岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

おっさんが考えるきゃりーぱむぱむ(発音できない)

芸能界において奇抜なものは注目を集めやすい、というのは鉄則ですが、80年代は「日本語をしゃべる外国人」というだけでタレントになった人がたくさんいます。90年代になるとオカマちゃんがタレントに、90年代後半にはちょっと変わった教授や評論家サブカル的な人気者もタレントとして消費されました。麻原彰晃がとんねるずといっしょに人生相談に出てた、って今考えるとすごい話です。

そんな中でもギャルというのは鉄板で供給され続けるキャラクター。神田うの以降というか、傍若無人キャラとかお騒がせ女子、みたいなノリで、この枠を争ってるグラビア美女あがりはたくさんいるわけです。

神田うのなんて、人々の印象に残る仕事なんて何ひとつしてないのに、なぜか季節季節でテレビに出てきて記者に囲まれてコメントしたりしてるでしょ。あれ収入はともかくとして、超勝ち組ですよ。何の仕事でのし上がったのか分からないけれど、いつの間にか全員名前知ってるなんてことは実社会じゃあそうそうないよ。

で今年になってきゃりーぱみゅぱみゅがブレイクしたのですが、中田ヤスタカのエレクトロを歌う、原宿系のバリバリなサブカル女子にもかかわらず、テレビでしか芸能にふれないオトーサンからみたら「ハデな格好したギャル」にしか過ぎないのかな、と思うような認識の模様。きゃりーぱみゅぱみゅとローラを同じ枠だと思ってるオトーサンは多そうです。

何故そんなことを思ったのかというと今週のビッグコミック「そばもん」読んだからですね。
「そばもん」は流れの蕎麦職人が主人公で、旨い蕎麦まずい蕎麦を「何故ダメか」まで含めて素人にも分かりやすく説明してくれる稀有な漫画で、最近では手打ちと機械打ちの差と利点欠点の話がよかった。

蕎麦好きにとっては手打ち至上主義というのは過去の思想ですが、手打ちだからといって何でもありがたがる人、機械打ちだからといってすべて否定する人、というのはまだまだ少なくありません。「水まわしは手で」「切りは機械で」「圧延はどうしたらいい」など、踏み込んで話しています・・・それでも、ときどき変な描写や説明もそれなりにあったりはしますが。でも分かってる人がちゃんと取材してるな、というのは感じますね。

で今号は「スーパーで売ってる家庭用のそばつゆはなんでこんなにマズいんだ」という話の続き。職人みたいにそばつゆをしっかり作るのは厳しいから、せめて市販のつゆを美味しく食べる工夫はないか・・・というのがテーマ。ですが、市販そばつゆマズいと訴える男性の娘がなんか。なんかアレです。名前も「ぱみゅ」ならぬ「みゅう」だし。

pamuoamu1.jpg

・・・まあこれだけではわからない。頭の上になんか乗っけることが多いきゃりーぱみゅぱみゅみたいにデコっただけなのかもしれない。まあ絵が古いことはさておくとしても・・・。でもこっちの絵を見て確信しましたね。

pamupamu2.jpg

右上のはこないだ出たCD「ぱみゅぱみゅレボリューション」限定版のジャケから。そのまんまサメ乗ってますね。
真ん中のは「もしもし原宿」のジャケからのインスピレーションです。

まあここまではいいとして、あとの3人があからさまにテキトーに描いた想像上の女子ですね。左の子とかKISSみたいになってるし。エレクトロというよりこれはグラムロックかメタルの人だよ。

pamupamu3.jpg

そんなきゃりーみたいな子が「ざるそば~~」「おそば大好き~~」。空想上。あまりに空想上の生き物です!

しかしよく考えてみてください。作者の山本おさむはもう60近いわけで、そんなヒトがきゃりーぱみゅぱみゅをちゃんと知ってるというのだけでも気が若いという気もします。主人公が作者を投影したセリフで「またしても混乱する昭和の人」「時代に取り残されていく自分を感じる」なんてのも出てくるし。ビッグコミック4兄弟の中でももっとも年齢層が高い「ビッグコミック」連載だから、読者的には「最近の若い子は奇抜だねェ」なんて意見の方が大勢でしょうしね。

でも、でもですよ。「Hey!ブルースマン」など描いているくらい音楽に造詣が深い氏だから、ひょっとしたらリアルで聴いているのかもしれない。山本おさむよりも1歳年上の小林よしのり(58)が、AKB総選挙にあれだけ熱く語る昨今、山本おさむがきゃりーにハマっててもおかしくは、ない・・・ですよね。 

・・・待て待て、どこのテレビつけても雑誌読んでも乗ってるAKBにハマるのと、原宿系はぜんぜんちがうだろ! 
  1. 2012/06/08(金) 22:17:40|
  2. こねた

妙にネコみたいなザク



gand1.jpg

久しぶりに岡崎優版のガンダムを読んだのですが、やっぱり「子供向けなんだから細かいこといわなくていいだろ」感が最高ですね。「くそ、しょうがねえな」「ちっ、今度は赤い彗星ぬきかい!」と悪態をつくアムロ見ると心が和みますよ。

でも、結局ファンが一年戦争にやたらにこだわり、一年戦争の外伝ばかりを求めたりするから、バンダイやサンライズがこつこつと新たな機体を出しては「実戦投入された7機がすべて撃墜された」だの「試験的に2機が投入されたが、それ以後凍結された」だの「わずかにグラナダで試験的に投入されたのみで終戦を迎えた」などという後付設定がいまだに追加されたりするんですよ。

そんな状況だからこそ「シャアがアッガイに乗るなんてなしだろ」「ゾックが宇宙空間とかマジ」みたいな鵜の目鷹の目で見るわけで。だって初出の「冒険王」って小学生向けの本だよ。小学生は「ゾックは水中戦用に特化したMSで、製作された3機でも無重力での運用は確認されていないはずだが」とかいわんでしょ。有名になりすぎちゃったからツッコまれが多いというのはあるよね。

でも岡崎版のよさはザクが本とにザコっぽいところなんですよ。

gand4.jpg

本編で言うと「ククルス・ドアンの島」の回のような画というか、全編通して岡崎先生が「ザクってパイプとか多くて描くのめんどくさいよな」ってモロに出てて、なんだが全身がゴムで出来てるような柔軟さに見えます。

gand3.jpg

なんか顔が太った雄ネコのようですね。憎たらしい顔をしています。

gand2.jpg

せっかくこのコマはリアルに描いてるのに、この射出の仕方! 一説には、岡崎先生の家にテレビがなくて本編見てなかった、という話ですが、それゆえにこういうカッコイイ描写がなされたと思うと、テレビなくてよかったなと思う次第です。ていうか、テレビない人になぜアニメのコミカライズを頼むんだ、秋田書店!

そしてこの雑魚っぽさはアムロもあいつら弱いよね、とばかりにこの言いよう。

gand5.jpg

岡崎版アムロは口が悪いことで有名ですが、アムロといえばナイーブ、機械オタク、というイメージを脱却した肉食系アムロ。ジオンはすごく憎むし、街頭テレビでギレンの演説見て、テレビの画面を鉄拳制裁したりする! この熱度の差はなんなんだ! 

本家アムロと肉食アムロが二人でラーメン二郎にいったときの呪文は

アムロ・「麺半分・カタメ・ニンニク少しで」食券小ラーメン。
岡崎アムロ・「ヤサイアブラでニンニクマシマシ」食券大豚

くらいの差があります。いや、本家アムロがひばりが丘の(小)、岡崎アムロが富士丸の要町店で火山、くらいかな・・・ってちょっと分からなくなってきた! 量産型ザクはキャベツ多目の三田本店、ジムはモヤシ多めでアブラマシマシな桜台、ゴッグは仙川っぽいよね! もっと分かりにくくなった! 
  1. 2012/03/13(火) 22:52:00|
  2. こねた

進化

先々週のスピリッツ、「バンビーノ!SECOND」で、気になる箇所が一個ありました。

新たなる支店の立ち上げ、そして売上が続かず定着するまでの苦しさ、新たに入った味オンチの新人(ドくされ)との確執、外タレがホメてくれたおかげで店に客が、なんとか店に活気が取り戻せ、やっと訪れた短い短い夏休み。。。料理漬けだった伴にひと時訪れたバカンス。そんななか、彼は同僚の誘いを断ってまで、何をするのか? と思ったら・・・

ban1.jpg

ban2.jpg

ban3.jpg

ban4.jpg

ban5.jpg

ban6.jpg

なんとファイブスター物語のレッドミラージュを作るのだった!! 

「いよいよアイツに挑む日がやって来たばい!」
たしかに、いよいよという気がするブツですが、生半可な技量では散々たる状況になるのもまちがいないブツです。スキル、道具、時間、すべてに余裕がないとチャレンジャーにはなれません。
僕はこういう細かい組み立てとか塗装とかまったく出来ないぶきっちょですけれど、も、それでも10代の頃は大きさ3センチくらいのメタルフィギュアの塗装とか難なく出来てました。若いってすごいですね!今は手先を使わないせいか、鈍ってしまってますが・・・。

さて、伴君はというと、プラモの製作とかしない僕でもああこりゃ道具にそれなりに金かけてるなーと思う装備にみえます。

でもね、こういうのみて、必ず本格的にかじってる人はいやあダメでしょ、っていうわけですよ! でも、でもカレはこんなところから始まってるんですよ!

ban7.jpg

「1年戦争編は最高ばい!」とかいってるレベルからです! もちろんプラモ作る道具というのは、見える限りニッパーしかないのでスナップフィットキットですし、塗装もしてない! パーツ外して組み立てるだけ、素組み未塗装から、ここまで進化するものなんです! シャアザクでキャッキャ喜んで「認めたくないものだな・・若さゆえの・・・」とかいってた奴が「見る角度ば変わるごとに全く違う形状に見えて破綻がない」という、あの美しさを端的に表現できる人間になっていようとは! 
えっ!とおもってこのシーンが出てくる「バンビーノ」1巻初出を見ると6年前。6年あれば人間はここまで進化するわけです。やっぱり若い頃というのはすごいものですね、好きなことに対しての吸収力が違うというか。

まあ、それを進化してると見るか、穴に深く落ち込んでいると見るかは人それぞれではありますが。たぶんこのまた6年後にはさらに症状が悪化してて、グンゼのハイテックモデルの戦車シリーズの未開封品を複数個集めて老後の楽しみにしたり、ゼネプロが出したペーパークラフト版メーサー殺獣光線車をつくったりし出すのかもしれません。

でもそれは世間的には悪化ですが、まんだらけ的にはまちがいなく正常進化です、進化なのです!
  1. 2011/10/20(木) 22:52:10|
  2. こねた

山田花子

昨日は青山景の自殺を知って、いろいろと考えさせられました。


初めて彼の名前を知っただろう人も多いでしょうし、どんな作品を描いてた人なのかな、と作品を新たに読む人もそれなりにいるでしょう。

ただ、自殺したことでそういった「死」についてのフィルターを通して読もうとするのなら、あまり期待する結果は得られない作家なのではと思います。彼の作品群から「それ」を嗅ぎ取ろうとするなら、おそらくどの作家からでも「それ」はかぎ取れるのではないかとすら感じるのです。

自殺した作家というと、そのことで名前がいっそう広がった作家の二人が山田花子とねこぢるでしょう。

とくに山田花子に関していえば、自殺する以前というのはお世辞にも売れている作家ではなく、それがQJの「消えたマンガ家」からの再評価と「それ」のフィルターをとおしての新規読者の獲得・・・という流れがあります。
山田花子のその生き様を知ってから作品を読んだ人が多かったのもその流れを加速させました。みんなが(言い方は悪いですが)、怖いものみたさと好奇心にサブカル的な言い訳をつけて、彼女の被害妄想が表出しまくっている作風を「自殺に追い込まれた人の作品」「精神を患う人の作品」としてしか眺めてなかったのではとも感じてしまいます。あの被害妄想の中には冷徹な客観視があるのですが、そこは前述の作風に覆い隠されて評価されていたのではないでしょうか。(余談ですが、福満しげゆきの一種独特なネチッこさも、どっかでどう曲がっていたら山田花子のような作風に至ってたんじゃないかと思ったりもします)。

さて、「消えたマンガ家」「自殺直前日記」のブレイクで山田花子が一躍注目を浴びていた96年、こんな本がひっそりと発売されています。

1013a.jpg

長期にわたる連載では、後半巻数に至るほど刷り部数が減っていくという関係上、後半の巻数の入手が困難になります。この「ハロー張りネズミ&ハリネズミ交遊録」は別巻ではなく24巻という巻数がきちんと振られていることもあり、正編23巻では中途巻セットになってしまうというのがなかなかややこしい。
またこの本もハリネズミシリーズが連載終了してからけっこうたった頃にぽつんと発売されたこともあり、ここまでそろえて全巻を持っている人はかなり少ないのではないでしょうか。

島耕作シリーズにおける「島耕作の優雅な日々」と同じような扱いですね。

内容はというと、当時のヤンマガ連載陣と弘兼さんの文字通り交遊録というか、あってみたときの印象が語られているのですが、これがなかなかに読ませます。
「すぎむらしんいちは大のソニー狂」
「有間しのぶは毎日オナニーだけはする」

「きうちかずひろの背中にはモンモンが入っている」
「楠みちはるはファミレスの回数券を集めたり、けっこうセコイ」
「木内一雅はソープランドのボーイをしていた」

といったように、ここでしか知れない情報が満載。まあ弘兼さんだからここまで書いても怒られなかった、というのもたしかにありますが・・・

そんななか、「神の悪フザケ」でデビューしたばかりの山田花子も、何の縁なのかこの交遊録に登場するのです。これが誠に、僕らが考えている山田花子象を裏切らないもので・・・。

1013c.jpg

1013d.jpg

1013e.jpg

1013f.jpg

1013g.jpg

1013h.jpg

1013b.jpg

それにしても、弘兼氏は似顔絵が抜群に上手いですね。特にこの目つき。僕らが写真で知る山田花子にそっくりで。このエピソードの初出は89年ではないかと推測ですが、ヤンマガに「神の悪フザケ」が連載されていた当時、亡くなる数年前です。

しかし、自殺した人、精神を病んだ人・・・というフィルターを抜きにしても、かなり稀有な、相当のコミュニケーション能力の欠如が傍目からもわかる人だったのかもしれません。なにしろ対談相手は間違いなく社交的でおしゃべりな弘兼氏なんですから・・・。氏も彼女を「緊張して黙っていた」といったさまでは表現しておらず、あまりに特徴すぎる新人として扱ってますが、これが表現できるギリギリだったのかもしれません。

しかしこれを見て「いかにも自殺に縁がありそうだ」などと考えるのは早計です。ぼくらは情報をすべて知った後から読み返している立場なので、そういう風に「読んで」いるからです。山田花子を何も知らない最近の若い子に見せて、彼女が自殺しそうに見える?ときいても、たぶん答えは陰性だと思うのです。

山田花子の消費のされ方が良くも悪くも上記のように偏ってしまったことは反省として持っておくべきかもしれません。青山景さんについても、個人的願望ですがちょっぴりそう思います。



































































kiga14.jpg

なんか体のイイこといってて自分で自分が気持ち悪くなったので、いちまいくだらない画像をどうぞ。

  1. 2011/10/13(木) 23:05:42|
  2. こねた

チクワで一話、あと表現なんかおかしい

個別の食材を掘り下げるのではなく、レシピの公開がメインである「クッキングパパ」は、なにかのエピソード→それなら・・・と荒岩が料理を作る→おお、これこれ!で大団円・・・というパターンが大半で、とどのつまり「これこれ」の部分さえあってれば、どんな食べ物でも1話出来てしまうのが強みです。

たとえ前号では、ちくわの磯辺揚げで一話。ギャグマンガだったら、ストーリーマンガだったら、やっぱりこのページ数を埋めるのは大変だと思うのですが、今回もまたどうでもいいようなストーリーにからめて、ちくわの磯辺揚げだけで一話成り立ってしまうのだからすごいですね。

だってちくわの磯辺揚げですよ? のり弁当に入ってるメインディッシュだけどさ、でも磯辺揚げで1話はないだろうと。

その一話も「同窓会で友の死を知る、そういえばアイツ、ちくわの磯辺揚げ好きだったなー」という、ちくわでなくとも全然成り立つストーリーです。
冷蔵庫を開けると、ちくわばっかり。「なんだーちくわばっかりじゃねーか!」「ちくわが好きでね」。まあそりゃそうだろ、というアタリマエのやり取りもポイント高いですね。そんなダメなポイントを溜めていっても、それが何かに交換できんのかといわれても困りますが。

今回はうえやま表現のポイント、というか、詰めていうと僕の好きな表現を紹介します。

kuppapa1.jpg

この春先のブロッコリみたいな、70年代アニメの妖精系お姉ちゃんが何かというと、荒岩が勤める会社の若手の女性社員で、まあお嬢様キャラというかアイドル的な存在。この髪型、この目、この造形、この存在感! うえやま先生が「これがいまのお嬢様バイッ!」とキメ打ちしてるのはわかるのですが、そうとうにありえないことになっています。弘兼先生の若者キャラいまっぽくないよねという人は、まずうえやま先生がその先なのか後なのか、どうなってんのかを考えないといけません。

kuppapa2.jpg

二コマ目、おっさんがいきなり黒くなってますが、この黒くなってるのか「これから回想シーンだからネ」という合図です。

もう一回そのコマだけ抽出しますが、これで回想シーン導入の合図ですよ。

kuppapa3.jpg

いや、フツウでしょ、なにがおかしいのと返されるとうまく言葉では返せません。しかし、・・・でもしかし、やっぱりなにかおかしいこのモヤモヤした感じ。この黒くなり方はないだろう、ってんでもないし、これで回想ってことないだろう!っというのでも違うし・・・言語化できないモヤモヤした感じが伝わりましたでしょうか?

最後、悪友と酒を飲み、ちくわをたべ、盛り上がるコマ。

kuppapa4.jpg

この「たらん」というのは何の擬音なのでしょうか? 
野球マンガの「ワーワー」はじめの一歩における画面全体には描かれないパンチ音のように、マンガを読む人がすべての擬音に目を通しているとは限らないわけで、現に実際僕もこの擬音には初読時には気がつかなかったくらいです。だがしかしなにが「たらん」なんでしょう?全然わからないです。

最初は「(食い)足らん」かなと思ったんだけれど、違いますよねこれ。足らんだったら吹き出しにして「足らん!」って書くよフツウ。

ですが、クッキングパパは前述のストーリーと同じく、あまりにも様式美、形式が整いすぎていていまさら突っ込めない雰囲気すらあります。でもやっぱりおかしいですよ。そしてそのどうにもズレてるところがクッパパの味であり見所なんですよね。ズレてないとクッパパではないのです。

食べ物マンガって、連載長いからか作中キャラクターが既に雑誌の住人になりつつあることがワリにありますが、クッパパの住民度は著しく高いです。住民度が高いほど、あえては突っ込めない。僕らだっていままでずっとスルーしてた同じ会社の長い付き合いの人に、「そのもみあげヘンだよね」とはいえないじゃないですか。あれだけヘンなのに、改めてヘンだといまさらはいわれない境地っていうのもすごいのかもしれません。
  1. 2011/09/28(水) 22:34:01|
  2. こねた

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション