岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

和製サイケデリック・トリップ漫画「地上最強の男 竜」を紹介する時がきた!





画像060801

サンコミック版全2巻


画像060802

角川書店版


画像060803

双葉社版。巻頭カラー8P描き下ろし有


画像060804

カバーを裏返すとポスター風の一枚絵が開帳(見切れてます)

漫画の世界には度々魅力的な「仮面」が登場します。「北斗の拳」のジャギ、「スケバン刑事」の鉄仮面、「ベルセルク」グリフィスなど探せばまだまだ出てきそう。
風忍「地上最強の男 竜」の主人公・雷音竜(らいおんりゅう)の被っている仮面は、その中でも最高にクールでイカしてるデザインでプロレスマスクにして名のあるレスラーに被ってもらいたい位です 。

風忍はダイナミックプロで永井豪のアシスタントを経て70年にギャグ漫画「百円病院」でデビュー。のちにフランスの作家フィリップ・ドリュイエ「ローン・スローン」に触れる事によりサイケデリックな色彩感覚やコマ割り、複雑に入り組んだメカニックデザインなど強く影響を受け三頭身のギャグマンガからガラッと変化しています。(鈴木清順やブルースリーにも影響を受けたとも)それと永井豪的なキャラデザと日本的な仏像とガンマニアとして知られるほど執拗な銃の書き込みがストーリーの破茶滅茶さと絵のインパクトが相まって、読者に強大な衝撃や理解不能な印象を与えます。


画像060805 画像060806

フィリップ・ドリュイエ「ローン・スローン」
通販はコチラ


画像060807


冒頭からコレ。自分で「地上最強の男」と言っちゃってます。実に分かりやすい。
全方位に向けられた銃が不穏な空気を醸し出しています。
雷音竜は強すぎるがゆえ命を狙われる存在なのです。しかもスケールがデカイ!
アメリカのFBI、イギリス、ドイツ、フランス、中国、ソ連、地上には名だたる国の刺客たち、空にはジェット機が…一体何をやらかせばこんだけの人に命を狙われるのでしょうか。しかもよく見ると高倉健ばりの昭和残俠伝風の男や舘ひろし似のバードボイルドなど国内の凄腕にも狙われているのが分かります。


画像060808

このマンガのキャチコピーとも呼べる 「どんなやつがきても0.2秒であの世へおくることができる」は男なら一度は言ってみたいセリフ。(上半身裸のスパッツ姿で、銃撃されまっくて逃げながら言うセリフではないですが…)

「武器はもたないカラテだ!」
やっぱりカラテが最強なんですね。まず「最強」を目指すなら回り道せず空手を習いに行く事をオススメします。


画像060809

〜羅城門空手〜
竜は強すぎるがゆえ、力をなくす念をかけた例のイカした仮面を付ける事を師匠(先生)に命じられます。そして羅城門空手は破門。

きっかけは一つの事件が原因なのです。


画像060810 画像060811

〜全日本空手大会〜
優勝候補の加山五段との対戦。加山は大ヒット曲「パタパタ パパ」の歌手二階堂の婚約者。曲名はさておき嫌な予感がします…

無意識に手が出てしまい(体への直接あては反則行為)失格する竜。


画像060812

竜が会場を去った後、加山の額から血が、何故か蝿が傷口に止まると…


画像060813

竜から打撃をくらった箇所が時間差で(北斗の拳の秘孔みたいなヤツ)飛散して無残な姿に。それ以来、自分でも制御できない強すぎる力を恐れ苦悩する竜。

そんな竜にも妹がいます。
父と母を亡くし、親戚に家(豪邸)を乗っ取られ奴隷のようにこき使われる妹。
居場所を無くし、身を潜める為5年ぶりに帰ってきた家には秘密の地下室があるのです。


画像060814

予知能力を持った父が作った地下室。
竜の未来を予見した設定らしいが、近未来感がハンパなく、ドリュイエの血が風忍に混じりあった時に起こった化学反応がスパークしたかの様な奇跡のデザインだ。


画像060815

そこに現れたのは、羅城門空手の師匠と、かつて婚約者を竜に爆死させられ身なりが180度変化した元人気歌手の二階堂の姿が!


画像060816

酷い言われよう。それにしても二階堂が「その変な機械」って言っちゃてますね。

そして、復讐の鬼と化した二階堂と師匠のコンビVS竜の壮絶な戦いがはじまります。
冒頭の50ページを紹介するだけでも、この情報量。省いてる箇所があるとはいえ突っ込みどころ満載なのも、この漫画の魅力の一つです。

後半のイカれぷっりがまた凄まじいです。駆け足感は否めませんが絵ありきでご紹介。


画像060817

マシンとマインドが融合したコマ。少年マンガというよりかは、プログレッシブロックやスペースロックのジャケットのようです。


画像060818

仏像が空を飛びます。


画像060819

世界中の仏像が圧巻の揃い踏み。
そして、竜を殺すため、竜の元師匠はとんでもない男(!?)を復活させてしまいます。


画像060820

イエス・キリストなのでした。
更にキリストは神のパワーで2人の男を復活させます。


画像060821

宮本武蔵 と ブルース・リー なのでした。
宮本武蔵は「刃牙道」でも主役はってますし、「バガボンド」でも獣じみた強さを見せており、魔界転生させたい人、国内人気ナンバー1かと思います。ブルース・リーは連載当時、風忍が映画から影響を受け、多少無理くり感は否めませんがカンフー漫画を描きたいとねじ込んだ節があります。
ですが、この2人が並ぶと異様です。


最後に 〜こんなお見舞いは嫌だ〜 をご紹介。
師匠との死闘で入院した竜の所へ、キリスト・武蔵・リーが(暴力的や意味の)病院にお見舞いに来るのです。


画像060822

「面会謝絶」の場に「銃刀法違反」の嫌な響きが!


画像060823

ヌンチャク、日本刀を持ってポーズ、決まってます。

果たして竜の運命や如何に!

このマンガは最初の段階ではギャグマンガとして描かれたそうですが、永井豪や編集の意見によりシリアスなストーリーに変更されたそうです。
そして、最初の設定では竜と空手の師匠(道教)はホモ関係だったとも!!
しかし、決してギャグマンガではないのです。

そして衝撃的で伝説となったラストはあえて触れませんが、
1977年「週刊少年マガジン」にて連載スタートし、連載開始の掲載号(77年1号)にふくしま政美「聖マッスル」の最終話が載っているのが、混沌とした時代が伺えます。
こんなマンガが少年誌でしかも週刊連載していたなんて凄すぎます。


画像060824

のちに、富士見書房「ドラゴンHG」というマンガ雑誌で「新地上最強の男 竜」を
描き下ろしますが、単行本未収録ですので併せて雑誌の講読もオススメします。
よりディープでサイケデリックな世界が楽しめます。




風忍作品の通販はこちら

札幌店田村
  1. 2017/06/07(水) 10:48:10|
  2. 札幌店田村

森雅之作品集「僕の金魚」5月3日発売に際して




170502-1.jpg

※実際の表紙とは異なります※

ちょうど良いタイミングで(このブログが公開される)明日5月3日より、まんだらけ出版より森雅之作品集「僕の金魚」が発売されます。詳細は以下ページをご覧ください。
https://mandarake.co.jp/publish/bokunokingyo/index.html

予約が盛況であり、当日は大まん祭会場(中野サンプラザ13F)と札幌店のみの販売となっております。残り部数が僅少となります。必ず手に入れたい方は会場でお買い求めください。
なお当日は、札幌店イベントホールにてゲストに森先生を迎えトークイベントも行います。入場料無料となっておりますのでお気軽にお立ち寄りください。

詳細はこちら
http://www.mandarake.co.jp/content/gw2017/spr/425.html

そして、札幌店では「僕の金魚」原画展示も併せて行っております。以前、年刊誌「怪奇」創刊号の発売時期に原画展示(森先生作品も含む)をしましたが、今回はショーケース1基丸ごと森雅之作品で埋め尽くしております。
トークイベントもそうですが、当店で原画展示が出来るとは夢にも思いませんでした。
展示期間は5/9まで。
見に来られない方の為に、雰囲気だけでも写真で感じとって下さい。

170502-2.jpg

170502-3.jpg

170502-4.jpg

170502-5.jpg

170502-6.jpg



生で見られるのは、この機会を逃すともう無いかもしれません。印刷された単行本で見るのと、生原稿ではワケが違います。目に焼きつけてほしい位です。

「僕の金魚」は学習誌「がくゆう」に85年~93年に8年間(途中2年休みあり)連載された6作と表題作含め3作が93.94年に「コミックFantasy」掲載、全9作からなる作品集になります。中でも表題作の「金魚」を含め、「ゆーびんねずみのものがたり」「のらねこマンボ」「おさる物語」「口笛ペンギン」など愛らしい動物たちが主人公の作品が多く、児童向けに描かれたマンガ作品とはいえ年齢を問わずに楽しめ心癒される作品群となっています。
それは、いつの時代も少年・少女たちの思春期の心模様を安定した絵柄と作風で描き続けているからこそ、幅広い層に支持されているのだと思います。

森雅之先生は画業40周年でデビュー作が漫画雑誌「漫波」(『ぱふ』の前身雑誌)で76年掲載の「写真物語」になります。
今回は「僕の金魚」が発売前なのでデビュー作含め初期作品集がキラキラと輝く「夜と薔薇」を紹介します。(写真物語収録)


170502-7.jpg


この作品集は「清彗社」から79年に発行され、90年に「ふゅーじょんぷろだくと」より新装版、03年に同社から再新装版の3種類が存在します。表紙の画像は再新装版になります。


170502-8.jpg


この作品集で特にわたしが好きな「ゆうれい」を紹介します。


170502-9.jpg

170502-10.jpg


役所に勤務する男性。タイプライターを打ち込み、小言を入れつつ仕事を終えます。

ビアガーデンで中ジョッキを頼み、一杯。
いつもの夏の一日です。

ある日、仕事の帰り道、車にはねられ死んじゃいます。


170502-11.jpg


日が暮れると、死んだはずの場所に立っている彼氏。何かの間違いかと思い、自分で病院に自分の安否確認をするのです。


170502-12.jpg


自分の死体を見て、途方に暮れて歩いていると出産の現場に遭遇したりして…


170502-13.jpg


再び、いつもの役所に戻り、タイプライター
で先ほど打ち込んだ数字の修正をします。


170502-14.jpg


そしてビアガーデンにて…
今度は大ジョッキを注文。さて結末は。。
(ほぼ見せちゃいましたが…)

この単調なリズムとコマ割りが主人公の動きや内面を上手く表現しており、多少悲壮感はあるものの、楽天的な考えや優しさが溢れていて、死んでしまったけど妙に明るい。
周りは「おばけ」なのに普通に見えて会話しているのが奇妙だし、まるでリピート再生したかの様に繰り返される日常が微笑ましい。
森雅之作品内でも個人的に奇妙な一編だと思います。


170502-15.jpg


他にも、やっぱりはずせない「写真物語」や
聖なる夜の可愛らしい子どもたちを描いた「もろびとこぞりて」など何度も繰り返し読み返したくなる愛着の湧く作品集となっております。

ほとんど「僕の金魚」の宣伝になってしまいましたが過去作も通販で一部購入(売切れもありますが…)できますので、まだ触れた事がない方はご覧になってほしいです。

森雅之作品の通販はこちらから



担当、札幌店田村
※トークイベントの司会やります。
  1. 2017/05/02(火) 09:00:01|
  2. 札幌店田村

ジミヘンの謎の死に対するアンサー漫画「ハデー・ヘンドリックス物語」




0209-1.jpg


ジミ・ヘンドリックスといえば1970年に若くして逝った超絶技巧のギタリストですが、その死因は謎に包まれ(オーバードースが有力)不可解な部分が多く、真相ははっきりとしていません。そんな、偉大なるギタリスト、ジミヘンの死に対するアンサー漫画とも呼べる作品が、漫F画太郎「ハデー・ヘンドリックス物語」(略してハデヘン)なのです。
発行が2002年、ジミヘンの突然死から約30年以上の時を経て日本の漫画家が答えを導き出しました。

そんな、ハデヘンですが温水洋一主演で映画化されており、見た方も多いと予想してあえて紹介はここまで。
「これは まだロックがいかがわしい音楽とされていた時代のお話しです…」
から始まる短編でしてロックの真髄を描ききった数少ない漫画だと個人的に強く思います。

さて今回、紹介するのは映画化不可能な方の短編、同タイトルに収録の「裸一貫」です。(ネタバレ有り)


0209-2.jpg


「これは まだ女性の性器が秘密の花園と呼ばれていた時代のお話しです…」
冒頭、ハデヘンと同じくだり。良い意味で「最悪」の予感。


-ざっとあらすじ-(っていうか、ほぼ全内容)



じーさんとおばーちゃんと孫。(家庭環境が少し気になります)
じーさんの誕生会。仲睦まじく微笑ましい光景です。
ケーキのロウソクの火が消せないじーさんにヤキモキするおばーちゃん、放屁で火を消そうとすると屁のガスが引火して大爆発が起こります。そしてじーさんが絶命し、残された二人は家無し&裸になってしまいます。
まさしく【裸一貫】になるのですが、おばーちゃんはストリップで稼ぐ決意をします。
そして孫の太郎に中学校に行って、客引きをして来いと指示。そこには「秘密の花園」を見たくてしょーがない年頃の学生がいるはずだと!


0209-3.jpg


いました!
鬼頭万吉(14歳)
まさに名前のとおりの鬼頭。
前に紹介した、ふくしま政美「超劇画 聖徳太子」の醜男に造形が似ています。


0209-4.jpg


近くでシンナー吸ってラリってたジョージに殴られる万吉。(うるさいので)
そこに、裸んぼうの太郎がやってきて怪しまれつつも、秘密の花園が見れるストリップ小屋に誘います。
そこに、生活指導の先生が更に現れ、裸の太郎を見て「きさまらーまた、いじめてたなー」と言って持っている竹刀で体罰の嵐。


0209-5.jpg0209-6.jpg


仲裁に入る太郎。先生は聞いちゃくれません。そこでストリップに行きたいので抵抗する万吉。殴る教師。万吉のストリップ行きを手助けする不良たちの反抗で血みどろの様相を呈します。


0209-7.jpg


満身創痍の万吉を引きずり、おばーちゃんの待つストリップ小屋へ到着。
が、おばーちゃんは野糞中でした!

後ろには、秘密の花園を見ようとしている未成年を止めようと追ってくる教師。
糞が出なくて苛立つおばーちゃん。
早く秘密の花園を見たい万吉。

この超展開とスピード感は、あの宮崎駿の「天空の城ラピュタ」で宙吊りになったパズーが、塔から飛び降りたシータをキャッチする、あの名シーンに匹敵するワクワク感が得られます。


0209-8.jpg

ついに!秘密の花園にご対面!


0209-9.jpg

この万吉の表情が何より、好きです。

っと、ほとんど説明しちゃいましたが、ラストは買って読んで見て下さい。


0209-10.jpg0209-11.jpg



他にも異色の近未来を描いた「ゲーハーの時代」、周防正行と草刈民代夫婦に対するオマージュ作品「Shall we ババァ」など短編5話+おまけ1話で単行本のバランスがとても良し☆
個人的には画太郎'sベストで推したい作品でした。





漫画太郎作品の通販はこちらから。



札幌店 田村
  1. 2017/03/26(日) 11:00:52|
  2. 札幌店田村

生き物を飼うということ




画像170109-1

犬を飼う 谷口ジロー



子供の頃に犬を飼いたいと強く願い、小学生のある時、我が家に突如として現れた犬は予想に反して可愛くなくて愛着が持てずに全然嬉しくなかった思い出があります。

親戚が新しい犬を飼いだしたので、前任の犬は用済みとなり(ヒドい)、ウチの父親が嫌々引き取る事になったという経緯から犬を飼う事になり、それまで幼心に抱いた「犬を飼いたい」という夢が脆くも潰えた瞬間でした。
種類は成犬で雑種、ブルドッグみたいな顔をしたヤツで、この種でよくある「ブサ可愛い」の可愛いが1ミリもない面構えをしており、挙句の果てに名前が「ナヌク」という
、何でそんな名前付けたの??と頭にクエッションマークが100個位浮かび上がるくらい謎多きネーミングセンスに悶絶の嵐が吹き荒れました。

犬を飼う楽しみって、その犬の特長やその時の季節や場所だったり、好きなキャラクターや人名からインスピレーションを受けたりしてなるべく可愛い名前を考えてあげるのが愛着を持つ一つの要因だと思います。

それが最初から名前が決まっていて「ナヌク」って知らされた日には思考を停止する他ありません。結局名前の由来は聞けずじまいですが、「何食わぬ顔 ナニクワヌカオ」(実際そんな顔してた)から「ナヌク」だと勝手に解釈しています。もしそれが正解だとしても酷いですね。

そんなナヌクも小学生の頃にやって来て、犬なのに糖尿病になったり、散歩の序盤で息を切らし腹を地面に付けて拒否したり、釣ってきた川魚を生のままエサとして貰ったり(もちろん食わない)、頭を触られるのを異様に嫌がったり、お菓子を地面に埋めたけど場所が分からなくなったりと思い出は尽きません。
あれから、なんやかんやで10年近く生きてくれました。ありがとう。
っと…我が家のどーでもいい話を長々すいません。

で、谷口ジロー「犬を飼う」です。
この本は原作付きが多い谷口ジロー作品の中でもピンでクレジットされているモノで言わば、ノンフィクションに近い実話が描かれています。
犬に川魚(一匹そのまま(生))をエサとしてあげる(私の仕業です)ような酷い話など無く、高尚な人間とペットの愛ある物語です。
ちなみに犬に川魚(生)を食わすのは御法度のようで命に関わることになるのでヤメましょう!

物語は15歳でこの世を去る愛犬の最後の一年間に焦点を当てて描かれています。
チラッと画像付きで解説します。
※主人(谷口ジロー)が「孤独のグルメ」の井之頭五郎に似ておりますがメシは食いません※


画像170109-2


河原で遊ぶ犬を見守る谷口夫妻。犬の足は弱りはじめており、おぼつかない。
二人は複雑な心境だというのが痛い程伝わってくる。


画像170109-3


どんどん老化していき、散歩も人の手を借りなければならない状態。「犬にとって食事の次に楽しみなのが散歩だ」とあるが、自由に歩けない姿を見るのは辛い。


画像170109-4


そんな、お互いにとって辛い日常にひと息つく瞬間がある。

あとがきでこの作品が出来上がる経緯を作者自身の言葉で書かれてますが、
「子犬の頃から死ぬまでの長編になる物語を考えていたのですが、読切となるとそうもいきません」
-中略-
「もう少しゆとりの感じさせるコマも必要だったのではないかと後悔しています。」とありますが、この主人と犬がブロック塀近くでひと息つく1ページに全てが凝縮されていると感じます。

そして、悲しい時がやってきます。
生き物を飼うというのは死ぬまで面倒を見る事。簡単で単純ではありません。
この短編42ページでよく分かります。


画像170109-5


次ページは…
「そして…猫を飼う」
あらら、次は猫ちゃん飼うんですね。

と、谷口家に新たな飼うシリーズが始まります。
このお話はここで紹介しませんが、決っして犬が死んじゃったから、次は猫を飼おうという能天気なモノではなく、犬を亡くし傷心の夫婦が、ある日貰い手がいない猫を連れて帰ってきて飼う決心をする心優しき物語です。

あの日ナヌクを連れてきたウチの親父も同じ心境だったのでしょうか。
何にせよ、今でも犬を飼うという夢を諦めきれないでいる担当田村でした。
ちなみに「犬を飼う」の犬の名前は「タムタム」で夫妻に「タム」と呼ばれています。
私も両方同じ呼び名で職場で呼ばれているので複雑な心境でした。

谷口ジロー作品の通販はこちら
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%BC

札幌店 田村
  1. 2017/01/19(木) 11:00:27|
  2. 札幌店田村

根底に流れる兄弟愛。金と銀に光輝くむさ苦しい漫画。




いましろたかし「新釣れんボーイ」単行本出ましたね!
前作から約15年の時を経ての新連載と単行本の発売!
出版元のエンターブレイン(eb)の懐の深さに敬意を評したいです。
ですが、いましろさんのツィッターで「1巻と表示はしない。何故なら売れなかった場合2巻がでないから」との事。売れたら「続 新釣れんボーイ」として出されるそうです。みんな買いましょう。
それと、来年2月頃には未収録含む「ぼくトンちゃん」の完全版が発売されるとの事。(これは超絶嬉しい!)
そして現在、いましろたかし企画・原案で、ドラマ「そのおこだわり私にもくれよ」でキスシーンを見せた漫画家大橋裕之が初主演の異色映画「あなたを待っています」の制作と話題に事欠きません。

で、久々に「むさ苦しい男たちの漫画」を紹介しちゃいます。ebから2000年に完全版として発行された「平成地獄ブラザーズ ハード・コア」作者は勿論いましろたかしで原作は狩撫麻礼の黄金コンビ。


1130-1.jpg


物語は、権藤右近(兄)権藤左近(弟)の兄弟が主軸になります。


1130-2.jpg 1130-3.jpg


どこかで見た事ありますね。過去に紹介した「初期のいましろたかし」に登場する兄弟まんまなのです。こちら!


1130-4.jpg
                    「初期のいましろたかし」より


読んでいない方はこちらから
http://iwainohondana.blog85.fc2.com/blog-entry-216.html


エリートの弟とは、対照的なむさ苦しい兄。
相変わらず社会に馴染めずに行き場のない怒りや性欲に日々悶々としています。
この「ハードコア」前半部だけ読めば初期のいましろワールド全開でそれだけでも楽しめますが、原作者が「越境する魂の探求者」狩撫麻礼が描いているのだから一筋縄ではいきません。
後半部はネタバレになるので触れませんが、前半部をちょろっと。

ざっとあらすじ…
社会に適合できない権藤右近を毎月親の命で監察するエリートの弟、左近。
右近は、廃工場に住む知恵遅れの牛山を友達とし、埋蔵金を掘るアルバイトに従事していた。

上巻3話目「夜に誘われて」
 
9月の暑い日に牛山の居る廃工場に右近が冷えた缶ビールを持って訪れます。
二人で飲んでいると牛山がおもむろに「オンナ…」と呟きリュックサックから
風俗(デリヘル)のビラを取り出し右近に見せます。「システムをわかっているのか?」との
問いにサッポロ一番塩ラーメンとおもしき空袋からジャラ銭を広げ始めます。
ジャスト2万円!金はある!!しかし右近は牛山に「おまえセックスしたことあんのか?」


1130-5.jpg
                         虚しすぎる!


右近は牛山のピュアな部分を敬愛しており、友として何とかしてやりたい気持ちで、
自宅をデリヘル用に使えと提供するのです。


1130-6.jpg
      電話で予約を入れて部屋を片付けて、布団を敷いて枕元にティッシュ箱とコーラ2本をセット!用意は万端!!



右近は心配なので押し入れに身を隠して待機。
時間が来てついにデリヘル嬢がドアをノックします。緊張の牛山とそれを暗がりで見守る右近。


1130-7.jpg


これはもう嬢(じょう)とは1mmも呼べないババァが来てしましました。
部屋に入るなり、嫌味を言いタバコを吸いだすババァ。前金制だと金を先に要求し、
例のごとく、サッポロ一番塩ラーメンの空袋から小銭をジャラジャラ出すと、ババアは
「数えるの大変じゃん万札ないのぉ?」と怒り狂いながらもしっかり数えはじめます。
それでも欲情してしまう悲しい牛山。ババアの尻を触ろうとしたら「焦るんじゃないないよ」
とタバコの煙を顔面に吹き付けられます。
しまいには「あんた年いくつ?」などと説教しだして見え見えな時間稼ぎをして(牛山にはわからない)便所に行くと言ってプレイをせず逃げようとするババア。
居てもたってもいられず押し入れに身を隠していた右近が飛び出しババアに問い詰めます。
「てめえこそ年はいくつだ!!」
集金したジャラ銭が部屋中に飛散して象のような重くて鈍い足音をたてババアは逃走していきます。

そんな虚しい夜。(この後も右近は牛山に筆おろしをさせたくて色々奮闘します)
牛山の寝床の廃工場近くから猫の鳴き声が聞こえてきます。
「猫の集会」と牛山は言い、かぶり物を右近に被るよう指示出しして集会場に向かいます。


1130-8.jpg


そこには数十匹の猫たちの大合唱が。それを見て微笑む牛山と牛山を見てまたも
「不憫なヤツ」と涙ぐむ右近。
なんかこの最後の詩的なシーンに繋がるこの回が好きです。という事を伝えたくて長々説明
しました。

他にも、怒りっぽい兄右近と常識人でエリートの弟左近の殴り合いだとか、牛山が歯が痛くて
左近(弟)から保険証を借りて歯医者に行く話などどれも面白い。
でも、上巻後半から下巻にかけてのスピード感や緊張感は圧巻で前半は言ってみれば、
いましろワールド全開ですが、後半部からそれに狩撫ワールドが加わり急転直下の展開を見せて
くれます。
またこの二人のタッグの新作を見てみたい。できれば説教臭くないやつを!


いましろたかし作品の通販
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%97

大橋裕之作品の通販
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%A4%A7%E6%A9%8B%E8%A3%95%E4%B9%8B

清野とおる作品の通販
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E6%B8%85%E9%87%8E%E3%81%A8%E3%81%8A%E3%82%8B


担当・札幌店田村
  1. 2016/12/08(木) 11:00:54|
  2. 札幌店田村

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション