岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

麻雀漫画をオススメしてみる 第4回




麻雀漫画をオススメする記事、第4回目です。
↓↓今までの記事はこちらをご覧ください↓↓
麻雀漫画をオススメしてみる 第1回
麻雀漫画をオススメしてみる 第2回
麻雀漫画をオススメしてみる 第3回

今回紹介するのは、作画・みやぞえ郁雄×原作・志村裕次「真・麻雀伝説 風の雀吾」(グリーンアロー出版)です。

風の雀吾

麻雀401


まず、最初に宣言しておきます。
思いっきりネタバレします。
ネタバレしたほうが読みたくなると思うので、この漫画に限り、ネタバレありで紹介させていただきます。


さて。
まずはあらすじです。

【あらすじ】
修行の旅から帰ってきた雀吾は、道場で父が倒れているのを発見する。決闘(麻雀)で破れ、封印していた十二の雀技を奪われたという。
その雀技は、父が若き頃ガムシャラに麻雀道を追求した末、悪魔に魂を売って造りあげた邪神の技!

麻雀402


雀吾は、父の仇をとるために、敵組織・夜叉連合と戦う決意を固める。
そして、夜叉連合も雀吾を放っておかない!

麻雀403


「我々は麻雀界に革命を起こす! そして再び卓の上を戦場にもどすのだ!」

敵はそれぞれ十二の雀技をひとつずつ習得して、雀吾に挑んできます。

この荒唐無稽な設定。設定こそ「なんで麻雀なんだよ」といった感じですが、それ以外……たとえば
「何故夜叉連合はわざわざ雀吾に勝負を挑むのか?」
「何故ひとりずつ挑むのか?」
「何故雀技はひとつずつしか授けられていないのか?」
といった疑問には、きちんとした理由があり、物語の展開とともに、ただのバトルものとは違った味わいが出て来て、全2巻とは思えないカタルシスを生みます。

さて。
ここで気になるのは邪神の技といわしめた十二の雀技が、はたしてどのようなものなのか?

第一の雀神技“三方魔円陣”こそ、一瞬手牌を見せることで捨て牌読みを惑わす、というマナー的にはともかく実に麻雀っぽい技なのですが……

第二の雀神技“残留思念陣”……相手がアガりたいと願いつつもあがりきれぬ悔しさ、恨み……牌に残るその残留思念を使い、代わりに自分が上がる!


麻雀404

……うん?
早くも怪しくなってきました。次も見てみましょう。

第三の雀神技“精霊陣”……精霊が手牌を覗いて教えてくれるよ。


麻雀405


そんな感じで、超能力バトルが繰り広げられます。
しかし、あくまで決着をつけるのは麻雀!

とか思っていたら……
いや、たしかに第十の雀神技までは“必ず天牌をあがる”とか“牌に命を与えて勝手に動く”とか、とんでもではありつつも麻雀の技のうち(?)なのですが、

第十一の雀神技“離霊陣”……相手を幽体離脱させる。


麻雀406

麻雀407


第十二の雀神技“太陽陣”……太陽の熱で相手を溶かす。


麻雀408

麻雀409

麻雀410

麻雀411


すでに麻雀で決着つけようとしていない。殺しに来ています。

最終的には時空を狂わせ、何兆何億という時間の流れを往復するという空間の中で麻雀を打ち、決着をつけることになります。


麻雀412


「麻雀牌が出るなら麻雀漫画」の定義でこれは誰が何と言おうと麻雀漫画であり、空前絶後の傑作少年漫画なのです。
麻雀漫画とはかくも可能性に溢れた、豊饒なる大地なのです(結論)。

【蛇足】
ちなみに自分が好きな雀神技、一番は文句なく太陽陣なんですが、ほか、お気に入りはここらへん(↓)です。

第四の雀神技“谺陣”……超音波で攻撃。あ、これも麻雀関係ないですね。
麻雀413


第十の雀神技“絶対陣”……相手の出すエネルギーをすべて吸収し、自分の力(ツモとか配牌とか)にする。
麻雀414


この“絶対陣”はちゃんと伏線もあって、敵・登竜の登場シーンをごらんください。
麻雀415


「この地と空のエネルギーを少し吸いとれば浮く事ができる」
ちゃんと自分の力を事前に教えてくれる優しい敵です。


【次回予告】

最新の長期連載がまさかの打ち切り! 不遇の麻雀漫画家の傑作長編2作を紹介予定。

(うめだ店/山本コウ)
  1. 2017/01/12(木) 11:00:40|
  2. うめだ店山本

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション