岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

ミス・ポピーシードのメルヘン横丁




長い研修期間を終えて無事大阪に帰還しました。山崎です。

着いた頃は雪が積もっていたアスファルトも陽炎ゆらめく季節になり、いざ東京を離れるとなった時、その期間の長さを実感しました。単純な季節の移り変わりというより、居心地の良さだったと後になって考察します。

自身の確かな変化を感じつつ、7ヵ月ぶりに扉を開けたマイルームはあの日のままで、とはいえ変わっていたら変わっていたで驚きなのですが、埃一つ積もっていないという状態は驚愕しました。
※ただ、1つ……室外機が壊れていて1週間エアコンが使えないという地獄を味わいましたが

今回紹介するの大掃除を済ませ、ひと段落した所で久々に本棚から取り出した一冊から――


ミス・ポピーシードのメルヘン横丁/山本ルンルン
A5版/小学館


160913【画像1】160913【画像2】


山本ルンルン先生の作品は定期的に読み直します。
それは大体何かの節目だったり、本棚から目についた時だったりするのですが読むたびに底知れぬ魅力に感心させられます。
代表作に“シトラス学園”“オリオンストリート”“マシュマロ通信”、そして現在連載中の“はずんで!パパモッコ”どれもがメルヘンでキュート、時折ブラックでポイズンな調子もルンルンワールドの魅力。


160913【画像3】160913【画像4】


160913【画像5】


ファッションの「ファ」の字も皆無な自分が語るのもなんなんですが、登場キャラクターのファッションも最高にかわいくてオシャレ。60~70年代のヒッピースタイルを思わせるファッションで、ボタンフライのベルボトムとかめちゃくちゃカッコイイ(おしっこしずらいけど)


160913【画像6】160913【画像7】


多くはフルカラーコミックで色彩も楽しむことが出来ます。

その中で個人的に1番だと思う作品が『ミス・ポピーシードのメルヘン横丁』
純粋に、ポピーシードのキャラクター良い。気だるげな表情でいつもタバコを片手に世の中を冷めた目で見てるけど、しっかりと人情家で達観した考え方は、悲しみや不幸とどう付き合えばいいのかを知っているかのようで読むたびにポピーシードに惹かれます。


160913【画像8】


160913【画像9】


160913【画像10】


160913【画像11】


B6版/芳文社①②巻と復刻版のA5版/小学館上下巻があり、復刻版には書き下ろしのエピソードが入って、個人的にもA5版をおすすめします。(装丁の配色がいい)


160913【画像12】【160913画像13】

※こちらは芳文社版

ストーリーは、春から大学生活を送るマーガレットがメルヘン横丁にあるアパートを探す所からはじまります。


【160913画像14】


雑務をこなすだけで家賃はタダという破格の物件のオーナーは、はぐれ魔女のポピーシード。ポピーシードは自身の魔力を使った「ポピーシードのよろず相談所」を開き執事のベルガモットと細々と生活をしています。


160913【画像15】


話しの内容も紹介したいのですが、それは読んで実際に感じて欲しいと思うのでここには掲載せず(汗)
ざっくりと言えば、どの話しも心にグッとくるストーリーで、暗い話が多いとも言われますがじっくり読めば案外そうでもなかったり。ほどよいブラックユーモアが心地良いビタースイートな作品。
一度立ち止まってゆっくりと落ち着きたい時にお薦めします。


ルンルンの本置いて無いーー!!そんな時はこちら↓
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%83%B3



(うめだ店/山崎)
  1. 2016/09/13(火) 10:59:08|
  2. うめだ店山崎

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション