岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!




こんにちは、まんだらけコンプレックス店の百合マエストロ(自称)内村です。
今回紹介する漫画「柚子森さん」とにかく今すごくキテます!キちゃってます!!


          324-01.png

                 あれ、核心に迫る部分が先に!アカンアカン!アカンやつやこれ!



                 324-02.jpg
                             江島絵里 柚子森さん



                    324-03.jpg
                                 手をつないで


                    324-04.jpg
                           ナチュラルな恋人つなぎになって


                    324-05.jpg
                              腰から崩れ落ちる!!


                    324-06.jpg
                          しかも相手は小学4年生ときたもんだ!!



これは、百合界隈ではまだまだ希少ジャンルの「ロリ×おね」でございますよ!
いやしかし、完全に不意打ちですね。上のシーン以外にもガンガン畳み掛けるようにロリ
おねの胸キュンシーンが満載でなんか心が落ち着かない!もはや事件です!





   324-08.jpg324-07.jpg
                                ・・・・・・。

小学4年生の「柚子森さん」相手に完全に敬語で話す高校生「みみか」はロリコンなのか
?!純愛なのか?!

「みみか」にとって「柚子森さん」が大正義(オーバージャスティス)であり尊い存在で
すが、読者である百合クラスタにとってこの作品自体がジャスティスであり控えめにいっ
ても尊すぎます!!

いま百合好きには最注目の重要タイトルなのは間違いありません!!



担当:内村
  1. 2017/03/24(金) 11:01:38|
  2. コンプレックス内村

私が百合好きになる原点 教艦ASTRO




あけましておめでとうございます。コンプレックス店の百合マエストロ(自称)
内村です。
今年も私の記事を通して多くの百合好きの力になれれば良いと思いつつ、私情も挟みつつではありますが百
合マンガを紹介して行きますのでどうぞよろしくお願いします。
ではさっそく


                   画像0107-01


                        蕃納葱(ばんのうねぎ) 教艦ASTRO

          帯より 「うら若き女教師たちが官能を刺激する―――生徒厳禁の職員室4コマ誕生。」

                                 OVER24


これにビビッと来て読んだんです。
しかし、当時の私は実は百合好きでは無かったのです。「百合」ジャンルがどのようなものかは知っていま
したが、「百合」という単語が頭の中にはほとんど無いような人でした。アニメ・マンガは好きだけど最近な
にか違うなと思っている時で、いわゆる萌オタだったのですが、グッズやマンガ、同人誌をだいぶ処分して
オタク辞めようかという時、ふと上記した帯コメントが気になって読んで衝撃が走ったのです。


               画像0107-02


こので初めて気づいたのです。


                   画像0107-03

                   画像0107-04

                   画像0107-05

                   画像0107-06


と、女教師同士の百合百合しいシチュはたくさんあります!
しかしここまで読んでいても「百合だ!」ともならなかたったのですが烏丸先生の「せいべつ:ゆり」を見
たときにやっと 「これだ!!」 と思い初めから読み返して確認しました。
自分の求めていたものを!!

というわけでして、唐突ではありますがこの4コママンガが自分の百合好きになるきっかけとなった思い出
深い作品なのです。
女教師マンガではなく純粋に職員室マンガなのでもちろん男女の話やカップル、だったりもありますが、貴
重な女教師百合成分は見逃せません!!

しかし蕃納葱先生の創作活動休止により短命に終わってしまったのが残念でなりません。
休載したのちにコミケなどで女教師百合の同人誌や教艦ASTROの設定本などを少し発行されています。
こちらもすばらしいのでぜひ百合好き、特に大人百合・女教師百合好きの方には垂涎の内容ですので。


                  画像0107-07


こんな表紙の同人誌です。

願わくば!! ぜひ百合マンガ界隈にカムバックしてほしい! 


というわけで、私事満載ではありますが蕃納葱「教艦ASTRO」を紹介させていただきました!
ここまでのご静聴ありがとうございました!!

(コンプレックス/内村)
  1. 2017/01/14(土) 11:00:37|
  2. コンプレックス内村

冬でも・・・夏だ! 水着だ!! ビーチバレーだ!!!!




こんにちわorはじめまして、コンプレックス店の百合マエストロ(自称)内村です。
えぇ~題名のとおりですが、まあ漫画紹介するのに季節感とか気にしません!!良いものはいつだ

って紹介しますから!


                1128-00.jpg


                         如意自在【はるかなレシーブ】


1128-01.jpg 1128-02.jpg


ビーチバレー=2人ペア というところに気づいた時、百合の気配を察知せざるをえませんでした!

そして、この作品を読んで気がついたのは「腰まわりの描き方」が特徴的なのです!
澄んだ色使いのカラーページもとても良いのですが、この「腰まわりの描き方」には間違いなくコ

ダワリが感じられます!


                 1128-03.jpg

                 1128-04.jpg

                 1128-05.jpg

                 1128-06.jpg


しかし、腰まわりの描き方も良いですがバレーがテーマとあって女の子が大きい!これは身長差百合もカバーしていますネ!GOODです!

単純な「部活モノ」ではないので学校生活の描写が省かれている分、ビーチバレーの描写や人間関係の描写に割ける部分が大きいためビーチバレーの動き、レシーブやアタック・サーブなどいろいろな局面での身体の動きを描く画面構成はわりとこまかく思った以上に競技もしっかり描かれています。
ストーリー自体にはまだ大きな展開が起きているわけではありませんが今後の展開次第では百合抜きでも面白く読むことができ、百合としてはライトな百合クラスタよりもガチ百合クラスタに受ける作品になりそうな気配は十分にあります。タダの部活ものライト百合というわけではなさそうで、なにやら過去の不穏な人間関係が見え隠れしつつ、だんだんとストーリーが展開されてきているのです。

現在2巻刊行ですが急いだ展開は無く、じっくりと伏線を保ちつつもしっかり百合百合しているところもたくさんあるのでまだまだ今後の展開が気になってしょうがありません!なのでこの作品は今年発売のマンガで百合クラスタ要チェックタイトルの1つとして今回は紹介させていただきます。

それでは、ここまでのご静聴ありがとうございました!

(コンプレックス/内村)
  1. 2016/12/05(月) 10:59:32|
  2. コンプレックス内村

ごらんのラッキースケベの提供でお送りいたします。 立花和三 CHERRY TEACHER 佐倉直生




はじめましてorこんにちわ、コンプレックス店の百合マエストロ(自称)内村です。
今回はちょっと変わった作品を紹介します。


                 161026画像0
                       立花和三 CHERRY TEACHER 佐倉直生


集英社の新書サイズからだと百合を紹介するのは珍しいですね。
先に言ってしまうと主人公が男性教師なので普通に男目線は多いです。
が、基本的に教師たるもの生徒のためには正しく在ろう というスタンスを取るのでそこまで邪魔にはならないかな?とも思います。

男性主人公のこの作品をあえて百合と紹介するのには十分な理由があります。



                 161026画像1


                 161026画像2
                          キャラ名:蒼井静夏[あおい しずか]


おまわりさんこの人です!怪しいのは!
もう言動が少年マンガでは無いです。 稀代のクソレズですよこいつは!健全な百合少女は逃げてください貞操の危機かもしれないから!

このお色気担当の蒼井1人にクラスの女子たちはいじられています、主に次に説明する2人が。


                   161026画像3

                 161026画像4

                         キャラ名:桜井 結奈[さくらい ゆな]


ごらんのラッキースケベの提供でお送りいたします。
画像で紹介するのはパンチラだけですが、他の連載タイトルが乳首に修正が入れられていく中でなぜかこのマンガは最後まで修正入らず単行本でもそのまま。
なのでもっとHなスケベもあり、桜井が一番のスケベ担当なので素っ裸で蒼井に絡まれることもあり・・・。


                 161026画像5

                 161026画像6
                        キャラ名:陽本 実[ひのもと みのり]


蒼井とは間逆の貧乳担当で完全に被害者。上の画像が物語るようにセクハラされまくり。
巨乳への下克上にも失敗し食われる一方です。

この3人の女子生徒と教師を中心にしているので、見るところだけ見れば百合もあるよ!! と。

もろもろ考慮して百合度は5段階だと2くらいでセーブしておきます。
しかし気になるのはこの「ドンッ」が多い。
ワンピースリスペクトでは無いと思いますが、ある意味作者の癖が見えますね。
そしてこの作品、前述の文章で気づかれてしまったかも知れませんがすでに完結しています。
残念ながら打ち切りとなりまして、10月に最終3巻がでています。
新キャラを出したタイミングだったりと展開としては大変なところでしたが、画力など考慮しても打ち切りはもったいない。
個人的には流行では無いかもしれませんがこのタイプの画風と画力で思いっきり百合描いていただけたら良いんですが・・・。

百合の部分を抜きにしても完全にベクトルを間違えながら生徒の為にと奮闘する教師の姿は報われないけど面白いので意外とギャグあり百合ありと楽しく読めると思いますよ!
なんにせよ百合クラスタなら知っておいて、読んでおいて損は無いはず!ということでオススメさせていただきます!!

それではここまでのご清聴ありがとうございました!

今回はこの後に新海誠監督の大ファンであり百合好きとして「君の名は。」について少し書かせていただきます。
「君の名は。」のネタバレはできるだけ控えますがNGの方は念のためBack spaceボタンかブラウザの「戻る」を押してください。






私は秒速5センチメートルを友人に連れられて観てファンになったのですが、新海監督がこれだけの大ヒットを飛ばすとは正直思っていませんでした。またいつもどおり「知ってる人だけが観る、知っている人だけが知ってる新海誠」だと思って甘くみていました。
「作品自体は間違いなく新海誠なのに今まで見たことの無い新海誠。」
と私は表現するのですが、やはり作画監督にジブリの安藤雅司さんと田中将賀さんを向かえデザイン、演技など根底から変えていったところは新境地への足がかりだったのだなと。
とにかく
らしくもあり、新しくもある新作を打ち出し旋風を巻き起こしました。「ジブリっぽさ」についてはある意味「星を追う子ども」からのリベンジは完遂したのではないでしょうか?
そして、次回作は?と気も早く言っていますが、他人にも自分にも正直な新海監督はまた既存の作品のような、もしくは挑戦的なショートを1作ポンと作るのかな?
とも思っています。

            ***下記本格的にネタバレ&自己満足的百合妄想***

瀧君に一瞬ホレた奥寺先輩は、瀧くんの中にいる三葉の内面にホレていたので百合展開ありえる。


というわけで本当にすごいことになったなあ! と思いながら「君の名は。」3回目に行こうとしている内村でした。

  1. 2016/10/26(水) 10:53:33|
  2. コンプレックス内村

立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花




こんにちはorはじめまして。まんだらけコンプレックス店のシン・百合マエストロ(仮称)内村です。
タイトルに美しい女性を3種類の花に喩えた都々逸を使ってみました。
なぜなら今回、紹介する漫画は『花』がコンセプトにあるのです。


              160911-0.jpg

                           こうの史代 街角花だより

メインはひょんな事から会社をクビになってしまった「男には困らないが新しい仕事が見つからぬ」と言って
花屋のアルバイト募集に飛び込んできた「りん」と花屋の「うらら(店長)」の2人の日常を描いていったものです。
やや特殊なのはデビュー作版の「街角花だより(日和版)」と「街角花だより(明石版)」と2つの表題作が収録されており、前者が95年のデビュー作、後者が02年のまんがタウンオリジナル創刊に合わせた新連載版と同タイトルで7年の間があり内容も異なっているのです。この2編の間に単話が2つ。


                160911 (1)

               いずれの街角花だよりも「りん」の失職から話が始まります




               160911 (2)

                 でこぼこコンビですがうまくやっているようです。
           この、茎の切り口を焼くバーナーで服を焼かれていながらもタバコに
          火をつけている描写は2人の相性の良さが表れているようで凄く好きです。



160911 (3)160911 (4)

                           左:扉絵の2人の感じも仲良さそう!
                         右:りん は意外とアコギなやり方が得意です。



                  160911 (5)

作中このコマしかないのですが、縦いっぱいに使って全身を大きく描いていますが、この全身の緩やかな、やわらかいフォルムはタイトルの都々逸にある「歩く姿は百合の花」をイメージできますね。
また、人物だけでなくこうの史代先生の描くやわらかい街角の風景や人物は良き昭和の情景に懐かしさを感じます。



160911 (7)160911 (6)


そして、百合として紹介するきっかけは巻末間際に収録されている「百合色の人生」です。
第1案と第2案があり前者はこうの先生自身が酷評されていますが、現代の百合クラスタには第1案が問題なのです。
一応、店長もりんも全く男性との交友がないわけではないので色恋話もあるのですが、りんの好みの男性のタイプが店長に当てはまっていて・・・。
という、これまでの2人の仲の良い雰囲気と相まってこの話は百合好きのやる気スイッチを押してしまうには十分な展開でした。

百合度はライトですが、玄人志向の百合好き向けとして今回はこの1冊を選びました。
未読の方はぜひ未開拓のフィールドを広げてみていただければと思います。


追記
来る11月には「この世界の片隅に」のアニメ映画が公開されます。
「ブラックラグーン」と言うと印象が違い過ぎますがw「マイマイ新子と千年の魔法」「アベノ橋魔法☆商店街」など幅広く
コンテや演出で活躍されている片渕須直監督の最新作でもありとても楽しみです。
片渕監督とこうの先生と言えば、東日本大震災復興ソング「花は咲く」でも一緒に仕事をされていましたね。
11月の映画公開が楽しみです!!


それでは、ここまでのご清聴ありがとうございました。


(コンプレックス/内村)
  1. 2016/09/11(日) 10:38:50|
  2. コンプレックス内村

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション