岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

匿名性によって語られる群像劇「A子さんの恋人」

160429画像1_convert_20160428224056

160429画像2

160429画像3_convert_20160428224152

160429画像4




福岡店の衛藤です。
今回は「大人の」恋愛漫画を紹介したいと思います。
大人の…とは言いますが、ここでの大人とは一般からちょっとずれた、ひねくれた大人たちのことをさします。そう、普段少女漫画なんて一切読まない、恋愛ドラマなんてもってのほか!なあなたです(安心してください、わたしもそのひとりです)。


「29歳――半人前の大人たちが繰り広げる、問題だらけの恋愛模様。

29歳のえいこさん。誰といっしょになるとか、どこで暮らしていくとか――そろそろ決めなきゃいけない問題も増えてきた。とはいえ、答えなんてすぐに出せない(出したくない!)わけでして……。ああでもない、こうでもない、と思い悩むえいこさんの厄介な日々を綴った『A子さんの恋人』、待望の刊行スタート!
注目作家・近藤聡乃が、初の長編連載のテーマに選んだのは“恋愛”! 恋人・友達・家族と絡まりあう29歳女子の日常描写は、連載開始から「リアル過ぎる」、「“あるある”の連続!」と話題騒然。そう、この漫画の中には、あなたも、あの子も、あいつもいるのです。」

(エンターブレイン公式サイトから引用)


2年のニューヨーク生活から帰国したA子さんには、日本ではまだ縁を切り切れていないA太郎君と、ニューヨークでのAくんという「ふたりの」恋人がいて、大学時代からの友人であるU子やK子、I子らともひと悶着ありながら、どっちつかずの悩ましい日々を送っている…
はい。登場人物の名前、すべてこれが公式名称です。A、U、K…などと記号を使用していながらも、それぞれ「えいこ」「ゆうこ」「けいこ」ときちんと日本語名称の音がわりふられています。
この表現こそが、「A子さんの恋人」の特性であり最大の魅力だと思います。
本来、名前をつけることによって、その物語は「名前のつけられたキャラクターのもの」になり、悩みやとまどいは本人たちの感情となり、わたしたち読者はそれに共感したり、応援したり、ときにはキャラクターそのものに好意をよせたりします。「A子さん」は「えいこ」と名前があるけども苗字がなく、ほとんどのキャラクターは本名すら明らかになりません。これによって人物が匿名性を帯び、固定人物を通してではない直接の共感を呼び起こすのだと私は思っています。そう、まさに「この漫画の中には、あなたも、あの子も、あいつもいるのです。」

自分に似たキャラクターを探すのも良し、「あの子に似てる」を探すもよし…この機会に恋愛漫画、挑戦してみませんか?


(福岡店/衛藤)


近藤聡乃「A子さんの恋人」はこちらから。
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=A%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%81%8B%E4%BA%BA
  1. 2016/04/29(金) 11:00:40|
  2. 福岡店衛藤

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション