岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

ニューヨークへ行きたいかーッ!!!



タイトルを見て思わず「オーッ!」と反応したアナタ、はいアラフォー以上!

このセリフはかつて日本テレビ系列で放送されていた「ウルトラクイズ」という番組で使われていたあまりにも有名なフレーズでございます。

あ、あれでしょ?ダチョウ倶楽部とか出川哲郎などのリアクション芸人がブレイクするきっかけになった、あと丹古母鬼馬二も出てた・・・惜しい!そっちじゃない!「お笑い」付かない!

だいたい丹古母鬼馬二はどちらかというと「たけし城」でしょうが!

そう、正式には「アメリカ横断ウルトラクイズ」。毎年秋頃に放送されていた視聴者参加型のクイズ番組で、
国内予選を勝ち抜いた挑戦者が決勝の地ニューヨークを目指してクイズサバイバルを勝ち抜き、
二人しか到達できない決勝の地ニューヨークを目指すという今ではとても考えられないスケールのものでした。

レギュラーシリーズの放送が24年前の1992年に終了したもののその影響力はとてつもなく、
一時は全国のクイズマニアを集めて日本一を決めるという番組もたくさん作られ、
ちょっとしたクイズブームが巻き起こりました。

現在でも放送されている「高校生クイズ」も、もともとはウルトラの高校生版として始まったものです。
その他にもバラエティ番組などで「クイズ」となると、ことあるごとにウルトラ
クイズのBGMだったりシチュエーションだったりがパロディで使われることも多
いです(若い人には通じないでしょうが・・・)。

しかし今のクイズ番組というと視聴者参加型はすっかり鳴りを潜め、芸能人や有
名人が知識を競うものが人気の昨今。クイズブームはどこへやら・・・。

しかし、そう思っているのはテレビでしかクイズに接することのない方だけです。

古くからのクイズマニアが作り上げた世界がウルトラクイズによって爆発的に裾野を拡げ、
今なお「競技クイズ」という確固たるジャンルとして各地で(テレビ抜きでも)
大会が行われていたりしているのです。

前置きが長くなりましたが、今回ご紹介いたしますはそんな「競技クイズ」を題材にしたマンガ。ついにこんな作品が作られる時代に・・・。


杉基イクラ『ナナマルサンバツ』


160214-画像1


読書家で知識豊富な主人公がひょんなことから入学した高校の新入生歓迎会でクイズに触れたのをきっかけにのめりこんでいく様子を描いた作品です。


160214-画像2


はい、これですね。

ちなみに監修を務めている「セブンワンダーズ」はウルトラクイズのチャンピオンが設立したクイズ制作会社。もうお墨付きです。


160214-画像3


劇中にいきなり問題集。単行本の巻末にも問題集が掲載されています。


昔から有名クイズ王らによるクイズ攻略本が多数出版されていましたが、それらに綴られているようなクイズにおけるセオリーや細かなテクニックなどがところどころに登場します。


160214-画像4

160214-画像5

160214-画像6

160214-画像7

160214-画像8


まさに“研究会”ですねぇ。


160214-画像9

160214-画像10


もうスポ根です。しかし実際のノリもこんな感じなのではないでしょうか。


160214-画像11


早押し機の代わりに電卓。これは僕もマネしました。

しかしこればっかりだと


160214-画像12


ただのクイズヲタのためのマンガになっちゃいます。


160214-画像13


ちゃんと高校を舞台にしたマンガらしさもあり。
(やっぱりストライプなのね・・・)


160214-画像14

これすらもクイズソース。


160214-画像15

ミッション系女子高もありーの。


160214-画像16


新ジャンル“弱電女子”!!
ちなみにこの“弱電女子”をググッたら、このマンガ発のよう(他に出てこなかった)。
でも最近ロボット工学をアートにする女性クリエイターも出てきているしこれから来るかも??

というように、競技クイズのなんたるかが楽しみながら且つ分かりやすく学べる、教則本としても有用な当作品です。

どーですか、お客さんッ!!


(担当 清水)



《 今回紹介の作品の通販はこちら 》

杉基イクラ ナナマルサンバツ

  1. 2016/02/15(月) 10:48:34|
  2. 中野店清水

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション