岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

要約/私は百合の花が好きです




あのさァ!!「聲の形」のさァ!!公式ファンブックに載ってたってきいたんだけどさァ!!



植野と!!


161023画像001


佐原が!!


161023画像002


くっ付くっていうはなしでさァ!!



植野(かわいい性格悪い系女子)と!!


161023画像003


佐原(高身長かっこいい系女子)が!!


161023画像004


一緒に住んでるって話でさァ!!



なんだよそれ・・・最強じゃん・・・え?待って?いっしょにすんでる・・・?

いっしょにすんでるって何それ・・・?え?それ同棲じゃね?

何それっていうかむしろナニしてんだって話でオイどういうことだ佐原ァァ!!(錯乱)



はあ・・・はあ・・・しまった・・・すっかり取り乱してしまいました・・・ごめん(「イコライザー」のデンゼル・ワシントン風に)。



はい。



さて、いきなり見苦しい文章で気分を害された方に向けてみんな大好き植野さんのまるで天使のような画像を貼っておきましょうね。


161023画像005


あ、画像間違えた。まあいいや。



 とまあそんな感じでとても頭悪い感じに始まったスタッフ斧ブログ2回目ですね。僕はといえば最近は「綾野剛がまじであっくす(僕のあだ名)だからすぐ観に行け」と大学時代の友人に言われてちょうど観たい映画だったし行くかーとフラっと観に行った「怒り」がとっても気に入ってしまいました。あの誰かを結局信じられなかった人とそれでも最後は信じた人と信じてた人に最悪の形で裏切られた人の対比がね。もうね、「ここでエンドロール来ちゃったらどうしよう・・・」って思いながら終盤は戦々恐々としてましたよ。問題の綾野剛はのっけから妻夫木くんと濃厚な絡みを見せてたので(え?俺っぽいってそういうこと?)と思わずにはいられなかったですが、まあでも不思議と観てるうちに綾野剛の仕草とか喋り方とか完全に自分とダブって見えるっていうかもうあっくすじゃん。綾野剛はあっくすだった・・・?いやもはや僕が綾野剛なんじゃね?(うるさい)

 あと余談ですが男同士のそういうアレなら「キル・ユア・ダーリン」のダニエル・ラドグリフとデイン・デハーンのキスシーンが素敵だという話を私はしたい。ひょっとして僕はBLもイケるかもしれない・・・?



 そんな感じで今回ご紹介するのは「怒り」の話も綾野剛もダニエルもデインも全然関係ない「聲の形」の作者大今良時繋がりでこちらァアアア!!!(深夜のテンション)



161023表紙1161023表紙2161023表紙3
161023表紙4161023表紙5161023表紙6
161023表紙7



マルドゥック・スクランブル(講談社・全7巻)

原作:冲方丁 作画:大今良時




「天地明察」などの歴史小説や「シュピーゲルシリーズ」などのライトノベル、「ファフナー」などアニメ脚本でもおなじみ冲方丁先生のSF小説を、「聲の形」の大今良時先生がコミカライズしたものにして彼女の連載デビュー作です。



 舞台は戦争で技術的にも経済的にも発展を遂げたサイバーパンク風NYと言った感じの港湾都市・マルドゥックシティ。そこで身寄りのなく少女娼婦として生きていた主人公ルーン・バロットは、自分を拾って世話をしてくれたカジノディーラー・シェルに突然自動車事故に見せかけて焼き殺されかけます。



161023画像006


161023画像007


 皮膚のほとんどを焼いて失った瀕死の彼女を救ったのは、一人の男と一匹の金色のネズミ。元軍属の科学者と軍で開発された「どんな道具や武器にでも変身できる生体兵器」のコンビ、ドクター・イースターとウフコックでした。



161023画像008


161023画像009


 彼らは人命保護の場合に限り法的に禁止された科学技術を行使できる緊急法令・09(オー・ナイン)法案に従事する委任事件担当官でした。シェルのバックについているとある企業の犯罪行為を立証するため、以前から彼をマークしていたのです。



「なんで私なの?」



 失った皮膚の代わりに、特殊な人工皮膚を移植され、あらゆる電子機器に干渉できる能力を得たバロット。自分が殺されかけた理由を知り、シェルの犯罪の証拠を集めて事件を立証するため、イースターとウフコックに協力することを決意します。


161023画像009a


 一方でシェル側は、『当事者の死亡または失踪により事件が不成立』となることを狙い、次々と刺客を送り込んでくる・・・。


161023画像010



 はい、僕が作家・冲方丁を知りSF好きになるきっかけになった作品です。高校生のときに表紙買いしてドハマりして原作そろえて連載も追っかけた思い出。

それから伊藤計劃と円城塔も大好きになって昨年の映画「ハーモニー」のあまりの出来に血の涙を流したんですがまあその話は今はいい。



 主人公バロットは物語開始時点では何もかも諦めていて絶望していて、「死んだ方がいい」と自分に言い聞かせてしまうほど。というのも彼女の人生ではそれまで本当にいろんなものを奪われていて、希望とか幸せとかそういうものは望むだけ無駄だと思い知らされてきたからなんですが・・・。


161023画像011


その内容がまあ悲惨で、末端神経症で働けなくなった父親に処女を奪われてそれから近親相姦が日常になるわ、そのことを知って激怒した兄が父親を拳銃で撃って刑務所送りになるわ・・・。


161023画像012


それから保護された施設では性的虐待が横行していて逃げ出した果てに売春宿に拾われるんですよ。そこで行為の最中にまったく反応をしないからついたあだ名が雛料理(バロット/孵ってないヒナをそのまま煮殺して食べる料理)。え?これ少年誌に掲載してたの?やっぱり俺たちの別冊マガジンはひと味違ェや。



 結局居着いた売春宿も警察の手が入ったことで潰れて、とうとう行くアテが無くなったバロットのもとに現れたのがシェルでした。


161023画像013


 カジノのディーラーという立場を利用してマネー・ロンダリングに手を染めている彼は、その過程で6人の少女を殺しています。しかもそのたびに自分の記憶をデータ化して脳内から消去してるので、バロットの件に関しても同様に記憶がない。


161023画像014


161023画像015


もっぱら事件の証拠としてその記憶データを手に入れようとする、というのが物語のキモになります。この人もすごい悪人に見えるけど大分悲惨な経験してるんですよね・・・。終盤で明らかになるトラウマ描写がまあ哀しいこと。あと大分直接的でショッキング。え?これ少年誌に載せていいの?やっぱり俺たちの別冊マガジンはひと味違ェや。



 そんなシェルがバロットの元に送り込む刺客。イースターとウフコックの元同僚であり、ウフコックの元パートナー。あるとき突然暴走し事件関係者を皆殺しにしてまわり、2人と決別したディムズデイル・ボイルドです。彼は疑似重力(フロート)によって壁や天井を歩き回り、バカでかいリボルバーをぶっ放す大男。


161023画像016


161023画像017


161023画像018


ボイルドはバロット殺害のため、都市のアンダーグラウンドを根城にする殺し屋集団、バンダースナッチカンパニーを雇います。


161023画像019


イカれたメンバーを紹介するぜ!



161023画像020


ミディアム・ザ・フィンガーネイル!変態!


161023画像021


レア・ザ・ヘア!変態!


161023画像022


ミンチ・ザ・ウィンク!変態!


161023画像023


フレッシュ・ザ・パイク!変態!


161023画像024


ウェルダン・ザ・プッシーハンド!変態!以上だ!



はい、人体移植が趣味の畜産業者の皆さんでした。いい変態っぷりです。最高です。でも真の変態は原作の改訂版を出すにあたって全3巻分の原稿を全文書き直したり、執筆中に自分が書くキャラにリンクしすぎて半年間失踪したりした原作者・冲方丁自身であることを僕らは知っています。ありがとう先生、あなたが変人でよかった・・・。


161023画像025


楽しそうで何より。



でもさァ・・・この人たちも元軍人で戦場でいろいろあったんですよ。それこそ主人公のバロット並に大事なものを奪われて、それをなんとか埋め合わせようと足掻いてる人たちなんですよ。この漫画版だと原作にはないメンバー一人一人のトラウマがフラッシュバックするシーンがあって、それがより明確になってるというか。主人公がたどるかもしれなかった可能性の一つというか。トラウマを抱えたまま誰も救ってくれる人がいなくて、そのまま怪物になってしまった人たちで、それをバロットがウフコックとともに撃退して行くのにはなんともいえない物悲しさを感じます。


161023画像026



さて、こういう刺客たちと戦うにあたってバロットが次第に特別な感情を寄せて行くことになるのがウフコックです。彼はどんな道具にも変身できる万能道具存在(ユニバーサルアイテム)なんですが、体臭から相手の感情を読み取る力も持っていて。それゆえ武器としてのフォローだけでなく精神面でもバロットをサポートします。


161023画像027


物語序盤、自分が生き残って幸せになれるなんて信じられないバロットはウフコックが変身した拳銃で自殺しようとします。でもその拳銃に引き金が無い。


161023画像028


もう彼の優しさと人間性(?)が全部詰まった場面です。そりゃバロットも惚れますよ。ネズミと少女のラブストーリーですよ。どうですかこの萌えポイント。昨今の人外ブームを先取りしてた感じがしないですか。


161023画像029


あと上記の「銃に引き金がない」というシーンがクライマックスでもう1度繰り返されるんですけど!もうね!そのときの状況とそれが持つ意味がね!!もうヤバいんですよ!!泣きましたよぼくは!!



そして物語が進行し、シェルの犯罪の証拠となる記憶データがカジノの100万ドルチップに隠されていることを知った一行は、事件に勝つためにシェルがオーナーを務めるカジノに赴きます。ルーレットやポーカー、ブラックジャックなど、大金が動くゲームに勝利し、データが納められた100万ドルチップを4枚手に入れるため。


161023画像030


そして一部(主に冲方ファン)ではもはや伝説となっているカジノシーンが幕をあけます。


161023画像031


161023画像032


5巻から始まるカジノ編において、当初「死んだ方が良い」と口にし、自殺までしようとしていた少女バロットは、やがて自分が生き残るために選択し、自分の人生に一糸報いようと尽力します。全ては殺されかけた理由をしるために。自分を助け出してくれた人たちに応えるために。これまでの人生にふりかかった悪運だの運命だのを乗り越えるために。


161023画像033


そして物語は一気に終幕へと向かってゆきます。

これは、卵の中で煮殺されていた少女が、自分で殻を破って羽ばたくまでの物語です。


161023画像034


161023画像035


161023画像036


161023画像037


161023画像038


161023画像039


161023画像040


161023画像041


161023画像042


161023画像043



私情ですがかなり好きな一作です。オススメです。





この作品並びに「聲の形」の通販はこちら
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=11&keyword=%E5%A4%A7%E4%BB%8A%E8%89%AF%E6%99%82
原作含めた冲方丁作品の通販はこちら
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=11&keyword=%E5%86%B2%E6%96%B9%E4%B8%81

(担当 斧)
  1. 2016/10/24(月) 10:36:56|
  2. 中野店斧

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。