岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんな総理じゃないとヤダ

まだ会社ですので結果については全然ですが、選挙ということでマンガ界屈指のキレ総理を紹介しましょう。

nob1.jpg

戦国モノ、歴史モノ+現代の設定、というのはいまでは歴史モノが人気のためにありふれた設定ですが、当時はまだそんなにありませんでした。

nob2.jpg

400年ぶりの織田政権が誕生、と「なぜ織田信長が現代に?」には何の説明もないまま、いきなり織田政権が生まれるところから物語は始まります。政権誕生、とあれば次は所信表明演説。懐刀であるサルこと秀吉に「簡潔に自分の思うところを言えばいいのです」とレクチャーされた信長は

nob4.jpg

と大声で一言。アナーキーですね! 当然翌日の新聞には

nob5.jpg

「支持率暴落」
「人間的成長うかがえず」。しかし本願寺との抗争を考えると、信長だと自公連立は難しそうですな。

親善でタイアナ妃が来日したときには

nob6.jpg

nob7.jpg

とバッサリ。まああえて王子の悪口を言って夫婦の結束を高めようという策だったんですが、まに受けてタイアナは離婚。ありがとうと感謝されるが英政府とはシコリが・・・。計略とはいえ一国のトップが公式の場で「ゲス野郎」。いいそうでもありますが。

自衛隊をなんと民営化して「自営隊」にしようとしたときのヤリトリも最高で、民間企業に日本の防衛を任せられるのか、もし敵が攻めてきたらどうするんだ!との質問に

nob8.jpg

nob9.jpg

確かに信長と戦ってロクな目にあった勢力はいないことを考えると、誰が攻め込んで来ようか!

とこのように不遜でいばりん坊の信長をなんとかしてもちっと謙虚にさせないと・・・と感じた妹・お市や秀吉が、宇宙に行って地球を見ると人間てなんてチッポケなんだろう・・・って思うらしいよ、っと宇宙遊泳にいかせ、信長も大感動して世界観が一瞬かわるも、帰ってきて早々の記者会見では

nob10.jpg

この断言しっぷりがカッコいい! ここまで言い切れる政治家は日本にはいません。ほかにも天下様のばらまき、と称してその年度の予算を全て空からバラ撒いて国民に還元したり、美人はトクしてると言い出して「美人税」を創設したりとやりたい放題でありながら結果なんとなく上手くまわる・・・というオチのつけ方も政治モノにありがちはイヤミがなくていいですね。

ちなみに作中の信長は自分のことを「天下人」とかフツーに言い切りますが「今太閤」だってついこないだまでいたわけだし、天下様がいたっておかしくはないんですよ。それくらいのカリスマがいないときっと政治とか社会なんて変わらないんじゃないでしょうか?
  1. 2009/08/30(日) 22:18:54|
  2. こねた

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。