岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すべての変態へ愛を捧ぐ。猟奇刑事マルサイ。




疲れた時に読む漫画は人それぞれだと思いますが、つい読んでしまうのがこちら。優しい気持ちになれます。

「猟奇刑事マルサイ」
525田路0


拉致監禁、SM、屍姦、など猟奇的異常犯罪事件を集めた1冊。
全9編。

その中でも凄く好きな3編を紹介します。

「隣のゴミ屋敷」
自治会の宮田さんはいつもゴミ置き場の清掃をしている。


525田路1

525田路2


ゴミの分別をしない若者や、口だけで協力しない近所のオバサンたち。そんな彼らにもめげずに注意し続けるものの、
改善しない彼らの態度にある日突然ブチ切れてしまう。


525田路3

525田路4

525田路5


このマヨネーズチューチュー顔は忘れられない1コマ。


525田路6


自宅にゴミを収集し、ゴミ屋敷の中で、ゴミを分別できない人間を教育する鬼のゴミ分別教官へ変化。


525田路7


頭がおかしくなるまでゴミ分別をさせ続ける。
最後のページにて、宮田清次郎氏のゴミに対する宣誓が描かれて終わるというのがまたよい。
「ゴミに関する無知は私たち人間が種として恥ずべきこと。『人を殺してはいけない』と同じくらい根源的に理解しなければならないことだと私はおもう。」
ゴミに対する異常な執着心で正義が暴走する瞬間がまじまじと見れるのだ。

525田路8


「恍惚の女医」
エリート女医に突如芽生えた欲望。
交通事故に遭い、手足を失った患者の女性。自分では何も出来ず、生活の全てを恋人に依存しながら生きる。恋人の欲情を満たすのに出来る事はこれだけ。

525田路9


ただ愛されるだけの生き物になった「彼女」のように生きたい、と女医は自らの手足を失くすように相手に懇願し、不自由な身体となる。


525田路11


「愛されるだけの生き物」という純粋な「彼女」にあこがれていた筈が、次第に底無しの快楽に溺れていくようになる…


525田路12

525田路13


わたしもう手もいらない…狂ってる!のシーン。


525田路14

525田路15


そしてその成れの果てがこれ。
これでもまだ生きてるというカルマ。快楽というのは底なしという恐ろしい話です。

「孤高の鬼」
女性が自慰行為をしながら自殺する怪事件が続く。
謎の調教師によってM女へと調教され、特別なクラブに派遣される彼女たち。
どんなに辛い仕打ちを受けても、拒否せず痛みも何もかも受け入れていく。
しかし限界が来ると自ら自殺するように調教されており、そこから怪事件が紐とかれてゆく…
もう引退した「伝説の調教師」に自ら調教され、その術を奪い、新たなるM女調教師になった女であった。
事件は幕をとじ、クラブも解散となったがもう「マゾ」として作られた「彼女たち」はどこへも居場所がなくなってしまう…
彼女たちが還る場所とは…?

「そもそもM女の調教は主人のためにするものではなく、主に可愛がられ死ぬまで奴隷として生きられる、幸せなM女にしてやるためのものだ。
だからわたしは女たちにどんな運命もマゾの悦びに昇華できるように暗示を与えて調教してきた。」
マゾとは・・・調教とは・・・伝説の伝道師の愛ある言葉である。


525田路16

525田路17


最後の1ページは感動の1枚。

(中野店/田路)


購入はこちらから⇒
https://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1028059356&ref=list
スポンサーサイト
  1. 2017/05/30(火) 11:00:07|
  2. 中野店田路

DON'T TRUST OVER 30




30歳。
それは迎えたくはなかった響き。
29歳で死ぬ!とかほざいていた10代の頃よ、さようなら。
私は生きていますよ。元気に…
そして30歳をむかえます…
さようなら20代。さようなら自分。
でもあの時の自分に言いたいのは歳を重ねてくのは全然楽しいぜ!って事ですかね。
そんなDON'T TRUST OVER 30のアッチ側へ!
というわけで自分の中になにかが足りないどの瞬間にも読みたくなるそんな漫画、TAGRO「DON'T TRUST OVER 30」をあらためて。


161231-1


ものがたりなのか私小説なのか曖昧なあやうさでいっぱいの短編集。


161231-2


「DON'T TRUST OVER 30」
TAGRO氏本人をモデルとして描いたという。青春をズルズルと引き摺って大人になれない33歳男。
売れる漫画が描けず、父親との確執をこじらせたまま自分のダメさを父親のせいにする。責任、生活、仕事、と葛藤、葛藤の毎日。
「冬の海まで車をとばして24時間砂を食べていたい 長い線路をひとり歩いて そっと枕木に腰をおろしたい」


161231-3


ムーンライダースが流れてくる。
大人、とはいったいなんなのか…


161231-4


この短編集で一番好きな作品は「昨日雨が降って、緑がきれいで、今日がお天気で、バカな君と一緒で」。


161231-5


たった18Pにして、何気ない日常はなんてバカでかわいいんだろうとしみじみとせつない短編作品。
天気のいい日に、なんにもやることがなくて、バカな話とかして、このまま死ねればな…と思うやつを漫画にしたらこうなる。
という幸せ漫画です。
この漫画の中に生まれたかったと何度も思ったことか…!


161231-6

161231-7


すべての大人になれない大人たちへ!DON'T TRUST OVER 30
こちら


(中野店/田路)
  1. 2017/01/21(土) 11:00:12|
  2. 中野店田路

記憶なんて何の役にもたたないから




華倫変という漫画家がいた。

不安定な絵柄と現代の怠惰で退廃的、純粋に狂っていく日常を描き続けた作家である。
生前から鬼才と呼ばれていたが、28歳という若さで亡くなり、その存在は更にカルト的となっている。
単行本は7冊(うち2冊は復刻)しか存在しない。
私も多感な時期に華倫変作品に出会い、思想や嗜好にかなり影響を受けた作家です。
その中の1作品を今回は紹介しようと思う。


160912画像1


「高速回線は光うさぎの夢を見るか?」

この単行本の中に収録されている作品。

『忘れる』

2001年にヤンマガ増刊赤BUTAで発表された作品。
これはたった6ページの漫画、漫画というよりは詩のようにも見える、どうしようもなく切ない作品である。


160912画像2


160912画像3


何もする事がない主人公が毎日眠り続ける。眠れないときは酒を飲み、薬を飲み、眠る。
1日何十時間も眠り続ける。眠っていると脳細胞が死んで、色々な事をどんどん忘れていく。
勉強してきたこと、楽しかった時間、言えなかった言葉、好きな人の名前も…

それでも彼女は眠り続ける。

「忘れていく 全部 忘れていく 忘れないものなんてない」

全てを忘れていく彼女が、最後に残ったもの。


160912画像4
160912画像5


これほどまでに、「せつなさ」という感情を「せつなく」描いた作品があるだろうか。
全てを忘れていっても「せつない」という感情だけが残るという、残酷さ。
この作品を読み終わったあとのどうしようもない「せつなさ」はこの漫画を忘れてしまったとしても残るんだろう。

作品集「高速回線は光うさぎの夢を見るか?」はまだ続きます。


ご購入はこちらから
https://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1032778694&ref=list


(中野店/田路)
  1. 2016/09/12(月) 11:00:42|
  2. 中野店田路

ストリップ劇場の現在…!?




ストリップってすごい見てみたいのですが、未だ見たことはありません…!
同じ女性ながら美しい女体を見たいという願望は常にありますね…!
べつに性的な目で見ているわけではないです、ただ美しいものを見ていたいのです!
近々行きます。ゼッタイに!

そんなわけで今回ご紹介するのは「描かないマンガ家」のえりちん氏最新作「池袋レインボー劇場」
母親の死とともに家出・上京した18歳のユキがストリップ劇場に弟子入り!?というこのご時勢に待ってましたのストーリー。


160730がぞう1


ネタバレになってしまうので詳しくはアレですが、家出して遠距離の彼氏のところに向かうも撃沈、その後働き口と住むところを探すも撃沈するユキちゃん、、
たまたま街でぶつかった姉さんのお手伝いをするのを引き換えに、泊めてもらう事に…


160730がぞう2


そして「ストリップ」という未知の世界に引き込まれていきます


160730がぞう3


160730がぞう4


160730がぞう5


もともとバレエが好きで、実家が呉服屋でなど色んな要素が混ざり合って古きよきしきたりのある「ストリップ劇場」の下っ端として溶け込んでゆくユキちゃん。
そんなユキちゃんをちょっとご紹介。

まず目をひくのがこの梟コーデ!梟のロンTに梟のポシェット。こんなんどこで売ってるねん!
というダサかわいすぎるファッション。


160730がぞう6


よく見ると表紙のブラウスも胸元に梟が。これは池袋だから…なのか…!?

そしてかなりのチャームポイントである直通眉毛!!こんなにかわいいのに、こんなに繋がっている!!
これは萌えますね。うわぁぁぁ剃ってあげたい剃ってあげたいこの手で!!


160730がぞう7


さいごに、踊り子さんになるにはどうしたらいいのか?という問いかけに姐さんから…


160730がぞう8


はぁ…この先のユキちゃんの成長、ほんとに楽しみであります。


(中野店/田路)
  1. 2016/07/30(土) 11:00:03|
  2. 中野店田路

家出の記録




家出の記憶、ってどんなですか?
子供のときの家出なんてのは可愛いもので、親に怒られて、「もう外にいなさい!!」と締め出され、そのまま家を飛び出したこと。
家に帰りたくなくて人んちを転々としてたこと。
公園で酒呑みながら野宿したこと。
最悪だったはずなのになんか思い出の中では美化されて、美しく覚えてるもんなんですよね。
家族のしんどさから解き放たれる。ここではないどこか。非日常の心地よさ。
日常にあらわれた「東京アサイラム」
東京のさ迷える「避難所」の漫画です。


160624太田画像1


暑い夏の日。定年退職したおじさんが些細なことで奥さんとケンカし、家を飛び出した。


160624太田画像2


160624太田画像3


公園で出会った怪しい男に「仕事をしないか」と誘われついていくと
そこは風呂なし・トイレ共同の三畳一間のボロアパートで煙草の紙巻きをする仕事が待っていたのだった。


160624太田画像4_convert_20160622125600


日給2千円。煙草を巻き、銭湯に行き、飯を食うだけ。


160624太田画像5


160624太田画像6


同じアパートに住むワケアリの住人たちと奇妙な共同生活をして、今後の人生についてぼんやりと考えていく。


160624太田画像10


世の中を壊滅させるためナマズの力で地震を起こさせようとする「ナマズ講」信者の若者。


160624太田画像7


漫画を描いているがなかなか日の目が出ない男。
夫のDVから逃れてやってきた美人主婦。

捨て猫のランちゃん。


160624太田画像8


160624太田画像9


今までの自分が嘘のようなおままごと生活に次第にのめりこんでゆく…


160624太田画像11


人生遭難中の住人たちが体験する日常に突然あらわる非日常感もばつぐん。


160624太田画像12


そんな彼らに訪れる、ラストの急展開やいかに!!?


160624太田画像13


太田基之氏が描くワケアリな人間模様の凝った設定はコネタも満載。KKIで連載していた「高梨さん」へ続くストーリーも収録。
人生の寄り道してみませんか!


「東京アサイラム」はこちらから。

https://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1033028346&ref=list


(中野店/田路)
  1. 2016/06/24(金) 10:52:13|
  2. 中野店田路

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。