岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

現代プロレスでも通用しそうな「THE MOMOTAROH(ザ・モモタロウ)」に出てくる必殺技




皆様はプロレスは好きですか?僕は割と好きな方です。
プロレスの好き嫌いは、生まれ育った世代や環境に大きく左右される所ではないかと思います。
僕の場合は、主に80年代後半の新日本プロレスが足掛かりで、TVゲームのモデルとしてもよく使用された
アントニオ猪木や長州力を子供時代に見たのが最初でした。
後は、周囲の友人が軒並みプロレスオタクだった事も影響しています。
僕にとっては90年代の闘魂三銃士の活躍や、命を懸けてるのかと思える四天王プロレスの時代がピークで、
ゼロ年代の格闘技ブームによるプロレスの失速から、徐々に興味が薄れていきました。
三沢光晴や橋本真也の早すぎる死去も心離れする原因でもありました。
ですが、現代のプロレスは新日本プロレスのWWEに則った路線変更がキッカケとなり、その輝きを
取り戻しつつあります。実際、女性ファンも多かったりします。
近年では、滑舌の悪さでバラエティで大活躍の天龍源一郎氏の引退試合でのオカダ・カズチカとの
一戦が、世代交代を如実に感じさせる試合展開で良かったです。

プロレスをテーマにした漫画も当然多く、梶原一騎原作の「タイガーマスク」「プロレススーパースター列伝」
や、社会現象を起こした「キン肉マン」などがプロレス漫画の代表格でしょうか。
そして今回取り上げる作品は…


170123-1.jpg


週刊少年ジャンプで、キン肉マンの後を追うように始まった「THE MOMOTAROH(ザ・モモタロウ)」は、
連載期間は約2年間とやや短いものの、80年代後半のいわゆるジャンプ黄金時代を支えた作品の一つでも
あります。
日本古来のおとぎ話に出てくる桃太郎や金太郎、浦島太郎といったキャラをモチーフにしたプロレスラー達
の熱き闘いと、それ以上に熱を帯びたテンポあるギャグの応酬が特徴です。
おとぎ話の主人公もまた、某携帯会社のCMに起用されていたり、ハドソンの代表作「桃太郎伝説」「桃太郎電鉄」
といったゲームの主人公キャラになったりで、昔からメディアミックスし易い素材なのです。


170123-2.jpg



ギャグによるおふざけ要素が強い作品ですが、各キャラが繰り出す必殺技は現実でも再現できるか?できないか?
ぐらいの結構に創り込まれた技が多く、ネーミングセンスも技の内容を容易に想起させる良いものが多いと僕は
思っています。
実際のプロレスでもやはり必殺技の重要度は昔も今も変わらず高く、この技が決まれば勝利!という図式が基本です。
僕が好きな必殺技は、
 1位:タイガードライバー'91(理由:危険すぎるから)
 2位:キンシャサ・ニー・ストライク(旧:ボマイェ)(理由:技のインパクトの瞬間の中邑真輔が真上あたりを見ているから)
 3位:ジャンボ鶴田のバックドロップ(理由:角度がエグいから)
 次点:レインメーカー(理由:結局、ラリアットだから)

では「THE MOMOTAROH(ザ・モモタロウ)」における僕が好きな必殺技はと言うと…

3位:スーパー・オクトパス・ホールド

170123-3.jpg


従来の卍固めに股裂き(レッグ・スプレッド)を加えた超難度技。
使用者であるウラシマまりんの強靭な足腰と、絶妙なバランス感覚があってこそ。
実際にやるとなると、掛けられる側が協力したとしてもすぐ倒れると思われる。

2位:エッフェル・ヒールキック


170123-4.jpg


要は脳天踵落としなのだが、これこそがプロレスの醍醐味のひとつで、大層な
ネーミングでお客さんのハートを掴む!これ大事。
前述のレインメーカーと同認識として考えるのが良いですね。
補足しておくと、レインメーカーもエッフェル・ヒールキックも、基本形とは
技のモーションが違うので、あながち名前を変えただけ…ではないのです。

1位:クロスライダー・スープレックス


170123-5.jpg


ネーミングセンスが抜群なのと、実際にできそうな技で、かつフィニッシュ・ホールド
としても使えるこの技が僕の中では1位でした。実際は受身不可能の超危険技。
投げの際、体幹がしっかりしていないと、あらぬ方向へスープレックスが崩れて更に危険。

ぜひ上記の技を含め、作品に出てくる必殺技を実際のプロレスラーに使用してもらいたい!
…と、切に願う今日このごろでした。


【WEB通販のご案内!】
タイトルクリックで、該当作品のWEB通販ページまでご案内します!

にわのまこと「THE MOMOTAROH(ザ・モモタロウ)」

にわのまことの全作品


担当:うめだ店 吉野
  1. 2017/02/03(金) 10:52:54|
  2. うめだ店吉野

「ヴィルトゥス」…恐怖と殺戮のローマ帝国ツアー




うめだ店の吉野です。
今回は皆様をちょっとした海外旅行(気分)へご招待致します。
目的地はローマ。
それもタイムスリップしての、古代ローマ帝国の時代です。
「テルマエ・ロマエ」ですか?
いいえ、違います。

161110画像①


今回の旅のおすすめポイントは、生温い風呂ではなく主にコロッセウムを舞台にした、
目潰しと噛みつき以外はOKの格闘技・パンクラチオンを主軸とした総合格闘技及び、
食事中に読むのはちょっとシンドイ、血しぶきや生首が飛び交う残虐描写のオンパレード!
…でございます。


161110画像②

161110画像③


タイトルの「ヴィルトゥス」は=大和魂と訳せるそうでして、作品の大筋は、
ある時代の古代ローマ帝国に君臨する暴虐帝・コンモドゥスを討つべく、
側室マルキアは時を操る老婆グルバの力を借りて、現代日本の大和魂を持つ
青年、そして柔道世界王者である鳴宮尊をローマ帝国に召還する(周囲の囚人多数と共に)。
彼らが召還された先は最初から、ラスボス・コンモドゥス眼前のコロッセウム!
大観衆に囲まれ、突然命を賭けた戦いに挑むことになった尊達。
そして主人公でありながら、世界王者にして囚人でもある鳴宮尊の秘密が徐々に
明かされていく…。


161110画像④

161110画像⑤

161110画像⑥

161110画像⑦


作画の信濃川日出雄氏は、現在くらげバンチで「山と食欲と私」という
今回紹介の作品とは何もかも違う、極めて平和で柔らかい作品を連載中です。
同じ人が描いているとは思えない…。


161110画像⑧

161110画像⑨


でも義凡氏という原作者が付いているから、シナリオに沿って…というのは
当たり前の話なのですが、二作品の画を並べると、発するオーラがそれぞれ
違いすぎて個人的にツボなんです。

この旅のもう一つのおすすめが、作品を彩る超個性的なキャラクター陣です。
主人公の鳴宮尊はもちろん、その父である鳴宮凱の人外的な残虐思考。
心がないカイオウ=コンモドゥス、負け犬でしかも腹黒い…後に「数える男」
と呼ばれる神尾心。ジャコウのような風貌で格闘技マニアの灰島…。
他にもクセの強いキャラクターが多数登場するこの作品の末路は衝撃的なので
ぜひ、作品に触れてみて下さい。雷に打たれた気分になること請け合いです。


161110画像⑩
覚醒した鳴宮尊からは、ヴィルトゥス感が感じられない。怖い。


161110画像⑪
コンモドゥスの残虐性全開の流れ。暗殺を企てたリュミラへの制裁。)


161110画像⑫

161110画像⑬

161110画像⑭
この後、コンモドゥスはロブスターを喰らいながら、夫と子供の生首の目の前で、その妻であるリュミラを犯す。これぞ地獄絵図。


161110画像⑮161110画像⑯
左翼団体を隠れ蓑にして、無差別に人殺しを楽しむ鳴宮凱。対峙するのは若き日の宮口のジジイ。



161110画像⑰161110画像⑱
神尾心の腹黒さが見え隠れする描写。続編を見るとなぜこうなってしまったのかが解明される。


161110画像⑲161110画像⑳
貴方の近くにも灰島のような男、いませんでしたか?


ちなみにこの作品は、続編があります。
その話はまたの機会に…。

【WEB通販のご案内!】
義凡/信濃川日出雄「ヴィルトゥス」

「ヴィルトゥス」の続編

信濃川日出雄の全作品

ヤマザキ・マリ「テルマエ・ロマエ」


タイトルクリックで、該当のWEB通販ページまでご案内致します!
  1. 2016/11/10(木) 10:45:01|
  2. うめだ店吉野

現代版イソップ童話はオノじゃなくて女の子がもらえる「金の彼女 銀の彼女」




うめだ店の吉野です。
今回は毎回サービスシーンが嬉しいこちらの作品をご紹介。


金の彼女①


主人公の安田登郎は、2年前から共学になった元お嬢様学校・私立綾乃峰学園の
普通科クラスの男子生徒。


金の彼女②


そんな彼が憧れる、男子禁制の特別クラスで学園最高峰の美少女にして、
世界的大企業のお嬢様・綾乃峰英里華に果敢にアタック!


金の彼女③


…するも、取り巻きに囲まれて力ずくで粉砕。
敗戦した登郎は、近所にある通称「叫びの泉」でウサを晴らしていた。
そこへ現れたのは、お嬢様からかけ離れた鬼の形相の英里華の姿が!
そう、宿命に束縛される人生に嫌気がさしたとき、英里華も叫びの泉で不満を
絶叫していたのだ!
だがその叫びを登郎に聞かれ、慌てた英里華は登郎を殺そうと石を振りかぶる!
…が登郎に避けられ泉に転落。
そこへ泉から現れたのは、金の髪の英里華と銀の髪の英里華を携えた泉の女神
であった!


金の彼女④


「貴方が落とした彼女はどっち?」
正直に答えた?登郎は褒美として、両方の彼女を貰うことができましたとさ。
めでたしめでたし。
…といったあらすじです。

赤衣丸歩郎氏といえば、アニメ化もされた「仮面のメイドガイ」が有名ですね。
今回紹介の「金の彼女 銀の彼女」もメイドガイ程濃くはないですが、テンポ良く
展開していくコメディ路線となっています。
そしてこの作品最大の特長は何といっても毎回必ずある!
ムフフなサービスシーンが嬉しい!
月刊少年マガジン連載なので行き過ぎた描写はありませんが、少年のハートを
ギュッっとつかむ展開からのお色気で毎回担当もお腹いっぱいです。

例えばこんなのや……


金の彼女⑤


こんなのや……


金の彼女⑥


こーんなのだってある!(何だこの水着…)


金の彼女⑦


取り巻きも負けてません!(主にバヤリーが)


金の彼女⑧


金の彼女⑨


金の彼女⑩


いかがでしたか?
担当はバヤリー大好きです。
やはり少年漫画のお色気は風情があっていいですね~。
成年漫画では得られない何かがあるのですが、この感情をどう
活字化すればいいのか、今だに答えが見いだせないんですよ。
「エロが見たけりゃ、成年漫画でいいじゃん?」
いや、違うんだよ!
そういうことじゃないんだよー!
でも、どう言えば分ってもらえるのだろうか…。
誰かアンサーを下さい。


担当 うめだ店 吉野


≪web通販はこちらから!≫

「金の彼女 銀の彼女」
赤衣丸歩郎 全作品

  1. 2016/09/28(水) 10:59:45|
  2. うめだ店吉野

2016年から1巻が発売した作品縛りで、個人的ベスト5!




うめだ店の吉野です。
今回は2016年上半期の個人的総括と称して「2016年から1巻が発売した作品」の
個人的ベスト5を振り返ってみます。

【第5位】涼川りん「あそびあそばせ」

あそびあそばせ


学生時代流行ったしょーもない遊びをある意味、命を懸けてやっている様が
表情や言動から読み取れて面白いです。
おおよそ女子高生の顔つきとは思えないおっかなさが後をひき、帯のアオリ通り
中毒となりました。


【第4位】青野春秋「100万円の女たち」


100万円の女たち


前作ではニートを描いた作者が、今作では真逆のシリアス&サスペンス!
サバサバした画の雰囲気が恐怖感を駆り立てます。
連載では謎が解明されていっているので、まだ未読の方は単行本から読むこと
をお勧めします。


【第3位】大和田秀樹「所得倍増伝説 疾風の勇人」


疾風の勇人


実在の政治家・池田勇人をモチーフとして、大和田先生得意のドラマチック誇張
で熱さを駆り立てられる半ノンフィクション漫画。
互いの思惑が交差する政治家同士の交渉、看破しようと様々な言葉を発する“駆け引き”
の部分が最大の見所です。


【第2位】藤本タツキ「ファイアパンチ」


Fパンチ


能力バトル漫画はジャンプが得意とするところでありますが、
能力が概ね不幸な方向へ向いているのは新しいです。
最近の連載では映画好きのトガタの狂人っぷりが良いですね。
こんなキャラ、なかなか思いつかないですよ。


【第1位】山本英夫/池上遼一「アダムとイブ」


アダムとイブ


商業誌で「描きたいものを描く」というのは制約もあって難しいことです。
山本英夫と池上遼一の両雄だからこそ造れた漫画なのかもしれません。
お題は単純明快で、ヤクザVS透明人間!
山本英夫先生の斬新なアイデアを池上遼一先生が漫画として表現すると、
こうも艶のある漢(オトコ)が出来上がるものなのか!

…今回は駆け足で個人的上半期ベスト5を振り返ってみました。
「これはぜひ読んでみたい!」と思った作品があったら、下記の通販ページリンクまで!

担当:うめだ店 吉野

★WEB通販はこちら。

・涼川りん「あそびあそばせ」

・青野春秋「100万円の女たち」

・大和田秀樹「所得倍増伝説 疾風の勇人」

・藤本タツキ「ファイアパンチ」

・山本英夫/池上遼一「アダムとイブ」
  1. 2016/08/22(月) 10:51:15|
  2. うめだ店吉野

夏フェス近いので「シオリエクスペリエンス」を読んで気分を盛り上げYO。




うめだ店 吉野です。コンニチワ。
今年はQに暑くなりましたね。エヴァンゲリオンだって序、破、Qと段階を踏むってもんです。
もう夏です。
夏と言えば、夏フェスの季節です!
今年のサマーソニックは13年振りにRADIOHEADが出ます。
自分が唯一体験したサマーソニックが、その13年前でして。
感動したなあ…、自分は大阪なので「Creep」は聴けませんでしたが、
「My lron Lung」が聞けたので十分満足でした。
行こうかな…、13年振りに…。

…という訳で、今回はロックンロール臭のする漫画をひとつ。


160708①


物語は、家庭の事情で夢を諦めた地味子な女教師・本田紫織が27歳誕生日の夜、
夢か幽霊か幻覚か?アフロで黒くてビラビラの服を着た外国人に遭遇するのだが、
何とその外国人とは伝説のギタリスト「ジミ・ヘンドリクス」であった!


160708②


紫織は自分の知らない内にジミと悪魔の契約を結ばれており、その内容とは…
「27歳が終わるその日までに伝説を残さなければ…死ぬ!」
紫織のうなじにエレキギターのコードを“JACK in”したジミは、紫織と憑依し、
生前見せた超絶ギターテクを全校生徒の前で披露する!


160708③


160708④


紫織は憑依されて意識が薄い中で、かつて諦めた「バンドを組んで、ライブを演りたい!」
という夢を思い出すのだった…。

「ジミ・ヘンドリクス」という名前は、音楽に疎い方でも一度は聞いたことあるんじゃないでしょうか?
後は「Purple Haze」という彼の代表曲は、聞けば必ず「ああー」ってなるはず。
あらすじの「27歳が終わるその日までに伝説を残さなければ…死ぬ!」は、
彼が他界した年齢に基いて設定したものだが、音楽ファンであれば承知の通り、
27歳で他界した有名ミュージシャンは、27クラブと呼ばれていてジミはその代表格なのだ。
ちなみに巻が進めば、


160708⑤


も登場!
演り過ぎて嫌いになったはずの「Smells Like Teen Spirit」を演るだと!?


160708⑥


さて、この漫画のツボは、今のとこ6巻に集約されていると思われる伝説2人のコラボ!


160708⑦


音楽ファンなら1億積んででも、決して実現することのないこの2人のライブ…観たいですね。


160708⑧


この妄想は、プロレスで言う所の「今、三沢と武藤がシングルで戦ったらどっちが勝つよ?(1995年当時)」
に近いと思うのは自分だけでしょうか?
今後、ジャニスやジム・モリソンも絡む展開も予想される「シオリエクスペリエンス」。
読めば、あなたも夏フェスに行きたくな~る~。


担当:うめだ店 吉野

★WEB通販はこちら。
長田悠幸「シオリエクスペリエンス」

長田悠幸 全作品

  1. 2016/07/08(金) 10:33:45|
  2. うめだ店吉野

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション