岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

宇宙の王者 再臨!





前回はダンクーガBURNをご紹介しましたが、BURNもそうですがロボット系の敵は大体が他惑星からの侵略が多いです。
そういう話の大本を作った言われている作品が実は永井豪先生の「UFOロボグレンダイザー」と言われています。
今回はそのグレンダイザーを再構築された作品「グレンダイザーギガ」のご紹介です。


160120-画像①


名前だけ見るとマジンガーシリーズの第3作目グレンダイザーの続編のように感じますが実は新作です。


160120-画像②


ロボットの姿かたちはほぼ一緒ですが、キャラクターが一新されています。
主人公がデューク・フリードではなく


160120-画像③


姿も今風のイケメンに!しかも、隣にいるのがマリア。今回は妹ではなく姉ちゃんという設定に。
敵がベガ星軍ってところは変わっていませんが


160120-画像④


見た目が恐竜帝国かと思わせる風貌。
今回はベガ星軍の扱うロボットはベガ獣ではなく戦闘鬼。初期のときにネーミングを使い果たしてしまったのか、ギルギル、ゲルゲルのような2文字の繰り返しパターンではなく普通の名前が使われています。
しかしこの作品で一番驚いたのはリュークが居候している牧場の娘「牧場ヒカル」。


160120-画像⑤


初期のグレンダイザーとは漢字が違いますが
後々にわかるヒカルの正体に皆さん絶対ビックリします。
今までのマジンガーシリーズとは繋がりがないようなので初見の方でも楽しめます。
是非一読あれ。


(コンプレックス/小林)




永井豪のグレンダイザーシリーズこちらから。
  1. 2016/01/20(水) 10:54:39|
  2. コンプレックス小林

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション