岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

きれいごとじゃない世界を見事に表現!




先日の皐月賞、アルアインの快勝も記憶に新しいこの頃ですが・・・
皐月賞が舞台の競馬漫画がコチラ。

講談社 原作:田原成貴 作画:本宮ひろ志  勝算

1705251.jpg
※こちらは文庫版の表紙です。小さい文字


原作、作画と相まって、リアル路線の競馬漫画に仕上がってます。

ストーリーの流れはコチラ。


1705252.jpg


落馬事故から毎度真剣に騎乗しているとは言えない、落ちぶれた騎手、北條。
この息子がさらわれます。(いともあっさりと)


1705253.jpg


犯人の要求は北條の乗り馬「マイホープを勝たせろ」ということ。
苦渋の決断、しかし無情な競馬会の決定と打ちひしがれる北條の妻。


1705254.jpg

ここから覚醒する北條。


1705255.jpg

1705256.jpg


そして皐月賞本番へ・・・。
と言う流れなんですが、目覚めた北條の気迫、熱さがさすがの本宮さん。
読者も手に汗握る表情です。

そして、この競馬漫画が他の漫画と一線を画すのは
競馬自体を一切美化することなく「薄汚い賭け」「一家離散を食らったやつもいる」「きれいごとじゃない」と
田原さんの競馬に対する見解も見て取れます。
今の競馬場は綺麗になり、ついに喫煙所はあれど全面禁煙。レース場の端にはお子さんが遊べる広場もあり
家族連れの光景などもはや当たり前。
しかし本質は公営といえどギャンブルなのだ・・・と、改めて感じさせられます。
競馬漫画は基本的には競馬が好きな人が読むのを前提にかつ知らない人に競馬の魅力を、といった漫画が多いのですが
こちらは騎手と騎手のやり取り、騎手の息子の誘拐と言う状況での競馬会側の決定、他にも端々にリアルさを感じ取れます。
これは元騎手である田原さんの経験が非常に濃く表れているコミックとなっています。
皐月賞のレース中の駆け引きもリアルそのもの。
結果を書いてしまっては面白くないので、気になっちゃった方は是非コミックをお買求めください。通販もあります!

そして小ネタ集。あえて画像だけ・・・!


1705257.jpg

1705258.jpg

1705259.jpg

17052510.jpg

17052511.jpg


競馬ファンの方にはお!?となる描写かもしれません。
騎手の名前もそうですが馬の名前も元ネタ探しするだけでも楽しくなりますね。
ほかにも本編にはリアルさを増すための沢山の小ネタがちりばめられていますので確認してみてください。

(グランドカオス/高井)



SAHRAでの通販はコチラ
勝算
本宮ひろ志
  1. 2017/05/25(木) 11:00:16|
  2. グランドカオス高井

犬だって、馬に乗ることもある。





本日のご紹介は、競馬漫画じゃないです。すみません!
でも馬が出てくるということでジャケットで選んでしまったこの作品。


170418_00001.jpg

1巻の表紙は普通にかっこいいのですが


170418_00002.jpg

!?
犬が馬に乗っている。目を疑いました。

ただこれは、高橋よしひろさんの作品。
もはや犬は、人。

コチラの作品の部台は戦国時代。


170418_00003.jpg

人間を超える犬って・・・もう犬畜生とは呼ばせない、眼光の強さがまぶしいです。


170418_00004.jpg

しかし主人公雅武、めちゃかっこいいです。
かっこいいし、本編でも馬に乗っちゃうんです。ただし一度きり。


牙忍は念力も使えます。強すぎます。


170418_00005.jpg

この念力の使いかも斬新ですが、正しい、というか、これで勝負付いてしまうのでは・・・。
このときは、一命を取り留めますが、なかなかのピンチでした。

ストーリーは王道で、読みやすく、もちろん過去のライバルも登場!!
べるもんど。名前がめっちゃキラキラネームです。


170418_00006.jpg

あの念力の使い手はこいつであった。が!


170418_00007.jpg

170418_00008.jpg


そんなのが効く雅武じゃない!もうなんなんだイケメンすぎる!!
そして80年代ジャンプ特有の

170418_00009.jpg

瞬殺&グロ描写!!まってました!


170418_00010.jpg

からの驚異的な生命力!が!!


170418_00011.jpg


イケメン・・・ただの暴力じゃあないんですね。

1巻だけでこの見所、というかもっと見て頂きたいシーンやセリフもあるのですが!
古い作品ならでは、高橋よしひろ作品ならではのよさがぎっしり詰まって全2巻!
全2巻・・・?
個人的には、敵や味方が死にすぎたのが原因では・・・?などと想像がめぐってしまいます。
ショッキングな展開もあり、いっぺん読んで見て頂きたい、な作品です。

(グランドカオス 高井)



SAHRAでの通販はコチラ
高橋よしひろ

甲冑の戦士雅武

  1. 2017/04/18(火) 11:00:08|
  2. グランドカオス高井

文明開化の蹄の音!




年も開けもう2月。早いものです。
決算だ、棚卸だ、冬休みが終わる!卒業式目前など年度の切り替えでばたばたと忙しい時期ですね。
年々、1年って早いなぁと感じるようになってきました。
ふと気付けば干支が一周しているというか・・・
時の流れは速いものです。
さて、4、5年ほど前だったかと思うのですが
JRAの広告で近代競馬150周年、という広告を見つけ、競馬の歴史の長さを改めて感じていたところにこういう漫画が連載されておりました。

リイド社 やまさき拓未 竜蹄の門


170204-1.jpg


元々時代劇が好きなのですが、競馬のことを取り上げる幕末ものなんて見たことが無く、つい手にとってしまいました。
偶然、バタヴィアという馬と主人公のたづなが出会うところから物語は始まります。


170204-2.jpg


元々日本には古式競馬である「競べ馬」という競技があり
バタヴィアとたづなはそこに出場します。


170204-3.jpg


服も和服でかっこいいですね。
本編では古式競馬についても解説が入りますので安心なのですが
古式競馬というのは相手をつかんだり落馬させても勝ち、という
はらはらするようなルールですがバタヴィア、強い。


170204-4.jpg

170204-5.jpg


公式記録はないようですが、きっとこんなレースにも出ていたでしょう。

後に時代は進み、186年からスタートの近代競馬にも出場。
コチラの内容は最終巻最終回の内容になりますが
それまでにもたづなは壮絶な試練を超えてきます。
銃で撃たれたりとか・・・。
さて、最終回は当時の近代競馬の様子が書かれています。


170204-6.jpg

170204-7.jpg

170204-8.jpg


コチラのコマなんて見開きでこの頭数・・・。
さすが、よく書かれている・・・と思わずため息が出ました。
最終回に出てくる馬の和は競馬漫画の中では一番多いかもしれません。
圧巻ですね。

バタヴィアが勝ったかどうかは本誌を購入していただいて
お客様の目で見ていただければ幸いですが
お時間あれは実在したバタヴィアについても調べてみてください。

SAHRAでの通販はコチラ
竜蹄の門
やまさき 拓味



  1. 2017/02/10(金) 11:00:07|
  2. グランドカオス高井

内容は気持ちがいいほどの王道、でもテーマは邪道という黄金比




有馬記念、金杯と年末年始も心が躍る時期ですね。
障害レースが好きな私は中山大障害でも盛り上がっておりました。
今年は一頭も怪我をせず無事終わっていいレースでした。

さて、数ある競馬漫画の中でずっと気になっていた漫画がありまして。
今回入荷があったのでこちらを紹介!

講談社 井上正治 JUMPMAN ~ふたりの大障害~


1612261.jpg


タイトルどおり、まさかの障害レースのコミックです。おそらく唯一のテーマではないでしょうか。
作画はマラソンマンで有名な井上正治さん。

大まかなストーリーとしては父と子、一丸となって大レースに挑んでいく、その前には
いくつもの壁があり、というドストレートなまでに王道なストーリー。

しかし、テーマは障害レース。
競馬ファンの中でも障害レース興味ナシ!なんて人が多いのに、と驚かされますね。
しかしここはマガジン、興味の無い人が読むのが前提と言うスタンスなのか、かなりすんなり読めてしまう作品に仕上がっています。

最初のシーンで主人公が障害レースを見るときもこの笑顔


1612262.jpg


このコマ!!これなんですよ!障害レースが好きな人は皆コレを声を大にして言いたいと思っているはず!
こういうコマから始まる競馬漫画、編集や、作者の方も難しいテーマなんだろうなと思ってしまいますね。

主人公の父親は以前落馬したときの傷を抱えていたり、長身のため減量に苦労している障害騎手。
しかしそんな父の勝利をいつだって信じている主人公。


1612263.jpg


しかし体は無常にも別の病気も発症してしまう父・・・病気を隠し「中山大障害」での勝利を誓います。


1612264.jpg


そして、レース当日、主人公の父が挑むレースも細かく説明が。


1612265.jpg

1612266.jpg


熱い中継!「踏み切って、ジャンプゥー!」と聞こえてきそうな勢いですね。

落馬寸前になりながらも、熱い気持ちで走り抜ける父


1612267.jpg


見事大障害の勝利を手にしたところで、第一部・完。

2部からは息子の競馬学校時代からスタートです。


1612268.jpg


競馬学校時代から天才の片鱗を見せ・・・


1612269.jpg


卒業後、中央競馬で才能が花咲きます。


16122610.jpg


しかし、挫折することも、あり。


16122611.jpg


こういった描写を熱くあき上げているのが、マラソンマンにも通じるところがありますね。

最終回は最後の目標のレース、グランドナショナル。
普通の競馬漫画では有馬記念やダービーが目標になることが多いのですが
コチラのまんがは障害レースの漫画ですから、目標もワールドワイドにグランドナショナルです。
グランドナショナルも、描写がダイナミックで、やさしい解説付き。

競馬にはまりたての人にも障害レース好きにもオススメの作品です。
古参のファンの方なら障害名馬・フジノオーも思い出しつつ読んでみてください!

SAHRAでの通販はこちら!
「JUMPMAN ~ふたりの大障害~ 」
マラソンマンや他にも名作そろい、通販ありますよ!
「井上正治」

(グランドカオス 高井)
  1. 2017/01/09(月) 11:00:50|
  2. グランドカオス高井

ドストレートに人情物語。ただし競馬場に限る。




今回はこちらのマンガを紹介。
小学館 ビッグコミックス 篠原とおる 「競馬情物語にっぽん競馬伝」



161123表紙


タイトル通り、競馬や競馬場での人情物語です。

競馬新聞の記者、馬主、騎手、学生・・・
様々な人が織りなす物語のオムニバス形式で、どこからでも読み始められます。
一つオススメの話をご紹介いたします。

1巻3話目「拾い屋」
当たり馬券を拾ってもらったことから飲みに行くことになり
話を聞いていると


161123画像1

161123画像2

161123画像3


こういった具合に拾い屋のおじさんにもこだわりがある。
やってること自体はグレーなことだけど、なにごとも
こう、こだわりを持った人はちょっとカッコよく見えますね。


161123画像4

まったり話が進むわけにもいかず話は急展開、消えたおじさんは結構な苦労人でした。


161123画像5

161123画像6

161123画像7

161123画像8


最後の最後にきちんと恩を返す、こういったドストレートな人情物語って
ここ最近のマンガではあまり見かけないものになってきましたよね。
全二巻、オムニバス形式、と読みやすい要素が揃っています。
心があったかくなる話も多いので、寒くなってきたこの頃にはお勧めです!
また秋競馬で財布の中身が寂しくなった方もこれを読んで落ち着いちゃいましょう。

SAHRAでの通販はこちら
「競馬情物語にっぽん競馬伝」

「篠原とおる」



(グランドカオス/高井)
  1. 2016/11/23(水) 11:00:12|
  2. グランドカオス高井

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション