岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キラキラうるうる☆ドスケベファンシー18禁☆小川ひだり『ちちんくりくり』





どうもこんにちは、中野店白石です。今日はこの1冊を紹介します。
ちちんくりくり/小川ひだり/ワニマガジン


(白)①表紙(白)②裏表紙


女性向けのBLと同じく日々ウゾームゾーがチョーリョーバッコしている成年コミック界に、またとんでもないものが転がり込んできました。単刀直入に申しましてこのご本、フリフリできゃるきゃるでフワフワのおにゃのこがぽよんぽよんでズッコンバッコンです。


(白)③

(白)④

(白)⑤


冒頭3作品「バカップル+1」より。黒髪巨乳の友達に勃起したら浮気確定というアホな実験の一場面。心頭滅却するために徳川将軍だけでなく円周率も登場します。もうこういうのホント好きです。

5年分のキャリアを詰め込んだ商業デビュー作のため絵柄に変化があり、一冊通読してみるとふくやまけいこや竹本泉といった、なんとなく手練れの女性作家を彷彿とさせる雰囲気。そして最新の画風である表紙や中身は見ての通り、なんだか…こう、「ちゃお」っぽいんですよ!!ちゃおといえば「りぼん」「なかよし」と並ぶ月刊少女雑誌の代表で、小学生の頃クラスの女子の間でこのみつどもえのどれに属するかで盛り上がったみたいなそういう感じです。……なのに!なのにおっぱい丸出しであられもない擬音が飛び交うエロエロ18禁!!なんだろう…この妙な背徳感……!! 実は成年界隈だとほしのふうたも同様のニュアンスがあり、こちらはさらに年齢層の下がった〝児童書〟っぽいポップな絵。そんでいたずら・ひみつ・ないしょといった魔法の言葉をちりばめてこれまた18禁。自分の中では成年コミックに「こども向け」という新ジャンルが確立されつつある今日この頃。
さて内容に戻りましょう。1冊の中には動物に囲まれてサークルの部室のこたつでヤっちゃったり、クソ生意気なお嬢様を庭師がハメまくったり、おっとり人妻メイドにイロイロ教えたりなどなど全13作品がまとまっています。攻め側に回る男性がけっこうキュートに描かれていて、おねショタ率も高いのが特徴。そんな紳士にとってはたまらないであろうシーンもちらほら。


(白)⑥


あとやっぱり女子の身で男性向けのエロ本を読む時、実用目的ではないのだから男(=竿役)の顔やキャラクターがちゃんと描かれている方が好きなんですよね。誰かと行為に及ぶ、その関係性も見えてこその女子の悶え顔が可愛いなぁと思うわけです。他の作家だとこんちき新堂エルもストーリーありきで作り込む人なので、ある意味ではライト層向きでもあり、読み応えのある作品が多いです。そこは「エロイ!!抜ケル!!」
で男性人気の高い布陣とは少し感覚がズレてしまうため、流行の波に乗り切れないのがちょっと悔しいところ。
では他に目に留まった点をもう一つ。


(白)⑦(白)⑧


出てくるチ○コがやたらプリプリつやつやで活きのイイ宝石みたい。作者は女性のようなんですがこれアレかな、男性が描く女性器とか胸とかお尻がプリプリつやつやなのと同じなんでしょうか。お互いに「美味しそう♡」に見える対象を極限まで昇華させると18禁になるって積極的なのかシャイなのかもうよく分かんないです。今自分が何言ってんのかもよく分かんないです。

で、本題はココから。
巻末に収録された同人誌発表作「メルヘンぼっき!!」これがヤバいです。裏表紙の帯にも「幻の衝撃作!」のアオリ付き。


(白)⑨(白)⑩


背中になぜか男性器が生えちゃった女の子が、アヤしいクリニックで相談に乗ってもらうというあらすじ。治療の名目でフリフリナース服の二人組と百合百合な展開になった挙げ句、


          (白)⑪

                               …………!!!!???


わが敬愛する掘骨砕三の漫画やなんかで巨根、奇根、多根のたぐいは充分たしなんでいるつもりでしたが、このファンシーさでこうもドギツくやられると破壊力が尋常じゃない。底抜けにハイテンションなのがさらなる拍車を掛けています。ちなみに続編は、ワケあって双頭チ○コを孕んだ女の子がナースの(膣圧の)助けを借りて出産し、


(白)⑫


となる奇天烈展開で、こちらもバッチリ収録済。完っ全に頭のネジが飛んでいて、去年読んだヤバい本ランキング1位をかっさらいました。むしろこの2編を商業誌として世に出すことが担当編集者の真の目的だったんじゃないかと(個人的に)思っています。…とこういった風に、作家そのものの来し方をいっぺんに読めるのが初単行本の醍醐味ですね。以上を踏まえた上で更に磨きのかかった「ちゃお」テイストな18禁、今後一体どうなることやら。作者の小川ひだりさん、イベント参加も活発でtwitterにはイラストをいっぱい上げています。「なんじゃこりゃ!?」からの近況・続報求ムって方は是非そちらにどうぞ。

いつどこからどんな人が斬り込んでくるか分からない成年A5コミックのジャンル。独自のカテゴライズ「こども向け」枠の拡大を目指し、飽くなきエロ本の探究は続きます。……あ、そういえばもうすぐ春ですね。


担当・白石
  1. 2016/03/22(火) 11:00:29|
  2. 中野店白石

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。