岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

クモになって迷宮サバイバル!





170129-1.jpg


小説家になろう「蜘蛛ですが何か?」漫画版です。
一括りにいうと転生モノなのですが、転生モノって侮れないんです。面白いタイトルいっぱいあるんです。
「主人公はこういう能力や性格で、物語が始まりますよー」っていうだけの事なんです。
このタイトルの主人公は女子高生!不幸にも亡くなってしまい何に転生したかというと・・。


170129-2.jpg


モンスターに転生、しかも蜘蛛にって、なかなか無いです。
無数に生まれるクモの赤ちゃんの一匹として生まれて、生まれた瞬間から共食いが始まる。
かろうじて逃げるも、自分もお腹が減ってる。でも他に食べるものも無い。
元は人間だしその感覚まんまなのですが、生きるため、決意します。


170129-3.jpg


血縁を喰らい畜生道まっしぐらな蜘蛛子ちゃん(女子高生)!迷宮でのサバイバル・ライフが始まります。


170129-4.jpg


少しずつ要領を掴んで、段々慣れていく蜘蛛子ちゃん。


170129-5.jpg


クモから始まるサクセスストーリー。今は名前すらまだ無い蜘蛛子ちゃん。
迷宮を生き抜いた先には一体何があるのか。
読みやすい漫画版からでも、原作小説版からでもどちらの入り口からでもきっと楽しめます。


蜘蛛ですが何か?小説版


蜘蛛ですが何か?漫画版


名古屋店 飯田
  1. 2017/02/07(火) 11:00:07|
  2. 名古屋店飯田

名古屋のすべてがここにある!?





iida16-1.jpg

名古屋弁に特化したマンガが出た!こりゃ名古屋住まいの身としては紹介するしかない!
「八十亀ちゃんかんさつにっき」です。これを読めば名古屋のことがちょっとわかります。


iida16-2.jpg


まず納得しきったのがこれ。名古屋出身だと言う人はきっとこれに当てはまっています。私も。
そもそも愛知県って言っても愛媛県と間違われたりするみたいですし、
名古屋って言っときゃ間違いないんです、そうなんです。


iida16-3.jpg


この本を読むまで、「しゃびしゃび」が方言だとは知りませんでした。
試しに他の地方の方に使ってみたら、ホントに通じなくてびびりました。


iida16-4.jpg


名古屋の人はみんな知ってます。名古屋に観光地はありません。知ってました。
二度と訪れたくない都市No1は伊達ではありません。


iida16-5.jpg


他にも三重と岐阜の確執だったり、


iida16-6.jpg


スガキヤの話だったり、


iida16-7.jpg


小倉トーストの話だったりこれでもかってぐらい名古屋一色のマンガで、
しかもどれも真実。私が認めます。あんこは毎日食べます。味噌系も三日に一回は食べます。
第1巻とのことですので、今後にも期待大な八十亀ちゃん。
今後は名古屋走りとかも是非解説してほしいです!

八十亀ちゃんかんさつにっきはこちら


(名古屋店/飯田)
  1. 2016/12/25(日) 11:00:02|
  2. 名古屋店飯田

艦これ視点で読む水木しげるの「昭和史」




161115-1.jpg


艦これアーケードが稼動以来、ゲーセンに通う日々を送っている飯田です。
まんだらけ名古屋店がある大須はゲーセンが二つ。計12台稼動しており快適な艦アケライフを過ごしています。
歩いて1分ぐらいのところにあるので、出勤前だろうと退勤後だろうと、やろうと思えば昼休みでも艦娘を育てに行ける!

そしてプレイしているとふと思い出しました。「水木先生ってそういえば南方帰りだったような・・」と。
軽く調べてみると、信濃丸で戦地に送られ、雪風で帰ってきたとかいう話もあるとか。
今回紹介する昭和史文庫版第4巻「太平洋戦争前半」は水木先生が戦時に南方に送られたときのお話。
以前通して読んだ事はあったのですが、if入りまくりとはいえ艦これも史実をベースにしている部分も多いゲーム。
半端にでも戦時の知識や艦への愛着が湧いた状態で読む昭和史は以前とは別の面白さが見つけられました。


161115-2.jpg

南方へ送られる水木先生


161115-3.jpg
上陸予定だったガダルカナル島付近で第二次ソロモン海戦が起こり、待機。
第二次ソロモンって龍驤が沈んじゃう奴じゃないですかー!近くにいたんですか水木先生


161115-4.jpg
その後もルンガ沖夜戦や南太平洋海戦とか第3次ソロモン海戦など、艦これでも海域マップの元ネタになっている海戦が次々と起こり、時折ネズミ男が詳しく説明してくれます。


161115-5.jpg
まわりの海域で大きな海戦が幾度もある中、のんきな水木先生。日本軍はどんどん劣勢になっていきます


161115-6.jpg
パラオからラバウルへ移動中、敵の魚雷が命中する瞬間が見たかった水木先生


161115-7.jpg
ラバウルの一式陸攻に守られる水木先生


161115-8.jpg
6巻で大発に乗る水木先生


実体験ばかりなので説得力がすごいです。時系列順に分かりやすく何が起きてどうなって、その時水木先生は何をしていたのか・・・。
太平洋戦争はこの昭和史文庫版でも4~6巻で3冊にわたって詳しく描かれています。
もう一度、現代の日本に至るまでの過程、おさらいしてみるのもいいと思います!



昭和史はこちら


(名古屋/飯田)
  1. 2016/11/15(火) 10:43:02|
  2. 名古屋店飯田

「シブすぎ技術に男泣き!」




161007-1.jpg


タイトル直球!町工場のエンジニアたちの、シブすぎる技術に男泣きのマンガです。エンジニア向けの就職サイト「Tech総研」で現在も連載されており正にエンジニア達のあるある漫画。その分野にいないとわからない、職人達の知られざる世界がここにあります。


161007-2.jpg


筆者の見ル野栄司も半導体のエンジニア経験をもつ漫画家なので現場の生のエピソードも載りつつ、


161007-3.jpg


「穴開けひとつにも技術がやどる!ボール盤操作に男泣き!」


161007-4.jpg


この機械は売れないだろうと思いながら、作って完成させなければならなかったり、


161007-5.jpg


やっとの思いで完成しつつあった製品が世に出る前に、会社が倒産してしまたり。

ひたすら機械に向かい続け、ものづくり日本を支えてきたエンジニア達を追ったエッセイ漫画。シブい。

シブすぎ技術に男泣きの通販はこちら


(名古屋店/飯田)
  1. 2016/10/07(金) 10:54:25|
  2. 名古屋店飯田

それでも霊が見てみたい!




160824-1.jpg


夏はホラーだ!怪談!心霊スポット!
霊が見たくて仕方がないマンガ家が立ち上がったのがこのマンガ。
小野寺浩二と石黒正数が心霊スポットを巡る実録モノです。
実録モノだけに雑誌ヤングキングアワーズの作家さんや担当さん、編集さんがちょこちょこ登場する内輪ネタが読めるので、少年画報社好きにうれしい仕様になっています。
霊園とか、首塚とか、東尋坊とか名のあるスポットに真夜中突撃!


160824-2.jpg


ですが・・行けども行けども見れない。
同行してる担当さんたちだけ見たり感じたり怖がってるのに、
肝心の二人だけが見れない。
いくら真夜中の心霊スポットでも、おかしなテンションの男に霊は寄ってこない!


160824-3.jpg


160824-4.jpg


毎回何も見ずにグダグダになって帰宅ばかりなので、
しまいには編集長に言われてしまう一言。
この言葉のがよっぽど怖い。


160824-5.jpg


この人たちに霊が見える日が来るのか・・・きっと来ない。


160824-6.jpg


各巻石黒正数の描きおろしと、2巻には特別ゲスト・宮原るりが参戦したお話、そして宮原るりの描きおろしも載ってます。
そちらのファンの方も要チェックなタイトルです。


160824-7.jpg


ソレミテ それでも霊が見てみたい!はコチラ
http://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E3%82%BD%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%86&shop=55

小野寺浩二のマンガはコチラ
http://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%AF%BA%E6%B5%A9%E4%BA%8C&shop=55

石黒正数のマンガはコチラ
http://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E7%9F%B3%E9%BB%92%E6%AD%A3%E6%95%B0&shop=55

宮原るりのマンガはコチラ
http://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%AE%AE%E5%8E%9F%E3%82%8B%E3%82%8A&shop=55


(名古屋/飯田)
  1. 2016/08/24(水) 11:00:54|
  2. 名古屋店飯田

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション