岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現実逃避

ちょっと個人的に煮詰まっていますので、ちょっと現実逃避します。
ありていにいうと「何かモヤモヤするへんなものを皆さんも見てください」ということなんですが。


1051.jpg

口声音でタイトルをきくと「たちんぼの詩」なんていうと街娼の類の本かと勘違いしてしまいますが、野球の審判のマンガです。これって唯一のジャンルコミックかも。こんな風にヒヨッコ審判の主人公が「アウトーッ!」なんてフォームの練習するんですが

1052.jpg

なんかどうもね、この「リラックス!」が全然力が抜けてる感じがしないのが素晴らしくいいと思いまして。

1053.jpg

「とりあえずリラックス!って宣言はしたかんな」というか、ふつうはリラックスせよ、ってこんなリキんでいわんでしょうよう。

つぎは過去にも取り上げた なめねこパチのぬりえの新バージョンが出てきました。

1054.jpg

本当にネコが経ったり制服を着てるからこそ面白いのに、ハサミで切った貼ったでネコのアタマに服装をくっつけコラージュしてやりくりする子供だましのチープゆえの味わいは捨てがたいものがありますね。「ぬりえ」のフォントもいい。

1055.jpg

で、中の塗り絵も瞳孔が開いてらりぱっぱなネコ、背景によくわからない集中線ついた、いわば「開きまくった短ランネコ」に色を塗るという、あんまり子供の情緒教育にはおすすめしかねる局面になってますね。

1056.jpg

さっきはスルーしたけれど拍子のネコもデコヘゴ感を隠そうともしない。筋肉質なのか? 元素材なんなんだろうこれ。

次はマンガじゃなくて読み物なんですが

1057.jpg

まあ、内容的にはありがちですよね。男子にとって、ケンカにせよ腕っ節にせよ「強い」事はどこまでいっても憧れの対象ですから、こういう専門書出てること自体は不思議でもなんでもない。ただ、中の人に絵心がないんですな。

1058.jpg

全ページこの絵です。全ページこの調子です。この調子をいささかも崩すことなく、つつがなくこの本が終了するのです。ストイックにも程があります。

まあこういう本格的でない軽ーい技術本にそこまで何を求めるの?っていうのもあるんですが、そこにマンガ的な絵があれば吸い寄せられてみて考えてしまうというのが古本マンガ屋のダメな習性でして。「相手がひじを出してきたらこう対応する」的なパターンの解説と、釣り目の目ぇつぶった男をひたすら殴りまくる。どこがおかしいのかといわれたら返事は難しいが、ヘンなのですそれはたしかに。

1059.jpg

「相手が頭突き出してきたらこうする」の図ですが、生首が飛んできてるようにしか見えません。

10510.jpg

同時に手首が3つも。もはやどんな環境におかれたらこんな同時攻撃受けざるをえないのか、そこを解消した方がよいようにさえ思えてきます。人の女を寝取って借金を踏み倒し、借りた車を電柱にぶつけるくらいのことはしてるんじゃないでしょうか。護身だと張り切って突きや蹴りを出す前に、自分の生き方のせいでこんなトラブルを招いてることを先に反省すべきです。

それにしても人間はこんなに殴られているときでも冷静な判断下せるんでしょうか。「いずれもケンカ技の初歩的な応用である」とかいってるけど、そもそも実践積んでる人は護身の必要がない気もするな。

10511.jpg

貸本マンガ、宮本ひかるです。ひばりでも描いてましたね。中はありきたりな迫害されがちな美少女転校生の秘密とは・・・?って恐怖マンガですけれども、美少女以外のそんなでもない女子に対する振る舞いのスタイリッシュさにはシビレますね。

10512.jpg

10513.jpg

「それならむこうへいってくれたまえ」「ぼくの考えのじゃまになる」。いまこんなこと言い放てる男子は、どっかにステータス異常があるはずです。
それにしても「うばすてやま」もそうでしたが、この当時の貸本マンガは明確にチビデブブスバカ老人を差別してるので、いまとなってはなかなかにヒヤヒヤします。僕のように差別される側にいるものにとっては心痛みますね。

さてスタイリッシュといえば、「エコエコアザラク」でしょうなあ。

1061.jpg 1062.jpg 1063.jpg 1065.jpg 1064.jpg

と、エコエコのラストのコマ「黒井ミサ姉さんがエコエコアザラク エコエコザメラクとつぶやきながら去っていく」コマだけを集めてみました。なんかいいですよね、これ。

これね、5コマだから笑いっぽくなりますが、500コマ集めてカベに張ったりすると現代アートになったりしますよ。

そういえば黒魔術に美少女の組み合わせは露出もSM的な要素も出しやすいからか、エコエコはVシネで何作も作られていましたね。釣り目の黒髪美少女だったらみんなミサ姉になれますからね。

それにしてもちょっと前まではなんかミスったり女性としての商品価値が低くなって別展開考えるにしても、いきなりAVまで行かなくてすんだんですよ。ビデオ安売り王にだけ並ぶやっすいイメージビデオとか、背中からの尻みせ・手ブラ解禁写真集とか、ちょっとエッチなVシネとかで「アイドル」「女優」の肩書きを程よく傷つけずにすんだ時代もあったのに、いまやダメとなったら即ストリップ、即AV。それもこれもオトコがそれじゃあその程度じゃあ納得しなくなったからですね。作る方も見る方も。
ミサ姉になってズタズタにやぶけたセーラー服着て乳首のひとつも見せてればオトコどもがリモコン片手にうんうんと納得してた時代が懐かしいですな。

やれやれ、しばらくは週に1回くらいの更新を目指していきます。でもツイッターでの「更新しました」は特にしませんからご注意の程!
スポンサーサイト
  1. 2011/10/06(木) 23:18:48|
  2. 好きな画像

今日の気になる画像

まんだらけ中野店で、11時50分くらいに、オープン前の買取処で、ミーティングを行っていますが、実はここでは堅苦しい話はあまりしていません。各スタッフが「最近気になっているこんなもの」というお題で1分くらい話すのですが、今日紹介されたものに仰天しました。

レディースの村山クンが「わたしは青池保子が好きなんですがぁ~」といって紹介したのは、2009年プリンセスゴールドのふろく、エロイカNAVI。

ちなみにマンガ界でただ少佐、と呼ばれたときは、それがだれの口から発せられたかによってその対象が違いますので注意が必要です。

マンガ読みがいう「少佐」・・・ヘルシング「ミレミアム」の「少佐」。あのパタリロをモチーフにしたといわれる、小太りメガネ。「諸君、わたしは戦争が好きだ」で有名な彼は終始「少佐」で、実名は明かされなかった気が。「総統代行」「大隊指揮官」とも呼ばれてましたね。

アニメマニアのいう「少佐」・・・となると、異論はありますが「攻殻機動隊」の草薙素子少佐が思い浮かぶ方が多いかも。

そして少女マンガ読みがいう少佐はというと、こちら、「エロイカより愛をこめて」の、NATO軍の情報将校、エーベルバッハ少佐です。

0520a.jpg

ええっ!? 少佐って、こんなだったっけ!? いつものような船乗り系キャラに髪、生えたただけじゃないの! ファブフォーかえ!!
とにかくこのミスマッチぶりにはミーティングの途中から放心状態に陥らせるインパクトがありましたね。

これはなにかというとですね、この「エロイカNAVI」のふろくの企画で青池保子先生に近いマンガ家さんが、お祝いで少佐を描くという奴なのですが、他は木原敏江とか和田慎二など、危なげない作家セレクトなのに、何故か唐突にかわぐちかいじが。個人的に親しいのでしょうか? でないとなかなかここまでは思い切れないというか・・・。

さて、では本家エーベルバッハ少佐はというとどんな顔だったかお忘れではないですか?

5020c.jpg

そう、青池先生の特徴である面長なこの顔だよ。
でもあれ? となりになんだろう、どっかで、どっかで見たことあるような人がいるけれどナア・・・って、ブラックジャックですがな! これは割りと有名な、ブラックジャック生誕を記念して発行された、ブラックジャックトリビュートで青池先生が描いたブラックジャックです。

0520b.jpg

・・・やっぱり、なんともいえない独特の色気がありますね。このブラックジャックには。

ちなみに「エロイカより愛をこめて」は、僕もそうですが男性ファンも多いことで有名です。僕は残念ながら連載が再開してからは離れてしまったので中途組(ベルリンの壁が崩壊してからの連載再開以降を読んでない組)ですが、少佐と伯爵、そしてアラブの富豪とミーシャを交えてのドタバタがたまらなく病みつきになります。「笑う枢機卿」から「皇帝円舞曲」の流れって何度読んでも飽きさせないですからねえ。



あとはきのう発行のヤンジャンから。

本宮ひろ志の新連載は美人の女房を二人でシェアするぜ!という耳を疑うようなストーリーですが、第4回にしてもう片方の主人公がこれ。

5020d.jpg

これ読んだ何人かが「左右ちょっとは見ろよ!って感じですよね」といってましたが、左右見てないってレベルじゃないような。「だれも予期せぬ危機!!」というあおり文句もいい!

次は今日発行のビッグコミックオリジナルから。

尾瀬あきら先生が落語マンガに挑戦、ということでかなり読ませる「どうらく息子」ですが、尾瀬先生の間の取り方にドはまり。

0520e.jpg

主人公、落語家の見習い、銅楽は、新しい噺を教えてもらうためにある落語家の家に勉強に。そこでであったのは、自分の初・前座落語で笑ってくれた、若い娘さん。憎からず思っている主人公。

0520f.jpg

彼女はこのときだけ自分のことをボク、とおどけていうんだけど・・・。まあ、自分のことをボク、と呼ぶ少女がいたらなかなかにいま同姓からも冷ややかな視線を浴びるというか、賭けとしてもボケとしても微妙な一人称ですが、銅楽はちがうね。バキと勇次郎の間の空間がグニャってなるようなモワモワーって感じで萌え上がってしまいましたよ。

0520g.jpg

昂ぶったような、いきりたったような、そんな荒々しさを交えて萌え上がる銅楽の、なんかこの「間」がなんとも妙な感じがするんですが、これは僕の思い過ごしでしょうか!? ぼくはこのコマなんか引っかかると思ったんですが! ちょっと微妙かなあ?・・・。


  1. 2011/05/20(金) 23:03:29|
  2. 好きな画像

最近気になった画像

すっかりブログの更新がおざなりになってしまい、申し訳ありません。お呼ばれしたイベントで「バリバリくん」を紹介し、GWのいい気分の夕暮れを、セブン対メトロン星人の時のような陰影の強いアカダラまっ赤に染め上げてしまった岩井です。
コレ笑ってよいの?みたいにみながキョロキョロしているのが壇上からも分かり「ああー、ヤッチャッター」とカタカナで僕の頭上に吹き出しが浮かんだのが見えた人もいるかと思います。

さて、気になった画像をいくつか。

0513a.jpg

コミックスに挟まってるチラシですが、東京3大アングラコミックが「猿ロック」「新宿スワン」「IWGP」か・・・最近のアングラはみんなドラマになるんですね。ドラマがアングラなのだとしたら、じゃあメジャーは何か。これが地下なら地上はどこなんだって気がします。
アングラなマンガ探してるんですよね~と問われ、はいじゃあ「猿ロック」で、と渡したとして、本意は達せられるのか。難しいところですね。まあたしかに3作とも街に群れるヤクザやギャングが出てくる話ではあるけどさ・・・。

0513b.jpg

美味しんぼ18巻についていた帯(意外かもしれませんが、美味しんぼにも初刷り時帯付の巻はいくつかそん存在するのです)の、番宣帯なんですが、雄山でっかくないですか?
これはアニメ的表現なのか? それともリアルにおおきいのか? 山岡と雄山の二人の縮尺は微妙にあってそげですが、そうなると栗田ゆう子が小さくありませんか? 

だがしかし、「雄山は大きくないと。傑物なんだから」というアニメーターの心がこの縮尺を生んだとみると、彼らスタッフは本質をわかってるよなと褒めてあげたくもなります。

ところでこの18巻というのは

0513c.jpg

生肉勝負の回なんですよね~。雄山がユッケ、山岡が馬肉のタルタルステーキで対決するやつ。時節柄この表紙もいかがなものかと思ったのですが、帯だけだとどうにも絵が映えないというかしまりが悪いので一応。

0513d.jpg

さて、話変わってこれは少年チャンピオン86年新年号の表紙の一部。

新年号っつったらアレです。ジャンプだったらお揃いのコスチューム着て、作家陣が実写でニッコリ集合写真、というのがその頃の定番ですが、高校生くらいから編集と純粋培養されたマンガエリートと、カネががっぽがっぽ入ってきて巨人のベテランみたいな生活してた古強者だらけのジャンプ連載メンバーと違って、やはりチャンピオンはチャンピオンなんだなと感じるのです。

たとえばこの表紙のレッツダチ公の主人公、瞬。ダチ公といったら吊りあがった眉、そして髪型なのかソリコミなのか分からない領域に達しているリーゼントですが、これをリアルでやろうとしたらこうなります。0513e.jpg

まあ3次元で試みたらこれが限界だなというのは分かるのですが。何故トンファー持ってるんでしょうか。なぜゴルフん時に着るようなポロシャツなんでしょうか。髪型のお遊び感と、服装の日常ぽさ、そしてトンファー。何がなんだか全然分かりません。ちぐはぐです。

これから分かるように作者が自分の作品のキャラを演じる!という趣向なのですが、

0513f.jpg

どうにもチャンピオン作家陣というのがジャンプとは比べ物にならんなというため息が出ます。ここには写ってませんが、例によって野球のユニフォームを着る水島先生は別としても、小山田いく先生のこわばった笑顔、繊細そうな内崎まさよしのひょうげ方、そして新人作家があばれはっちゃくみたいになってる姿など、なんなのこれ!?と、ジャンプ作家陣の子供ウェルカムなムードとは反対のダラダラした雰囲気。これは子供はうれしかったのかしらん? 

0513i.jpg

どう見ても本職にしか見えない松田一輝と、実生活ではホントに元暴走族の顔役だった服部かずみなんかは貫禄がありすぎて漫画家がコスプレしてるように見えない。なんだかヘンな空気になってますね。どおくまんのはしゃぎっぷりとか、何がこんなにいい年をした男たちがこんなことになってるのかと思ったんですが、

0513g.jpg

マンガの神様・手塚御大がここまでやってるんじゃあ。中堅も若手もおざなりで終らせるわけには行かないよなあ・・・と思いますね。

かつてプロ野球界では「長島茂雄ですら年棒○○万円なんだから」といって契約交渉のときに大幅アップを防がれたといいますが、同様に「手塚先生だって頭にロウソクつけて大喜びしてるんだから」といわれたら、若手はパン一になって笑うくらいはしなきゃだめですよね。

そんななか、1人だけ迎合せず、ニセの人間を登場させてお茶を濁した作家さんがひとりいます。

0513h.jpg

立原あゆみ先生は、女じゃないですよ! めっさごつい男性のはずです! まあ「本気」以前の立原先生は少女漫画家だったから、こういうのが公式なのかもしれないけれど・・・。



ひさしぶりにブログ更新しましたが、マンガとはちょっと離れて、ほんとうにどうでもいいことのみを書くブログを準備中です。ツイッターもやっていますので、是非見に来てください。
  1. 2011/05/13(金) 22:20:35|
  2. 好きな画像

好きなコマ、猫と犬

僕はマンガの中で、好きな表現や好きなコマが一つでもあると物語がダメでも結構許してしまいがちです。
そして、一度見覚えたコマはなかなか忘れようとしても忘れられませんし、意外に細部まで覚えていたりします。

そんなので最近気になったのではこれ。

くろ1 くろ2

ひばり白本、いばら美喜の「くろねこ」。ジャケの題文字、その背景色、背表紙にタテひらがなで「くろねこ」の4文字のたたずまい、そして御丁寧にめくってもやっぱり

くろ3

くろねこ、のダメ押し。フォントがいいですよ。

あとはこれ。

名称未設定 3_R

特定個人ではなく全ての高校生に対する恨みなのがいいですね。

  1. 2011/01/11(火) 21:55:28|
  2. 好きな画像

ネコは写植で鳴く、ぎゃ~お~

貸本マンガ界では、望月みさおといえば怪奇マンガの描き手として名の通った作家ではありますが、かといって怖さを演出できてたわけではなく、ずいぶんとファニーな恐怖マンガを残していた作家です。望月みさおは化け猫マンガ、化け動物マンガ(タヌキなど)をたくさん描いてますが、基本的展開は伝承や言い伝えを応用したものが多く、目新しさはありません。望月みさおは望月あきらの兄弟なので、貸本隆盛期はそんなに高齢ではなかったと思うのですが、年はともかくセンスはじいさんだった人なんでしょうな。

しかし猫に噛みつく少女というショッキングな表紙の「猫になりたい」

猫になりたい2

もそうですが、絵の衝撃度という意味ではなかなかのものです。あらゆるマンガジャケットの中でもこの本のインパクト、そして僕の好き具合はかなり上位にランキングされます。内容はいつも勧善懲悪の似た感じですが、識域下への望月絵の焼付け温度は高く、カッと脳裏に書き込まれること請け合いです。
(この本もいつかきちんと紹介しますのでそれまでお待ちを)

今回紹介したいのはこっち、「怪猫少女」。

kaine1.jpg

貸本、というとまぬけな写植アートセンスが横溢していたジャンルです。望月作品にもここぞとばかりに写植アートが繰り広げられますが、もう少し何とかならなかったのか、いやむしろこの方が野放図で好ましいのか、いやまてこれじゃ恐怖マンガっていう趣旨目的にはそぐってない表現だろとか、なかなかに考えさせられます。

人間に化けることが出来る年を経たネコ、たまは鳴き声がすべて描き文字ではなく写植。間が抜けていて最高です。とはいえ文字でチコチコどうイイのかを表現するよりも実物を見てもらったほうが早いでしょう。たま登場シーン。

kaine2.jpg

「ニャ~~~ン」

kaine3.jpg

なにこの変なネコ、出て行きなさい!というシーンでも「ニャ~~オン」。
背景がサイケデリックですね。叫んでる、という表現なのだとしたらそれもそれでアバンギャルドだ。ネコが可愛くなくてホントぶさいくなのも望月作品の特徴ですよ。

kaine4.jpg

怪猫ですからな、鳴き声も恫喝ムードになるもこの鳴き方では怖くない。「ぎゃ~~ご~~」。

kaine5.jpg

しまいには妙に巨大化して「ぎゃ~」。
「うえ~っ、こーこの猫を~。」発音難しいですね。うん、ちょっとこのコマはタマやわらかそうなのもいいですね。巨大に見えますけれど、これ実際は普通の猫サイズなんですよ。すごい遠近感です。

この物語も「醜い老婆が裕福な家に復習するため、猫を人間に化けさせるも、猫が人間のオトコにほれてしまってうまくいかん」という、どこをどう恐怖するんだかポイントを事前にレジュメで配ってくれといいたくなる難解なストーリーです。それでもラスト勧善懲悪にムリヤリ押し込めていくあたりの手腕も見もの。すばらしいデタラメぶりです!

望月みさおはほかにもタヌキが尼さんに化けるとか、怖がらせるためのポイントをはずしまくったところに面白みがある作家ですが、動きや描写に吉田戦車ぽい一面もあり、「今日は好美のぼるほどアッパーな気分じゃないんだよな」というダルな日には最適な作家といえましょう。
  1. 2010/02/20(土) 23:49:29|
  2. 好きな画像

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。