岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「なじらね」用法に代表される新潟弁マンガ

前回のブログで「よろっと」という単語を使いましたが、これは新潟弁のひとつです。「もうそろそろ」、とか、そういう意味ですね。「捨てる」を「ほかす」とか「投げる」といったりするのと同様の、元ネタとは微妙に音韻が異なっている方言のひとつですね。

わかりやすい方言、たとえば関西弁のマンガはたくさんありますし、その中でもネイティヴに近い発音や、関西人の生活感覚を表現したマンガもあります。さらに分岐して京都弁マンガもありますし、ごくごくわずかながら名古屋マンガ、北海道マンガ、博多マンガもあるのです。不良マンガ中心に、広島弁マンガもありますよね。

ただ、意外に東北弁のマンガというのは少ないし、坂本竜馬がらみじゃなく一本釣り系でもない土佐弁マンガとか、北陸コトバが出てくるマンガというのもほとんどきいたことがありません。

僕の故郷である新潟も、そう考えてみると、新潟が舞台のマンガというのが少ないためにあまり見かけませんが、新潟の場合はもとより就職・進学で首都圏に出て行くつながりがあるからか、出身マンガ家が少なからずいるため、作中になにがしかのかたちで新潟弁が登場することがあります。
で、これはやはり自分がそうだからでしょうが、幼い頃からなんとなく登場シーンは忘れられません。おそらく自分が覚えている限りでも10以上はあるはずですが、軽度から重度までかるく紹介してみましょうか。

もっとも最初期に「新潟弁」というものが東北とかのコトバとはべつにあるもんだよ、ということをマンガで表現したのが、魔夜峰央「パタリロ」です。

NG1.jpg NG3.jpg NG2.jpg

覚えている人もいるかもですが、パタリロが「えんぞの掃除を忘れてるんじゃないか」とタマネギに振るが誰もわからない。そこで「えんぞって方言だったのか!」というネタになるんですが、「えんぞ=側溝、ドブ」、というのは、これは新潟市民としても相当に土着民・・・というのは言い方が悪いかしら。ネイティブスピーカーでしか使わない単語なんじゃないかと思われます。
新潟弁の特徴としてはまず「だからさ」→「だっけさ」→「だすけ」というような変化のもとに、「だすけ」が語尾に来ること。「だすけ」は使わなくとも「だっけさ」はけっこう、若い子でも方言と思っておらずフツーにつかっていることが多いですね。

もうひとつが「だわ」が「らわ」になるように、「ら」言葉になること。たとえれば「そうだね」が「そらね」になるカンジです。この魔夜峰央地震が「日本初の」とうたったように、この初出の段階で特徴をほぼ完璧に捉えられているのはポイント高いですね。

うちは親が山形と茨城、もとは転勤組で、住んでたのも新潟駅南の転勤族が多い町だったので、親も周囲もほぼ標準語。僕が新潟弁を覚えだすのは地元の子が多い中学校に通ってからとやや遅めです。

余談ですが、駅南の南笹口・鐙あたりと栗ノ木川を挟んだ向こうの沼垂・木戸あたりではわずか1キロも離れていなくとも文化は大いに異なり、笹口小学校に通ってたころは祭りといったら夜店がたくさんでる「蒲原まつり」のことでしたが、沼垂民にしてみれば祭りといえばハッピを着てねじりハチマキ、道端にはこもかぶりの酒樽が置かれ、町ごとの喧嘩灯篭をブッ突けあう「沼垂祭り」の荒っぽい男伊達の世界であって、これはただひたすら民謡を踊り狂うだけという「新潟まつり」、夜店が大量に並ぶだけという「蒲原まつり」といった穏やかーな新潟市民気質のなかにあり、比べると大変に荒々しい祭りではあります。東北気質の中に突如江戸っ子魂が発露したようなもので、あれは今にして思えば異端でしたなあ。
しかしその地元意識の強い沼垂民でも「えんぞ」は訊いたことはないので、今は廃れたか、古老のみが使う言葉かもしれません。ドブとか側溝ってのもなくなったしね。

NG5.jpg

NG4.jpg

つぎは高橋留美子「めぞん一刻」から。五代くんの実家は新潟、その新潟から孫を心配してやってきた祖母がネイティブという設定ですね。ばあちゃん言葉としてかわいらしく描いてて実にいい。
実際、新潟弁というのはある程度歳のいった女性が話していてこそサマになる言葉というか、面白みがある言葉で、特にご老体の言葉遣いは聞いているだけで和むものです。「ゲヘヘ」とか笑わなければの話ですが! おばあちゃんだと、正直、何を話しているのかわからないことすらあります。

もともと高橋留美子といえばラムちゃんのことば「だっちゃ」は、あれは佐渡弁なのです。佐渡弁は新潟弁ともまた違うのでややこしい。新潟弁といっても、中越上越は言葉遣い違うとも聞きますし。新潟県がタテに異常に長いせいか、文化圏が異なるわけですね。

NG8.jpg

次はというとやっぱり出身者による「Whats Michael?」。小林まことも自身を投影したオッサンキャラ「コンバヤシ」がクソまずくてネコも食わないキャットフードメーカー「モーニングキャット」の社長で出てきて「でひゃひゃひゃ」と笑いつつ下品な方言を使うシーンがあるのですが、そう、先ほども触れたように、オッサンの新潟弁はなんか下品になりがちなんですね。

NG7.jpg

初めて見たときにはこのコンバヤシのプールから出てきたときのこの顔で大爆笑したんですが、やっぱ今見てもメチャクチャイイ! クソくだらないですよ! そしてこのクソくだらなさこそがマンガでしか出来ないんだろうなあって。これ、実写でもアニメでもここまでは面白くならないもん。

で、ここから10年以上たち、ほんとうのネイティブスピーカーが登場するんですが、それが意外や意外、オシャレ層からの刺客でした。魚喃キリコさんです。

dateba2.jpg

以前も紹介したのですが(詳しくはココをご覧下さい)、清心女子とか、赤塚とかの西新潟のあたりの空気があって魚喃キリコの「Blue」は最高。内容的にも最高ですし、全新潟市民必読必涙のマンガといえます。僕3冊持ってます!って、それはダメだね!

その10年のあいだにも新潟出身の作家はたくさん出ていますが、地元でも活躍してる古泉智浩とかではそういった言葉の表現あったかな?という気もしますし、作中の登場人物のほとんどが新潟の知名にちなんでる「るろうに剣心」の和月先生も方言は使ってなかったように感じます。山田芳裕はあったかななかったかな?ですが、もともと方言を重視する作家さんだけに、新潟弁が特別に扱われていることもなかったのではないでしょうか。あとは安田弘之に微妙にあったような気もする。近藤ようこはなかったが、高野史子にはあったかも・・・。

で、今回の本題ですが、もっとも作品に密接に新潟弁が出てくるのが杉作さん。

杉作さんといえば大傑作「クロ號」で、可愛いだけじゃないノラネコのシビアな世界を描き、生命のいとおしさと、叙情と、生きてく哀しさを表現。あらゆる猫マンガの中でもっとも泣ける作品となってて、特に最終回は特筆にあたいする出来栄えだったと記憶しています。

この杉作さんがいま、介護マンガ「かあちゃんといっしょ」を連載してて、これがまた毎号泣ける。前号は2回泣いてます。休憩中に読まないほうが良いし、電車の中でも読まないべきマンガとなってます。

NG6.jpg

断じて「ひさしぶり」ではなく「ひさーしぶり」なのです! イントネーションのこだわりは魚喃キリコさんもですが、より口語体に近いのは杉作さんのほうかもしれません。

で、このマンガは新潟弁が作中に「なくてはならない」物となっていて、地方でいきていくこと、地方での共同体の崩壊の序章や、それでもまだ生きている「縁」、そして杉作さんの作品に共通する家族の喪失が「地方民」の記号としての方言なしにでは完成し得ない表現になってます。この作品が新潟弁以外の方言で描かれていても悲しみは変わらないと思うのですが、標準語で描かれていたら異なった感慨になったでしょう。

この作品の中には本来説明が必要な方言ですら、説明がされていません。「なじらね」は「どうかね」といった意味ですが、ここが「なじらね(どうですか)」となってたら、それは表現の崩壊なのです。

「じゃりん子チエ」は関西弁抜きにしては語れず、「釣りキチ三平」も秋田弁なしには成り立ちません。「女神の鬼」も広島弁があるから、あの怖さや感情の起伏が表現できています。同じ広島弁で、「看護助手のナナちゃん」では病・患者と家族・そして看護婦とのかかわりのなかでギリギリの人とのつながりを見せています。

いままでのマンガはどこかギャグとしての新潟弁(聞きなれないコトバとしての)でしたが、表現したいものの中に方言が内包されたものが完成系、という形にまで昇華できたのは杉作さんだけでしょう。

ただ、そういったマンガとして考えずに、まずは「クロ號」を読んでほしいし、「イブニング」で「かあちゃんといっしょ」を読んでほしいです。
同時期の講談社系が、「チーズスイートホーム」でただかわいいことに特化したネコを描き、「プーねこ」でネコギャクを描き、ネコマンガを数々出していたものの、その中でもっとも地味だった「クロ號」が恐ろしいまでの完成度を持っていたことを、知る人は実に少ない。「クロ號」も新装版が出て手に入りやすくなりました。旧装版で最終回読みたさに最終巻を探し続けてきた人にはいいニュースです。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/27(金) 00:02:07|
  2. 新潟県民

バカにされたわたくしの故郷、新潟 / 新潟の雪はどっちにせよギトギト / 二郎食って涙する人々が250万人も。それも日本海側に

今日の大阪は雨降ってて寒いです。あっという間に冬になりそうですね。冬といえば雪。雪といえば新潟です。

僕は新潟県出身ですが、年々降雪量は少なくなってきています。それでも5センチ降雪しただけでツルツル滑って転んで7時のNHKのニュースでさらされるような都民の方とは異なり、タイヤで雪が踏み固められツルツルになった路面でも自転車に乗れる程度には雪慣れしてて、こういうスキルは中々衰えんものだなあと感じたりもします。

さて12月新刊予定表見ていたら「ばりごく麺」が4巻で<完>マークが。いつのまにか連載終了してたんだ、けっこう売れてると思ってたのにな・・・と思いつつ3巻読んでいたら、あまりにバカバカしくてキャッキャいいたくなる描写が登場しました。

「ばりごく麺」はあの能條純一の新作はなんとラーメンマンガ!ということで話題になりましたが、設定はいつもの能条パターン。
能条パターンというと物凄い大雑把にいうと、一人の天才・・・努力系の秀才じゃなくて発想が豊かで感覚が鋭敏なという意味で・・・がその天性を発揮するのを、言葉使いが丁寧なメガネの凡人が「・・・すごいです!」などとレポートする・・・というパターンです。題材がバイオリンだったり外科手術だったり将棋だったりはては超能力だったりしても、天才のレポートであるという点ではかわりがありません。これは傑作「哭きの竜」「翔丸」から確立したスタイルでしょうか。人のいいメガネ男は「月下の棋士」以降からの慣例です。

ほかにも

「ライバルが能面系の秀才もしくは貴公子」
「好きになった女は病気で死ぬ」
「ライバルとまでは行かなくても、主人公に心酔した2番手以降の好敵手はよく死ぬ」
「で死ぬときは血を吐くことが多い」
「主人公は三白眼で黒目が平坦、人付き合いがヘタで、しかも意味不明なところで義理堅い(雨の日に傘をささずに待つのを好む)」
「登場人物にスキンヘッドが多い」
「日本を牛耳る権力者がいて、だいたいそいつは胡坐になって女にフェラさせてる(擬音は「あふっ」)」

などが特徴として挙げられます。
なんだかんだいってやっぱり僕も好きなんです、能条純一先生。翔丸と哭きの竜は2年に一回くらい読み返してますね。

でその「ばりごく麺」は当然ラーメンの天才の話。伝説の中華料理人がラーメンでも・・・という話ですが、いつものように無表情鉄面皮のライバルも出てこんし、病弱な悲劇のヒロインも出てこず、かといってメガネ君の修行・成長ストーリーでもなく。驚愕のテボ湯きり技で度肝を抜かれたものの、正直展開はやりづらそうだなあと感じます。能条先生と題材があんまりしっくりこないというか。
さて今3巻では舞台である来来軒のバイトの子が故郷の新潟に帰るかも・・・じゃあ最後に新潟にちなんだラーメンで思い出を作ってやっか・・・と主人公麺太とメガネ君朗馬がラーメンを作りあう・・・というストーリー。

一応補足ですが、新潟県は縦にダダっ広いので地方独自のラーメンが乱立してて「新潟ラーメン」と一言で括れるものはありません。新潟市内は薄味のしょうゆラーメン、巻は一部で濃厚赤ミソラーメン(丼が茶色いすり鉢系)、中越(燕・三条)は太麺背油ギトギト、長岡は生姜+大量のチャーシュー・・・と地方によって様々ですが、市内以外は一部の人気店のスタイル(こまどり・福来亭・青島食堂)が周囲に広がっていったケースで、既にその地ではあたりまえのようにそういったラーメンが食べられてた・・・というものでもないし、たとえば喜多方ラーメンとか博多ラーメンのような外見的な知名度もないので、知らない人が一目見て「ああこれが新潟ラーメンね」とビジュアル一発で表現できるような外観を持ってないのです。

じゃあどうやって新潟を感じさせるラーメンをつくるのか? と思いつつも読んでいくと、まずメガネ君が作ったのはこんなの。

rame1.jpg

粉チーズが雪! ああまた表層的な新潟のイメージで来ちゃった、雪ねえ・・・それはいいけど粉チーズ!? これ正直言うと「なんか白っぽいもの振りかけてえな」っていう前提ありきのラーメンですよね。あといくらバイトの子がパスタ、それも粉チーズいっぱいのクリームパスタが好きだから、っていっても、じゃあ何も無理くりラーメンにしなくてもいいんですよ。パスタ作ればいいのに。だってメンマに粉チーズ。しょうゆで煮込んだチャーシューに粉チーズ。合うわけないじゃないですか! 

で、ラーメンに雪みたく白いのかけるんだったら、もっとラーメンに合うやつあるじゃない・・・というとこうなる。

rame2.jpg

なんか次郎みたいなブタ+もやし+キャベツ山脈なラーメン出てきたなーとボンヤリとおもってるとやっぱり平ザルが出てくるわけですよ。

rame3.jpg

あいつのラーメンが粉雪なら、おれのはどか雪だ!とばかりに背脂です。まあね、やっぱりね。雪に見立てられそうな白いラーメン食材っていったら背脂しかないですもんな。粉チーズ思いつく方がレアケースです。むしろ粉チーズ使う段階で「気ィ使って何気に先輩立ててんだな、メガネ君」とバイトの子が感づくと思うな。

麺太は新潟の重いどか雪をみるたびに、来来軒ですごした日々、俺の作ったラーメンを思い出せ・・・というが、背脂ギトギトニンニクマシマシ、平ザルの目から背脂がニュッチャニュッチャと振り下ろされる駄イメージが、能条先生の達筆にかかるとこんなきれいなシーンになるんだから不思議です! 

rame4.jpg

rame5.jpg

rame6.jpg

rame7.jpg

これラーメンに背脂ジャッジャってふりかけるシーンですよ!?丼のフチには白い飛沫がビッシリ、口の周りはニッチャリ、テーブルふきんは脂でネトネト・・・そんな背脂がこのイメージ!綺麗事すぎます! 
しかし背脂ラーメン食べたら新潟を思い出せ、ではなくて、新潟で雪が降ったら背脂ラーメンを思い出せ、だったりするのもふつうは逆じゃないでしょうか。ああ雪だ、雪が降ってきた・・・そういえば次郎のラーメン喰いてえな・・・ということです。これは叙情のカケラもない初雪の印象ですね。その雪のきれいではかない印象も粉チーズor背脂。どっちにせよコテコテギトギトですね。
上中下越の県民250万人は2月ともなるとどこでも雪で苦しめられますが、この雪も背脂なんだなとおもえばノドが鳴るというものです、都下のラーメン次郎でラーメン見た瞬間にジンワリと涙ぐむ男性がいたら、それこそ新潟県民です・・・ってんなわけあるか! 新潟県民だって「おたくの雪、背脂みたいですね」っていわれたら表面上はニコニコしてても根に持ちますよ!

しかしですね、新潟・燕には背脂系の発祥ともいわれる福来亭系のラーメンがあり、不覚にもこの背脂シーン見てノドを鳴らしてしまう人間も一部いる(僕含む)ということも残念ながらまた事実なのです! 

さて今回のタイトルは県人の忸怩たる思いを代弁したらこんなになってしまいました。県民のみなさん是非「ばりごく」3巻読んでください!
  1. 2009/11/16(月) 22:13:20|
  2. 新潟県民

新潟県民にはふつうですが

いま「ひまわりっ~健一レジェンド~」ではこんなテーマが3週くらい続いて喧喧囂囂です。

「チキン南蛮の鶏肉は、ムネかモモか」

宮崎県民にとってソウルフードとも言えるチキン南蛮(トリのから上げに甘酢とタルタルソースがかかったもの)ですが、あぶらっ気のないムネ肉派なのか、それともあぶらっぽいがジューシーなモモ肉派なのか。さらには皮はついてたほうがいいのかないのがいいのかでもモメる。ひとつの店にムネとモモ両方置いていることはないので、店選びの段階で「ねえここモモ?ムネ?」とそれぞれの派閥が警戒しあうそうです。

僕はこの話を読んで宮崎の人は鶏肉に対して意識が高いなと感心しましたが、多くの人にとっては「そんなんどうでもいいじゃん」で済ませてしまう問題でしょう。
ちなみにセブンイレブンで売っていたチキン南蛮はたしか皮つきムネでした。

この手の地方では盛んに食べられているが全国的には知名度が低いもの、にはどうも興味が湧くというもの。だけど麺類と丼モノ、独特の洋食はすぐにメディアに取り上げられて流行りますが、日常食べなれてて無名のお惣菜や地方食、ってまだたくさんあるはずです。

僕は新潟生まれですが、新潟のそういった惣菜ではこんなのがあります。

dateba3.jpg

「ハルチン」魚喃キリコさんからの1コマ。主人公ハルチンは新潟生まれで、魚喃さんも新潟生まれ・・・ということでときおり出てくる新潟ネタにはニヤリとさせられますね。でもたとえば米とかのっぺ汁とか枝豆とか日本酒とかの分かりやすい新潟名物じゃなくてこのチョイスが渋すぎる。冬菜とえごとハリハリ漬けですよ? コテコテの新潟食ばっかです! 

冬菜は「とうな」と読み、濃い緑色で食べると苦い、というなんとも子供の嫌いそうな要素しかない菜っ葉で、普通に常備菜として並んでましたが、味にクセのないほうれん草のおひたしよりも、なぜか新潟では好まれています。弁当に入ってるとガッカリしたものです。
「えご」は海藻を煮て寒天状にしたようなもので、コンニャクみたいな弾力はなくもぞもぞしてます。酢味噌やからし醤油で食べていたような気がしますが、酒のつまみ的なもので、ゴハンのおかずにはなりません。僕は苦手です。
「ハリハリ漬け」は切干大根と昆布とスルメを醤油付けしたもので、昆布とスルメからヌルヌルした粘りが出ているというしょっぱい漬物です。常備菜として実家では冬にひと樽つくってましたが、個人的にはやっぱり冬毎日食卓に並ぶものというイメージでありがたみは感じませんでした。でもこれでお茶漬けをつくると美味しいです。

だけれど他県人からしてみるとかなり難解な食べ物です。何しろ「旨い!」ってものでもないわけですから。苦いだけの葉っぱと海藻寒天、ぬるぬるする漬物・・・初めて食べてカルチャーショックをうける友人・チーちゃんの表情が微妙なのがいいですな。

date4.jpg

たしかに今から考えても何であれを普通に食べてたのかといったら、食卓に並んでたからです。うちは父も母も純粋な新潟県民ではありませんでしたが、気がついたら食卓にはこういったコテコテの新潟食が並んでました。いつ親たちは洗脳されていたのか非常に興味あるところです。

魚喃キリコさんはあと新潟の方言の再現力が高いのが素晴らしいですね。dateba2.jpg

これを読んで「だすけ」「らてば」に象徴されるダサ言語新潟弁独特の「伸ばす感じ」が文字でここまで再現できるとは思いませんでした。口声音化して読むと新潟のオバさんになれるので、最近実家に帰ってないなという新潟県民はやってみてください。

そういえば切なさ満開の超名作「blue」でもすこしだけ新潟弁が出てきてます。「blue」の舞台は市内の清心女子。あの物寂しい新潟市内がこの人の手にかかるとこんな叙情的に描かれるんだ・・・と心底驚き感動した覚えがあります。当時の絵のタッチもシンプルでムダがまったくなくかつとてつもない高いレベルで、僕はこの当時の絵がもっとも好きです。

ただ出版社が変わるたびに異装本が発行されるのでけっこうなコレクター泣かせな面も・・・。デビュー作「Water.」は青林堂版、マガジンハウス版、さらに祥伝社フィールヤング版、と3回も出てたりします。この「ハルチン」も2巻が発売時に、旧1巻と全然違う装丁で新1巻を出しなおしてきたので、ぼくも1巻買いなおしてしまいました。「Water.」の3つのバージョン違いについては、また今度改めて触れたいと思います。
  1. 2009/08/02(日) 23:36:55|
  2. 新潟県民

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。