岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつの時代も




4月も後半を迎え、桜も散り新緑も目立ち始めた今日この頃……。
あてつけのように散りゆく花びらは綺麗だったそれまでの姿を想像させ、踏みしめて帰る薄桃色に染まった地面に(来年こそは花見をやろう)と心に誓う山崎です。

えー。今回紹介するのは順調に重版を重ねるこちら

170427-1.jpg


集英社 グレゴリウス山田/竜と勇者と配達人Ⅰ
PP加工されていないザラザラとした紙質のカバー。ほのぼのとした色彩の表紙はファンタジー要素にあふれ、RPG好きはとりあえず手に取ってしまうのではないでしょうか。

話の内容は駅逓局(郵便局)に務めるハーフエルフの吉田(♀)が配達依頼を受けあれやこれやと奮闘するお話。


170427-2.jpg


依頼内容も一癖も二癖もある内容ばかりで毎回ストレスを抱え込みながらも依頼をこなす吉田。
毎話登場するキャラクターや職種も珍しいものが多く、ファンタジーでありながらリアリティのある世知辛い話が目立ちます。


170427-3.jpg

170427-4.jpg

170427-5.jpg

170427-6.jpg

170427-7.jpg


商売魂というか、日々生きることに精一杯なキャラクター。


そして、この「竜と勇者と配達人」をもっと楽しむには同時発売された


170427-8.jpg


一迅社 十三世紀のハローワーク(パッと見はゲームの攻略本かと思ってしまいます)
こちらも合せて読むと2倍以上楽しむことが出来ます。

個人的に少し悔しい思いをしまして、ショハンオビツキー(初版帯付きじゃないと嫌だ)な自分が油断から買いそびれ、気が付いた時には売り切れ。書店という書店を探し1版の淡い希望から2版も買い逃し、3版にして妥協してしまったという経緯があります…(汗
十三世紀のハローワーク。その名の通り、当時の職業を題材とした“資料本”のような内容になってます。


170427-9.jpg

170427-10.jpg


眺めるだけでも楽しめるイラスト、分かりやすい解説も歴史好きやうんちく好きにおすすめ。

アッパー系ファンタジーが好きな人には物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、多様化するファンタジー世界へのアプローチの一端として一読をお薦めします。




通販はこちらから

十三世紀のハローワーク(同人版も込み)
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%8D%81%E4%B8%89%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF

(うめだ店/山崎)
  1. 2017/04/27(木) 11:01:28|
  2. うめだ店山崎

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。