岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

母の言葉は偉大也




わたしが紹介する作品はこちらです。


161025画像1


主人公の《江山藍都》は毎日理不尽なイジメの日々に絶望していた。そんな藍都のもとにある日奇妙な手紙が届く。それは誰でも好きな相手を一ヶ月監禁できるという『監禁ゲーム』への招待状だった。
期間中、監禁相手を殺さなければ何をしても許され、さらには相手に正体がバレなければ一千万円の大金も手に入る。
監禁相手をイジメの首謀者である《桐嶋彩》に選んだ藍都はどのようにして監禁ゲームを進めていくのか…。
こんな感じの内容になっています。


161025画像2


監獄実験繋がりで調べてみたのですが、《スタンフォード監獄実験》なるものが1971年8/14~8/20まで、アメリカ・スタンフォード大学心理学部で心理学者フィリップ・ジンバルドー氏の指導の下に、刑務所を舞台にして、普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまう事を証明しようとした実験が行われていたみたいです。
詳しい概要等は省きますが、結果として強い権力を与えられた人間と力を持たない人間が、狭い空間で常に一緒にいると、次第に理性の歯止めが利かなくなり、暴走してしまう。しかも、元々の正確とは関係なく、役割を与えられただけでそのような状態に陥ってしまうことが分かりました。(世界的にそこそこ有名な心理学実験みたいで映画化もされているみたいです。)
実際に作品の中でも藍都の正確が段々と変わっていく様子が見受けられます。


161025画像3161025画像4


自分は昔から「人が嫌がることをしたらその分自分にも返ってくるんだよ」と母に言われ続けてきました。この作品を
読み進めていてふと思い出しました。
ですがこの言葉は藍都にもいえる言葉ですね。


161025画像5


果たして藍都は彩への復讐を成功させるのか、それとも藍都にも何か報いがある
のか、先の展開が楽しみですね。
現在2巻まで出ているので気になった方は是非お手に取ってみてはいかがでしょうか?


『監獄実験』通販ページ↓
https://ekizo.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E7%9B%A3%E7%8D%84%E5%AE%9F%E9%A8%93&soldOut=0&dispCount=48

(コンプレックス/山田)
  1. 2016/10/25(火) 10:48:30|
  2. スタッフおすすめコミック

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション