岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

芸術とは妄想力!? 破廉恥美術部長のアナログアートデイズ




人間疲れていると体力が落ち、命の危機を感じるせいで、生殖本能が働くそうです。
担当も、仕事や原稿・趣味の制作でへっとへとになればなるほど
推しキャラのけしからん妄想で己を鼓舞してみたりと頭の中が大忙しになります。
誰しも一度は経験ありますよね?・・・あ、ないですか?

今回ご紹介するのはそんな類まれなる妄想力に少々お困り気味の
美術部部長つるたさんが送る、かわいくて笑える日常の一冊
「つるた部長はいつも寝不足」です。


MFコミックス 「つるた部長はいつも寝不足」 須河篤志

411画像1


キラキラやデジタルが主流となっている二次元界において
アナログのざかざか塗りの質感が、表紙も本文からも感じられる
本はとても貴重な気がします・・・アナログ派の担当もにっこりです。
正統派セーラー服も良いし、何より絵の具で汚れたみずみずしい女子高生のお肌がまぶしいです。すき。


411画像2


主人公の鶴田恵は美術部の部長をしている上級生です。
だけど、つるたさんの高校の美術部は絵画の知識が明るい教員がおらず
まともにデッサンの指導もできない有様。


411画像3

411画像4_convert_20170413134551



そこで、指導役に抜擢されたのが絵の上手い1年生・瀬戸くん。
見た目もさわやかで指導も的確。ほとんど無償で美術部に手を貸してくれることに
部長として感謝しつつも、つるたさんは瀬戸くんのことがなんだか気になっています。


411画像5


それに対してつるたさんはというと、部長なのに絵のクオリティはそこそこ。
特に大きなカリスマ性があるわけでもなく、下級生にジュースの買出しを頼まれてしまったりと
威厳なんてものはなんにもない普通の女の子・・・なのですが、

実は、つるた部長には人には話せない秘密があるのです。


その秘密とは、


411画像6


人よりえっちな妄想をし過ぎること!


しかもその妄想は、場所や時間を選ばず、ありとあらゆる日常生活の中に
トリップしてしまう起爆スイッチが隠されています。


411画像7

411画像8


時にはカメラの使い方で。


411画像9

411画像10


時には版画の専門用語で。


しかも、現実からなんの切り替えもなくシームレスに妄想に突入するので
読んでいるこちら側としてはいったいどこからが妄想で、
どこまでがリアルだったのかが読み進めている間はわかりません。


411画像11

411画像12


ひゃーそんな、ばかな、そんなことってー!?って
こちらが指の隙間から覗きながらドギマギしているのも束の間、


411画像13


鼻血を盛大に噴いたり、白目剥いたりしてるつるたさんが、
一生懸命まわりに気付けされてる姿に戻り、
ようやくそれが妄想だったのだと読み手は、ハッと我に返ります。
くそ・・・してやられた・・・で、でも、なんだか悪くない妄想だったぜ・・・と
段々そのハラハラドキドキが癖になってきます。


411画像14


物語はちいさな美術部の部活風景や、部活動の中で部員たちがぶつかる
ものづくりに関する、楽しさや、ひとりひとりの情熱の形。
現実的な技術の向上などをわかりやすく描いており、
さらに絵を描くことを通じて、少しずつ距離を近づけていく
つるたさんと瀬戸くんの初々しい恋の行方も描いています。
果たしてつるたさんの妄想が現実となる瞬間は現れるのか!?


411画像15


また、つるたさんが妄想やえっちな悩みに困ったときに駆け込む
保健室の描写も毎話ごとのお約束!という演出で
つるたさんにしてみれば保健の先生に純粋な相談をしているはずが、
肝心の言葉が足りなすぎて、いつのまにかあやしい性の相談になっているという
掛け違いがとても面白いです。先生がんばれ。超がんばれ。


著者の初連載作品ともあって、画面の荒削り感が凄く"人が書いている"という
線を味わえるので
テカテカしたデジタル彩色の世界にちょっと食傷気味の方におすすめです。



(担当:まりな)
  1. 2017/04/13(木) 13:48:00|
  2. 中野店まりな

楽しめ!バターになっちゃうぐらいに!卑屈な高校生たちが織り成す青春群像劇




普段、剣と魔法のファンタジーばっかり読んでいて
青年誌の漫画にあまり手を出していない担当ですが
何を隠そうヤマシタトモコさんの漫画が好きです。
伝えたいこととかを、くどくど長文で講釈垂れるのではなく
見開きでバッ!バッ!とか、ページめくったら一面の泣き顔!とか
小さなコマの僅かな表情や仕草でこちらに全てを悟らせてくれたりする。
そんな繊細な感性が漫画で思う存分出力されていて涙腺をいつも刺激されます。
そんな中でも、特に最近読み直して胸にキたのがこちら。


1221-1_convert_20161228192749.jpg


「BUTTER!!」 ヤマシタトモコ

タイトルのバター!!は、ちびくろサンボのトラを追いかけて
ぐるぐるやしの木の周りを回り続けたら
遠心力でバターになっちゃった・・・というアレが元ネタですね。

この作品は、それぞれの鬱屈を抱えた高校生たちが
部活として巡り合った社交ダンスを通じ、
楽しむことの嬉しさや難しさ、全力を尽くす達成感を知り、
自分や周りと向き合っていく青春群像劇です。

ワォ!社交ダンス!バラエティ番組の某社交ダンス部でしか
実際に踊っている模様を目にした事がないわたしですが
最近、バレエやダンスなどに造詣が深いアニメにハマったばかりだったので
久しぶりに読み返すのもとってもわくわくしました。わくわく。


1221-2.jpg


主人公たち新入部員は、それぞれ小さな理由から入学してすぐに社交ダンス部の門を叩きます。
中でも、ダンスのジャンルを勘違いして入部した夏(なつ)ちゃん、いじめっこに勝手に入部届けだされてしまったオタクの端場くんの二人は、
若干不本意な気持ちのまま社交ダンスの世界へと飛び込みます。


1221-3.jpg

1221-4.jpg


最初こそ慣れないステップや、不用意にパーソナルスペースを侵す
ダンスの組合いなどに戸惑いを隠し切れなかった新入生部員たち。
自分、家族、友達など、いろんな物事に対して半端な気持ちで向き合っていた彼らはうまく踏み出せないことばかりで他人の機微にいらいらするばかりです。

しかし、先輩たちから厳しく教えを請い、まだ知り合ったばかりの
新入部員同士で汗を流し、笑いあい、本音でぶつかりあっていくうちに
ダンスを通じて物事に全力で挑むことの本当の楽しさに気づいていきます。


1221-5.jpg


楽しいを飛び越えた先に、もっと楽しいが待っている。
考え込んでダメになりそうな端場くんより先に体を動かし感じることで
そのことに気づいた夏ちゃんは、出遅れてしまった頭でっかちな
端場くんをぐいぐい新しい景色へとリードしていきます。


1221-6.jpg

1221-7.jpg


時には、プロのダンサーから楽しさの真髄を知ることもあります。




個人的にはこのプロダンサーのお兄さんこと宇塚さんがめっちゃいいキャラで
台詞とかもハッとなることが多くて凄く好きなんですが、
ヤマシタトモコさん作品の天才キャラって
何故変人ばっかりなんでしょうね・・・いや最高。
宇塚さんもそうですが、衣装協力してくれる女の子が
クリエイターとしての苦悩にぶちあたる話だったり
顧問の先生が問題を起こした生徒に対して重い一言を放ったりと、
彼らの楽しいを支えてくれるサブキャラクターの人間性の厚みも
またこの本の魅力のひとつです。



体調を崩したり、時間に追われてしまったりで
何かに全力を充てるというモチベーションが徐々に下がってきた頃。
担当は、この作品を読み直したおかげで
「やらない後悔より、全力でやってする後悔!」という
とても前のめりな気持ちに大きく傾きました。
どの趣味にも通ずることだとは思いますが、
心がそれしか考えられないほどに踊っている時は
最高に気持ちよくて、言葉では伝わらないようなことも
きっと誰かの心に響きます。

担当も彼らのように体が反射的に動いて、息があがって、耳たぶが熱くなって
それこそ、どろっどろのバターになってしまうぐらいの
“ 楽しい!! ”を、もっともっと見つけてみたいものです。


(中野店/まりな)
  1. 2016/12/30(金) 11:00:55|
  2. 中野店まりな

飽くなきエロスの追求。ひとつの愛について。




今年も残すところあと二ヶ月をきってしまいました。
いかがおすごしでしょうか?
担当は今、今回紹介するのとは全然違う作品(今流行ってるフィギュアスケートのアレだよ!沼だよ!)で
爆弾級のエロスに当てられ、興奮で眠れない(午前5時!)勢いのままこの記事を書いています。
参りましたね!ウン年ぶりにアニメでリアル鼻血だしました。
清潔なエロスってすごい、もはや暴力。


エロスとは追求すればするほど、いわゆる本番からは遠のき
本番に至るまでのプロセスの方に表現が集約していく面白い題材です。
あけすけに言ってしまえば「ヤればいいってもんじゃないんだよ、エロスってやつは」
というのが、寸止めエロ大好き芸人こと担当の持論です。

今回は、それをまさに形にして追求し続けたとある漫画が
最終巻を迎えたのでご紹介したいと思います。


ナナカオ表紙


白泉社 甘詰留太 「ナナとカオル」


日本漫画界における唯一無二のノーセックスハートフルSMコミックス・・・!
あああ・・・・・・終わってしまうなんて寂しすぎます。
明日からどんなエロスと情熱を支えに生きていけばよいのか!

最終話が掲載された週はそりゃあもう、お通夜みたいな心地だったのですが
いざ単行本が出てみれば、それはもう素敵な終わり方だったので何も言えなくなりました。
こうなれば、完結したのをいいことに「完結したから一気に読むのに最適だよ!最適!」と
皆々様に良さをお伝えするほうに熱を注ぎたいと思います。


ナナとカオルはSMを愛してやまない冴えない高校生・カオルと
隣に住む優等生で幼馴染の美少女・ナナがひょんなことをきっかけに始めた
SMを通じて、ぎこちなかった互いの気持ちを近づけていくハートフルSMラブコメです。

「え、SM!?蝋燭とか女王様とか!?」
「痛いのはちょっと・・・」
「何をやってもどうせ最後にハードなエロが待っているんでしょ・・・?」

ノン、ノン! 違うんです! ナナとカオルは純愛の物語なんです。
絵柄の艶やかさから連想できるような、いわゆる“本番”は一回もございません!
全編に渡り、SとM。友達以上恋人未満の微妙な関係“パートナー”という距離感を
漫画を通して深く深く理解していく物語なんです。


ナナカオ①


物語の始まりは、杉村薫(カオル)くんがお小遣いを必死に貯めて購入したボンテージ衣装(!?)を
幼馴染・千草奈々(ナナ)がうっかり着てしまい、脱げなくなってしまったことから始まります。
着脱用の鍵を渡す代わりに、その姿をよく見せてくれと言われ恐る恐るカオルの前に立つナナ。


ナナカオ②


好きな女の子が性癖を着てそこに立っているというだけでもうヤバイです。


ナナカオ③


ナナも満更ではない様子・・・。


ナナカオ④

ナナカオ⑤ 


ただ、“見られてるだけ”という初回プレイですが
もしかして全編を通した中で一番エロいのでは・・・?


ナナカオ⑥


この触りそうで触らない感じがサイッコウ。


ナナカオ⑦

ナナカオ⑧


おかしいことをしているとわかっていても、カオルがいてくれるなら大丈夫。
そんな信頼関係の上で味わった初めてのSMは、その開放感から
ナナの日常生活に良いストレス発散をもたらしてくれたようでした。
思ってもいない良い還元にナナはその後、カオルを度々頼ってはSM・・・通称:“息抜き”にハマっていきます。


ナナカオ⑨


ほんの少しの興味から足を踏み入れたSMの世界で、ナナは自分が思っていたよりも
誰かに受け止めてもらいたかったのだと回を重ねるごとに知っていきます。
そして、カオルとの深く不器用な繋がりも・・・。
当のカオルも、触れ合うことすらおこがましいと感じていた憧れのナナに対して
強く、安心してリードできるようなS(ご主人様)であることで
“息抜き”の瞬間だけは、対等な立場でいられると感じるようになっていきます。


ナナカオ⑩


ご主人様であるがゆえに、Mに尽くすカオル。
Mのナナが愛しいがゆえに、痛くしないように縛るための縄の準備は徹底的にやります。
愛とこだわりの成せる行動ですね。


この作品の醍醐味は、やっぱり“寸止めであるこそ匂い立つエロス”と“
不恰好なまでにたどたどしい純愛”だと思います。
キスもなければ本番もないのに青年誌でどこまでエロスを感じさせてくれるかという挑戦と
SMを通じてでしか互いを目の前にしてるのに曝け出せない二人の本心とが、余計に切なさを募らせていて
こいつはただのエロ漫画じゃないんだよなあ・・・とつくづく思います。


ナナカオ⑪


ちなみに、番外編にあたる「ナナとカオルBlackLabel」は、もう一組のSとM。カオルが憧れてやまない硬派なSM作家・更科と、SMショップのお姉さん・満子さんとの
濃密な一つ屋根の下での数日間を描いていて大人度が数倍にアップ!
こちらもギリギリ直接的な描写はないのですが、お子様には到底おすすめできない場面があるので
大人のみなさんは寸止めの先やその場のしっとり感を想像しつつ、ドキドキしながら読みましょうね!


(中野店/まりな)
  1. 2016/11/18(金) 10:56:09|
  2. 中野店まりな

薔薇のマリアから浸る幻想世界のリアリティ。




ついに、KADOKAWAさんから十文字青先生の「ノラ猫マリィ」が発売しました。
ヤバイです。手が震えています。どれほど待ち望んだことかと。

今回は「ノラ猫マリィ」へと続く、
美しくも心強かな“真紅”マリアローズの物語。
十文字青先生のデビュー作「薔薇のマリア」をご紹介したいと思います。


161008画像1


薔薇のマリア/著:十文字青 画:BUNBUN




まず、十文字青先生についてですが、頁あたりの字数に対してかなり筆が早く
現代・ラブコメ・青春小説など多方面の作風でご活躍されています。
台詞量は重い言葉で少なめ、地の文での独白や感情の吐露が非常に多く
一人称で読み進めると途中で入り込みすぎて泣きそうになるぐらい
アニメ化もされた「灰と幻想のグリムガル」や、SoundHorizonのノベライズなんかでも有名な方ですね。
今回、特に担当がごりっごりに推したいのが十文字青先生の異世界ファンタジー!
異世界!そしてファンタジー!剣と魔法!襲い来るモンスター!
うわっ・・・ いま日本のライトベル界で一番目にする文字の羅列・・・。
そう思った方は、その食わず嫌いの概念をとりあえず置いてきてください。
安心してください、「薔薇のマリア」に現代産最強主人公は出てきません。


161008画像2



「薔薇のマリア」はいうなればジョブスタイルの幻想世界で織り成される群像劇です。
明らかに日本ではない、もしかしたら地球でもない。純粋な本物の異世界。
そこにはわたしたちの知らない街があり、ダンジョンがあり、人の数だけ冒険があります。
“腹を膨らませるための稼ぎを得たい”、“己の強さを証明し名をあげたい”
さまざまな種族・職業に身をやつした冒険者たちが自分だけの信念や欲望を抱え
ダンジョンに蔓延る異界のものどもとの死闘を繰り広げています。
そんな群雄割拠の世界を、決して強者ではない主人公・マリアローズが
かけがえのない仲間たちと燃えるように生きてゆく、そんな物語です。

主人公=強キャラ(もしくはチート技能)といった流行の中で
なんの特殊技能も身体能力もない凡庸な主人公が輝くのは、とても難しいことだと思います。
おまけに十文字先生の作品にご都合主義や主人公補正はほとんどありません。
主役級でも人気キャラでもガチで死ぬときは死にます。気を抜いたらイチコロです。
しかも、良い扱いをされたキャラほどなかなかに救いがない死に方をします。
ゲームでいったらハードゴアぐらいの人生難易度を設定されているに違いない・・・
しかし、それこそが十文字青作品の魅力“異世界の中のリアリティ”です。
「これはほら、ファンタジーだから!」というようなご都合主義に逃げない姿勢。
きちんと裏づけされた世界観と、それを裏切らない独創性に富んだ文章表現。
甘やかされない登場人物。これぞ大人が読むべき純粋なファンタジーなのです!
ちなみに先生の著書の中で、もっとも“異世界の中のリアリティ”さが作風に反映されていたのは、
アニメ化もされた「灰と幻想のグリムガル」なのですが
また別の機会に触れるとして今回は割愛させていただきます。


161008画像3


どこがどう異世界的リアルな部分なのか?という一例として
“音声表記の異彩さ”を紹介しようと思います。
一般的なファンタジー小説ではモンスターの唸り声や叫び声は
「グルル・・・」だったり「ギャオオオー」だったりするところ
十文字先生の世界だとこうです。


161008画像4



魔法の呪文ならこうです。


161008画像5


ご覧のとおり、読めません。
たぶん、端から読ませる気がないのだと思います。
人間の声帯ではおおよそ発音ができなさそうな字面が並んでいます。
ファンタジー小説を読んでいる誰しもが一度は考えたことがある
「モンスターの鳴き声は、人間の発音と変わらないんだろうか?」
「なぜ、召喚先の異世界で言葉が通じるのか?」
「なんで、古代の魔法のはずなのに現代語の呪文で発動するのか」などなど、
書き始めたらきりがない、突っ込んではいけない異世界モノのお約束。
「それはね? ファンタジーだからさ!」という一言で片付けられてきた
異世界小説における矛盾点を、十文字先生はあえて逆手に取り突き抜けた個性に変えています。
咆哮は人語で表記しないことで、言葉が通じない得体の知れない生物と
対峙しているという恐怖感を、主人公たちと同様に読者も感じることができます。
魔法の呪文を難解な文字の羅列で表現することで、それを使っている人物が
読者には発音できないような発音を理解している有識者なのだと強調しています。
どれも読者に非常に生々しい臨場感を与えてくれるスパイスとなっており、主人公たちと同じ目線で
物語に入り込むために大事な要素をつくりあげています。

ほかにも、紹介し切れませんが「薔薇のマリア」を構成する魅力的な部分はたくさんあります。
性別を越えた愛を声高に謳うストーカー野郎が実はめちゃくちゃかっこよかったり、
敵が圧倒的すぎる大悪人でそれはもうすごい強くて
「これほんとに勝てるの?」と思ってしまうぐらい先が読めなかったり。
絵師のBUNBUNさんの絵が毎度ながら美麗すぎて卒倒しそうだったり。
現代で擦り切れるまでに使い古されてきたファンタジーの王道を地でいきながら
ハードな生き方をしてきた主人公たちを据えることで、ぬるま湯の世界で生きている
わたしたちの目にはとても鮮烈な作品に見えてきたりもします。
そして、何より30日に発売された「ノラ猫マリィ」は「薔薇のマリア」からの地続きの物語です。
美しき冒険者マリアローズが20数巻分戦って。生きて。泣いて笑って。辿り着いた終わり。
その鮮烈なる終わりから、遥か未来に進んだ物語です。

普通のファンタジーや学園ファンタジーじゃもう足りないんだよー!という貪欲な方や
「ノラ猫マリィ」で十文字青先生の世界観を覗き見た方に、
是非「薔薇のマリア」をお勧めしたいと思います。


(中野店/まりな)
  1. 2016/10/08(土) 11:02:00|
  2. 中野店まりな

輝く星空に月がふたつ。ガンガンが誇る幻想世界の旅物語




近頃、異世界ものが流行っていますね。
異世界といっても転生ものが主流なので、担当が愛してやまない
異世界で生まれた主人公が異世界を救うようなお話は
時代がそうさせているのか、なかなか巡り会えません。
そこで今回は新しいものではなく、不朽のファンタジーに目を向けることにしました。
それが、こちら。


0825-1.jpg


夜麻みゆき オッツ・キイム3部作
「幻想大陸」「レヴァリアース」「刻の大地」


ドラゴンクエスト4コマ漫画劇場などで活躍した
ガンガン黄金時代におけるファンタジーの立役者・夜麻みゆき先生の代表シリーズです。
今でこそ珍しくなってしまった水彩基調の優しい絵柄は
今も尚、多くのファンに愛されていまして、連載終了から15年以上経った現在でも
既刊・画集の復刊や展示会開催へと繋がっている根強い人気の持ち主です。


オッツ・キイム3部作は、月が二つあり人間と魔物が共存しているという
幻想世界オッツ・キイムを舞台にしたシリーズもののファンタジーで、
「幻想大陸」と「レヴァリアース」の系譜を引き継いだのが「刻の大地」となっています。

地続きの世界観として共通で使われるワードもあり
"邪神竜ディアボロス" "勇者ザード" "仮面の男"。
この三つが3作の上では重要なキーワードとなっています。
どのタイトルでも"魔物を束ねる邪神竜ディアボロスを勇者ザードが倒し、
ザードはその後行方不明になった。"という設定が共通してあります。
平たく言えば、同じ世界軸の中で展開している物語で「幻想大陸」はギャグパロ、
「レヴァリアース」は過去譚、「刻の大地」が本編というわけですね。



0825-2


0825-3.jpg


「幻想大陸」・「刻の大地」の主人公は、魔物に敵意を持たない少年・十六夜。
森の中で目覚めた生き残りのダークエルフ・ジェンド。
親友の生死とその真実を確かめるために旅をしている聖騎士・カイ。
この共通点なんてまるでない3人が、"邪神竜に会うこと"という共通の目的を目指して
旅を続けていくストーリーです。


0825-4.jpg


物語の中で出会う喜びや悲しみがたくさん詰まった出来事を、
十六夜・ジェンド・カイがそれぞれ三者三様違った価値観で受け止めて向き合っていきます。
その中でも特に本筋に関わってくる「魔物は友達だから殺したくない」という主張の十六夜と
「魔物は種族を滅ぼした仇だ。全て殺してやる」という主張のジェンド、二人の対比や、
その二人の言葉を「どちらも正しいものなのだろうか?」と迷うカイの関係性が
考え方の違いだけでは善悪には繋がらないんだ、と如実に感じさせるものがあって個人的に好きです。


0825-5.jpg

二人の意見の対比。和解と殲滅。対極にありながらも惹かれあう二人。


0825-6


そして、親友の和解を望む言葉と騎士として戦いに身を投じることの狭間で揺れるカイ。


0825-7.jpg


活発で世間知らずのウリックと、常識人でおしゃまなレム。
そして、法力国家に生まれながら強力な魔法使いとして育ち畏怖されているシオン。


「レヴァリアース」は、カイの親友であり邪神竜ディアボロスを倒したとされる
勇者ザードの弟・ウリックと、道行きで出会った法力国家アドビスの王子・シオン、
愛らしい妖精・レムの3人が、勇者ザードの足取りを追いながら邪神竜ディアボロスを
探す物語です。時間軸としては「刻の大地」の数年前の話になっています。
結果的に刻の大地へと収束していく物語にはなりますが、この話単体でも
きれいに完結しているので読みやすさでいえば「レヴァリアース」が一番です。

夜麻先生の作品は圧倒的に未完のものが多くて
きちんと完結したとされるのは恐らく「レヴァリアース」のみなんじゃないかと
もっぱらの噂です。先生ご本人の体調によるものなのであまり強くは願えませんが
他作品も本当に好きな作品だっただけに続きを読めないのは残念です・・・。


0825-8

ファン待望の復刊画集。担当も初見時むせび泣きが止まらなかった美しさ。
https://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1037971076&ref=list


それぐらい好きなものだったので、最近になって画集と愛蔵版がでたときは
歓喜に震えたと同時に「ああ。もう、本当に続きは描いてもらえないんだな」と
ひどく落胆したことを覚えています。
子供のときに大事にしていた本が再び綺麗な姿で拝めるようになるのは
とても嬉しいことでしたが、それが意味する寂しさを前向きに受け止めるには
自分はまだ幾分か若いのかもしれない、そんな風に感じた今日この頃でした。



少年とダークエルフと聖騎士の笑いの絶えない旅物語
「幻想大陸」
旧装丁

復刊完全版

勇者の弟と王子と妖精の旅物語
「レヴァリアース」
旧装丁

復刊完全版

少年とダークエルフと聖騎士のいろんな人々との出会いを紡いだ旅物語
「刻の大地」
旧装丁

復刊愛蔵版

(中野店/佐藤ま)
  1. 2016/08/25(木) 10:47:09|
  2. 中野店まりな

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション