岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

プロ野球真っ只中!こんな熱い球団だったって知ってましたか!?




こんにちは、またもや野球題材の漫画紹介です。
シーズン始まってしばらく経ちましたが、今シーズンも面白いですね、プロ野球。
全体的に投高打低で、チームによって明暗くっきりですが、この時期ではまだ分からないですからね。
頑張れタイガース!

で今回ご紹介する漫画は、


0522-1.jpg


中沢啓治 「広島カープ誕生物語」です。
中沢さんといえば、広島出身で被爆を経験し、戦争漫画の金字塔であるはだしのゲンの作者でもあります。
今回紹介するこの漫画も、この戦後すぐから始まります。


0522-2.jpg


いきなりのハードな描写ですが、主人公の大地進は原爆で両親を亡くした孤児。かつて避難していた防空壕で飼い犬の
ゴンと共に生活しています。

この時代、基本、仕事はそんなに多いわけではなく、主人公はアメリカ兵と野球をして勝った褒美品を換金したり、豆
腐屋でバイトしたりして生計を立てています。


0522-3.jpg
0522-4.jpg


勿論主人公以外にも生活の為、必死に生きています。
その、生きる為のパワー、市民の生命力はすさまじく、この漫画を通してもヒシヒシと伝わってきます。

そんな時、朗報!広島にプロの野球球団が出来るという話が持ち上がります。


0522-5.jpg
0522-6.jpg


野球に自信のある主人公。夢である野球で生活していく為、
広島球団に入る為、テストを受けに行きます。


0522-7.jpg


しかしながら


0522-8.jpg


プロにはなれなかった主人公ですが、広島球団の為に力になる事を誓います。


0522-9.jpg


市民球団であるカープには様々な問題があります。資金難もその中の一つ。


0522-10.jpg


史実でも有名な「樽募金」です。

そうです、この物語では、主人公の進が史実のカープファンの総体、象徴とでも言うべきキャラクターであり、カープ
の歴史で起こった事件・騒動は、劇中では彼が主導して引き起こす形になっているのです。

そんな市民の熱狂的な支持を受け、物語は進み・・・ついに!


0522-11.jpg



歓喜の時!
登場キャラクターを通して喜びが伝わってきます。
おめでとう、広島東洋カープ!!!

という所で、ご紹介はここまでです。

こんなに市民に愛された球団はやはりないのではないでしょうか。
市民の一人一人の生活、人生が一体となって盛り上げる広島という球団。素晴らしいです。
そしてやはり、昨年の優勝が思い起こされます。他の球団のファンの方も広島が嫌いな人が少ないのはこういった背景
もあるのかも知れません。

さて、今年もペナントレース中盤に差し掛かろうとしています。広島も中々好調ですし、交流戦もありますし、
楽しみです。
さあ、観戦しに行くぞ~!!

(コンプレックス松下)



今回ご紹介した漫画はこちら


他の中沢啓治さん作品はこちら  


  1. 2017/05/22(月) 11:00:44|
  2. コンプレックス松下

いよいよシーズン開幕!今年も熱い戦い期待してます。



こんにちは、野球大好きおっさんの松下です。
それにしても、WBCは残念でした。一発勝負なのでしょうがないですが、1回負けたら終わりと言うのは、
その分緊張感が半端ないです。今回紹介する漫画も高校野球がテーマ。一発勝負の世界です。


0415-1.jpg


なきぼくろ著「バトルスタディーズ」です。

こちらの作者のなきぼくろ氏ですが、何と自身が某○L学園の高校球児だったんですね。実際に甲子園にも
出場しています。なので、有名校ならではの練習や情景がとってもリアル。
ちなみに千葉ロッテマリーンズの今江敏晃は2学年先輩で、広島カープの小窪哲也は同期生にあたり、1巻
には、桜井広大、今江敏晃といった実際の先輩だった選手とのインタビューも載っています。


漫画の内容はと言うと、
幼いころから野球の名門DL学園に憧れていた主人公(狩野笑太郎)が念願のDL学園硬式野球部に入部して
甲子園を目指す高校野球生活が始まる青春漫画になっています。

で、主人公の狩野笑太郎というと、


0415-2.jpg


中々の素晴らしい選手。中学では日本代表レベルの選手でした。他の有名校の誘
いを蹴って憧れのDL学園に入学します。

しかし、いざ入部してからが問題。過酷な寮生活を強いられます。
掟の一部がこれ。


0415-3.jpg


そんな中でも仲間と共に徐々に練習についていきますが、入部から数ヶ月経ったある日。
更に過酷なルールが課せられます。


0415-4.jpg

0415-5.jpg

0415-6.jpg


またもや試練です。さて、狩野笑太郎は鉄壁の上下関係を乗り越える事ができるのか?
見事レギュラーになり、甲子園で勝つことができるのか!?

といった所で紹介は終わりにします。
そして、2巻の終わり位からは本格的に野球の試合も絡んできます。

目標の為に全てを懸ける熱い展開なので、野球好き、スポ根漫画、熱血漫画好きの方には特にお勧めです

春の選抜が終わり、いよいよプロ野球もシーズン開幕です。何だかんだで始まる前のこの時期が一番楽し
いのかもしれません。今年も熱い戦い期待してます!!

(コンプレックス/松下)



「バトルスタディーズ」はこちらから。
  1. 2017/04/15(土) 10:48:08|
  2. コンプレックス松下

史上最高の速球投手





こんにちは、野球大好きな松下です。今回はおっさん向けの内容なので、若い人はへぇ~位で流してくださいね。

さて、プロ野球も今シーズンが終わり、一息ついたかと思えば、FAだ何だで盛り上がるのがこの時期(いわいる
ストーブリーグ)です。
今回は巨人が本気を出して史上初のFA選手3人も取っていて非難浴びてますが、個人的には巨人なら仕方がない
かとも思ってます。
自分は阪神ファンですが、弱い巨人に勝っても嬉しくはありません。常勝を義務付けられた球団、それが巨人な
のです!

という訳で、過去の巨人を代表する投手の漫画をご紹介します。


1223-1.jpg


小学館 森高夕次&星野泰視 江川と西本 です。

さて、タイトルにもなっている江川と西本と言えば、同時代の巨人のエースです。
2人は常にエースの座を争い、あまり仲は良くなかったという話も良く聞きます。
果たしてそうなんだろうか?
当時巨人の先発3本柱として活躍していた、定岡氏曰く、仲は悪くなかったと良く話しているのを聞きます。そ
の辺りも少しずつこの漫画は明かしてくれます。
そう、2人のライバル関係や仲に関するエピソード満載の漫画なのです。

さて、本編ですが、2人の子供時代~高校時代から始まります。特に江川の全盛期といわれた高校時代はかなり
深く掘り下げているので、江川って解説者は知っているけど、現役時代はどうだったんだろう、と気になる方は
是非読んでみてほしいです。

物語は江川中心に進みます。
江川といえば、ストレート!その速球に関しても勿論この漫画は触れています。


1223-2.jpg

1223-3.jpg

1223-4.jpg

1223-5.jpg


実際、速い球というのは初速と終速に差が少ないほど早く感じるとも言いますし、スピンが掛かった球は浮いて
くるように感じるとも言いますので、スピードガンでは測れないものかもしれません。


1223-6.jpg


高校時代はまさに敵なし。記録も勿論凄いのですが、それに纏わるエピソードなどからも史上最高の投手と言っ
ても過言ではないでしょう。
1巻の終わりにはこんな事も言ってます。


1223-7.jpg


この後、甲子園で大活躍した江川は「怪物」と呼ばれ、江川の為の大会とまで言われるようになります。

その後はというと、
最強投手であった江川はプロ入りするまで様々な事が起こるようになります。

特に、プロ入りする際の「江川事件」「空白の一日」は知っている方も多いと思います。
これについては複雑なので、ここでは紹介しませんが、それによって江川は嫌われてしまいます。
その辺りの状況も漫画には描かれていますので、確認して頂きたいと思います。

そして、プロに入ってからは、それまでに比べ絶対的な力は示せなくなります。
そこで、ずっと江川をライバル視していた、この漫画のもう一人の主人公西本聖の活躍が目立ってきます。さて
、2人のライバル関係は・・・今後の展開は・・・
と言う所で今回はこの辺りまでにしておきます。


自分が小さい頃、野球を見始めた頃の最高の投手は江川でした。阪神ファンなので、勿論最高というよりは最
強の相手といった感じでしたが。
という訳で今回思い入れも強く紹介させて頂きました。

今回、ご紹介した作品は

http://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E6%B1%9F%E5%B7%9D%E3%81%A8%E8%A5%BF%E6%9C%AC&shop=55&soldOut=0&dispCount=48

現在も大谷など、素晴らしい若い投手も増え、メジャーに次々投手を送れるほど日本の野球レベルも
上がってますので、注目していきたいですね。

あー、シーズンが待ち遠しい!


コンプレックス 松下
  1. 2017/01/03(火) 11:00:21|
  2. コンプレックス松下

あぁ・・ゲーム三昧な青春時代




こんにちは。何だかんだでFF15が楽しみな松下です。今回はゲームねたのコミックの紹介をします。


161120-画像1


山本さほ 無慈悲な8bitです。
山本さほ氏といえば、twitterでひまつぶし漫画を描いていて、ブレイクした作家さん。自分はその頃からずっ
と読んでいたんですが、ここでUPされた2015のベスト
http://www.mandarake.co.jp/information/column/iwai/2015best/
にも挙げさせて頂いた「岡崎に捧ぐ」は話題にもなり、人気漫画家さんの仲間入りをしました。岡崎に捧ぐで
もゲームネタが多かったのですが、満を持して週刊ファミ通で連載が始まったの
が今回紹介する作品です。

そんな中からあるあるネタを何個かご紹介。
まずは初期のファミコンにあった理不尽な事など


161120-画像2

161120-画像3


当時は何でだよ!と感じながらもそれが楽しくて仕方なかった。
特に昔のゲームは緊張感ありまくりでしたからね。
今では当たり前のセーブ機能もなかったですしね。自分も半日掛けて
進んでコントローラー引っ張ったら、データ消えたりして泣いたりもしました・・・

でバイオハザードでこんな例


161120-画像4

161120-画像5


他にも、共感できることだらけ。まさにこの漫画は自分の青春時代とかぶるのです。
今でこそ色々なジャンルを嗜む様になりましたが、当時は好きなゲームが出る日なんて朝4時に起きてました。
ホント根っからのゲーマーでした。
こんな感じ。


161120-画像6

161120-画像7


などなど、30代以上のファミコン世代は勿論、そうでなくても楽しい漫画になっています。
懐かしさを感じたい人、昔のゲーム事情も分かったりするので、特にゲーム好きにはお薦めです!


今回紹介した漫画はこちら

他の山本さほ作品はこちら


(コンプレックス 松下)
  1. 2016/11/21(月) 11:00:40|
  2. コンプレックス松下

熱血漫画家の意欲作




こんにちは、毎週アニメ映画を観ては涙している松下です。
最近は「君の名は」「聲の形」など良作が多いですね。
で、今回紹介したいのは島本和彦さんの漫画なんですが、シンゴジラが大ヒットし
た今のタイミングなら、庵野秀明とのライバル関係だったり、漫画賞まで受賞
したアオイホノオだったりを紹介すべきなのかもしれませんが、あまり取り上
げられない単純に自分の大好きな漫画の紹介をしたいと思います。


161010画像1


ワンダービットです。
こちらはパソコン雑誌「LOGiN」に掲載されていたんですが、自分は毎月これ読
むために買ってました。
LOGiNは最初マニア、技術者向けなパソコン雑誌だったのが、時代と共にゲーム
中心の一般向けに変わっていったんですが、ワンダービットはブレることなく
己の道を突き進んでいましたね。まさに燃えよペンの「熱血漫画家十訓」その
ままを具現化したような漫画でした。

漫画自体は基本的には一話完結。ただ、エピソードごとに作画や構図に大胆な
工夫を凝らしていたり、前の話で出てきた、登場人物が、主人公に関わってき
たり、まとめて読むとニヤリとするような伏線もいっぱい詰まっています。

さて、その中からお気に入りに作品をいくつか紹介します。

まずは
「I LOVE NASU」
首藤レイ。全ての話に絡んで来るわけではありませんが、一応作品全体を通し
ての主人公の科学者です。世の中の為になるというよりは個人的な見解によっ
て発明をし続けるドジなマッドサイエンティスト。
そんな首藤レイは考えます。


161010画像2


そして、食べ物に感情を持たせる機械を完成させます。


161010画像3


161010画像4


そんなこんなで自ら食事が出来なくなり、命の危険を感じた首藤は山中に隠し
ていた機械を破壊しに向かいます。


161010画像5


そんな時、空腹で倒れこんだ首藤の前に


161010画像6


さて、どうする首藤!?

と、いう訳で後は読んでのお楽しみ。
ちなみに私の家族はみんな茄子が好きなので、茄子夜ご飯率高いです。(どー
でもいいですね、すいません)

折角なのでもう一つご紹介します。


161010画像7


「タイムバンデッド」です。
この漫画はある試みがされています。お分かりでしょうか?


161010画像8


画像だと分かりずらいと思いますが、実は全て鉛筆だけで書かれています。
島本氏、後で大変だったのでもうやりたくないと話していたそうですが、とて
も迫力もありますし、線が味わい深いです。是非見て欲しい。

というようにワンダービットでは様々な試みがあります。上のタイトル以外に
もレディースコミックのタッチに挑戦した「プロフェッショナル・ラバーズ」
は特にお勧め。他にもデフォルメキャラにこだわった話や劇画調を追求した話
などかなり色々楽しめます。

島本和彦読んだことあるけど、ワンダービットは読んでなかったという方、是
非読んでみてください!必ず気に入る話があるはずですから。特にヒーローも
の好きなら間違いなく興奮する事をお約束しますので。


今回紹介した作品は
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E5%B3%B6%E6%9C%AC&shop=55&soldOut=0&dispCount=48


他の島本和彦作品は  
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E5%B3%B6%E6%9C%AC%E5%92%8C%E5%BD%A6&shop=55&soldOut=0&dispCount=48

(コンプレックス/松下)
  1. 2016/10/11(火) 10:08:59|
  2. コンプレックス松下

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション