岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ふつう』の基準ってなんでしょうね?




スクウェア・エニックス刊 原作:城平京 作画:水野英多 『天賀井さんは案外ふつう』

170504-1.jpg

城平京と水野英多のコンビといえば『スパイラル推理の絆』が真っ先に思い浮かぶのは
個人的にその頃のガンガンコミックにはまっていた影響もありますね。
城平京原作のコミックでいえば『ヴァンパイア十字界』も個人的にはなかなかのものでした。
どちらも設定がもりもりであったことが印象深かったかもしれません。
とりあえず今回はそちらのほうはひとまず置いておきますね。

今回はどんなお話になるかと思いきや
二匹の化物がかつて住んでいたという地域の高校に転校してきた今作のヒロイン天賀井悠子さん

170504-2.jpg

なかなかのメガネ美少女。
と思いきやいきなりなかなかのものをぶっこんできました。


170504-3.jpg

170504-4.jpg


お兄さんの無実の証明のため真犯人を探しにやってきたことを転校のあいさつでにこやか言ってのけます。
某○○○団の団長さんも顔負けのあいさつですね。
さらに注目。


170504-5.jpg


まさかの変身です。今回は日常異能力ものがきましたよ。
天賀井さんはふつうじゃなかったです。

さらにもう1人、今作の中心人物である真木正輝くん。


170504-6.jpg


なかなかのイケメンくんですが只者ではありませんでした。


170504-7.jpg


教師と恋仲だったなんてのは序の口でした。


170504-8.jpg

170504-9.jpg

170804-10.jpg


8年間意識不明で身体的変化もほとんどなく最近になって目を覚ましたとのこと。
さらにはお兄さんの事件の重要参考人であることが発覚します。
天賀井さんと共にお兄さんの事件の真相を探ることになっていきます。
すでにここまででもこれでもかといろんなものを詰め込んできているのですが
極めつけは実際にお兄さんに会おうという展開になり天賀井さんの実家に行くのですが、


170504-11.jpg


来ました。まさかのロボです。
この展開はさすがに読めませんでした。
というか斜め上すぎてきょとんとなってしまいました。
今回はなかなかなものをぶっこんできましたよ。
さらには怪奇・伝奇要素もけっこう取り入れていてなかなかのごった煮になっているのですが、
あとがきによれば目指したものは日常系伝奇コメディだそうです。特にコメディをやりたかったそうです。
そういわれるとなにか納得いくような気もしてきました。
作中ではこういうことがある程度許容されているものだと思えば
キャラクターの性格や反応・やり取りなんかはコメディなのかもと思えてきます。
なによりキャラクターの日常があまりに『ふつう』だからこそ違和感のようなものがおもしろく思えるのかも。
変身能力あっても性格や考え方など天賀井さんってそう思えば案外ふつうかもと思ってしまえなくもないのです。
だから表題が『天賀井さんは案外ふつう』なんですね。
まあタイトルの真意はともかくとしてこのお話の結末はどう迎えるのか注目したいです。



うめだ店:森田



通販ページはこちら
スポンサーサイト
  1. 2017/05/04(木) 11:00:09|
  2. うめだ店森田

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。