岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

2016年から1巻が発売した作品縛りで、個人的ベスト5!




うめだ店の吉野です。
今回は2016年上半期の個人的総括と称して「2016年から1巻が発売した作品」の
個人的ベスト5を振り返ってみます。

【第5位】涼川りん「あそびあそばせ」

あそびあそばせ


学生時代流行ったしょーもない遊びをある意味、命を懸けてやっている様が
表情や言動から読み取れて面白いです。
おおよそ女子高生の顔つきとは思えないおっかなさが後をひき、帯のアオリ通り
中毒となりました。


【第4位】青野春秋「100万円の女たち」


100万円の女たち


前作ではニートを描いた作者が、今作では真逆のシリアス&サスペンス!
サバサバした画の雰囲気が恐怖感を駆り立てます。
連載では謎が解明されていっているので、まだ未読の方は単行本から読むこと
をお勧めします。


【第3位】大和田秀樹「所得倍増伝説 疾風の勇人」


疾風の勇人


実在の政治家・池田勇人をモチーフとして、大和田先生得意のドラマチック誇張
で熱さを駆り立てられる半ノンフィクション漫画。
互いの思惑が交差する政治家同士の交渉、看破しようと様々な言葉を発する“駆け引き”
の部分が最大の見所です。


【第2位】藤本タツキ「ファイアパンチ」


Fパンチ


能力バトル漫画はジャンプが得意とするところでありますが、
能力が概ね不幸な方向へ向いているのは新しいです。
最近の連載では映画好きのトガタの狂人っぷりが良いですね。
こんなキャラ、なかなか思いつかないですよ。


【第1位】山本英夫/池上遼一「アダムとイブ」


アダムとイブ


商業誌で「描きたいものを描く」というのは制約もあって難しいことです。
山本英夫と池上遼一の両雄だからこそ造れた漫画なのかもしれません。
お題は単純明快で、ヤクザVS透明人間!
山本英夫先生の斬新なアイデアを池上遼一先生が漫画として表現すると、
こうも艶のある漢(オトコ)が出来上がるものなのか!

…今回は駆け足で個人的上半期ベスト5を振り返ってみました。
「これはぜひ読んでみたい!」と思った作品があったら、下記の通販ページリンクまで!

担当:うめだ店 吉野

★WEB通販はこちら。

・涼川りん「あそびあそばせ」

・青野春秋「100万円の女たち」

・大和田秀樹「所得倍増伝説 疾風の勇人」

・藤本タツキ「ファイアパンチ」

・山本英夫/池上遼一「アダムとイブ」
  1. 2016/08/22(月) 10:51:15|
  2. うめだ店吉野

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション