行く安信と美江子。ババの傍らには金の入った封筒が・・・。

uba25.jpg

そう、次の冬までにこのあばら家を改築しないととても次の冬は越せそうにない。ババたちは殴らせるかわりにカネを美江子にそれとなく要求してたのです。カレシの性格変えるためには、私達を殴らせればいいんだよ、そうすれば性格が変わるから・・・と吹き込んだんですね。なんだその理屈! きいたことないよ! 

でも平成に生きる僕らが聞いたことがないだけで、実際安信がどうなったかというと・・・

uba26.jpg

uba27.jpg

アレ? 明るくなっとる! 明るくなっとるよ! 

ババ殴ってスッキリした安信はさっきまでの陰気な表情はどこへやら、一転、ほほを染めて美江子と公園を走る快活な少年になったのでした・・・。なんだろうこの腑に落ちないモヤモヤしたものは? 内にこもってたものを外に吐き出せばいいんだ的理屈? あれ、イライラしたときや失恋したときに、漫画的文法でバッティングセンターに行くのとおんなじ理屈? でそれがババに置き換えられただけじゃないって? そんな置き換えあるか! そして何が怖いかって、ババたちのほうからこの話を持ちかけてるあたりです! カネを得るならと割り切って殴らせる・・・わかりません!

さて、では「なぜババを殴ると陰気な性格が快活に?」の謎は次回に残しておきましょう! 本を傷められないため読みにくい写植が多くてゴメンなさい!
  1. 2009/10/08(木) 23:27:30|
  2. うばすてやま

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。