岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

データキャラはやられキャラ? そんなスポーツ漫画の常識を覆す主人公の躍進を見よ。スポーツ漫画の文法を無視しまくりな「ベイビーステップ」の面白さ。




毎回このブログでいろんな漫画を紹介させて頂いていたわけですが、いわゆる長編コミックスは意図的に避けていました。
理由は大きく2つ。

1:長編だとそれだけ人口に膾炙しているだろうこと
2:物語が長いとそれだけオススメするところが増えて、1回にまとめ難いこと

ですが、最近はこれらは取り上げない理由にはならないよなぁ、と思うようになりました。
長編ゆえに手に取り難い、ということもありますし、そういう人向けにオススメ記事を書くのはアリだよな、ということがまず1点。
何より、自分が好きな作品を紹介したい、というのがもう1点。
まとめるのが大変な自分の技量不足は……まぁ、ガンバリマスということで。

そんなわけで、今回紹介するのは、週刊少年マガジンで連載中、2017年4月に最新44巻が発売になった長期連載漫画、勝木光「ベイビーステップ」です。

0506画像01 0506画像02


2014年にはNHKでアニメ化もされましたし、44巻の帯にもあるように実写ドラマも絶賛配信中です。

物語のあらすじは、何でもきっちりしていないと気が済まない几帳面な優等生・丸尾栄一郎(エーちゃん)が、高校での運動不足解消の手段としてテニスを始めてみたところ、ドハマリしてしまう、という話。
最初は思い通りにラケットで打てることが楽しいだけだったのが、真剣勝負の面白さに目覚め、より上のレベルでの試合で勝ちたいがためにプロを目指すまでになります。

で。
タイトルにも書きましたが、この主人公、いわゆる「データテニス」なんですよね。情報を集め、予測し、先回りした戦術を立てます。
今までのスポーツ漫画だと、だいたいこういうキャラは

「なにー、データと違う!」

といって自滅したり、最終的にデータを破棄した根性論で成長を遂げたりします。

しかし、この漫画はちょっと違う。
データは外れることもありうる、という前提で、それでもわずかでも勝利に近づけるように確率を頼り、あるいは頼らない(リスクを取る)ことを選択します。


0506画像03 0506画像04
※35巻


0506画像05 0506画像06
※36巻

練習にもそうした性格が表れていて、きっちりとスケジュールを立てて、着実にこなしていきます。

ただ、これだとなかなか物語として面白くならない。実際、最初の頃は「良作だけど、地味」「地味だけど面白い」という評が多かった気がします。
しかし、この漫画が凄いのは、毎回きちんと“成長している”ことが描かれていること。
だから気がつけば毎週読んでしまい、前の試合から何が変わったかを読者も実感しつつ読み進めることができます。

そう、むしろメインは練習シーンなのです。

目標を立て、現状を把握し、その隙間を埋める作業を淡々と行う。
これは、実に地味な作業です。ゆえに、これまでのスポーツ漫画は試合シーンが主で、練習シーンも、必殺技を身につける、とか、次の対戦相手に対抗するために云々、ということがメインになっていました。普通の練習は地味すぎて、物語を作り難いからですね。
そんな地味な作業を「ベイビーステップ」は正面から取り上げます。


0506画像07 0506画像08
※3巻

物語としての文法よりも、ビジネス書としての文法に近い、と自分は思っています。
ビジネスの世界では、よくPDCAサイクルを回すことが大切、と言われます。
1:計画(Plan)を立てて、
2:実行(Do)し、
3:結果を確認(Check)し、
4:改善(Action)する
このサイクルを回すわけですが、「ベイビーステップ」は見事にこれに当てはまるんですね。


0506画像09 0506画像10
※6巻

はるかに実力差がある相手との距離を知っても、そこに至るための計画をまずは立ててみる。
頭でっかちにならないところもイイところです。計画立てたら即実行。結果、ダメならまた計画を立て直して実行、と。トライ&エラーの繰り返しです。

0506画像11 0506画像12
※23巻

上の画像は、予め立てていた戦術がすべて通じないほどの強敵と当たったシーン。
こういう場面でも「気合い」や「根性」、または「奇跡」などは出てきません。事前の計画がダメなら、何か新しいことをその場で編み出すしかない。ただ、その「新しい何か」も、今までの経験・練習から捻り出していくしかないのです。

また、自分が一番好きなシーンはこちら。


0506画像13 0506画像14
※6巻

親を相手にプレゼン!?
ここらへんもビジネスっぽいです。

あと、面白いのが「精神論」の扱い方です。
この漫画「気合い」や「根性」を否定していませんし、むしろかなり重要な位置づけに持ってきていますが、それへのアプローチの仕方が面白い。

たとえば、以下はプレッシャーへの対処の仕方。
無視しようとしても逃れられない緊張感と向き合うことで、プレッシャーを克服しようとします。


0506画像15
※16巻

プレッシャーを数値にして増減を意識します。こんなプレッシャーへの対処の描き方、見た事がない。

その他にも、気力と体力は表裏一体、ということを表すシーン。お互い体力も気力も限界に来ているところで、何が大事なのか、というシーンでもあります。


0506画像16
※28巻

以下はまだコミックスになっていない箇所ですが、技術・戦術が新しい精神力を身につけることで力となっていくことが描かれています。


0506画像17 0506画像18
※週刊少年マガジン2017年19号

スポーツ漫画としては異色な構成は、キャラの成長を具体的に描いた結果。
エーちゃんのテニスプレイヤーとしての成長を是非読んで確かめてみてください。

ちなみに。
女の子が可愛くてラブコメ分が高いのもポイントです。

0506画像19 0506画像20
※ファンブック

(うめだ店/山本)


ベイビーステップの通販はこちらから→https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?keyword=%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%97&categoryCode=110101&shop=55&soldOut=0

(うめだ店/山本コウ)
  1. 2017/05/06(土) 10:55:51|
  2. うめだ店山本

ペイントピッチャー! ボクサーと野球勝負! 異端野球マンガ「球鬼Z」




今年もプロ野球の季節が始まりました。
去年(2016年)は広島が25年ぶりのリーグ優勝ということで盛り上がりましたね。

野球は国民的スポーツということもあり、非常に沢山の漫画が存在します。プロ野球から高校野球、少年野球……内容もリアル路線から、果ては人間ナイアガラ(※「アストロ球団」)だったり、気に入らないボールを念力で送り返したり(※「硬派!埼玉レグルス」)するものまで……

そんな数ある野球漫画の中で、自分が好きなものに藤澤勇希「球鬼Z」というものがあります。
全2巻で完結、と、いわゆる打ち切り漫画であり、さほど売れたわけではない作品ですが、漫画好きの間で好きな漫画の話になると不思議と「あ、自分も好き」と同意者が出てくる漫画です。とはいえ、やはり知らない人の方が多いので、残りの人に「球鬼Z」
の面白さについて語り出す、という流れになるものです。

今回はそんなノリで紹介いたします。

藤澤勇希「球鬼Z」

0423画像01 0423画像02


Zと呼ばれる正体不明のペイントピッチャーが主人公です。
ペイントピッチャー!
プロレスか! なかなか異様な風体です。インパクトもあり、画像映えします。

0423画像03


この「Z」、画像の解説でもあるように「投げるのは自分の望む1打席のみ」という。
そして投げるのはストレートのみ。
勝負にこだわるストイックさが魅力のひとつ。

ただ、物語の初っぱなからそれが行き過ぎて、何故か味方のバッターと

ボールがバッターをブチ抜くのが先か、バッターがZをブッとばすの先か

なんて勝負をしたり、

0423画像04 0423画像05


ボクサーと勝負


0423画像06 0423画像07


なんて事態にもなったりしてます。

そんな侍のようにストイックなZですが、当然他の選手や監督からは蛇蝎のごとく嫌われています。
こんなのは「野球選手じゃない」ってわけですね。本人もあまり野球のルールを知らず、勝負の快感を求めるのみ、と豪語します。


0423画像08


そんなZも、女子高生には頭が上がらない、というのが可愛らしい。


0423画像09


この女子高生、球団のオーナーにして、Zを球団に送り込んだ人物なんですが、Zとは別に金で雇っているから立場が上、とかではなく、ちゃんと人間同士の付き合いなのがイイのです。
ここらへんが深く掘り下げられず終わってしまったのはちょっと残念でした。

他には、
元特殊工作員の人間兵器とか


0423画像10


人類とは人種が違うとまで言われた超人とか


0423画像11


白人至上主義者の自称・大天使とか

0423画像12


と勝負します。
字面だけ見ると、一体何の漫画か分かりませんね。

そんな「球鬼Z」ですが、最近とんと見かけなくなったので、現在(2017年4月)絶賛強化買取中です。


0423画像13


“グラウンドの中でだけ生きてるユメ”を是非皆様に読んで欲しいと思います。

強化表はコチラ→http://www.mandarake.co.jp/information/buy/book/comic-seinen.php


作者の藤澤勇希は他にもパニックものの傑作「BMネクタール」なども描かれています。
こちらも機会があれば是非紹介したいところです。BM(バイオミート)がキモ可愛いので、どこか立体化してくれないかなと20年くらい思っています。


0423画像14

キュウウウウゥゥゥ……って鳴くのが可愛い。可愛い?




藤澤勇希作品の通販ページはコチラ→https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?keyword=%E8%97%A4%E6%BE%A4%E5%8B%87%E5%B8%8C&categoryCode=1101&shop=55&layout=0&dispCount=24&lang=ja&soldOut=0

(うめだ店/山本コウ)
  1. 2017/04/23(日) 11:00:37|
  2. うめだ店山本

灘麻太郎原作の忘れられた麻雀漫画「噫!麻雀創世鬼」




世には知られていない麻雀漫画が山ほどあります。
古い麻雀劇画雑誌を整理していたら、

「構想10年"カミソリ"灘麻太郎プロが放つ
必殺の大河伝奇ロマン!!」

と派手な文字が躍っている漫画雑誌を発見しました

。お、これは面白そうじゃないか??

タイトルは

「噫!麻雀創世鬼」

170320-01.jpg


掲載は「ギャンブル劇画」。1979年の雑誌です。
でも、待てよ……この雑誌、この号で休刊じゃなかったっけ?

案の定、ページの柱に

「『ギャンブル劇画』休刊のため「麻雀創生鬼」は次回から『劇画ザ・タウン』に引き続き連載します。ご愛読下さい。」

とあります(誤字原文ママ)。
10年構想の大作の連載第一回を、休刊号にぶっこんでくる編集部、なかなかのやり手である。

しかも……
引き継がれたはずの『劇画ザ・タウン』見ても、どこにも載っていない。


170320-02.jpg


え?
そんな……構想10年の、しかも、必殺の大河伝奇ロマンが? ちょっとヒドくない??
たしかに、このタイトルでgoogle検索かけても全然ヒットしないんですよね。自分も知りませんでした。
……なかったことにされた!?
(※ただ『劇画タウン』創刊号が無く、画像は創刊2号のもの。創刊号に載って、全2話の可能性も……ある?
情報求む、です)

さて、そんな「噫!麻雀創世鬼」ですが、どんな話なのでしょう?
表紙の目立つところに煽り文があるだけあって、巻頭カラーで始まります。


170320-03.jpg


なんと秦の始皇帝の時代から始まるようです。たしかに壮大な歴史ロマンです。

"怨みをのんで死んでいった男、陳麗!
今、時空を越えて彼の魂はよみがえった!!"

なるほど、どうやら右側の男が怨みを持って死んだ陳麗という男で、左の現代人が主人公だな。女性が描かれているということは悲恋か何かだろう。
なかなか情報の詰まったいい見開きじゃないですか。

物語は、中華統一を果たして始皇帝が、暇を持て余しているところから始まります。


170320-04.jpg


そして連れてこられた陳麗が紹介する遊びは……分かってますよ、麻雀劇画ですからね、麻雀ですよ、麻雀

「おそれながら説明を申し上げまするには
ここに百三十六体の美女の体が必要でございます」


170320-05.jpg


!?

予想の斜め上の要求をしてきましたよ、この男。
そして万里の長城に並べられる美女たち。壮観である。


170320-06.jpg

170320-07.jpg

ん?
何かに気づく陳麗。


170320-08.jpg


「名はなんと申す」
麻雀と申します」

!?


170320-09.jpg


陳麗、納得。
読者は、??。

そして始まる人間麻雀。
始皇帝は人間麻雀にハマってしまい、毎日行われる。そして美女たちの……いや、麻雀のために心を痛める陳麗。


170320-10.jpg


……って、考案者あなたですから!
権力者に取り入らんと非道な遊びを考案したけれど、良心の呵責に耐えかねた陳麗、ひとつの妙案を思いつきます。

「そうだ、彼女たちになにか変わるものを考案すれば」

その結果……


170320-11.jpg


爆誕する卓上遊戯「麻雀」。

以上が「麻雀」が誕生した経緯でした。そうかぁ「麻雀」って女の人の名前だったのか!
しかし、陳麗、これでめでたしめでたしかと思いきや、この「麻雀」が大流行りしてしまい、亡国の遊戯とされ、考案者の陳麗、命を狙われることになります(自業自得である)。

そして、時は飛び、舞台は現代へ。


170320-12.jpg

170320-13.jpg


は!?
この胸のオオトリのアザはいったい(棒読み)

唐突な胸の痛みに気を失ってしまう男性。
通りかかった僧侶は、胸のアザを見て、お寺に連れて行きます。
男性が目を覚ますと、和尚が話し始めます。

「変な夢……麻雀創世鬼の悲話でもご覧になったのであろうかな?」


170320-14.jpg


直球すぎにもほどがありませんかね!?
第一話から巻きが入っているとしか思えない展開です。
和尚の話は続きます。


170320-15.jpg


「おお、わしは恐ろしい 、オオトリの図を胸に持つ男との大戦が恐ろしい」
「では和尚、あなたでしたか、この私と対戦する相手とは!?」
「さよう、このわしじゃ」

なんとびっくり急展開。


170320-16.jpg


「わしが勝てば二千二百年昔の出来事があるいは変わるかも
 そして陳麗の怨念も消えるかも……」

って、和尚が勝たないといけないのかよ!
しかも、語尾が自信なさそう。


170320-17.jpg


そして、対局は後日、となり、主人公は寺を後にするのであった。


170320-18.jpg


…………
……


うん、これはヒドい

思わず、そう呟いてしまう麻雀漫画を読んでしまったので、ご紹介でした。
「完」の字と、セミの鳴き声が切ないですね。

「ギャンブル劇画」含め、「劇画タウン」「ガッツ麻雀」の販売は現在準備中です。続報をお待ちください。

(うめだ店/山本コウ)
  1. 2017/03/30(木) 11:55:42|
  2. うめだ店山本

そうだ、キャンプへ行こう




祝!アニメ化、ということで、ブレイクする前に紹介しよう、という下心のある記事です。

紹介するのは、雑誌「まんがタイムきららフォワード」で連載中、この前(2017年2月10日)に3巻が発売になった


あfろ「ゆるキャン△」

ゆるキャン01
ゆるキャン02


です。
「△」はネットスラングでいう「~さんかっけー」ではなく、テントの意匠化ですね。
タイトルのロゴかと思っていたら、ネットの作品タイトルにも「△」がつくので、「ゆるキャン△」が正式名称の
模様です。

3巻帯に輝く「アニメ化」の文字。


ゆるキャン03


いわゆる「きらら」作品ということで、女子高生の登場人物がきゃっきゃうふふするわけですが、それだけでなく
、きちんとキャンプのハウツーものになっています。


ゆるキャン04 ゆるキャン05


あらすじとしては、ソロキャンパーの凛と出会ったことで、キャンプに興味が出て、ハマっていく、という話にな
ります。
また、登場人物が女子高生ということで、ありもので工夫する、という展開があって、キャンプ入門編として非常
にいいです。
高いですもんね、キャンプ道具……。


ゆるキャン06


オススメポイントはいろいろありますが、自分がこの漫画を読むきっかけになったのは独特な「陰」の表現。
キャンプなわけなので夜のシーンが多いわけですが、ベタだと画面が重くなる。そこで斜線が多様されます。


ゆるキャン07

ゆるキャン08


そうした表現での見開きは圧巻。


ゆるキャン09


あと、主人公のなでしこが実に「犬っぽい」んですが。


ゆるキャン10


作者も犬好きなのか、随所で犬が出てきます。犬、いいよね……わしわししたい。


ゆるキャン11 ゆるキャン12


あらすじをぜんぜん説明していませんが、だいたいの魅力は伝わったかと思います。
キャンプの魅力は登場人物が語ってくれます。


ゆるキャン13

ゆるキャン14


最後に。
アニメ化に際してとても気になっている点をひとつ。漫画を読まれている方もきっと気になっていると思う。


ゆるキャン15 ゆるキャン16
ゆるキャン17

\コンニチワ/
\おいす/
この表現、どうなるんでしょうね。


ちなみに、以前、店舗のtwitterでも紹介しています。まとめのほうですが、こちらもよろしければどうぞ
togetterまとめ→https://togetter.com/li/1006904

「ゆるキャン△」の通販ページはこちら→https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?
categoryCode=11&keyword=%E3%82%86%E3%82%8B%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3&shop=55&soldOut=0


(うめだ店/山本コウ)
  1. 2017/02/25(土) 10:59:06|
  2. うめだ店山本

面白い漫画を見つけるシンプルな方法




本日もよろしくお願いいたします。
うめだ店コミックスタッフの山本コウです。


現在書かせていただいている「麻雀漫画を紹介してみる」をちょっと休憩して、今回は文字ばかりのブログ記事を書かせていただきます。
ちなみに「麻雀漫画を紹介してみる」は現在4回書かせていただいています。今後もあと3~4作品は紹介したいと思っています。

↓↓今までの記事はこちらをご覧ください↓↓
麻雀漫画をオススメしてみる 第1回
麻雀漫画をオススメしてみる 第2回
麻雀漫画をオススメしてみる 第3回
麻雀漫画をオススメしてみる 第4回

さて。
それはともかく。
現在、うめだ店ではtwitterもやっていまして、そこでいろんな漫画も紹介させていただいています。

うめだ店少年コミックのtwitterはこちら→https://twitter.com/umdboy
twitterで紹介しているコミックスはこちら→https://togetter.com/id/umdboy

こういう仕事をしていてよく聞かれるのが「何か面白い漫画ないですか?」という質問です。
また、自分も面白い漫画を紹介したくてこの仕事をしている面が少なからずあります。8割くらい。
そんなわけで、今回は古本屋のスタッフとしてどういう視点で漫画を読んでいるのか、という話をしたいと思います。


超重要:とりあえず読む

大事なことに近道などあるわけもなく、一番のポイントはコツはひたすらに読み続けることです。
「読むだけなら特別な才能は必要ない」とひたすらページを繰っています。

ただし、時間もお金も有限な身の上、ある程度絞って読むことになります。


ポイント1:雑誌編(自分の担当全般に、広く薄く網をかける)

自分の趣味の分は別途読むとして、何はともあれ、自分の担当範囲です。
古本屋ではありますが、自分の担当は直近の少年・青年コミックスになります。となると、まずは現行コミックスの売れ筋を把握しなければいけません。
広く浅く、となるとやはり雑誌が一番です。
そこで、まずは雑誌を一通り読むことにします。

一通り、とはどれくらいか。

まずは週刊誌。
週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデー、週刊少年チャンピオン
ヤングマガジン、ヤングジャンプ、ビッグコミックスピリッツ、モーニング
週刊漫画ゴラク、週刊漫画Times
※これらは最低限押さえます。

次いで隔週刊誌
ヤングアニマル、ヤングガンガン、ヤングチャンピオン、漫画アクション、ヤングキング
グランドジャンプ、ビッグコミック、ビッグコミックスペリオール、ビッグコミックオリジナル
イブニング、近代麻雀
※ここまでは刊行形態で区分けして考え、好みによらず全て読むようにしています。

次いで、月刊誌/隔月刊誌/季刊誌です。
月刊誌は数が多いので、全部網羅は正直厳しい。なので、出版社ごとに旗艦誌を中心に、余裕があれば姉妹誌に手を伸ばしていくことにしています。

なので、まずは出版社をリストアップして、各出版社の出している月刊誌を1、乃至複数ピックアップして読むことになります。
これで、だいたい50誌くらいになります。

雑誌を読む際、正直ひとつひとつじっくり読んでいると読み切れないので、基本は流し読みになります。
その際に注意する点は以下。

・新連載(面白そうかどうか)
・単行本広告(出版社がどれくら推しているのか)
・読み切り、出張掲載(注目作、注目作家になりうるのか)
・アンケートは可能な限り答える(意外と当たります)

他、各ページには目を通すので、気になったコマなどがあると過去に遡ったりして読み返します。こうして流し読みだと気付かなかった面白さが分かる作品も多いです。


ポイント2:新刊コミックス編(気になるタイトルを精査する)

現在こそ、その形態が崩れつつありますが、日本のコミックスの多くは雑誌連載からのコミックス化、というのが基本的な流れになります。
なので、上記のように雑誌の連載の段階でチェックしておいたコミックスの1巻が出ると購入してじっくり読みます。雑誌で大方はチェックしているので、あまり外れを引くことはありません。
うめだ店のtwitterで紹介しているのは主にそうしたタイトルたちになります。
他、知らないタイトルの1巻、となると、読んでいない雑誌か、描き下ろしか、最近だとWEB連載からのコミックス化や同人誌からのコミックス化などもあります。ここらへんは基本的に表紙買い(勘)が多いです。イラストだけでなく、タイトルやあらすじや帯、作者の他の作品などが購入する際の参考になります。


ポイント3:ブログ編(趣味範囲外のタイトルをチェックする)

最近ではブログやtwitterなどで漫画の感想を書いているところは、それこそ星の数ほどあるので、お気に入りのサイトをいくつか見つけておきます。
その際注意することは、できるだけ自分の趣味と被らないようにする、ということです。
自分のアンテナにひっかからなかったタイトルを、面白く紹介している記事などがあると、改めて読みたくなります。そうやって知っているタイトルを増やしていきます。
とくに、まったく関係のない複数の筋から、同一タイトルが紹介されるなら、それはブレイクする兆し(あるいはすでにブレイクしている)と捉えることができます。


ポイント4:作者編(過去にさかのぼっていく)

新刊を追うのもいいですが、ウチはあくまで古本屋です。最新の漫画事情を追いつつ、過去にも手を伸ばしていきます。その際はやはり作家から追うことが多いです。気に入った作家の過去作、だけでなく、その作家のエッセイなどに手を伸ばすと、影響を受けた漫画、などの話がかならずといっていいほど出てきます。
そうしたものを読むことで、いろんな作品の目に見えない繋がりが分かるようになります。


ポイント5:お客様編(紹介してもらう)

まんだらけ、という場所はやはり大きなアドバンテージです。放っておいても漫画好きのお客様が来店されるのです。貴重な情報源です。忙しくなければ、漫画の話をしたいところです。ディープな話は、やはり直接お話してこそ知ることもできます。面白い漫画や裏話など教えていただければ嬉しいですね。


ポイント6:電子書籍編(まだまだ開拓中)

電子書籍は、まだまだ自分にとっては未開拓の地です。
各出版社の電子書籍サイトを中心にいろいろ読んでいるところですが、雑誌のようにたまたま目に入る、ということが少ないので、どうしても気に入った複数のタイトルに偏重しがちになるのが個人的問題点です。


以上、自分が面白い漫画を見つけるために注意・実行していること、でした。
電子書籍が本格的に普及してきて、漫画を読む形態や客層というものも変わってきています。とくに雑誌の売上減という話もここ数年いよいよのっぴきならないところまできていると聞きます。
そんな中でも、そんな中だからこそ、面白い漫画は、知られていないだけで沢山あるのです。今年も、このブログや、twitter、店頭などを通して広く紹介していければ、と思います。

こんな感じで社会人なのに漫画ばかり読んでいるスタッフですが、本年もおつきあい、よろしくお願いいたします。

(うめだ店/山本コウ)
  1. 2017/01/27(金) 11:00:11|
  2. うめだ店山本

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション