岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

灘麻太郎原作の忘れられた麻雀漫画「噫!麻雀創世鬼」




世には知られていない麻雀漫画が山ほどあります。
古い麻雀劇画雑誌を整理していたら、

「構想10年"カミソリ"灘麻太郎プロが放つ
必殺の大河伝奇ロマン!!」

と派手な文字が躍っている漫画雑誌を発見しました

。お、これは面白そうじゃないか??

タイトルは

「噫!麻雀創世鬼」

170320-01.jpg


掲載は「ギャンブル劇画」。1979年の雑誌です。
でも、待てよ……この雑誌、この号で休刊じゃなかったっけ?

案の定、ページの柱に

「『ギャンブル劇画』休刊のため「麻雀創生鬼」は次回から『劇画ザ・タウン』に引き続き連載します。ご愛読下さい。」

とあります(誤字原文ママ)。
10年構想の大作の連載第一回を、休刊号にぶっこんでくる編集部、なかなかのやり手である。

しかも……
引き継がれたはずの『劇画ザ・タウン』見ても、どこにも載っていない。


170320-02.jpg


え?
そんな……構想10年の、しかも、必殺の大河伝奇ロマンが? ちょっとヒドくない??
たしかに、このタイトルでgoogle検索かけても全然ヒットしないんですよね。自分も知りませんでした。
……なかったことにされた!?
(※ただ『劇画タウン』創刊号が無く、画像は創刊2号のもの。創刊号に載って、全2話の可能性も……ある?
情報求む、です)

さて、そんな「噫!麻雀創世鬼」ですが、どんな話なのでしょう?
表紙の目立つところに煽り文があるだけあって、巻頭カラーで始まります。


170320-03.jpg


なんと秦の始皇帝の時代から始まるようです。たしかに壮大な歴史ロマンです。

"怨みをのんで死んでいった男、陳麗!
今、時空を越えて彼の魂はよみがえった!!"

なるほど、どうやら右側の男が怨みを持って死んだ陳麗という男で、左の現代人が主人公だな。女性が描かれているということは悲恋か何かだろう。
なかなか情報の詰まったいい見開きじゃないですか。

物語は、中華統一を果たして始皇帝が、暇を持て余しているところから始まります。


170320-04.jpg


そして連れてこられた陳麗が紹介する遊びは……分かってますよ、麻雀劇画ですからね、麻雀ですよ、麻雀

「おそれながら説明を申し上げまするには
ここに百三十六体の美女の体が必要でございます」


170320-05.jpg


!?

予想の斜め上の要求をしてきましたよ、この男。
そして万里の長城に並べられる美女たち。壮観である。


170320-06.jpg

170320-07.jpg

ん?
何かに気づく陳麗。


170320-08.jpg


「名はなんと申す」
麻雀と申します」

!?


170320-09.jpg


陳麗、納得。
読者は、??。

そして始まる人間麻雀。
始皇帝は人間麻雀にハマってしまい、毎日行われる。そして美女たちの……いや、麻雀のために心を痛める陳麗。


170320-10.jpg


……って、考案者あなたですから!
権力者に取り入らんと非道な遊びを考案したけれど、良心の呵責に耐えかねた陳麗、ひとつの妙案を思いつきます。

「そうだ、彼女たちになにか変わるものを考案すれば」

その結果……


170320-11.jpg


爆誕する卓上遊戯「麻雀」。

以上が「麻雀」が誕生した経緯でした。そうかぁ「麻雀」って女の人の名前だったのか!
しかし、陳麗、これでめでたしめでたしかと思いきや、この「麻雀」が大流行りしてしまい、亡国の遊戯とされ、考案者の陳麗、命を狙われることになります(自業自得である)。

そして、時は飛び、舞台は現代へ。


170320-12.jpg

170320-13.jpg


は!?
この胸のオオトリのアザはいったい(棒読み)

唐突な胸の痛みに気を失ってしまう男性。
通りかかった僧侶は、胸のアザを見て、お寺に連れて行きます。
男性が目を覚ますと、和尚が話し始めます。

「変な夢……麻雀創世鬼の悲話でもご覧になったのであろうかな?」


170320-14.jpg


直球すぎにもほどがありませんかね!?
第一話から巻きが入っているとしか思えない展開です。
和尚の話は続きます。


170320-15.jpg


「おお、わしは恐ろしい 、オオトリの図を胸に持つ男との大戦が恐ろしい」
「では和尚、あなたでしたか、この私と対戦する相手とは!?」
「さよう、このわしじゃ」

なんとびっくり急展開。


170320-16.jpg


「わしが勝てば二千二百年昔の出来事があるいは変わるかも
 そして陳麗の怨念も消えるかも……」

って、和尚が勝たないといけないのかよ!
しかも、語尾が自信なさそう。


170320-17.jpg


そして、対局は後日、となり、主人公は寺を後にするのであった。


170320-18.jpg


…………
……


うん、これはヒドい

思わず、そう呟いてしまう麻雀漫画を読んでしまったので、ご紹介でした。
「完」の字と、セミの鳴き声が切ないですね。

「ギャンブル劇画」含め、「劇画タウン」「ガッツ麻雀」の販売は現在準備中です。続報をお待ちください。

(うめだ店/山本コウ)
  1. 2017/03/30(木) 11:55:42|
  2. うめだ店山本

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション