岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

古本体質その1


前回の岩井の記事では、古本体質について少し説明しましたが、これは最初古本屋あるあるネタとか古本好きあるあるネタのひとつかなと思ったけれど、よく考えるとちょっと違うのかもしれないですね。

古本あるあるっていうと、
「100円棚に出たら買おう、と思った本に限って、その後パタリと100円では出会えなくなる」
「逆に100円では出ないと思って筑摩書房の文庫買ったら、よく見たら100円棚にあった」
とか
「買うか買わないか悩んだ本に限って、どんどん値上がりする」
「高くなったから売ろうと思った本に限って、再版されて相場が下がる」
みたいな、ジンクスというかイップスというか。

古本体質というのはそうじゃないんですよね。これも上手い言葉があればいいんですけれど。
物語とか作品じゃなくて物質材としての本がどんなだったかとか、雑誌版と単行本の違いとか、初版再版のちがいとか、作家名がいつから変わったかとか、異本がでたときにどういう加筆があったかとか、ゾッキ・特価本が出たとか、なんかそういう方向ばかりが気になってしまうという。これはもう嗜好というよりは体質だと思うんですよね。

これはうちで本に配属されたスタッフがみなかかる病ではなく、幾%かがそうなってしまうものです。

僕の過去の記事だと

「あざといは正義」
「Water.三種類の差」
「孤独のグルメまめちしき」
「初版買ってちょっとガッカリ」

このあたりが古本体質的な記事ですね。
これはもう、誰かが面白がってくれるだろうって気持ちがほとんどなく、これ残しておくといずれ誰かの役に立つかもナと思って書いた記事です。
ネット以前の時代のマンガ本のそういう、この本は初版と再版がどうこうとか帯がどうこうとか、もうそういうのは価値がついてる本はともかく、そうでない本はネットでも書誌がわからないことが多々あります。僕が入社したてで本に配属されたころは、そういうのはもう先輩とお客様にきいて身につけてくしかなかった。

いまは多少なりとも画像がネットに出てる本が大半だし、レビューのなかに有益な情報があったりで楽になりましたが、それでも、ドの版まで誤植があったとか、どの版についてる帯が初版帯とは違うとか、そこまでいくと分からないことばかりです。

極論すれば、すべての事実はデータに残ってるべきなんです。誰がやるかはまた別として。
これは単に作品のレビューが大量にあればいいだろとか、そういうのとは違うんですよね。内容ではなく、書誌情報なんです。
それでもあの時代に古いマンガ読みの人がこういう記事残しておいてくれてよかったよな、と感謝する、独自の情報に満ちた記事って、かなりあるわけですよ。でもそれ以外は、先人の知識が途絶せず継承されていくほかないですね。双葉社版の「坊ちゃんの時代」はやたら中割れ本が多い、とか、そんなん覚えておいても古本屋しか得しないんですけれど、それでも記録に残すべきだとおもうんですよね。たぶん共感は得られないとわかってはいますが、ハイ。

なので古本マンガ屋として気がついたことは、いずれ誰かのためになるかもしれないから残しておこう、と思ったりしてます。

たとえば、発売されたばかりの「BLUE GIANT」の7巻。これ、第53話に、雑誌掲載時は誤植がありました。

ここ。「子僧」になってますね。

CJi4_s2UEAAaxIX-001.jpg

これが初出時にけっこう感慨深かったんですよ。比較的優秀な小学館の、それもビッグコミック本誌で、しかも巻頭カラーページに誤植出すんだ、って。編集の人はこれ叱られたんじゃないかな?

これがきちんと直す・・・誰かから指摘があったか、単行本作業中に気がつくか・・・というのが気になってまして、さあ発売されたばかりの7巻を開いてみたら・・・、

1203__ 1

直ってました!
画像小さくてごめんなさい!

そう考えると直ってるから問題ないジャンなんだけれど、雑誌で間違えてた事実って、ここで記録しておかないと残らない気がして。
あと、雑誌掲載で間違えて、初版で直ってないこともあるよ。
たとえばこれ。

これは前触れたことがあるけれど、「それでも町は廻っている」の初版。178P、はじめて紺先輩が出てくるシーンで・・・。
151203033.jpg

あまりに自然で分からないかもしれないですが、再版ぶんからは直ってましたね。

1203__ 2

ここ、再版で修正されたは修正されたけれど、第何版から直ったかを僕、当時確認し忘れたんです。
まあ本腰入れて調べる問題でもないから放置してますが、いずれきちんと報告します。
それ以外でも、たしか「それ町」は、初版時の誤植ってほかにもあったんですよね。それも調べるためにまた家に帰って読まないとなあですな。

で、人の誤植が気になる私ですが、じゃあオドレの本はどうなんじゃいといわれたら、これはもう平身低頭するほかありません。拙著「マンガけもの道」(扶桑社)はですね、いや、誤植はあるわ、目次に書いてあるページをたどっても別の記事に行き着いたりするわで、チェック甘かったなあと実にまあ汗顔の至りであります。ハイ。ヒトの粗ばかり指摘してるといい生き方しないよ!といわれているようですね、ええ、まあ・・・。



いま弊社HPがちょっと工事中で、まんだらけHPからこのブログに飛べなくなってますが、こちらのブログもすこしづつ改装中。カテゴリを右に表示して過去の記事を調べやすくしてますが、そういった古本体質な事象は「古本ねた」のカテゴリにいれております。これで「うばすてやま」「超愛の人」だけ読みたい方もラクになりましたね!

いまはスタッフがさまざまな記事を毎日更新している「岩井の本棚・SAHRAの本棚」。古本マンガの通販サイトとしては、単一出品者としてはまちがいなく最大級のSAHRA通販。ビンテージ古書マンガから最新刊まで、これだけの層と物量で揃っているところは他にないはず。
これからもどんどん通販更新していきますので、こちらの記事ともどもよろしくおねがいします!




  1. 2015/12/03(木) 23:34:39|
  2. 古本ネタ

直された2コマ

今週は土曜日にジャンプ・スピリッツ・ヤンマガと3誌出て、いずれも合併号でもう来年まで本は出ません! この時期はまあ仕方ないんですけれど、週刊誌でマンガ追う派としてはなんかさびしいですねえ。
とくに今はヤンマガが面白くて、「ヤンキー塾に行く」が自分的には最高に楽しみ。
今年は個人的なコミックのベスト10とかの作品を選ぶ脳内企画もなんでか起きなかったんですが、きちんと組み立てて考えてみていけば、たぶん2位か3位には入ってくるんじゃないかと。そういう出来でした。90年代ヤンマガを10代に味わってきた作家層が「悪の華」「R-中学生」そして「ヤンキー塾へ行く」といった影響を感じさせる作品を生み出してて、その全てに僕はモロはまりしてしまったんですよ。

べつにヤンマガが自分のマンガ的な青春の全てであったわけではありません。その年代、中学生から高校生の頃は青少年が読むべき週刊誌は一通り読んでたわけで、でもヤンマガは僕にとってはひときわ特別な存在だったんだなと、今になってわかったというだけの話しかもしれない。


で、もうひとつの大事な存在だったのがスピリッツ。90年代スピリッツといえば、「東京ラブストーリー」的な、バブルの空気にのっかったいくつもの作品たちとともに、「美味しんぼ」に「ツルモク独身寮」、山本直樹に澤井健、「サルまん」相原コージから「伝染るんです。」の吉田戦車の新しい笑いに、石坂啓「夢見るトマト」は初めて知る生身のホモの描写だったし、岡野玲子「両国花錦闘士」のワケのわからなさ、そして浦沢直樹と江川達也の大ブレイクです。それがすべて80年代後半から90年代のスピリッツで起きたわけです。惹かれないわけがない。

その80年代後半から90年代のスピリッツを牽引してきたのが、まちがいなく浦沢直樹。「YAWARA!」が、そのあとを継ぐ「HAPPY!」が、それと同時に兄弟誌ビッグコミックオリジナルで「MASTERキートン」「MONSTER」で常に人気を得てきたわけです。スピリッツを読む青少年には娯楽に徹した作品たちを、ビッグコミック系を読む読者には知的好奇心を供給して別の顔を見せていたのも、作家としてこれだけ人気を得続けた(飽きられなかった)理由のひとつでしょうか。同時期人気連載作家で、かつ多作であった江川達也があれだけ得ていた人気を、いつの間にか失い削られていったのとは対照的ではあります。
僕にとっては最初に意識したのは「パイナップルARMY」のヒトとしてなんですよね。恥ずかしながら、ジェド豪士とかコーツ少佐を模写したりしましたよ、ええ。いや、でも改めていうとこんなに恥ずかしいことはないです。冷や汗でますね。

で、その大出世作「YAWARA!」ですが、今度完全版がでる!という話になってます。
いや、古本屋的に言えば、文庫版は出てるんだけど、でもその文庫版の表紙が、なんか本人が書いてないリアルタッチなイラストで、正直時代を伴ってないカンジがするってのも多分にはあるかもしれませんが。

で、今週のスピリッツに、その宣伝をかねて第1話だけ載ってると。
でもね、1986年開始の作品ですよ。27年前の作品ですから、ペンタブレットどころかPC処理だってだーれもしておらず、それどころかみんな定規の下にマッチ棒しいて線引いたり、かぶらペンで線引いたり、カラス口で枠線引いたりしてた時代です。今の作品に混ざってたら、フツウはちょっと厳しいことになるハズなんですが、でも浦沢タッチだからか、妙におさまりが良かったのも事実です。

YAWA5.jpg

ほら。たしかに柔ちゃんの絵はちょっと古い印象がありますが、全体としてはべつに違和感はないというか。

でも、そんななか、読んでてちょっとだけ違和感があるコマがありました。そしてその違和感が本当かどうかを確認すべくしらべたところ、この2コマが修正されていました。連載当時版と、今回のものです。

YAWA3.jpg YAWA4.jpg



YAWA1.jpg YAWA2.jpg

なるほどこうしてみると、ぼくらが思ってる近年の浦沢さんの絵の特徴のひとつって、口の中の表現だったなんて気がつかなかったですね。
でもこの2コマをどうしても浦沢さんが直さないと気がすまなかったのはなんでなんだろう。全編通じて修正されているのがこの2コマだけなんです。この2コマだけが今の絵だから違和感があって、それ以外は古い絵なんです。

完全版というのは、絵自体も当時の雰囲気を全て封じ込め、雑誌のときの完全収録を志し、連載時の空気感含めて読者に当時の記憶を思い起こさせるものが正しいのか。
それとも作家本人の「今の絵で描きたい」という欲求をある程度は満たすことも入れ、読者の空気間は横においておくのが正しいのか。難しい問題ですよね。
だって、今のリファインされた絵で見たいよな、ってマンガ読みなら必ず口にする問題じゃないですか。クローズ完全版とか、多分みんなそう思ったよ。いまのワーストの絵で書き直してくれたらな・・・って。でも、大著であるクローズを全部書き直すことは不可能ですよ。だとすると雑誌収録のときの完全収録するのが完全版の使命だと思うんですよね。

ただ、今回のばあいは雑誌収録時のカラーは完全収録するとしても、絵の一部がいまの絵になってると。完全収録というのともちょっと違うものなのかもしれません。この2コマ以外は当時の絵だから、やっぱり良くも悪くも違和感がある。作る側が完全版というのがどういう意味合い・枠組みを考えてのものなのかが、また異なってきているのかもしれません。基本的に当時収録のものを第一で遵守するけれど、絵が一部書き換えられている完全版、というのもよく考えたらヘンですしね。

もしかすると、雑誌に掲載するこの1話だけ、浦沢さんがこの2コマを書き換えたというのもなくはない。宣伝ページには「雑誌掲載時カラー完全再現&カバー描きおろし」しか書いてないからわからないんですよ。12月27日発売とありますが、どれくらいの描きかえがあるのか、それともないのかを調べてみたい気になりますね。



というわけで久しぶりの更新でした。
2004年くらいから「岩井の本棚」を書いてて、この数年はぜんぜん更新してませんが、それでも日々見てくれている方があとを絶たず、ありがたく思ってます。いまだにブラックカレーで検索してくるとか、「真現代猟奇伝 ZIP」で検索してくるヒトとか(zipはありません!)がいるというのもなんだか不思議な感じですな。
まあ、よろっと(新潟弁)更新もできたらなと思っていますが・・・。14年はすこーしだけご期待ください。
  1. 2013/12/21(土) 23:34:31|
  2. 古本ネタ

「ゴリラーマン」未収録

ショーケースを見ていて、あれっと思いました。表紙が西田ひかる。なんだか古いヤンマガがあるなと。

gori1.jpg


調べてみてああと思い当たりました。「ゴリラーマン」の単行本未収録の回が収録されているヤンマガです。

単行本未収録、というだけであれば、かなり多くの作品の、かなりの数があるわけで、そんなに珍しくはありません。世の中には「連載をしていようと、単行本になるかどうかは分からない」雑誌だって少なくありません。そして「単行本が出たとしても、1巻の売れ行きが悪かったら2巻が発行されない」雑誌だって少なくありません。

少年誌だって、秋田書店なんかがそうです。さすがに最近は露骨にそういうのはやらなくなったみたいですが。しかし、そもそもにおいて「打ち切りになる」マンガは単行本が出ても売れないことも分かってるわけで、即・打ち切りになった作品まで律儀に単行本にしてあげる大手の少年・青年誌がおかしいのかもしれません。

この流れで、単行本になったときに抜粋編集されてしまい、全話収録されない場合・・・というのがあります。単行本で○冊にまとめたい、と。これはけっこう頻繁に行われていて、あの手塚先生だって末期の「ミッドナイト」とか、単行本に全話なんて、ぜんぜん収録されてません。

僕らが気になるのは、こういった「出版社が都合によって全話を収録しなかった場合」と、もうひとつ。「なんらかの理由があって収録が見合わせられた」「作者が収録しない方がいいと考えたエピソードがある」といったパターンです。

そういった意味だとこのハロルド作石さんはけっこうな未収録常習犯ともいえます。デビュー作の「ゴリラーマン」のみならず、次作の「サバンナのハイエナ」に至っては作品自体が封印されてて単行本にもなってません。3作目「バカイチ」も全話のうち3割程度までもが未収録。バカイチの例で考えると、本人に収録すべきかどうかの強いこだわりがあるようにも感じます。

今回の「ゴリラ-マン」の収録が見合わせられたのは作者の意図があってのものだろうと思います。ゴリラーマンの親友ともいえる藤本の母親が自殺してしまう回だからです。

gori2.jpg

gori3.jpg

藤本が真柴高(マシコー)と抗争したとき、舘井に蹴られて入院。見舞いに現れた藤本軍団を「なんですかあなたたちは」といって追い返すシーンでチラっとだけ登場した藤本の母親ですが、このシーンでは親友の大怪我を見舞おうとして現れた友人が素行不良だからといってあわせない、体裁家で教育ママのように描かれていましたね。

そんな母親が単行本にして13巻前後の後半でいきなり自殺します。具体的な姿や動機は描かれません。Wikiにあるように「母親はストーリー中、彼の素行不良からノイローゼになり自殺する」というのは物語中にはどこにも触れられていません。

淡々とラストに、母親の死が自殺だったこと、それが飛び降り自殺だったことが明かされます。そしてその視についてもドライに描かれており、胸がきゅっと締め付けられるような印象です。といっても涙が出るとかそういうのではありません。仲間とのつながりと肉親の死が不思議な対比で描かれています。非常に強い家族愛がある池戸家と、父も母もキライな藤本の対比でもあります。

僕はゴリラーマンに思い入れがあり大好きな作品ですが、結果としてこの話を収録しなかったハロルド作石の判断が正しかったかどうかは難しいところです。この話の乾き方は、ゴリラーマンの中にある明るさの背後にある深い暗さと寂しさを象徴してるとも感じるからです。さっきはWikiをけなしましたが、「表面上はギャグ作品としての要素が強い一方、内面は暗く渇いているのが特徴」というWikiの評はいいえて妙だと感じずにはいられません。

この話を収録しない判断も正しいといえるのですが、ただ、この話を読んでいたほうが、圧倒的に深く好きになれるのは間違いないと思います。

いま本店2に出しています。ネット上でもこの話はストーリー紹介だけでまったく画像がなかったと思うので、すこしだけ出しておきましたが、どうでしょうか。

たった1話で1575円。それが高いかどうかは人それぞれだと思いますが、それが単行本未収録の世界の味わいでもあります。気になった方は是非。

  1. 2012/08/17(金) 23:27:11|
  2. 古本ネタ

これは榎本俊二なの・・・か・・・?

今号の「クッキングパパ」見ててなんか違和感のあるコマがひとつ。

enomono.jpg

この、あきらかに「うえやまとち」ではない絵・・・作中のカップルが東京に旅行。浅草演芸場で漫才を見るシーンですが。これ、榎本俊二が描いてませんか?

こういうアソビがマンガにはあるものなので、作者近況や扉などにそういったこぼれ話がないかどうかを確認したんですが、うえやま先生は原発再稼動に怒ってるばっかりでそれらしいそぶりもなし。榎本俊二もうえやまとちもツイッターやってないので情報もなし。はて・・・? この口の描き方、鼻のデフォルメ、目の感じ。

僕はこういう違和感には割りと敏感なほうだと思うし、他の作家さんならいざ知らず榎本俊二の絵は見間違わないという自信があるのですが、果たして実際はどうなんでしょうか?

榎本俊二に影響を受けたアシスタントがうえやまプロにいる、というのは考えられなくもないのですが、このタッチが頻繁にクッパパに出てきてたのであれば、とっくに気がついてます。間違いなくこのタッチはここ最近は出てきてなかった。だいいち、今号でこのタッチはこのコマだけです。他のコマにはかけらも登場してません。

しかしかといって、なんのアナウンスもなしに榎本俊二をこのこまだけ使うメリットはまったくありません。
また他の作家ならギャグで、榎本俊二パロディだ、という展開にもなるかもですが、そんなことをうえやま先生がやるわけがないと断言できます。

ということで、自信が揺らいできたので、本気で知りたいです。このコマ、うえやまプロの誰かが描いたのか? それとも榎本俊二が描いたのか? ご存知の方は教えてください! 
  1. 2012/06/14(木) 23:30:30|
  2. 古本ネタ

なんだかすごい今週号

雑誌で読む派にとって、木曜日というのは月曜日(ジャンプ・スピリッツ・ヤンマガ)につぐよい日。ヤンジャンとモーニングが出るのです。

ただぼくの順序とすると優先度が高いのはモーニング。その次がヤンジャン。その次がチャンピオン・・・という順序。何しろ休憩1時間のうちに全部を読もうと思ったら、これがなかなかに大変です。ただ今週は、見るべきところが多いなと思ったのはヤンジャンのほうでした!

現在のマンガ界における巨頭といって名前があがる存在といえば、鳥山明・井上雄彦・尾田栄一郎・・・といったジャンプ勢が思い当たりますが、尾田と鳥山は絵柄的なフォロアー、模倣者が大量に出て、そのあとのマンガ界の絵柄を大幅に変えた、というところまでは至らなかったと思います。二人とも個性的過ぎて、咀嚼して自分の色を加えて出す、というような消化の仕方ができなかったのかもしれません。絵柄の似ている少数の作家、がいるにとどまっています。

ですが、井上雄彦の絵は模倣されまくって今に至っています。スラムダンク以降、井上雄彦の男性の描き方は少年マンガから青年マンガを席巻しましたし、いまでも普通にどの青年誌にも井上フォロアーはいるはず。

たとえはチャンピオン、ヤングキング勢に多い不良マンガは、高橋ヒロシ調の絵柄によく似ていますが、絵柄の変遷でいうと井上雄彦の傍流ともいえます。これは「クローズ」後半、本人も作中欄外で認めている通り、高橋ヒロシが井上の絵に影響を非常に受けたものに変わっていったためです。高橋ヒロシは自分の色を加えて「ワースト」からは絵柄を完全に自分のものとしていましたが、高橋ヒロシフォロアーで高橋ヒロシ以上に不良をかっこよく描けている作家がまだあまりいないのはちょっと興味深いです。
余談ですが「ワースト」から入った派が多い高橋ヒロシファンにとって、「クローズ」の最初の頃の画はけっこう読み続けるのがそれなりに難しかったというか、なれるまで違和感がありましたね。

そんな、男を描くのが上手い井上とともに、女性を描かせたら天才的な才能を持つのが桂正和。もちろん桂正和も井上武彦も、女性も男性もカッコよく描けますが、この両者が競演したらすごいことになるのかもな・・・というのも夢見ちゃうところ。

でもそれを考えただけならともかく、実際にやってみた人がいたのにはビックリした! 「ロンジコーン」というマンガです。

YJ1.jpg

こうやってみると、歴代YJ系に多い桂正和のタッチのマンガなのかと思いきや・・・

YJ2.jpg

そこに突如井上雄彦タッチのキャラクターが登場。なんかバスケのユニフォームみたいなタンクトップ着てますね。え?そんな井上雄彦タッチじゃないだろ、って? じゃあ・・・

YJ3.jpg



YJ5.jpg

どこかで見たようなポーズ、目と眉間周りの表情、服のシワの書き方・・・影響を受けてますね。この井上タッチが主人公で、こっちの桂正和タッチの男がライバルのようですが

YJ4.jpg

同じページにあってもさほどの違和感がない。絵自体はきれいに書ける人なんですね。上手いです。ただ、

YJ6.jpg

第3話目で主人公が女子を救ってみたら、相手は女子の兄だったという展開は花道とゴリとハルコさんの関係みたいだし、主人公がデフォルメキャラになったときも花道のソレそっくり。よほど好きな人なんでしょうね・・・物語としてはまだ3話目なのでなんともいえませんが、けっこう気になりますね。

で、この「ロンジコーン」は美容師マンガという珍しいジャンルで、作者ももと美容師という変わった経歴の持ち主。ゆえに髪型にはこだわりぬいていますが、一方、こういう髪型もヤンジャンには登場します。

YJ7.jpg

YJ8.jpg

これを見た同僚は「なんでこんなみんな頭頂部のボリュームないんすか」といってましたが、まったくもってその通りです! 

ぼくも「自殺島」の登場人物がみんな同じ髪型でミョーにペッタリしてるのが気になってましたが「ここは物資のない無人島。整髪料もないしな」「みんなフロに満足に入れなくて、油髪なんだよな」となぜか作者が何か言う前から勝手に自分で納得していたのですが、「デストロイ&rボリューション」の舞台はここは物資も有り余ってる現代日本です! 大槻もユウキもちょっとどういう髪のすき方したらこうペッタリコになるのか教えて欲しいものです! 
しかしよく考えたら「デストロイ&レボリューション」というタイトルもなかなかに味わい深いですね。中学生が社会について怒ったときに書いたブログ記事のタイトルみたいです!

さてそんな効用が続きながら、「カウンタック」を読み始め。先週の「早乙女ちゃん・・・」もあれだったしな・・・と思って読むと、主人公・空山の友人のジャズピアニストが登場! 過去に峠でヤリあった仲の様。あのときのバトルを再現したいから、聞いてくれ空山!といって即効でピアノを弾く・・・

YJ9.jpg

すると空山には、あの日のバトルがまるで今起きていることかのように目の前に浮かんでくるのだった!

YJ10.jpg

まあこのあたりはね、「頭文字D」のゴワシャアア、みたいなクルマがボワワワーンと走りまくる構図なんですが、なんかしげの秀一のソレとくらべて妙にファンキーだな、ゆかいだな・・・と感じちゃうんですよ。なんでかな?よく見てみたら分かった、これです!

YJ11.jpg

擬音が音符で出来てたからなんです! ・・・超絶だせえ!! 90年代の姉ちゃんのパジャマの柄みたい!

YJ12.jpg

空山はあの日の極限バトルを思い出すかのような激しいメロディにシビれ、こんなことをいうのです! なんたるクソ真面目! 「お前は何をいってるんだ」の大合唱が次候補にならざるを得ない場面ですが、空山はいたって大真面目、ふざけてるところなんて何にもない! 
片方が即興でピアノをひくなら、片方はそれを頭で再生、もちろん擬音は音符だ! 親友というのは高めあうもの。かくありたいですな。

かつて「サルまん」にて、竹熊健太郎は「音楽のマンガは音楽をマンガで表現することが上手く出来ないがゆえに流行らない」といったものの、それは「BECK」の登場で覆されたわけです。

しかし「BOY」でさんざんロックをネタにしていたあの梅澤春人先生も、こういう表現になってしまうのが悲しいといえば悲しいところですね。しかしそれは「BOY」「ソードブレイカー」そして「カウンタック」と、世間になんといわれても己のかっこよさをどこまでも追求する梅澤先生らしい・・・といわれたら、超絶・「梅澤先生らしい」ですよ!

ダサいというのは「カッコいい」の反対ではなく、実はミリ単位の近さで向かい合ってるんだよな、と実感させられましたね。

そんなヤンジャン、ここ最近の好調ぶりって、良くも悪くもこう野放図なところにあると思うんです! 今週は「極黒のブリュンヒルデ」がのってなくて残念でしたが、この調子でいって欲しいところ!
  1. 2012/03/22(木) 22:32:01|
  2. 古本ネタ

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション