岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内容は気持ちがいいほどの王道、でもテーマは邪道という黄金比




有馬記念、金杯と年末年始も心が躍る時期ですね。
障害レースが好きな私は中山大障害でも盛り上がっておりました。
今年は一頭も怪我をせず無事終わっていいレースでした。

さて、数ある競馬漫画の中でずっと気になっていた漫画がありまして。
今回入荷があったのでこちらを紹介!

講談社 井上正治 JUMPMAN ~ふたりの大障害~


1612261.jpg


タイトルどおり、まさかの障害レースのコミックです。おそらく唯一のテーマではないでしょうか。
作画はマラソンマンで有名な井上正治さん。

大まかなストーリーとしては父と子、一丸となって大レースに挑んでいく、その前には
いくつもの壁があり、というドストレートなまでに王道なストーリー。

しかし、テーマは障害レース。
競馬ファンの中でも障害レース興味ナシ!なんて人が多いのに、と驚かされますね。
しかしここはマガジン、興味の無い人が読むのが前提と言うスタンスなのか、かなりすんなり読めてしまう作品に仕上がっています。

最初のシーンで主人公が障害レースを見るときもこの笑顔


1612262.jpg


このコマ!!これなんですよ!障害レースが好きな人は皆コレを声を大にして言いたいと思っているはず!
こういうコマから始まる競馬漫画、編集や、作者の方も難しいテーマなんだろうなと思ってしまいますね。

主人公の父親は以前落馬したときの傷を抱えていたり、長身のため減量に苦労している障害騎手。
しかしそんな父の勝利をいつだって信じている主人公。


1612263.jpg


しかし体は無常にも別の病気も発症してしまう父・・・病気を隠し「中山大障害」での勝利を誓います。


1612264.jpg


そして、レース当日、主人公の父が挑むレースも細かく説明が。


1612265.jpg

1612266.jpg


熱い中継!「踏み切って、ジャンプゥー!」と聞こえてきそうな勢いですね。

落馬寸前になりながらも、熱い気持ちで走り抜ける父


1612267.jpg


見事大障害の勝利を手にしたところで、第一部・完。

2部からは息子の競馬学校時代からスタートです。


1612268.jpg


競馬学校時代から天才の片鱗を見せ・・・


1612269.jpg


卒業後、中央競馬で才能が花咲きます。


16122610.jpg


しかし、挫折することも、あり。


16122611.jpg


こういった描写を熱くあき上げているのが、マラソンマンにも通じるところがありますね。

最終回は最後の目標のレース、グランドナショナル。
普通の競馬漫画では有馬記念やダービーが目標になることが多いのですが
コチラのまんがは障害レースの漫画ですから、目標もワールドワイドにグランドナショナルです。
グランドナショナルも、描写がダイナミックで、やさしい解説付き。

競馬にはまりたての人にも障害レース好きにもオススメの作品です。
古参のファンの方なら障害名馬・フジノオーも思い出しつつ読んでみてください!

SAHRAでの通販はこちら!
「JUMPMAN ~ふたりの大障害~ 」
マラソンマンや他にも名作そろい、通販ありますよ!
「井上正治」

(グランドカオス 高井)
  1. 2017/01/09(月) 11:00:50|
  2. グランドカオス高井

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。