岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

ホラー出たァ!!とか、またまた定番な季節に送りたい1冊




今年も半年を過ぎました。残りの行事ごとやスケジュールを見ると、瞬時に冬までの動きが目に浮かぶようで、もう今年は終わった感ある山崎です。
とはいえ、まだ6月。これから本格的にやってくる梅雨を乗り切るために空調の掃除と、積み本やら見てない映画のリストアップをしておこうかなと、ほんのり思っております。

生来、よく分からない物が好きな延長線でミステリーとかお化けとか、そういう不思議で白か黒か付けれないモノに興味をひかれるんですが、その実は超絶のビビりでして。
暗いところはシンプルに怖いし、お化け屋敷には入れないし、入ったとしても"盾"になる人が居ないと入り口から動くこともできず……その割に、体外離脱練習してみたり、「廃墟行こう!」とか言いだした
り、B級ホラーとかスナッ○フィルム見たり、「怖いけどちょっと見たい、ちょっと見たら続きが気になってもっと見たい…あ、やっぱ怖かったわ」この二律背反はホラーが好きな人間には多いのではないでし
ょうか?……いえ、多いはずです!
そしていつまでたっても、克服できない恐怖心というものはポジティブに言い換えれば、娯楽の永久機関と言っても過言ではないかと思うのですが、どうでしょう??


ほいで、今日おすすめする1冊はー。


06030001.jpg

秋田書店 ひよどり祥子:死人の声をきくがよい

ホラー系日常スプラッターコメディ…だと長々しいので、ミクスチャーホラー漫画といった方がいいのか(汗)
だいたい1話完結で、どの話も独自のエッセンスや既存のアイディアを上手く結合させたハイブリットなものが多く、頷ける面白さ。(中盤からちょっと人が死に過ぎかも)
ホラー漫画やB級スプラッター、オカルトやSF好きなら間違いなくおすすめです。

06030002.jpg
(※画像は全て1巻からです)


第1話のあらすじ
主人公は、子どもの頃から霊感体質の岸田くん。
ある日、倒れてしまい保健室に運ばれたところで行方不明になってる早川涼子の姿を目撃してしまう。


06030003.jpg
06030004.jpg


幼少の頃は遊んでいた覚えもある岸田くんは、幽霊になってしまった早川さんの無言の訴えについて行ってしまう。
そこにはいかにもな寂れた洋館があって、即刻捕まってしまった岸田くんは地下室にて亡骸となった早川さんと対面。


06030005.jpg
06030006.jpg

行方不明になっていたほかの生徒も無残な姿で発見されます。
※事件の真相はネタバレになるので掲載せずですが……


06030007.jpg

解決後、早川さんはまるでスタンドのように岸田くんに取り憑きます。
(想像してみると、どんな可愛い子でも美人でも無言で立ってたら割と怖いと思うのですが、どうでしょう。)

それ以来、ピンチには黙って危険を知らせてくれる良きヒロインとして読者を安心させてくれます。


06030008.jpg

06030009.jpg

06030010.jpg


ひよどり先生の描く、仄暗くもかわいいキャラクター。そのギャップはどこか歪で、瞳の独特の濁り具合は、虚ろさや、その深淵の深さを強く物語っています。
毎度増えるスタメン?キャラもアクが強く、笑える要素も多くあります。

そして、そして現在9巻まで発売中!!
しとしと降る雨の日に、紅茶でも飲みながらゆっくりと読めば、夕暮れにはその世界観の虜になること間違いなし!

気になった方は、短編もおススメします。

(うめだ店/山崎)



こちらからもお求めいただけます↓
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E3%81%B2%E3%82%88%E3%81%A9%E3%82%8A%E7%A5%A5%E5%AD%90

うぐいす祥子名義はこちらから↓
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E3%81%86%E3%81%90%E3%81%84%E3%81%99%E7%A5%A5%E5%AD%90

  1. 2017/06/03(土) 17:27:15|
  2. うめだ店山崎

いつの時代も




4月も後半を迎え、桜も散り新緑も目立ち始めた今日この頃……。
あてつけのように散りゆく花びらは綺麗だったそれまでの姿を想像させ、踏みしめて帰る薄桃色に染まった地面に(来年こそは花見をやろう)と心に誓う山崎です。

えー。今回紹介するのは順調に重版を重ねるこちら

170427-1.jpg


集英社 グレゴリウス山田/竜と勇者と配達人Ⅰ
PP加工されていないザラザラとした紙質のカバー。ほのぼのとした色彩の表紙はファンタジー要素にあふれ、RPG好きはとりあえず手に取ってしまうのではないでしょうか。

話の内容は駅逓局(郵便局)に務めるハーフエルフの吉田(♀)が配達依頼を受けあれやこれやと奮闘するお話。


170427-2.jpg


依頼内容も一癖も二癖もある内容ばかりで毎回ストレスを抱え込みながらも依頼をこなす吉田。
毎話登場するキャラクターや職種も珍しいものが多く、ファンタジーでありながらリアリティのある世知辛い話が目立ちます。


170427-3.jpg

170427-4.jpg

170427-5.jpg

170427-6.jpg

170427-7.jpg


商売魂というか、日々生きることに精一杯なキャラクター。


そして、この「竜と勇者と配達人」をもっと楽しむには同時発売された


170427-8.jpg


一迅社 十三世紀のハローワーク(パッと見はゲームの攻略本かと思ってしまいます)
こちらも合せて読むと2倍以上楽しむことが出来ます。

個人的に少し悔しい思いをしまして、ショハンオビツキー(初版帯付きじゃないと嫌だ)な自分が油断から買いそびれ、気が付いた時には売り切れ。書店という書店を探し1版の淡い希望から2版も買い逃し、3版にして妥協してしまったという経緯があります…(汗
十三世紀のハローワーク。その名の通り、当時の職業を題材とした“資料本”のような内容になってます。


170427-9.jpg

170427-10.jpg


眺めるだけでも楽しめるイラスト、分かりやすい解説も歴史好きやうんちく好きにおすすめ。

アッパー系ファンタジーが好きな人には物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、多様化するファンタジー世界へのアプローチの一端として一読をお薦めします。




通販はこちらから

十三世紀のハローワーク(同人版も込み)
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%8D%81%E4%B8%89%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF

(うめだ店/山崎)
  1. 2017/04/27(木) 11:01:28|
  2. うめだ店山崎

フレンズ+フレンドシップ




これでもかっ!!ってくらい流行ってますね。フレンズ。
フル3DCGアニメーションのふわふわした動き、そして脳内ですべてのセリフが“ひらがな”変換されるような心地良さがなんともいえないマイルドさを醸し出しています。
世の中に疲れたフレンズはたぶん、「たーのしー!」ってなれると思うので視聴をお勧めします。

そして、すみません(汗)冒頭で語っておきながら「けものフレンズ」の記事ではなく……今回は個人的に去年あたりからはまり始めたMLP(My little pony)について、あれこれと。


20170213-01


アメリカの玩具メーカーHasbroが展開する女児向けコンテンツ。
はじまりは1981年。1983年に“マイリトルポニー”として玩具、アニメーションと展開し80年代にアメリカで人気を博すことに。


20170213-02

初期はウマ―って感じなんですが、現在の姿は洗練されていてキュート。今風なデザイン。

MLPは副題にFriendship Is Magic(邦題:トモダチは魔法)と記述されていて、アニメは現在日本でシーズン2まで放送。アメリカではシーズン6までが放送終了していてシーズン7もあるとかないとか……。
シーズンを通して語られる友情や尊敬の念、信頼する心、細かいジョークやキャラクター同士のかけ合いは大人が見ても十二分に楽しめる内容になっています。


20170213‐03

主要の6頭(メーンシックス)

海外では充実しているコミックも、日本では翻訳版が1冊だけ。


20170213‐04


内容はメーンシックスそれぞれについての話し(サイドストーリー)。海外コミックの嬉しいところであるフルカラーで表情豊かな姿は眺めるだけでも幸せな気分になれます。


20170213‐05

20170213‐06

20170213‐0720170213‐08

20170213‐09


ペーパーバック版のイラストも入っているので見ごたえありです。


“動物”という個性的な生き物に形容された世界観から語られるストーリーは異質なものと分かっていても親近感があり、他者と違うことは当たり前だということを強く考えさせてくれます。人それぞれに個性があり、得手不得手があり、向き不向きがあり…マイナス部分をどう補うかという事は副題がじっくりとシーズンを通じて語ってくれます。
そして、けものフレンズも同じく、個性を尊重とした世界で寛容と受容に満ちた“超ピースフル”な作品だなと感じました。


画像20170213‐10




MLP翻訳コミックは こちらからもお求めいただけます↓
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=11&keyword=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%83%BC

けものフレンズのコミックスはこちらから↓
https://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1058724835&ref=list


うめだ店/山崎
  1. 2017/03/19(日) 10:59:23|
  2. うめだ店山崎

そんな日常もあり




明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願いします、山崎です。


年中無休で営業のまんだらけ!!

この記事が掲載されるころには学校もお仕事も始まっているとは思いますが……『まんだらけは年中無休で営業中!!』この言葉を2017年の年末頃に思い出していただければ幸いです。
ぶらりと歩けば、記憶の彼方にしまいこんだ懐かしい思い出が溢れだすこと請け合いです。お時間のある日に散歩がてらゆっくりと店内を見て回られてはいかがでしょうか??

年中無休とは言え、スタッフにも定休はあるわけで運よく年末、定休日と合致した僕はゆっくりとした正月を迎える事が出来ました。
こたつの中、ビール片手に毎年恒例のガキの使いを見つつ、SNSにて怒涛の年末挨拶&新年あいさつ、友人の生存確認と親への生存報告を済ませ、ソシャゲの年始ログインボーナスガチャに一喜一憂し、送られてきた新年会の様子があまりに楽しそうだったので、なんとなく追加のビールを買いに走ったり。
僕の手と耳の届く範囲で、誰も欠ける事無く新年を迎えられたという事は、個人的に2016年はいい年だったと感じます。


さてさて個人的な正月は置いといて、今回紹介するのは……。


104-1.jpg 104-2.jpg


だいたいめる子/それでもめる子
ワニマガジン社 作者:縁山(へりやま)

成年雑誌コミックX-EROS(ゼロス)にて巻末連載している作品。
どんな感じの内容かと言うと、X-EROS編集部の読者投稿コーナーでアルバイトするお姉さん“南谷める子”と、友人の“ゆきえ”と“あてな”の3人で展開する日常ギャグ漫画。


104-3.jpg

める子

104-4.jpg

ゆきえ

104-5.jpg

あてな

成年雑誌で連載しているのに「全年齢対象」!!
キャラクターの可愛さもさることながら、内容も面白い。帯にある通り、グルメ・旅行・ファンタジー・お色気・日常生活……そして読者コーナーキャラということもあってか、メタ内容やパロディも混み込みで日常ギャグというベース上に彩られた多彩なネタは好奇心を刺激されます。


104-0001.jpg

ゆるい日常

104-0002.jpg

ジェイコブズ/猿の手のパロ

エロは少なめ(というかほぼ無い)ですが“黒ロン”と“ストッキング”が好きならもうそれだけで本棚行きは確定かと!!(ジャケットもカラフルで可愛いですし)


104-6.jpg
104-7.jpg


そして、「それでもめる子(2巻)」には中野ブロードウェイも出てきます。※作中でブロードウェイとは描かれてはいませんが“あてな”のプロフィールから推測出来ます。


104-8.jpg
104-9.jpg


なぜか“変や”で引っ掛かるっていう……(笑)※内容は読んでからのお楽しみ!!

こたつでゆっくりとパロディを探しながら読めば楽しさ倍増!
長編物の箸やすめにも最適です。「おせちも良いけどカレーもね」またの機会に!!

担当:山崎

・縁山先生の作品はこちらからもお求めいただけます。
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E7%B8%81%E5%B1%B1
  1. 2017/01/07(土) 11:00:48|
  2. うめだ店山崎

朱に交われば赤に染まる




秋も深まり冬の気配を感じるこの頃……。
茶屋の縁台に腰掛け、紅葉を眺めながら団子を食べ熱いお茶をすする。ただ時間を忘れ、ゆったりとした空間を楽しむ。時に、年配の観光客に声をかけられるも「これ一興」と、シャッターの一つ二つ押した縁の深さを胸に残し、和の心をもってその場を去る。
これぞジャパニーズテイスト。今年もまた京都に紅葉を見に行こうと思っている山崎デース。

今回紹介するのは情緒溢れるこの作品。


161202【画像1】


不成仏霊童女:花輪和一
温情というよりは怨情。因果応報とはまさにこの事と思える一冊。


花輪和一先生といえば、平安時代の日本を思わせる世界観の作品が多く。魑魅魍魎・悪鬼羅刹、神仏ほとけに至るまで、怪奇幻想を散りばめた異色の漫画家として多くのファンを現在も魅了し続けています。そして当時の時代を知っているかのような緻密で彩のある背景。喜怒哀楽をこれでもかと言わんばかりに表現した力強い表情、過激な暴力描写。
読み進めるうちに腹の底に溜まるような“黒い感情”は、ペンに込められた怨情や呪いがページを伝って流れ込むようで花輪作品の独特の味として楽しむ(?)ことが出来ると思います。

また、自身の獄中体験を描いた『刑務所の中』では獄中に経験した内容を、おもしろくも分かりやすい内容で描いており異色ながらも読みやすい作品になってます。


今回、記事として書かさせていただく『不成仏霊童女』は花輪作品の中でも(個人的に)屈指の名作で、人間の業によって繋がる負の連鎖、残酷な事件や仕来たりなど…仏教的な考えをベースに展開するちょっと宗教色の強い作品。

分かりやすく言えば「悪い事をすれば地獄に落ちる」といった感じ。この世も十分苦しくて、そんな“現世という地獄”でもがき苦しむ人達を、不成仏霊(童女)の視点から観察する内容なのだけれど…この童女がすごい。


161202【画像2】


この質問に対して


161202【画像3】


「気がいたらここに…」なんて次のコマで話すんですが、不運というかなんというか。この時代なら落ちていた魚を食べてもおかしくないのでしょうが、なんというか不憫。

さらに、今なら(仮死状態だから)現世に戻る事が出来るチャンスも棒に振ったあげく


161202【画像4】


差しのべられた手を振り払う様なこの一言。


161202【画像5】


「「「えぇぇぇぇぇぇ~~~???」」」と言わんばかりの表情が最高。


161202【画像6】


童女(メンタル)つょぃ……。不幽霊とかってこんな感じで生まれるのかと思うとぞっとします。

この後、童女は修行僧と共に旅をしていくのですが、行く先々で巡り合わせる残酷な事件を第三者目線で観察する事になっていきます。

人を殺めた罪で死刑の確定した二人。
一人は己の罪を悔い改め懺悔するも、もう一人は己の行なった悪行に一片の後悔もない。


161202【画像7】 161202【画像8】

161202【画像9】


恐らく、現代で言うサイコパス的な青年。

娘を殺された母親は、怨念から心が地獄と繋がってしまい呪いの言葉を発する日々。


161202【画像10】

161202【画像11】


死刑当日に溜めに溜めた地獄汁をサイコ青年に飲ませる。
サイコ青年が地獄に落ちる事を願い、村人も祈り続ける。


161202【画像12】 161202【画像13】

161202【画像14】


ここから食べ物飲み物は無し。ただ地獄汁を飲まされ続ける日々が続き(10日以上)サイコ青年は命を落とす。


161202【画像15】 161202【画像16】


サイコ青年は鬼の厠地獄へ落ち、殺された娘二人と罪を悔いた青年は天国へ。
母親も、恨みが消え老婆の様な姿から元の姿へもどってめでたしめでたしとはいかないのが花輪作品である。


161202【画像17】


背中でゴキブリを飼う謎の女……。

その正体は。


161202【画像18】 161202【画像19】


地獄汁を飲まされ死んだサイコ青年の母親(銀さん)。
子どもを殺された恨みから、自分の背中に地獄怨霊虫(ゴキブリ)を飼いならし村人に仕返しをするつもりで怨念だけで生きているとんでもない人。

童女が真意を確かめるために時空を越えて過去を覗き見した結果は


161202【画像20】 161202【画像21】


黒。そしてとんでもないセリフと共に石をぺろりと……本気で危ない人間だった。


真実を知った童女は、そのことを銀さんに伝えるも


161202【画像22】


銀さんは聞く耳を持たず。そればかりか恨みは募るばかり。


161202【画像23】

161202【画像24】


なんとかしてあげたい童女。しかしどうすることも出来ないまま。


161202【画像25】


結局、自分の込めた呪いで死ぬ事となってしまった銀さんは自分自身が地獄怨霊虫となって地獄に落ちてしまう。そこには鬼の糞尿を受け止めるわが子がいるのに飢餓感から気がつかない。


161202【画像26】


ためらいなくわが子の血をすする母。


161202【画像27】


腹が満たされれば正気に戻るが、すぐに現れる飢餓感によってまた息子の血を吸うという無限地獄。
そして親子共々、地獄で責め合いながら永劫の時間を過ごす羽目になるというとんでもないスケールのエンディング。

己から出たものは己に帰って来る。因果応報。
悪い意味でもいい意味でも、多くを考えさせられる作品です。

いい縁に恵まれますよう。


読んでみようかな? と思われた方はこちらから↓


161202【画像28】

すごくいいTシャツあります。
【Tシャツ】
http://www.mandarake.co.jp/information/sale/hanawa/index.html

(うめだ店/山崎)
  1. 2016/12/02(金) 11:00:44|
  2. うめだ店山崎

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション