岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

じわじわ来てます水族館マンガ




中野店の臼井です。
あまり人には言っていないのですが、私の趣味のひとつに「水族館」があります。
もともと学生時代に6年ほど生物部に在籍しており、貝の浄水能力の研究をしたり、海ほたるを光らせたりしていたのがきっかけです。
だいたい月1くらいで水族館に赴いては、大水槽の前でぼんやりと過ごしたりするのが好きで、よくやります。


usui0801.jpg


先日も葛西臨海水族園のマグロの大水槽前に座って「永遠に見ていられるなぁ…」などと思いながら休みを満喫しました。
ちなみに都内の水族館は、

・サンシャイン水族館→小規模ですが、池袋に行ったついでに寄れるよい水族館。大水槽が特にオススメ。
・葛西臨海水族園→都心からは少し離れるが、都営なので入館料が安く広いのでファミリーに良し。
・しながわ水族館→都内で海獣を見るならココ。駅近でアクセス良し。ちょっとお値段が高め。
・すみだ水族館→スカイツリー周辺を含めてまる1日楽しめる。営業時間が長い。クラゲを見たいならココ。

という感じでうまく住み分けされているなぁという感じです。
ほとんどの水族館が2回分の入場料で年パスを購入できるので、私のようなヘビーユーザーは年パスがお得です。
神奈川まで出るとさらに大規模な水族館がたくさんあるのですが、なかなか足が遠いです。
これ以外にも限定開催のアートアクアリウムなどがありますね。あれもまた良いものです。

さて、そんな水族館好きな私が今回紹介するマンガはこちら。


usui0802.jpg


「水族館ガール」実業之日本社/原作:木宮条太郎 漫画:天樹あおい

NHKでドラマ化されているのでご存知の方も多いかと思います。
小説を原作としたコミカライズで、全1巻で気軽に読める作品となっております。
水族館の裏側の苦労を描いた作品で、特にイルカのショーを中心とした人間ドラマが展開されます。


usui0803.jpg


イルカショーはやっぱり水族館の花形。
ジャンプは盛り上がりますよね。


usui0804.jpg


つらい別れのシーンもあります。
イルカって最後は溺死なんですね…知りませんでした。


usui0805.jpg


ペンギンもちょっとだけ出ます。
でもペンギンを見るなら別の漫画のほうがいいですね。


usui0806.jpg


ちょっぴりラブなシーンもあり。
イルカ様が見てる、って感じですね。
こういったところはドラマ向きだなぁと。

ところで最近、水族館マンガが増えてきていると思うのです…密かにブームなのでしょうか。
まだ単行本にはなっていないところですが、


usui0807.jpg


「恋する水族マン」講談社/我孫子祐
週刊少年マガジンで連載中のこちらとか…。


usui0808.jpg


「人魚姫の水族館」白泉社/伊藤正臣
こちらはヤングアニマルで連載中の作品です。


usui0809.jpg


「Bバージン」小学館/山田玲二
古いですがこのあたりも…?

ただ全体的にやはり華やかなので海獣×ラブコメがメインの漫画が多し。
もっと熱帯魚とか深海生物の部分をフューチャーした水族館漫画はないのかなぁと思いつつ。
とりあえずはこれですね。


usui0810.jpg


「深海マンガくらげちゃん」講談社/そにしけんじ
深海を求めるときはこれを読んでほっこりしましょう。

いずれも水族館に行きたくなるマンガばかりです。
この夏はマンガを読んで、涼しい水族館で過ごしてみませんか?


「水族館ガール」はこちら
「Bバージン」はこちら
「深海マンガくらげちゃん」はこちら


(担当:臼井)
  1. 2016/08/23(火) 10:59:28|
  2. 中野店臼井

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション