岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

本気と書いて「マジ」の世界

僕が子供の頃の大人は「マジで」「ヤバい」「ビビる」「ハンパない」などという言い回しは使わなかったのですが、気がつくと僕より一回り上の世代でも、これらの言葉を普通に使うようになっています。特に「マジ」は、「真面目に、ですか」ではなく「それホントですか」と、どちらかというと「本気」のほうに意味がかかって今しばらく経ったようですね。言葉は時代とともに移り変わっていくものです。

かつて吉田戦車と川崎ぶらが「頼もしい日本語」の中で「ヤバい」の語源がいまひとつ不確かなことから「本来は矢が飛び交う場所のように危険」という意味ではどうだろう、とデタラメに提案していたことがありました。かなり古い方言由来とききますから、案外あたってたりするかもですね。

さて今日のお題ですが、本気と書いて「マジ」――。いうまでもなく立原あゆみの代表作です。
「マジ」以降も、立原先生は今でも現役でバリバリ量産してて、男の哀歌(ココ重要)を描き続けてます。

主人公がヤクザ・チンピラが多いため必然的に風俗嬢も多く登場するのですが、風俗上に向けるまなざしの優しさは全マンガ界でもピカ一だと思います。キャバ嬢やホステスが悪役で登場、もしくは汚く描かれたことがあっても、風俗嬢を汚く描くことはほとんどありません。
かつて高橋ヒロシ先生は「いかなる理由があろうとも女に手を上げる男は認めましぇん」と作外で記していましたが、これを見たとき、ああチャンピオンの美学であり遺伝子なんだなあと感じずにはいられませんでしたね。

さて立原先生の特徴といえば「本気とかいてマジ」のような変読ルビ。
さて問題です。では次のタイトルは、なんと読むでしょうか?

「弱虫」

答えは

raayu1.jpg

「チンピラ」です。えらくなったヤクザに興味が薄く、青臭く美学に準じがちな若いチンピラが好みな立原先生らしいセンスですね。でもよくかんがえるとブッとんでます。
次「仁義S」。

答えは

raayu3.jpg

「仁義たち」。仁義エスか?それともジンギーズか?と思いきや「たち」と言い切ってくる。人気作「仁義」の続編でもあります。

さて次「恋愛」は? だんだん難しくなってきますよ。

raayu2.jpg

なんとこれは「いたずら」。恋愛と書いて「いたずら」・・・。まあラブホ街のトラブルシューターが主人公なんで、多くの男女の不倫を描いてるという設定はあるにせよ。5秒以内にこの答えスラリと当ててくる達人は、日本でいる十人いるかいないかでしょう。その10人に入ってなくてよかったなあーとすら思えてきます。
帯も振るっていて、

raayu5.jpg

このきりつけるような字体! つのだフォントに次ぐ「立原フォント」です! そして
「世の中、どんな事も、不幸とは言わねえ。恋愛と書いて『いたずら』と読むんだから不幸なんてこの世にない」
よく考えてみると答えになってるんだかちょっと微妙ですが、立原センスが横溢してるのだけは確かです! たぶん立原先生は「不幸」ですら「さまよい」とか「むこうみず」とか「みらい」とか、とんでもない当て字してくると思う。

じゃあここで難問です。じゃあこれはどう読むんだろう?

raayu4.jpg

これは「ポリ公」そのままなのです! 僕悩みに悩んで「さすらい」とか「はぐれる」とか、そういう読み方するんだと洗脳されてましたが、ハズレ! 警察はどうがんばっても「ポリ公」、というなんか諦念にも似たタイトルです。

むしろ「警察」と書いて「ポリ公」と率直に読んだりしたらそれも愉快な気がしますが、でも桜田門の中の人は愉快でもなんでもないでしょうね。

さて、そんな立原先生の近刊で、いままでの変読センスを凌駕する極め付けが。さあ皆さん、

「涙星」

と書いてなんと読むのか。いままでの立原先生センスを学習しなおして考えてみてください! 

        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・

さあ答えは出ましたか? 
正解は

「アース」

です! 
すげえセンスだ! 最高です、ついていきます! 絶対、来年度以降に男の子の名前で流行るよこれ! ジャケも最高なので(なんと装丁はナルティスだ!)ぜひ見てほしいんですが、画像なくてすみません! ナルティスのブログ(いつも読んでます!)の2010年1月16日に画像ありますよ!
  1. 2010/03/12(金) 23:15:30|
  2. 立原あゆみ

神に女だと思われた者、妬まれた者

今年は少年チャンピオンが40周年記念ということで、歴代のチャンピオンのヒットメーカーたちが過去の名作の新作を書きおろす・・・という企画が継続してのっているまっ最中です。

そうは言っても最近あまり作品を発表していない方もいますし、当時は新鮮だったもののいまは全然なんだか分からない・・・というものもあり、複雑な気分になるものも少なからずありました。
ジョージ秋山の曲がらなさ、20年前と変わらない線が描ける山上たつひこは別格としても、線が震えてた某先生や、当時読んでた自分から見ても時代と乖離しすぎてて切なくなった「すくらっぷぶっく」、そしてもはやギャグなのかすら分からなかった「らんぽう」と、この作品群はなかなかにスリリングです。

そこに行くと現役バリバリの水島新司と立原あゆみの2本立てだった今号は不安要素一切なしで安心して読めました。

立原先生のほうは低迷期のチャンピオンを支えた人気作「本気!」の裏舞台ネタですが、楠みちはる先生とともに「男でポエムが似合う2大作家」だけあり、さすがの出来栄えでした。

次郎が「破門届」を「破問届」と誤字したことをネタに白銀本気が次郎をいずれ救うつもりだったはずが、担当が訂正してしまったために展開が大幅に変わったりなんてエピソードが初公開されたりしてたほか、見所は手塚先生の思い出です。

立原先生の仕事場に担当が急いでやってきて「手塚先生が急病で倒れたので代わりに描いて欲しい」という。それも新連載で。

mm1.jpg

金曜日発売の雑誌の締め切りは通常、その前の週の木曜日。それが、同週の火曜日までに間に合えばいいといわれて立原先生は驚く。

mm2.jpg

「できます なんたって神様のSOSです 印刷所だって動きます」

さすが大手塚、立原先生と手塚先生がチャンピオンで連載してたのってもう「ミッドナイト」のころとかでそんなにチャンピオンの中で影響力があったわけじゃないと思うんですが、急病で倒れたとあったら突然わずか数日でカタチだけでも新連載13Pを描かないとどうにもならないような状況になるわけです。そんな立原先生でも、面識というほどのものはなく、たった一度声をかけられただけとのこと。

とあるパーティにおいて、周囲のお偉いさんに向かって

mm3.jpg

「立原っていいね紹介してくれないか」。

mm4.jpg

手塚先生を表現するのに魔人ガロン、って初めて見たなあ。

mm5.jpg

mm6.jpg

たしかに少女マンガが主戦場であの絵で「立原あゆみ」と聞けば、誰だって女性作家だと思うはず。

のちになって立原あゆみは「神はかわいい女の子想像してたのかもな 神だって漫画はなれりゃ男だろ あわよくばなんてさ」つまり手塚先生がコナかけようとしてたんじゃねえか、ってオチです。いやあ、ここで単なる感動話で終わらせないでこういう方向に持っていくのが立原先生らしいですねえ。

でも最後のコマで

mm7.jpg

「立原の疲めたる誇りは神の替原が描けたこと」「それは少年時代の憧れがつながったという喜びです」と立原ポエム満開でしかも余韻を残す終わりかた。これぞ立原ワールド。いいですね。

一方、同世代作家でキャリアも長い魔夜峰央先生も、奇しくも近作で手塚先生の思い出に触れていましたが、こちらも人間臭いエピソード。

mm8.jpg

これだけ漫画家がいても、じつは手塚先生に話し掛けられたり握手したことがあるマンガ家はもうほとんどいない・・・という話から、とある縁で手塚先生に紹介されたときへ。

mm9.jpg

大緊張する若手の魔夜氏のことを、手塚先生とも親しい鈴木光明氏が「彼の描く漫画は面白いですよ」と紹介するや否や

mm10.jpg

「ふうん?」といってにらみつけたというのです。手塚先生が若い才人が現れるとものすごくシットする、という話は今までも多くありましたが、たしかに若手から見たら雲の上の人であり、功成り名を遂げた大先生なわけで、デビューしてそこそこの魔夜先生にまでライバル心をもつなどなかなか理解できないところです。しかし魔夜先生はこの強烈なライバル心が天才の原動力なんだなと感じた、と。

ただ二人の印象がどう違うかといえば、立原先生は作中ずっと「神」と言い切ったのですが、魔夜先生は「漫画の神様 手塚○皇」「雲の上の大元帥」と、あくまで人間として触れていること。少年のころの憧れが物語りの根底に常に見え隠れする立原先生の作風と、パタリロに代表されるリアリスト的な発想が持ち味の魔夜先生ではそれぞれが手塚先生を大天才として認めてはいても印象はおおきく違うんだなあと思ったりもしますね。
  1. 2009/07/17(金) 23:13:16|
  2. 立原あゆみ

本気ちょっと靴、靴

前前回に立原あゆみ「本気!」について触れたときに、スタッフみんなにそらで描いてもらったところまではよいのですが、正解画像を出さなかったのでどうも釈然としないスタッフもいたようです。だからか朝出社してみると机の上に坊主頭の子供の絵がおいてあったりします。机の上にパンチパーマの男の絵が何枚も散乱してるのはちょっとどうも。怖いので直接わたして欲しいものです。
というわけで、これが本気こと白銀本気です。

      本気1

それにしてもこの立原作品の背景のド抜けた達筆さは何なのでしょうか? マンガ的なそれとはやや異なり、精緻なペン画のうまさですが、今のようにスキャナした画像を処理して・・・といったものではなく手書きでこの細かさです。

      本気2

とにかく1コマ1コマの細かさが段違いです。特に舞台である渚市の港周辺の絵がいいのですが、初めて本気読んだ人だと「千葉ってこんな叙情的な土地なのか」と勘違いしそうです。
・・・ところで、よく見てください。本気のクツ、なんか変じゃないですが? ヤクザといえば白いエナメルのクツとか黒くて高そうな革靴、が定番ですが・・・。なんかヘンな模様入ってませんか、ほら?

      本気3

何このダンダラ模様! こんな靴見たことない! 素材何? スタッフの久保田(つちのこ)は「靴下の柄じゃないですか?」っていってましたが、それじゃまるで女物の靴です! 
じつはこれ初期の少年時代から渋い中年になるまで一貫してこの靴なんですが、違和感がずっとあったことは否めません。全身黒スーツの本気の唯一の柄部分が靴の甲、ゆずれないおしゃれなんでしょうか? 今となっては謎のままです。

ということで立原先生のコーナー他にもなんかないかな・・・と冷やかしてみたら「アムアボーイ」という本が。1巻がなかったので2巻をちょっとひらいて、どんな話だろ? と目次の次にあるあらすじ、登場人物ページを読むと・・・。

      本気4

これいったいどんな話? ぜんぜん分かりません!! 

作中に童貞喪失シーン、早漏シーン、またストリップみて大感激、ってシーンが出てきて、ああ立原先生、ホントちんちん好きだよな~、あと作中にいっつもストリップ登場するよな~、とうれしくなりました。作品を読むと分かるのですが、立原先生はマンガ界きってのストリップ擁護派&姫賛美派なのです。
しかしクスリにはかなりの嫌悪感をもって描いていますので、たとえばクスリで捕まった誰それさんがストリップで復活とか聞きますが、立原先生の作品にその誰それさんが登場するとしたら、同情するのか否定するのか、どちらを重視して描くのか気になるところですな。
  1. 2009/05/30(土) 23:01:43|
  2. 立原あゆみ

そらで描けない本気

かつてマンガのタッチを記憶力を元に再現するコーナー「そらで描く」をしており、ぼく自身もこのコーナーけっこう書いてて面白かったのですが、更新しないままもう約2年たってしまいました。
なぜかというと、題材の選択になやんだからです。みながざっくりと覚えているものはけっこうざっくりと描けて、破綻するものがなかったり、おおむねは似てたりで面白みに欠けたりといったことが多かったからです。

今回のお題は「立原あゆみの「本気」」ですが、やっぱり記憶力と画力が結びつかないが故の破綻や記憶の損壊、が面白いほうに流れてかないなーと思ってしばらくお蔵入りしてしまってたのです。

立原あゆみといえば非常に特徴的なので、我々マンガ読みにはどういうタッチかは「ああアレ」と認識できる絵柄。細い線、白っぽい絵、途切れ途切れの輪郭、アウトローものが多いのに少女マンガ出身を感じさせるタッチ・・・。ではその記憶力を、指先はどう紙面に伝えたかを見ていきましょう。

     マジ1

もっとも記憶がおぼろげな例ですね。ソリが入ってたよな、というところに力を入れすぎて、月刊チャンピオンに出てくる不良マンガのザコキャラみたいな髪型になってます。
目が釣り上げっていて白目なので、これは特撮だと「ニセ○○」のしるしです。ビルを壊したりして「ウルトラマンが狂ったぞ!」などといわれるのをよく見ますが、みな目がつりあがっててもニセモノだとには思わない、なぜか。今までその理屈がわかりませんでしたが「今日のウルトラマンは機嫌がよくなさそうだな、目とがってるし」と現場隊員達が判断してたのかもなと最近考えました。

     マジ2

ヤクザという悪の道に足を踏み入れながら義の人、というのが本気こと白銀本気の魅力なのですが、この本気は実直すぎて地方公務員になってしまうので物語が転がらないのではと心配してしまいます。瞳のあたりが明確な線で描かれてない、ボニョボニョッとした感じは捉えられてますが・・・首が細すぎて栄養状態が良くないように見えるのはいけません。

     マジ3

ヤクザだから眉ないだろ、という起点からスタートしてるのに、終点はヤクザには程遠い。なんだか音楽の好きな白人の子供が描く絵、みたいになってしまいました。背中にどくろの刺青をしていることまで覚えていながら(つまり読んだことがある)、レコードの針がヘボいせいでこんな再生のされ方する。これではどんないいレコード持ってても意味ありませんね。

     マジ4

立原氏独特のあの静かな背景、そして尖った肩を表現しようとしたのだと思いますが、半月の白目と短足のせいか遠くなってしまいました。仁義を通す感じには見えません。クローゼットを開けて「今日着てく服ないわあ」となげく50代のオバサンに見えます。

     マジ5

惜しい! 凶悪なツラというより哀しげ、という路線、またパンチの感じも近いです! ですが幼すぎです! これでは「さくらももこが描いたちぢれっ毛の中学生」です。

     マジ6

パンチパーマじゃなくなったのが敗因、というケース。ソリが入ってるのとハゲてるのは別ですね。東国原宮崎県知事だと思うと納得の出来栄えなのですが。

     マジ7

これもパンチじゃないです。西森博之と「MADARA」描いてたときの田島昭宇とアキラにでてきた鉄雄がごっちゃになってます。少女マンガタッチ、悲しげ、孤独・・・という、似せようとするためのポイントをことごとく外してて、立原あゆみをホントに読んだことあるのか! といいたいですね。「立原あゆみの本気? ああサンデーに載ってたやつでしょ」とか勘違いしてるんじゃないでしょうか。

     マジ8

パンチじゃないどころかフサフサ、立原あゆみのあごの細い感じも無視してゴツゴツ、鼻がないせいか不登校のパタリロみたいな感じになってしまいましたが、まず大前提としてヤクザである、という部分はおさえてくれないと。こんな人たちがコワモテでやってきても、ベルト振り回しただけで撃退できそうです。

     マジ9

ああ目の感じが近いんですが・・・書いている途中「あごが尖ってた」といい、そこまではあたりですが次に「口が尖っていた気がする」とすっとんきょうな路線ミスをしてしまったので子供がはやしたてて口笛吹いてるようになってしまいました。あごも尖りすぎですね。下向いたら胸にアゴ刺さりますよ。

     マジ10

一応人の顔のはずですが、トランジスタ回路時代の基盤図みたいですね。コイルとコンデンサーがついてます。パンチ、あとこころもち目が下がっている、という部分に拘泥しすぎて、額が狭くなってしまいましたね。

     マジ11

髪の処理でえんぴつでヨコにシャシャシャシャと流しているタッチが法廷画ぽくみえます。遠い目ですね。なおのこと被告人ぽいです。

     マジ14マジ15 マジ16 

同一人物が3パターン描いてきたんですが、まあ弱そうというか、主人公にはなれそうにない感じというか。全員一発でノされてその後の物語にも絡んでこないだろう印象の薄さですね。3パターン描く必要なかったのではないでしょうか。

     マジ17

顔はにていないけれど雰囲気が近いですね。黒いスーツを角度ピシっと張るように着こなす感じ、おぼろげな顔の部品、つねにスラックスのポケットに手を突っ込んでるポーズ、パンチパーマの浅い生え際・・・。さすがに10メートル先にスタスタ歩いてるAV男優を「あれ○○だよ」と判別できる男。すごい判別能力ですね、ってそんなにAV男優に詳しくても仕方ないんだけど・・・。
次はぼくですが、ぼく自信ありますよ。全50巻持ってますから!

     マジ18

ちなみに「本気!」は20巻くらいでヒロイン久美子が白血病で死んで、残り30巻ヒロインなし、その後はずっと出てくるのオールやくざ、主人公がまるまる単行本4巻分くらい刑務所に入る(つまり連載で1年近くも!)という、コレほんとに少年誌?という内容でした。
「本気」と書いてマジ、「弱虫」と書いてチンピラ、「恋愛」と書いていたずら、と読ませるなど独特のルビ打ちセンスをもつ立原先生ですが、近作「ポリ公」はそのままポリコーだったので逆に新鮮でしたな。下手したら「ポリ公」と書いてさすらい、くらいに読ませるんだろな・・・って期待してたのに!!
立原あゆみ的なものを軽く考えて読まない人多いですけど、読み出したら止まらないですよ?

さて大トリですが、画力がなまじあるだけに大失敗、というパターン。     マジ13

アラさわやかだなー、最近のやくざって。本人は坂田靖子みたい! といって大赤面してましたが、もとはしまさひでのようでもあります。ガタイはいいがでくのぼう、って太陽にほえろの初期ジーパンみたいな。野口五郎からトシちゃんの間に入る顔ですね。目をウルウルにしたはいいけど、口までするから不平顔になったんですよ! ちなみに書いた本人は「家で練習します!」と猛くやしがりしてましたが、そこまでして立原タッチを習得しても使い道はあまりない(大人気作家なのに、フォロアーが誰も出ないのがその証拠)ようにも思いますがねえ・・・。
  1. 2009/05/24(日) 00:05:25|
  2. 立原あゆみ

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション