岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

百合のブームを支えた「信頼」できる百合ラブコメ




百合的に割とおいしかった2016年、2017年もたくさんの百合に出会えることを期待して…!
ちょーっと懐かしめなこちら

17113-1.jpg

『ストロベリーシェイク(新装版)』


冬コミで林家先生がストシェ本を出されたので久々に引っ張り出してきたらやっぱ大変よかった!ただ実は冬コミ本入手できていないのが悔しい…!
ストシェといえば百合姫・・・どころか前身の百合姉妹創刊号から百合界を引っ張ってきた作品!個人的にはレジェンド!もうあまり語る部分も残ってないと思うのでサラっとおさらいがてら。

人気アイドルの樹里亜さん、事務所がつれてきた新人アイドル蘭さんにひとめぼれ。
蘭さんにきゅんきゅんする度に変態的反応をみせてくれます。


17113-2.jpg

17113-3.jpg

17113-4.jpg


蘭さんは蘭さんで無自覚なもののしっかり樹里亜さんのこと好きなんですよね。
でもアンジャッシュ…


17113-5.jpg

17113-6.jpg


まわりの人たちもいいんです。
美容師の薫さん、同期アイドルの春菜ちゃん、カメラマンの世良さん


17113-7.jpg


そして…ZLAY!!!!

17113-8.jpg



少年探偵の行くところ行くところ事件が起こるように、集まる集まる同じ嗜好の者タチ。


17113-9.jpg

男子はお呼びでない。


17113-10.jpg

至言ですね。


17113-11.jpg

ヘタレがんばる。


自分の話をしてしまえば、「複数交際(3人からが百合)」や「レズ不倫(直球)」もイケる口なのですが、ここのカップルたちはまあ一途なこと!お話上試練はあるんですが、「こんなん絶対付き合うじゃん」という安心感というか圧倒的な「信頼」を感じるのです。
この「信頼」は百合を読む上で大事だと思うのです…。そもそも掲載誌が百合雑誌じゃんなんて言ってくれるな。
アイカツ!とかに比べてアイドルアイドルしているわけではないんですが、アイドル百合好きな方には是非読んでほしい!あとは社会人百合!そして年の差!
こう書き連ねてみるとなかなかの性癖カバー率。
出会いとか付き合う前とか、付き合ってからとか、色々な感情があるのが最高。
テンポのいいギャグもあいまってとても気持ちよく読めます、是非!



渋谷店 田名部
  1. 2017/01/23(月) 10:36:21|
  2. 渋谷店田名部

ギャルと地味子の契約




もう長いこと二次元アイドルを追っかけてます。最初はアイマスだけでしたがアイマス自体シンデレラやミリオンなどどんどん派生していきました。
近年はアイカツ!とプリパラにもまんまとハマってしまい、非実在美少女同士が裏では親密に交際しているのを眺めています。
アイドルといえば平尾アウリ先生の『推しが武道館いってくれたら死ぬ』も当然はずせませんね。顔のいい女性アイドル同士の交際はやはり最高なんですよね。『
ストロベリーシェイク』とかね!

さて、最近かわいいなあーと思ったのがこちらです。

1204-1.jpg

『ギャルとオタクはわかりあえない。』

クラスではいわゆる「ギャル」に属されるまりあちゃんが隠している秘密は、萌え系アイドルTENちゃんの大ファンだということ。


1204-2.jpg
                        楽しそうね。


1204-3.jpg
                     即バレ。ギャルがチョロいという風潮…


そしてバレた相手が…推し本人!クラスメイトの地味子・音無さん!


1204-4.jpg


なんやかんやあってTENちゃんライブの楽屋裏・・・


1204-5.jpg
                        音無さん・・・!


1204-6.jpg
                     契約って、百合なんですよ。



どっちかというとまりあちゃんがギャルでありオタクでもありますよね。表紙時点では
黒髪の子(音無さん)がオタクかと思いましたけど。もこっちみたいな見た目だから?(もこっちゴメン)
まりあちゃんがガチ恋勢になる日もそう遠くはない!と思わせといて、ガチ恋はTENちゃん→まりあちゃんかな?


1204-7.jpg


こういったファン→アイドルものでは「自分だけがプライベートも知ってる」という優越感や、アイドル側としては「素でいられる」とか、
いろんな感情があって大変良いです。
まりあちゃんには是非他ファンにマウントとってほしいですけど、いい子なので正体バラさないしそれはなさそう。
こないだのアニメ・アイカツスターズ!も中1のアイドルをリスペクトする高校生ギャルの話でしたし、
ホント顔のいいアイドルと顔のいいアイドルを推す顔のいい女性は最高。
あと最後に言うことじゃないけど・・・


ボイ系もでてきますよ!(ちょっと)

---------------------
渋谷店 田名部
  1. 2016/12/11(日) 11:00:52|
  2. 渋谷店田名部

イケタチDJ百合太郎




夏はアイカツ!とアイカツスターズ!とプリパラだけで過ごしました。
特に劇場版アイカツスターズ!は控えめに言って最高でした。なんじゃあれは・・・なんべんでも観たい・・・
とアイドルたちの百合にどっぷり漬かった夏もアイスタ21話で冷水ぶっかけられて現実に引き戻されそうになり、
と思ったら22話でやっぱりゆめロラ(同性愛者的な表現ではない)最高!となって夏再びといったところ。

少し落ち着いて今回は大人の、夜の世界をピックアップ。
小学館 西尾雄太 『アフターアワーズ』

160920画像1



西尾雄太先生はSTAGの名義でDJのジャケットやアーティストのアートワークなども手掛ける、
イラストレーター兼業の作家さんです。

友人に連れられ気乗りしないままに来たクラブで不思議なおねえさん。ケイと出逢うエミ。
クラブの雰囲気になじめなかったエミを、ケイが外に引っ張り出してくれます。
外で飲みなおそうと言って出るのですが、なんと行先はケイさんの部屋!そこでレコードと出逢うのですが、
24歳無職・やりたいこと特に無しだった彼女が変わり始めるきっかけとなります。
「ケイちゃんは、わたしのほしい言葉をぜんぶ知ってるみたい」


160920画像2


エモい。


160920画像3

160920画像4

160920画像5


知らずに体が熱くなっていてどちらからともなくちゅーするのホント最高。

ケイちゃんと仲良くしてたらVJ(ビデオジョッキー/ビジュアルジョッキー)やることになっちゃいました(唐突)。


160920画像6


エミは「フツーに学校出て、フツーに失敗して」「トクベツじゃない」ことが面白くないと思っていて、
やりたいことがなかったのもコンプレックスだったのですが、誰かに歓迎され、心からやりたいと思えることが見つかっていきます。


160920画像7


160920画像8


百合なんですけど、あえて百合というまでもない、当然のように惹かれあってるのがすてき・・・というかうらやましい!

あともうひとつ!最高と思ったのが空気感!


160920画像10160920画像9


朝までまわして踊って飲んで、の冷たい明け方の景色・空気が本当に心地いいです。
さんざん騒いだあとの静謐、そこで感じる寂しさとも充足感とも取れる感情。
これからも何かが起こりそうな予感。一緒に分かち合いたい。


160920画像11


そして上の見開きのコマの場所は渋谷センター街ですね。当店の近くでございます!

最後になりますが、実は2巻の刊行が遅れているそうな。大人の事情もありますが・・・
エミの近くに男性の影はありますが、百合的には今後に期待が持てそうなので、気になったら是非!
小学館『ヒバナ』で連載中です!

イケタチ~!!!


(渋谷店 二階堂ゆず・白銀リリィ担当:田名部)

  1. 2016/09/20(火) 11:00:13|
  2. 渋谷店田名部

百合の観測者




最近の百合はなかなかパンチがきいているものも多いですね。

「こうして遠回しに撫子をフるの ちょっとストレス解消になるのよね」
(スクウェア・エニックス 小林キナ 『ななしのアステリズム』)

「おねえちゃんと同じ産道も通ってないくせに」
(KADOKAWA 伊藤ハチ 『小百合さんの妹は天使』)

爛れた百合も大好物な自分としてはこういったロックなものも歓迎といえば歓迎なんですが、
このところプリパラのガァルマゲドンや魔法つかいプリキュア!のみらリコはーちゃんモフルンのような
家族~~!!!な百合におぼれていた身としては横っ面をひっぱたかれたような気持ちに・・・
(プリパラ104~106話は自分の中では伝説級になったのでとても薦めたい)

落ち着いた気分で読むならこれくらいのほうがいい、というのが


幻冬舎 雪子 『ふたりべや』


160808画像1_R


高校入学を機に下宿生活をスタート。学校の決まりで二人部屋となっていて、初対面の子とルームメイトとして同居をすることになります。


160808画像2_R


えーっ!突然美少女と同居することになっちゃった!これからどうなるの!?(コテコテ)


160808画像3_R


定番の下の名前呼びイベント!


160808画像4_R


無自覚って百合なんですよね・・・


160808画像5_R


初めて下宿に訪ねてきた妹が自分の彼女(違う)にひとめぼれ。妹に嫉妬しちゃってかーわいい。

百合漫画!と言い切るにはのんびりのほほんしすぎているというか、二人が大変深い仲であるとか恋愛関係にあるとかの描写はほぼないんですよね。
上記のシーンのように一人が女子にモテモテ!とか、オチのとこみたいになったらも少しドキッとかないんか!
と思うんですけどなかったです。
でも筆者が痛いオタクなので、直接の描写なんていらないというか、描写してないとこで完全にデキてるんですよね。


160808画像6_R


これ結婚してるしセッしてると思うんですけど・・・

さらに幕間のイラストギャラリーが急になんとも攻めてくることもあって「ああああああああああ」ってなります(語彙が乏しくなる)。


160808画像7_R


これね。もはや別人・・・そしてデキていることを確証
落ち着いた気分で読むならとか言っておいてこの始末・・・
「この二人絶対・・・」と思いながら読んでみた、この時の筆者の考えを答えなさい的な問題を全不正解しそうな渋谷店コミック担当がお届けしました。


渋谷店 田名部
  1. 2016/08/08(月) 11:00:26|
  2. 渋谷店田名部

百合には感情を求めます。




渋谷店のコミックスタッフ田名部です。
6月も下旬ではありますが、ジューンブライドの季節。ということで、ソシャゲ界隈ではガチャやイベントでウェディング関連のものが多くてホクホクでした。
ホクホクと言っても、もちろん(?)百合的な意味です。最近特に女児アニメにおける百合カップルの結婚や子育てが大変盛りあがっており、自分の頭の中はそればっかりになってます。アイドルカツドウしているトップアイドルはアイドル同士で結婚(推しカプじゃなかったけど…)、パラジュクのアイドルたちは子育て、ナシマホウ界の中学生たちもイチャイチャと子育てを両立。
一体全体女児たちの百合モラルはどうなってしまったのか。と感動の涙を流しっぱなしでした。

女児の話ばかりのおじさんになりかけましたが、ご紹介するのは
『良い子さんと不良先生』

160628画像1


作者は『ひまわりさん』でも知られた菅野マナミ先生です。
こちらは短編集となっており、今回は同タイトルの表題作のお話を。

みんなから「よいこさん」と呼ばれてしまう良子さん。背がちっさい。
悪い事して見返してやろうというなんとも安直な反抗心もかわいい。夜のプールに忍び込みます。


160628画像1 (1)


これ読んだ前の日に リング みたので少しびつくりしました。

からの競泳水着美女。


160628画像1 (2)


でました生徒を非行に誘う!不良教師!


160628画像1 (3)160628画像1 (4)


喫煙を勧めるって百合ですよね…また一人善良な少女がこちら側へ・・・いらっしゃーい!

まとめると
百合!年の差!先生と生徒!
ベタだって?うんうんそれもまた百合だね。
表題作以外にもちょこっと百合要素あるかも。


ぴょーんと飛躍して
施川ユウキ先生の『バーナード嬢曰く。』


アニメ化決定おめでとうございます!


160628画像1 (5)


ギクっとすること散々言われるのでドキドキしながら待ってます。


160628画像1 (6)


ここから百合を感じる・・・!

今年の下半期も女児アニメと百合に期待しながら、おわりです。


渋谷店 田名部
  1. 2016/06/28(火) 10:48:35|
  2. 渋谷店田名部

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション