岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原作を殺さず、活かすコミカライズ





漫画を紹介しつつ小倉の名物などを紹介して、少しでも小倉の知名度を上げる作戦を試みるすもりでしたが、2回目にしてネタがない小倉店の藤野です。
前回のネタを引きずるなら、うどんとおはぎが食べれるお店が少し有名なようで、声優さんなどイベントで訪れた際は通っていると小耳に挟んだ事があります。ここで店名は書けませんが、小倉店を訪れた際、私に声をかけて頂ければお伝えします。

今回ご紹介しますのは、
集英社 原作/乙一 漫画/ミヨカワ将 山羊座の友人

160216-画像1


あらすじ。
主人公の住む部屋のベランダは風当たりが強いせいか毎日、色んな物が漂着してくる。
犬や何十年も前のノート、未来の新聞。
気にせず生活していたがある夜、同級生の殺人現場に居合わせてしまった。同級生がいじめ被害にあっていた事を見て見ぬふりをしていた罪悪感と、その事件がベランダに飛んできた新聞の記事ではないのか…と思う主人公。
記事で読んだ結末から同級生を救う決意をした主人公の行動とは!?

原作の乙一さんは独特の世界観があるので、コミカライズされると漫画を描いた方が乙一さんの世界観を表現しきれずに終わってしまう傾向があったのですが、ミヨカワさんの表現力は数あるコミカライズの中で原作を殺さず、原作の持ち味を最大限に活かした作品になっています。


160216-画像2

160216-画像3


車が通った一瞬の明かりで全体図が見えたのをサラッと表現していますが、乙一さん独特の忍び寄る恐怖感が出ていてゾッとしました。この他にも無駄なページがなく、全ページ読ませてくるミヨカワさんの表現力に、これから乙一さんのコミカライズを担当して頂きたいな…と個人的に思ってしまいました。

紹介します。と書いておきながら、あまり内容を書いてしまうとネタバレになってしまうのが難点ですので最後にこれだけ。


160216-画像4


中野ブロードウェイに行った事ある方には絶対に読んで頂きたい理由の1コマ。外だけでなく中も描かれていて、まんだらけも出てきます。
都内の方には分からないかもしれませんが、地方の私には主人公たちのセリフに頷くばかりです。私も初めて訪れた時は同じ事を思いました。何が描かれてあるのかは…読んで確かめて下さい。

山羊座の友人はこちらから→

(小倉店/藤野)
  1. 2016/02/16(火) 11:00:53|
  2. 小倉店藤野

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。