岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬派猫派の根は深く





動物好きの大手に「犬派」「猫派」がありますが、漫画界でも犬漫画、猫漫画が多く存在します。
しかし、どちらかといえば猫漫画のほうが多いと感じるこの世の中…漫画家さんには猫派が多いのでしょうか?
そこで今回は犬派な私が、「やっぱり犬っていいな…」となった漫画をご紹介します。


160423-us001.jpg


いぬやしき 奥浩哉/講談社

そう、いぬやしきといえばこの犬、はな子です。

160423-us002.jpg

はな子のいいところは何といっても、

160423-us003.jpg


こんな大爆発を目の当たりにしながらも、


160423-us004.jpg


主人の目覚めを横でじっと待っているこの忠犬ぶり!
飼い主の犬屋敷氏に拾われてからほんのわずかな時間しか経っていないのにこの忠誠心。
これは犬ならではではないでしょうか?


落ち込み泣いているときもしっかり支えてくれます。
アニマルセラピーですね。


160423-us006.jpg


室内犬なのでお散歩の後はちゃんと足をフキフキ。
賢いですね。


160423-us007.jpg


ご主人のピンチには立ち上がるぞ!


160423-us008.jpg


いやー柴犬めんこいなぁ。ええなぁ。
このオジサン、いいことを言います。
私も柴犬を飼えるようになりたいものですね。

続いてはこちら。


160423-us009.jpg


ワンダーランド 石川優吾/小学館

この漫画に出てくるのはこのわんこ。


160423-us010.jpg


そう、ポコちゃん。ポーリッシュ・ローランド・シープドッグでしょうか。
普段は穏やかな性格ですが、害獣に対しては勇敢に立ち向かう性格の犬種ですね。
まさにこの物語のサポートにぴったりです。



突如として体が小さくなってしまった主人公をきちんと主人と認識し、従います。
言葉もちゃんと理解している様子ですね。


160423-us012.jpg


一方の猫(ミーくん)はすぐこういうことをします…。
動いている小さい物を見るとじゃれつく習性なので仕方ありません。
これにより、人間が小さくなってしまったこの世界では猫が最大の脅威に。


160423-us013.jpg


お、恐ろしい。

しかしポコちゃんがいれば…!


160423-us014.jpg


心強い!犬最高!
ポコちゃんがいなかったらこの漫画、スタートラインにも立てずにミーくんに嬲り殺しにされていたでしょう。
今後もポコちゃんの活躍に期待です。

「いとしのムーコ」や「もずくウォーキング!」あたりも大好きなのですが…。
犬漫画を普通に紹介するのでは芸がないので、今回は犬が登場する普通の漫画をご紹介しました。
どんなストーリーか気になった方は通販でお買い求めください。
どちらも日常に突然起こった非日常を描く現代ファンタジーです。
それではまた、どこかで。


(中野店:臼井)

奥浩哉「いぬやしき」はこちら

石川優吾「ワンダーランド」はこちら
  1. 2016/04/23(土) 11:00:39|
  2. 中野店臼井

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。