岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

第8回 思い出すんだ、小銭を握り締めゲーセンに通い詰めたあの日 々を… 




KOF14のDLCであるクラシック・京の台詞がちゃんと当時のものに変わり、ノーマル版の
使い回しでない事につい最近気付いた今日この頃。
今回紹介するのはコチラ


161017ブログ1


新声社から発売された作画:天獅子悦也の龍虎の拳です。
「むこうぶち」で有名な作者ですが、SNKの格闘ゲームのコミカライズも行なっており、
そのどれもが素晴らしい出来で同じく新声社の中平正彦のストリートファイターの
コミカライズと並んで自分のバイブルです。


161017ブログ2


当時から作者の味のある画は完成されており、


161017ブログ3


161017ブログ4


非常に躍動感のあるバトルが描かれます。


161017ブログ5


この男の名は藤堂竜白…
次回作の竜虎の拳2で唯一リストラされてしまい、その後は背景キャラが定番となってしまう不運な男。


161017ブログ6


彼の口から語られるタクマとの因縁。
道場破りに来たタクマと対戦するも徐々に押されてしまいます。
しかし、彼には秘策がある。
そう…彼の唯一の必殺技、重ね当てが!


161017ブログ7


ところがタクマは重ね当てをまともに喰らってもほぼ無傷。
竜白の気を未熟と笑い、自身の気を高め放たれるは覇王翔吼拳!
その威力はすさまじく


161017ブログ8


道場を破壊し、竜白を吹き飛ばしてしまいます。
まあ、タクマは後に大型都市を消滅させる衛星兵器のビームを覇王至高拳で弾き飛ばすんですけどね。
ていうか、よく無事だったな竜白…


161017ブログ9


Mr.BIGにチャイナタウンの制圧を任せられる“ヤングボーイ”と呼ばれるこの男は一体?


161017ブログ10


タクマの過去についても知っているらしく、タクマを誑かします。
日本にも興味を抱いている模様。


161017ブログ11


161017ブログ12


格闘の腕もすさまじくMr.KARATEともある程度互角に渡り合い、
覇王翔吼拳もとっさにガードをします。


161017ブログ13


このコミックの中でのベストシーンを選ぶならココ!
強敵であるMr.BIGに対し、左右からの連撃から放たれるダブル覇王翔吼拳!!
この流れは2005年の「ネオジオバトルコロシアム」で再現さていましたね。


161017ブログ14


161017ブログ15


そしていよいよリョウとMr.KARATEの最終決戦。
リョウの放つ技に対し、それぞれの上位版で相殺ないし一方的に打ち勝つMr.KARATEの
圧倒的な強さ!


161017ブログ16


161017ブログ17


覇王翔吼拳は互角…かと思いきや何と連発で放てるMr.KARATE。
2発目は覇王至高拳で放たれ、まともに喰らいます。
徐々に追い詰めれるリョウ。
体力ゲージは残り僅か、しかし龍虎の拳にはあの技がある!
格闘ゲームに於ける乱舞技の元祖!!


161017ブログ18


龍虎乱舞。コマンドは↓?→+C・A


161017ブログ19


そして、ゲームと同じエンディングへ

全ては終わった…かと思いきや場面は変わり、サウスタウンのあるビルの屋上へ


161017ブログ20


161017ブログ21


“ヤングボーイ”の正体が判明します。
彼の名はギースハワード。
格ゲー界を代表する悪役である彼の若かりし頃の姿です。
ゲームでの登場は龍虎の拳2からですが、コミックの発売時にはすでに稼動していた為、
龍虎の拳2で唐突に登場した事に対する具体的な理由が示されています。

ギースの本格的な動きは続編のコミックでより詳しく描かれていますが今回はこのあたりで失礼します。


担当:藤井


天獅子悦也の作品はコチラ
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=11&keyword=%E5%A4%A9%E7%8D%85%E5%AD%90%E6%82%A6%E4%B9%9F
  1. 2016/10/17(月) 10:54:07|
  2. うめだ店藤井

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション