岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

史上最高の速球投手





こんにちは、野球大好きな松下です。今回はおっさん向けの内容なので、若い人はへぇ~位で流してくださいね。

さて、プロ野球も今シーズンが終わり、一息ついたかと思えば、FAだ何だで盛り上がるのがこの時期(いわいる
ストーブリーグ)です。
今回は巨人が本気を出して史上初のFA選手3人も取っていて非難浴びてますが、個人的には巨人なら仕方がない
かとも思ってます。
自分は阪神ファンですが、弱い巨人に勝っても嬉しくはありません。常勝を義務付けられた球団、それが巨人な
のです!

という訳で、過去の巨人を代表する投手の漫画をご紹介します。


1223-1.jpg


小学館 森高夕次&星野泰視 江川と西本 です。

さて、タイトルにもなっている江川と西本と言えば、同時代の巨人のエースです。
2人は常にエースの座を争い、あまり仲は良くなかったという話も良く聞きます。
果たしてそうなんだろうか?
当時巨人の先発3本柱として活躍していた、定岡氏曰く、仲は悪くなかったと良く話しているのを聞きます。そ
の辺りも少しずつこの漫画は明かしてくれます。
そう、2人のライバル関係や仲に関するエピソード満載の漫画なのです。

さて、本編ですが、2人の子供時代~高校時代から始まります。特に江川の全盛期といわれた高校時代はかなり
深く掘り下げているので、江川って解説者は知っているけど、現役時代はどうだったんだろう、と気になる方は
是非読んでみてほしいです。

物語は江川中心に進みます。
江川といえば、ストレート!その速球に関しても勿論この漫画は触れています。


1223-2.jpg

1223-3.jpg

1223-4.jpg

1223-5.jpg


実際、速い球というのは初速と終速に差が少ないほど早く感じるとも言いますし、スピンが掛かった球は浮いて
くるように感じるとも言いますので、スピードガンでは測れないものかもしれません。


1223-6.jpg


高校時代はまさに敵なし。記録も勿論凄いのですが、それに纏わるエピソードなどからも史上最高の投手と言っ
ても過言ではないでしょう。
1巻の終わりにはこんな事も言ってます。


1223-7.jpg


この後、甲子園で大活躍した江川は「怪物」と呼ばれ、江川の為の大会とまで言われるようになります。

その後はというと、
最強投手であった江川はプロ入りするまで様々な事が起こるようになります。

特に、プロ入りする際の「江川事件」「空白の一日」は知っている方も多いと思います。
これについては複雑なので、ここでは紹介しませんが、それによって江川は嫌われてしまいます。
その辺りの状況も漫画には描かれていますので、確認して頂きたいと思います。

そして、プロに入ってからは、それまでに比べ絶対的な力は示せなくなります。
そこで、ずっと江川をライバル視していた、この漫画のもう一人の主人公西本聖の活躍が目立ってきます。さて
、2人のライバル関係は・・・今後の展開は・・・
と言う所で今回はこの辺りまでにしておきます。


自分が小さい頃、野球を見始めた頃の最高の投手は江川でした。阪神ファンなので、勿論最高というよりは最
強の相手といった感じでしたが。
という訳で今回思い入れも強く紹介させて頂きました。

今回、ご紹介した作品は

http://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E6%B1%9F%E5%B7%9D%E3%81%A8%E8%A5%BF%E6%9C%AC&shop=55&soldOut=0&dispCount=48

現在も大谷など、素晴らしい若い投手も増え、メジャーに次々投手を送れるほど日本の野球レベルも
上がってますので、注目していきたいですね。

あー、シーズンが待ち遠しい!


コンプレックス 松下
  1. 2017/01/03(火) 11:00:21|
  2. コンプレックス松下

あぁ・・ゲーム三昧な青春時代




こんにちは。何だかんだでFF15が楽しみな松下です。今回はゲームねたのコミックの紹介をします。


161120-画像1


山本さほ 無慈悲な8bitです。
山本さほ氏といえば、twitterでひまつぶし漫画を描いていて、ブレイクした作家さん。自分はその頃からずっ
と読んでいたんですが、ここでUPされた2015のベスト
http://www.mandarake.co.jp/information/column/iwai/2015best/
にも挙げさせて頂いた「岡崎に捧ぐ」は話題にもなり、人気漫画家さんの仲間入りをしました。岡崎に捧ぐで
もゲームネタが多かったのですが、満を持して週刊ファミ通で連載が始まったの
が今回紹介する作品です。

そんな中からあるあるネタを何個かご紹介。
まずは初期のファミコンにあった理不尽な事など


161120-画像2

161120-画像3


当時は何でだよ!と感じながらもそれが楽しくて仕方なかった。
特に昔のゲームは緊張感ありまくりでしたからね。
今では当たり前のセーブ機能もなかったですしね。自分も半日掛けて
進んでコントローラー引っ張ったら、データ消えたりして泣いたりもしました・・・

でバイオハザードでこんな例


161120-画像4

161120-画像5


他にも、共感できることだらけ。まさにこの漫画は自分の青春時代とかぶるのです。
今でこそ色々なジャンルを嗜む様になりましたが、当時は好きなゲームが出る日なんて朝4時に起きてました。
ホント根っからのゲーマーでした。
こんな感じ。


161120-画像6

161120-画像7


などなど、30代以上のファミコン世代は勿論、そうでなくても楽しい漫画になっています。
懐かしさを感じたい人、昔のゲーム事情も分かったりするので、特にゲーム好きにはお薦めです!


今回紹介した漫画はこちら

他の山本さほ作品はこちら


(コンプレックス 松下)
  1. 2016/11/21(月) 11:00:40|
  2. コンプレックス松下

熱血漫画家の意欲作




こんにちは、毎週アニメ映画を観ては涙している松下です。
最近は「君の名は」「聲の形」など良作が多いですね。
で、今回紹介したいのは島本和彦さんの漫画なんですが、シンゴジラが大ヒットし
た今のタイミングなら、庵野秀明とのライバル関係だったり、漫画賞まで受賞
したアオイホノオだったりを紹介すべきなのかもしれませんが、あまり取り上
げられない単純に自分の大好きな漫画の紹介をしたいと思います。


161010画像1


ワンダービットです。
こちらはパソコン雑誌「LOGiN」に掲載されていたんですが、自分は毎月これ読
むために買ってました。
LOGiNは最初マニア、技術者向けなパソコン雑誌だったのが、時代と共にゲーム
中心の一般向けに変わっていったんですが、ワンダービットはブレることなく
己の道を突き進んでいましたね。まさに燃えよペンの「熱血漫画家十訓」その
ままを具現化したような漫画でした。

漫画自体は基本的には一話完結。ただ、エピソードごとに作画や構図に大胆な
工夫を凝らしていたり、前の話で出てきた、登場人物が、主人公に関わってき
たり、まとめて読むとニヤリとするような伏線もいっぱい詰まっています。

さて、その中からお気に入りに作品をいくつか紹介します。

まずは
「I LOVE NASU」
首藤レイ。全ての話に絡んで来るわけではありませんが、一応作品全体を通し
ての主人公の科学者です。世の中の為になるというよりは個人的な見解によっ
て発明をし続けるドジなマッドサイエンティスト。
そんな首藤レイは考えます。


161010画像2


そして、食べ物に感情を持たせる機械を完成させます。


161010画像3


161010画像4


そんなこんなで自ら食事が出来なくなり、命の危険を感じた首藤は山中に隠し
ていた機械を破壊しに向かいます。


161010画像5


そんな時、空腹で倒れこんだ首藤の前に


161010画像6


さて、どうする首藤!?

と、いう訳で後は読んでのお楽しみ。
ちなみに私の家族はみんな茄子が好きなので、茄子夜ご飯率高いです。(どー
でもいいですね、すいません)

折角なのでもう一つご紹介します。


161010画像7


「タイムバンデッド」です。
この漫画はある試みがされています。お分かりでしょうか?


161010画像8


画像だと分かりずらいと思いますが、実は全て鉛筆だけで書かれています。
島本氏、後で大変だったのでもうやりたくないと話していたそうですが、とて
も迫力もありますし、線が味わい深いです。是非見て欲しい。

というようにワンダービットでは様々な試みがあります。上のタイトル以外に
もレディースコミックのタッチに挑戦した「プロフェッショナル・ラバーズ」
は特にお勧め。他にもデフォルメキャラにこだわった話や劇画調を追求した話
などかなり色々楽しめます。

島本和彦読んだことあるけど、ワンダービットは読んでなかったという方、是
非読んでみてください!必ず気に入る話があるはずですから。特にヒーローも
の好きなら間違いなく興奮する事をお約束しますので。


今回紹介した作品は
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E5%B3%B6%E6%9C%AC&shop=55&soldOut=0&dispCount=48


他の島本和彦作品は  
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E5%B3%B6%E6%9C%AC%E5%92%8C%E5%BD%A6&shop=55&soldOut=0&dispCount=48

(コンプレックス/松下)
  1. 2016/10/11(火) 10:08:59|
  2. コンプレックス松下

毎日暑いですね~、こんな季節は熱いバトル漫画はどうでしょう?




バトル漫画がすごい漫画家さんは沢山いますが、昔から好きなのは、水上悟志先生と藤田和日郎先生。
分かりやすさもさることながら鳥肌が立つほどの表現力とキャラクターの表情が
素晴らしいですよね。個人的には「惑星のさみだれ」はマイベスト3に入るほど
のお気に入りです。

で、今回はその水上悟志先生の短編集をご紹介します。


160829-画像1_convert_20160827173451


短編集の3冊目にあたる宇宙大帝ギンガサンダーの冒険です。
この短編集、2011~2012のアワーズでの読みきりに載った作品が中心になっています。
ちょうど、惑星のさみだれを描き終えて、スピリットサークル の連載前の時期ですね。
よって、この期間だからこそ試している要素も。
バトル、サイコホラーは先生の十八番だと思うんですが、それに加え、ファンタ
ジー、ラブストーリーなどもあるので、かなり楽しめます。

その中から一つを軽く紹介。


160829-画像2_convert_20160827173730


ちなみに上のイラスト、下から主人公天馬、天馬が変身したヒーロー、変身した天馬が乗り込む機動兵器、宇宙大帝ギンガサンダーです。


160829-画像3_convert_20160827173906


宇宙大帝ギンガサンダーを倒すために、ただ拳で立ち向かうだけの熱い男の話。


160829-画像4_convert_20160827174040



キンガサンダーに立ち向かうため、走ります。主人公天馬は加速すると変身出来るのです。
そして変身した天馬は今度は機動兵器に乗り込み決戦に挑みます。


160829-画像5


準備は万端、いざ、皆の思いを乗せた拳はギンガサンダーに届くのか・・・


単純な話ですが、熱いです、そして馬鹿です(良い意味で)この辺りのテンションの高さは島本和彦氏に通ずるものを感じます。
ちなみにこのギンガサンダー、タイトルにもなっているだけあって、この読みきり集の他の話にも沢山出てきます。
敵だったり、味方だったり、色々なシチュエーションが楽しめます。

そしてもう一つ。実はこの短編集、「惑星のさみだれ」の番外編も掲載されています。


160829-画像6_convert_20160827174319


最後の決戦後の主要キャラクター太陽のその後の話などが描かれています。
こちらもファンなら是非チェックして欲しい所。

ちなみにこの番外編、元々「惑星のさみだれ」完結記念の全プレで貰えた小冊子に載っていたものです。
こちらも合わせてチェックしてもらえるとより楽しめると思います。


160829-画像7_convert_20160827174439


もちろん小冊子の方は漫画以外にも色々載っています。目次はこちら


160829-画像8_convert_20160827174637


どれも「惑星のさみだれ」への愛情を感じるものばかりですが、一つだけイラストを。


160829-画像9


こんな素晴らしいイラスト満載です。他は、手に入れた人へのお楽しみということで・・・


そういえば少し前ですが、「スピリットサークル 」も無事最終回を迎えましたね。個人的には満足した最後でした。
水上悟志作品に関しては伝えたい事もあるので、また機会があれば触れたいと思います。ホント、次回作も楽しみです。


今回紹介した漫画は
https://ekizo.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC&shop=55&soldOut=0&dispCount=48


水上悟志作品は
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=11&keyword=%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E6%82%9F%E5%BF%97&shop=55&soldOut=0&dispCount=48


完結記念小冊子は
https://ekizo.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E3%81%95%E3%81%BF%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%80%80%E5%86%8A%E5%AD%90&shop=55&soldOut=0&dispCount=48


(コンプレックス/松下)
  1. 2016/08/29(月) 11:00:04|
  2. コンプレックス松下

まっすぐ一直線な男、最近見ないですね。




今回ご紹介するのは野球漫画です。
いや~、それにしても広島強いですね~。マエケンが抜けてのこの快進撃、誰が予想したでしょうか?
私は30年来の虎党ですが…良いんだ、今年は・・・変革の年なので!若手を育てる年なので!
でも広島はちょっと応援してます。


160716画像1


さだやす圭 フォーシームです。作者のさだやす圭さんは『なんと孫六』を33年書き続けた方。ちなみに、この
33年という数字は月刊少年誌の最長寿漫画だったりします。(単行本としては全81巻)孫六でも途中からは野球
漫画になりましたが、こちらはよりリアルに野球の事が描かれています。

ちなみにタイトルにもなっているフォーシームですが、フォーシームとはいわゆるストレートの事です。
名前の由来ですが ボールが回転するときに縫い目(シーム)が4つ見えるように投げるのでフォーシーム。バック
スピンを掛けて投げるので直線に近い軌道になるのです。
最近良く使われているツーシームはフォーシームの投げ方で握りが違う投げ方です。ボール1周する間に縫い目
(シーム)が通過する回数は2回なのでツーシ-ムと呼ばれています。
どういう球かというと、フォーシームに比べ揚力を与える縫い目の数が少ないため揚力が小さくなる。
揚力が小さいということは、ボールが沈んだり、不規則な変化が起こったりします。なので、打者が打とうとす
ると微妙に変化をしてバットの芯を外すのに打ってつけの球になるのです。

さて内容はというと、
主人公の逢坂猛史は36歳、かつてはキングと呼ばれた剛腕投手でした。
でも当然36歳ともなるとストレート中心のパワーピッチャーは衰えてきます。
昨年引退をされた山本昌さんみたいに長く野球をやっている投手は技巧派が多いですからね。
勿論、かつては剛球投手で、技術を磨きうまく転身して、長く続けている投手もいます。
ただ、この逢坂猛史、性格もあってまあ、引かない。プレイスタイルを変える気はさらさらない感じです。
そんな逢坂に大事な試合の先発の出番が回って来ます。


160716画像2_convert_20160713192515


逢坂も粘ったピッチングを見せますが、ピンチを迎えます。すると・・


160716画像3_convert_20160713192719


簡単に交代を告げられます。
本当は、それほど信用されていなかったと知った逢坂が取った行動がこれです。


160716画像4_convert_20160713192907


なんと監督をネックハンキングツリーです・・・
まあ、ありえないです。破天荒すぎます。

で、当然進退が問われることになりますが、まあ、この性格なんで引かない。
そうはいっても今の状況で野球を続けることは不可能
それで彼が取った行動は


160716画像5_convert_20160713192955


なんとメジャー挑戦です。たまたま知り合ったメジャーのスカウトとのコンタクトにも成功し、海を渡る決意を
します。

そんなこんなでメジャーに挑戦する事になった主人公ですが、まあ、温かく迎えられる訳はありません。
あの事件や年齢的にも中々受け入れてもらえない逢坂にコーチはこんな条件を出します。


160716画像6_convert_20160713193032


オープン戦無失点で抑えれば、契約するけど、そうでなければ解雇という条件
そして


160716画像7_convert_20160713193200


そんなこんなで始まったオープン戦、クローザーとして見事条件を達成していくわけですが、
無茶ばかりする男です。ただ、仲間や読者を引き付ける純粋で熱い男でもありますけどね。
正式契約でまたも無茶な契約を吹っかけます。


160716画像8_convert_20160713193243


いわいる連続セーブでのインセンティブ契約です。
1試合1ドル契約に始まり
10試合連続セーブで512ドル
20セーブで50万ドル、25セーブで1600万ドルといった具合。
日本記録が佐々木主浩氏の22連続セーブですから、1億円以上もらおうと思ったら大変な数字です。
まあメジャーでは、84連続という圧倒的な記録を持ったエリック・ガニエという投手もいましたが。

という訳で無茶な契約をふっかけた逢坂ですが、はたしてうまく行くのか・・・
続きは自分の目でチェックしてみてください。

そして、7巻にはなんと、○○も登場します。世界観を共有しているんですね~。
これからどうなるのか、2人の対戦はあるのか、実際のペナントレース同様、熱い展開間違いなしです!
自分も長期連載になっても付き合っていきますので、よろしくお願いします先生!



今回紹介した作品はこちら

他のさだやす圭作品はこちら


(コンプレックス/松下)

  1. 2016/07/16(土) 11:00:32|
  2. コンプレックス松下

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション