岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Gがこんなにスゴイなんて!!




元気ですかーッ!!

“G”してますかーッ!!

・・・え?Gって何だって??バカヤローッ!!

“G”といえば・・・何だ?G−DRAGON?G馬場?それともマンピーのG・・・。

ま、まぁ人の数だけGがある。それぞれのGを胸に読んで頂きたいのがこちら。

『Gのサムライ』田中圭一(リイド社)


170101画像1


絶対に誰かこのブログで取り上げられるであろうと予想していたら、今は亡き石田が「下品」の一言で片付けたのみだったので、やはりこれは私の案件なのかなと思いここに筆を下ろす、いや筆を執るに至った次第。

田中圭一センセと言えば今では“イタコ漫画家”として手塚治虫ゴッドを始め様々な大御所先生の画風を我が物のように操り、ひたすらオゲレツなギャグマンガに仕立て上げるというスタイルを確立しつつあります。
これはモノマネで言えばコロッケや清水アキラ。てことはそんな芸風を快く思っていない手塚るみ子さんが淡谷先生のような役割なのでしょうか。アナタ、もっとマジメにやりなさいよ!

さて、この『Gのサムライ』。掲載誌が「コミック乱ツインズ」ということで時代劇です。
そして時代劇らしく憑依するのはあの大御所!?


170101画像2


目次を見てもそれがダイレクトに表れています。

舞台は島。ここに島流しにあった貴族と侍が主人公です。


170101画像3

170101画像4


何にもない島でいかに性欲を解消するか、それがこの作品のテーマなのです。

二人は溢れ出てくる情熱とアイデアを以て“ネタ”を追求。

しかしそのどれも予期せぬ方向へ向かってしまい・・・。


170101画像5

simi画像6

simi画像7


藁でダッチワイフを作ったり、


170101画像8

170101画像9

170101画像10

170101画像11



木の実を使ったり・・・。


170101画像12


遂に生身の女性とまぐわいかと思いきや・・・。


170101画像13

どれもうまくいきません。


170101画像14

170101画像15

170101画像16


時には命がけ。


170101画像17

そして最後はきたがわ翔かと思ってしまいそうな心の叫びが!!

このように、DT男子の切実なテーマを時代劇というフィルターを通して死活問題として訴えかける、まさに性の「葉隠」!

「自慰道と云うは死ぬ事と見つけたり」

全国三千万のDT諸兄におススメの一冊です。

どーですか、お客さんッ!!

(担当 清水)

田中圭一作品はこちら!


  1. 2017/01/01(日) 10:59:59|
  2. 中野店清水

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。