FC2ブログ

岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

あなたの好きな映画は何ですか?




「シン・ゴジラ」や「君の名は」、「聲の形」など、邦画が豊作で嬉しい今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
庵野監督のゴジラは、こう来たかという感じで、個人的には大満足。エヴァンゲリオンの新作も楽しみに待てそうです。
映画にまつわるエピソードは、時代背景や個人の好みも反映されるため、千差万別。
共通項はあれど、正解を探すのは限りなく困難です。今回は映画に関するタイトルをご紹介します。


                          ケンガイ/大瑛ユキオ
             161002-1.jpg




                    木根さんの1人でキネマ/アサイ
             161002-2.jpg


「ケンガイ」はレンタルビデオ店を舞台に恋愛を中心にした物語で、そこの登場するのが数々の名作。
ただ、ガチの映画好きでないと、登場するタイトルの半数も分からないことでしょう(自分も分かりません…)
好みが合う人にとっては、この上なく嬉しいことですが、若干ハードルが高めであることは否めません。
映画以外はいらないというヒロインの台詞が作中に色濃く反映されています。個人的には、ヒロインの親友の小島さんに幸せになって欲しいです(切実)


               映画を愛するヒロインの本気度が窺えるシーン

      161002-3.jpg


      161002-4.jpg


                主人公がオススメされたタイトルはこんな感じ


         161002-5.jpg


         161002-6.jpg


「木根さんの1人でキネマ」は映画好きOLを描いた作品で、紹介されているタイトルは知名度が高く、
何度もTV放映されている作品ばかりで、ターミネーター/スター・ウォーズ/バック・トゥ・ザ・フューチャーなど。
ターミーネーターは1が一番という部分は、自分も大いに共感出来ました。
映画の話が出来る相方を切実に求める主人公のところに予期せぬ居候が現れたりと、今後の展開も期待出来そうで楽しみです。


                      ターミネーターは本当に名作


             161002-7.jpg


             彼氏と見たい映画がヒューマン・キャッチャーって

              161002-8.jpg


                  スター・ウォーズについてのあれこれ


               161002-9.jpg


               161002-10.jpg


                  ゾンビ映画は当たり外れが大きい…


               161002-11.jpg


               161002-12.jpg


気になる方は、是非、秋の夜長を映画で楽しむための参考にしてみてください。


《 今回紹介した作品の通信販売はこちら 》


ケンガイはこちらから。

木根さんの1人でキネマはこちらから。

(コンプレックス/飯田)
  1. 2016/09/29(木) 22:34:55|
  2. コンプレックス飯田

「かわいいは、正義!」の正統派後継者あらわる!




ストリートファイターVで、やっとのジュリ参戦が嬉しい今日この頃。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
ウルコンも一新、風水エンジンの変更もあり、前回よりも安定した戦いが出来そうな反面、爆発力は他と比べると見劣りする印象。
これからの研究に期待しています。sakoいぶきの強さは健在で嬉しい限り。動画を見る楽しみが増えました。

今回ご紹介するタイトルはこちら。
まどろみちゃんが行く。/namo


160821image0.jpg


帯に「苺ましまろ」のばらスィーの紹介文があり、可愛いもの好きの諸氏の期待を盛り上げてくれます。


160821image0 (1)


作者は、「バカとテストと召喚獣」のコミカライズなどで有名なnamo。
オリジナル作品であるこちらは、日常系でツノの生えた女の子のお話。
ページを開いてみると、ころころと表情の変わるまどろみちゃんを見ているだけで癒されます。
オムニバス形式なので、好きなエピソードを繰り返し読むスタイルも可能。
個人的に気になったシーンはこんな感じ。




                 1ページ目からしてこの可愛さ。「あげー!」

               160821image0 (2)



                           顔芸も披露してくれます。
                160821image0 (3)


                      怖い仮面でのドッキリで失禁したり。
                160821image0 (4)


                 おでかけではティーンファッションを披露(重要!)
                 160821image0 (5)

                 160821image0 (6)



    きぐるみを体験しようとするも、ツノのため被れず涙目(この後、奮闘してみたり)

                 160821image0 (7)





忙しい毎日に癒しの一冊。何度も読み返せるタイトルです。気になった方は、是非チェックしてみてください。


《 今回紹介した作品の通信販売はこちら 》


namoの作品はこちらから。


(コンプレックス/飯田)
  1. 2016/08/21(日) 11:00:27|
  2. コンプレックス飯田

警察官と食べる韓国料理はどんな味?




ストリートファイターVで、ついにいぶきが参戦。
コスチュームが違うと別キャラみたいですね。
セビキャンなしでの立ち回りが気になるところですが、プロゲーマーsako氏の活躍が今から楽しみです。
安定コンボよりも魅せコンボを重視するスタイルは、海外からも高い評価を受けています。

ヴァンパイアセイバーのバレッタでの有名すぎる技
sakoスペシャルは、理論上は出来るだけで、人間では無理といわれていました。
現在は動画で見ることも出来ますが、当時は都市伝説みたいな扱いでした。
単純な故にミスの許されない猶予フレームの厳しさを知ったときには驚きというか、呆れました。
真似しようとするレベルをはるかに超え過ぎです。

今回ご紹介するタイトルはこちら。


                       ユミンにご飯を食べさせたい/Boichi


                160710.jpg


孤独のグルメのドラマの成功に端を発したのか、
一時期から各社で料理漫画が極端に増えたように感じます。
連載から間を置かずアニメ化されるものもあり、一ジャンルとしての人気を確立しています。

こちらはブーム前に韓国人漫画家Boichi(ボウイチ)に
よって描かれた作品です。韓国を舞台にして、日本人の女性警官とのデート形式で料理を紹介しています。
観光名所も網羅していて、一石二鳥。
なんとなく名前は知っていたけど、由来や定義が分からなかったものを丁寧に解説してくれています。


                   韓国のお酒と言えばもちろん「マッコリ」。


                 160710 (1)


                     チヂミの食感を表す擬音が"フムフム"


                 160710 (2)


         蟹の塩辛。「カンジャンケジャン」。個人的には、高そうなイメージ。


                 160710 (3)

                 160710 (4)


                 これからの季節にぴったりな冷麺。「ミルミョン」。


                 160710 (5)

                 160710 (6)

               一大ブームを起こした「サムギョプサル」も外せません。


                 160710 (7)


                 160710 (8)


             巻末には登場キャラクターと作者のコラボ漫画も収録。


             自身が料理好きということもこちらの4コマから分かります。


                160710 (10)


料理が漫画好き、韓国のことが気になる方は是非、ご一読を。



《 今回紹介した作品の通信販売はこちら 》


Boichiの作品はこちらから。


(コンプレックス/飯田)
  1. 2016/07/10(日) 11:00:37|
  2. コンプレックス飯田

コミカライズ作品は数あれど…/マージナルオペレーション





ストリートファイターVも新キャラが追加され、
状況も刻々と変わりつつあります。
ナッシュがデフォルトキャラのため、難しいと思われたガイルがついに参戦。
置きソニックという少し、いやかなり危険な臭いのする技を引っ提げています。
そこで思い出したのは、往年のゲーマーならご存知の
やたらとスピードの遅いソニックの連射が出来たストIIレインボーです。
相手を挟んで前後からのソニック&通常技の即席オリコンは、今でも脳汁ものです。
ただ、現行で稼働しているお店を探すのは、いろんな意味で至難の業でしょう。

今回ご紹介するタイトルはこちら。
マージナルオペレーション/キムラダイスケ


160531image0.jpg


同名小説のコミカライズのため、ご存知の方も多いかと思います。
小説の原作者、芝村裕史といえば、PSで今なお人気の高い
「高機動幻想ガンパレード・マーチ」で一躍有名となった人物です。
その後、数多くの作品に携わり、成功を収めています。
独特の世界観は小説との相性も良く、人気タイトルの地位を築いています。
全5巻の他に短編集が複数発売されており、
入門するにはちょっと…という方には、このコミカライズ版がおすすめです。

説明が必要な内容を多く含むタイトルのため、
1巻はプロローグ的な要素が多いですが、読み応えは十分。
2巻以降の急展開と東京編は、これからのお楽しみにとっておきましょう。
面白さは自分が保証します。

ストーリーは。就職先が倒産の憂き目に合い、
生活のために民間軍事会社に参加したアラタの成長が中心となります。
中東の現場で言葉も通じず、右も左も分からない状況を、徐々に切り開いていく。
地道ながらも着実に成長していく主人公につい感情移入してしまうこと間違いなし。

登場キャラクターの女の子の可愛さも必見です。
外見が特徴的なエルフ耳の女の子(後で仲良くなります)や


160531image1.jpg


風俗で知り合って勉強を教えてもらうことになる褐色の美女など。
打ち解けて行くなかで笑顔を見せてくれるようになると、
なぜかこちらも嬉しくなってしまいます。


160531image2.jpg

160531image3.jpg

160531image4.jpg


個人的におすすめなシーンは、
友人たちが主人公の記憶力の良さを生かした就職先を勧める1コマ


160531image5.jpg


謎のリズム感が心地いい(そして、なぜか持ってるサングラス)

異国での風俗の洗礼に心が折れる主人公。


160531image6.jpg


未体験の方は、是非一読を。
5巻まで発売されているので、まとめ読みを推奨します。

《 今回紹介した作品の通信販売はこちら 》


キムラダイスケの作品はこちら

芝村裕吏の作品はこちら


(コンプレックス/飯田)
  1. 2016/05/31(火) 10:59:09|
  2. コンプレックス飯田

狂気を孕んだ4コマといえば、ちょぼらうにょぽみ。





ストリートファイターVがアップデートされましたね。
追加キャラは、ストリートファイターIIIで疑惑の主人公だったアレックス。
キャラ性能に特徴があったため、使いこなすには時間が必要なキャラでした。
次世代を担うキャラの一人なので、重要な人物であることには違いありません。
今後はショーンの追加で夢の姉弟対決なども期待したいところ。

さて今回ご紹介するのは、4コマ漫画の雄。
ちょぼらうにょぽみの「あいまいみー」


                     160422-1.jpg

キャラは愛、麻衣、ミイ、ぽのかの4人ですが、覚える必要は全くありません。
自分も今、初めてキャラクター紹介のページを確認したくらいです。
あれこれ説明はいりません。画像からちょぼワールドを感じてください。




              ツナサンドのにおいを嗅いでトリップ(健全です)、

              その気持ちよさを獅子舞で表現(唐突すぎる)。

             あまりの気持ちよさに気絶してしまう(どうゆうこと?)




                      160422-2.jpg


            タトゥーをつけるも内容が北海道と郵便局の地図記号。

             格好良い!→舐めていい?→ペロペロ→気持ちいい。

         この脈絡のなさが真骨頂。上気している顔も可愛いくていい感じ。




                      160422-3.jpg


               ぽのか先輩の黒い一面を垣間見れるシーン。

  責められてる猫が食べた"メロンの甘いとこだけアイスどんぶりスペシャル"は

              おいしそうだけど、種が邪魔して食べ難いイメージ。

        この部分って有効活用出来ないのかなって、思った人も多いはず。


                      160422-4.jpg




                   そしてみんな大好きな虚空戦士のシーン。

             他人に極悪ないたずらをしておいて、開き直る。最強です。

             このポーズは真似してみたい。ただし、国家権力には弱い。


  160422-6.jpg160422-5.jpg


               名前からして危険なぽのか先輩の登場シーンのまとめ。

                        初登場時は普通なのに、


                        160422-7.jpg

 
                          どんどんカオスな感じに...。


          160422-9.jpg160422-8.jpg


まだまだ、魅力は伝えきれませんが、
気になった方は是非、チェックしてみてください。


《 今回紹介した作品の通信販売はこちら 》


ちょぼらうにょぽみの作品はこちらから。

かなりカオスなタイトルばかりなので、あらかじめご注意ください。


(コンプレックス/飯田)
  1. 2016/04/22(金) 11:00:19|
  2. コンプレックス飯田

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション