岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猿好きの発端ってハヌマーンじゃなイカ?




今回は「幻獣の星座」を紹介させていただきます!
懐かしいって方もいるんじゃないでしょうか?
2000年にサスペリア、サスペリアミステリーで連載されていて小学生の私は大興奮で読んでました(笑)


160811画像1
160811画像2


サスペリアって言うと「吸血鬼美夕」思い浮かべられがちですが、これもいい作品なんですよ!
主人公の神志那風斗は先読みなどオカルティーな能力を持った少し変わった高校生。
ですがそこにガルータという鳥頭の男が現れ・・・?ってところから話しが始まります。
ホラー誌なんでちょいグロ?とか幽霊とか出てきます。


160811画像3


160811画像4


そして幻獣達が個性的で可愛いかったりカッコよかったり・・・!!!
ハヌマーンちゃんマジで可愛いんですよ!初期は頭身高いのにみるみる縮んで・・・!
私小学生から猿推しやったんか・・・と最近気がついて驚愕しました(笑)


160811ハヌマーン1


160811ハヌマーン2



この第一期「幻獣の星座」は実は主人公風斗は実はダラシャールの王の生まれ変わりか?!ってところで大人の事情で打ち切りになります。
本当にいいところでばったり終わるので当時歯がゆかった覚えがあります。
そして、2014年8月にまさかの・・・まさかの復活を遂げました・・・!!!!


160811画像5


「幻獣の星座 龍王伝」こちらの発売が前作より7年の時を経て販売されました!
こちらは主人公風斗が王候補に対し、自身が連れてきたアティーシャこそ本物の王だと対立をした、龍王(ナーガ)とゆう幻獣の話しです。
本編では語られない深い部分に関わる話しので全巻読了後に見るとより深く楽しめると思います!


160811画像6


そしていよいよ完結編「幻獣の星座 ダラシャール編」
最後の方詰め込み感もありますが、今まで出てこなかった幻獣もここぞとばかりに出てきて全員集合大所帯大団円となります。
一気に読みたい方は新装版が出てるので合わせて買って一気読みがおすすめですね!


160811画像7


最後に・・・これで本当にお終いか・・・と感傷に浸った直後にこの爆弾である・・・!!
本当に嬉しい限りですね!
しかも最終決戦の重たさから一変!美少女ゲームの中に入っちゃう主人公一向!!
どうしてこうなった?って状態ですが面白さは相変わらずです!

現在連載中なので、あのドタバタをぜひお手元でご堪能ください!

通販はこちら→
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%B9%BB%E7%8D%A3%E3%81%AE%E6%98%9F%E5%BA%A7

(うめだ店/内山)
  1. 2016/08/11(木) 10:32:26|
  2. うめだ店内山

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。