岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

レッツ、サクサカー!!


元気ですかーッ!

いきなりローカルな話題で恐縮ですが、私の日々の楽しみのひとつにtvk(テレビ神奈川)で毎週月~金曜日に放送されている朝の音楽番組『sakusaku』を見るというのがあります。
ローカルといえ関東以外のいくつかの地域で放送されているようですし、DVDや関連書籍も出ていて、後に大スターとなる木村カエラが新人時代にMCを務めていたということでご存知の方も多いのではないでしょうか。
ちなみに同番組のファンのことを“サクサカー”と呼びます。

それはいいとして、いったい『sakusaku』とこのコーナーの趣旨である「マンガ」とどういう関係が?

「sakusaku」「マンガ」・・・この二つのワードだけでも『連想ゲーム』の加藤芳郎センセならきっともう答えているし、大学のクイズ研究会なら既に早押しボタンを押しているでしょう。
あ、でも『連想ゲーム』でいえば水島裕さんだったらきっと爽やかに誤答しているかもしれないのでもったいぶらずに本題へ参ります!

今回ご紹介いたしますは二作品!

まずは原克玄『るみちゃんの事象』(小学館)。

ビッグコミックスピリッツ誌で連載中、2015年にはドラマ化もされました。
そのドラマで主人公・郁野るみを演じたのが件の『sakusaku』先代MC・トミタ栞嬢。はい、つながった!

『sakusaku』が自身初のテレビレギュラーということでMC就任当時はなかなか発言がままならずモジモジしていたトミタさん。
そんな彼女が番組を旅立ち、音楽活動とドラマ主演・・・この成長物語におじさん、泣きそう。

しかし原作が好きで読んでいた身としては、そんないたいけな少女であった彼女がるみちゃんを演じるということにwakuwakuというよりは多少なりとも心臓がbakubakuする思いでした。

だって、るみちゃんってこんな子なんですよ、奥さん!

テンションがやたらと高いかと思えば、

20160106-画像1

20160106-画像2

感情の起伏が激しい。基本情緒不安定です。メンヘラの気もあり。


20160106-画像3

20160106-画像4

20160106-画像5

20160106-画像8


しかも毒舌。


20160106-画像7

160106-6


そして品がなく!


20160106-画像9

20160106-画像10


結構キツめの下ネタもあり。


20160106-画像11

20160106-画像12


しかし年頃なので恋もします。


20160106-画像13

20160106-画像14


しかし結果から言うとドラマの方は評判よかったようで、トミタさんも立派にるみちゃんを演じきってくれました。新たな扉、開いちゃったね!

原克玄センセの作品は他代表作『みんな生きてる』『かばやし』を見ても、ほぼ全編が「ボケ」と「ツッコミ」によって構成されています。
昭和のギャグマンガだと受け手のリアクションはだいたい「アホかー!」だったり、ボカッ!って殴ったり、はたまたズッコケたりというオーソドックスなイメージだったのですが、
原克玄作品のそれは非常に現代のテレビバラエティ的というかお笑い、もっと言えば漫才的です。


20160106-画像15

20160106-画像16


「ボケ」の発する言葉を受け止めて咀嚼し笑いの効果を増幅させる。風車の理論だ!
原センセはお笑いからかなりの影響を受けていると思われます。るみちゃんがたまに関西弁になるのもその表れではないでしょうか。

それだけにどこから読んでもストレートに放ってくるギャグの連打。これだけ密度の濃いギャグマンガというのも最近は減ってきた気がするので、ただただ笑いたいという時には
ぜひとも手に取って頂きたいです!

そしてもう一つがこちら。

たかたゆうじ『くまふれぃば。』(スクウェア・エニックス)


20160106-画像17


『るみちゃん~』と違ってこちらは『sakusaku』出演者であるアイドルユニット「あゆみくりかまき」そのものを主人公に据えたコミカライズ。
その名の通り「あゆみ」「くりか」「まき」の三頭(“あゆくま”の略称から自分たちは熊であると主張している)から成るユニットで、「くりかまき」の二頭時代に
『sakusaku』レギュラーとして出演開始、その時のMCがトミタ栞嬢でした。はい、ここもつながった!


20160106-画像18


現在ヤングガンガンにて連載中。実在の人物が主人公ですが、内容的にはあゆくまというキャラを使ったギャグマンガです。
「くりかまき」時代に連載が始まり、第4話で「あゆみ」が加入しますが、実際には加入前からお互い面識があったのにこちらでは「初めまして」となっていたり、
そこらへんはあくまでマンガとして描かれています。


20160106-画像19


しかしメンバー同士の関西弁でのやりとりなんかは実物を思い浮かべながら読んでみると楽しめるかもしれません。
昔から内容の虚実問わずスターを主人公にしたマンガはありました。マンガになるのはスターの証。
最近でもAKB48、ももクロ、モー娘。などをモチーフにしたマンガがありますが、そこに肩を並べるあゆくま!これはある意味快挙
ですよ、奥さん!


どーですか、お客さんッ!!

※これを書いている2015年12月28日、あゆくま一行の乗った車が移動中に横転事故(!)を起こし、メンバー達がケガを負い当面の活動をキャンセルという知らせが・・・!
くれぐれもお大事にして下さい・・・。

(担当 清水)





《 今回紹介の作品の通販はこちら 》

るみちゃんの事象こちらから。

原克玄全作品こちらから。

くまふれぃば。はこちらから。
  1. 2016/01/06(水) 11:00:12|
  2. 中野店清水

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション