岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オリジナルと文庫版の差

コミックファンの間では「あずまんが大王」の旧装と新装にどれだけの修正や加筆があるのか、を調べている人が多いだろう本日。しかしこのコラムでは「新さん」のオリジナル版と文庫版でどう差があるかを調べてみたいと思います。なんとも需要ないネタですね。

     ましまし2

こちらがオリジナル版。A5判、マガジンハウス刊。97年発行。

     ましまし1

こちらが文庫。新潮社刊。04年発行。いまオリジナルを見て思ったんですが、新さんのモデルって、香田晋なんでしょうか。顔がそっくりですよね。

     ましまし4

こちらが第1話「ましまし」の注文を取るシーン。

     ましまし3

でこっちが文庫判。「おまちどお」になってますね。とはいえ間違いではない、「こんにちは」「こんにちわ」のように意味は通じるレベルでの修正です。

     ましまし

オリジナル版。「増量すると」「テレッくさくてもう行けねえよ」が、

     ましまし6

文庫判では「いっぱいいれると」「きっともう来ないかもしれないし」に。

実は文庫判読んだときに「こんなラストだったっけ」と気になったんですよね。それでオリジナルを読み返してみたら科白が違う。特に問題のある表現でも不親切でもないのですが、この方が良い、と判断されたんでしょうね。単なる再録に終わらせず手間を惜しんでいないのが分かります。
このように泉昌之名義での本は、こういう科白の書き換えが多かったような気が。かっこいいスキヤキ、の文庫判でも「こんな表現だったっけ」という箇所があったように思うのです。

ちなみに「普通のラーメン ま、ましまし」といってしまったあとの新さんのこの自戒の表情。わかりますねえ。

     ましまし7

     ましまし8

あとこの二郎描写。太い麺、ドンブリからあふれる野菜、そしてなんといってもこのゴツい豚。チャーシューでも焼き豚でも角煮でもない「豚」の感じがたまりません。「まだ二郎という概念が世間にはそんなに知られていない」ネット前夜でこの描写。

     ましまし9

対してこちらは前述した「ラーメン王子」2008年。もう「二郎」がどんなものかだれもが熟知してる年代で、いくらでも二郎の画像は追うことができる環境での「二郎」の小ぶた。ラーメン紹介マンガでこれです。どっちが上手いかといえばそれは「ラーメン王子」のほうが上手いかもしれないですが、どっちが二郎らしいかといわれたら、ぼくは「新さん」を選んでしまいますね。ブタの質感ただその一点で。

そういえば「新さん」の帯は電気グルーヴのピエール瀧。「孤独のグルメ」のオリジナル版の帯はスチャダラパー(の誰だったは失念)でした。「デトロイトメタルシティ」の帯が木村カエラだった(しかもどうにもイマイチな紹介文)のと比べるとなんとなく違う気がしますね。

  1. 2009/06/21(日) 22:31:35|
  2. ラーメン二郎

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。