FC2ブログ

岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

思い出すわ80年代と言えば




家族旅行で初めてディズニーランドに行った日、まさかの休園日。
昔は休みもあったんですよ。そんな苦い想い出が僕の80年代。
そしてなんか来てるらしいですよ80年代ブーム。

てな事で、今回は80年代MIXな山田参助の新刊紹介です。


161108画像1

『山田参助の桃色メモリー』
著:山田参助 BEAM COMIX
2016年10月24日発行

帯には「あなたの知らない山田参助。」

現在進行形の山田参助と言えば、初一般青年誌・初長期連載作品で漫画賞にも輝いた戦後バディ作品の『あれよ星屑』が第一線で、
それに続く形でまだ単行本にはなっていませんが、リイド社「コミック乱」にて連載中の『ニッポン夜枕ばなし』です。
その人気が過熱すればするほど、過去の単行本がどんどん高騰して、2008年に古川書房から出た『ラムネイッキ』に至ってはもうよく分からない次元・・・
完全にコレクターアイテムになっちゃってる現状で、自分の家にも「単行本になるまでは保管しておこう」って雑誌が山ほどあるので、
片づけの機会も含め、供養なんて言ってくれてますが、まとめて読める様にしてくれた流石コミックビーム!!
山田参助!最高!そして読もう!コミックビーーーム!

全編BLゲイ無しエロ漫画主体ですが、80'Sよろしく「レディース」「エアロビ」「アナログ家電」「竹の子族」「金〇先生」
等のテイストが散りばめられ、表紙のぽちゃタラコ唇女子もノリノリで、作品の全体的な内容自体も明るくビッチ感も読後の影もあんまりなくて、
そこも◎な「ぴちぴち症候群」全10話、「初期作品」5作品、「好色三人男」全6話、「破戒僧勃念の風俗因果応報」、「人生の水たまり」という作品で構成されています。


161108画像2

161108画像3

161108画像4


一番に伝えたいのが、山田参助の描く色んなタイプの女の子が逐一可愛いっ!
(ここ重要!田亀先生における幼女と同列以上の衝撃!!)、
そして男も男で、何にも考えてなくて「ヤリタイ!ヤリタイ!」もんもんした気持ちも全開で、お母さんに手紙を書かない玄太郎さながらのドロドロさも無く読み心地も爽快です。
最後に収録されている「人生の水たまり」では、ちょっとずつ登場人物の奥行も見え始め(風俗誌なのに話の最初に離婚を切り出される男が登場するというぶっこみ具合)、
70年代の劇画から大友克洋、映画の話、西原さんとの接点など、創作のヒントが垣間見えるインタビュー構成と、
単行本化に懸ける「コミックビーム」の本気が見て取れます。(サービスカットとしてオジサンにはちゃーんと脛毛もありますから安心してください)


161108画像5


掲載が実話誌というちょっと日陰なステージをいい事に、
拾えるところだけでも明らかに「やまだないと」「わたせせいぞう」等々のオマージュ。


161108画像6

161108画像7


単行本になると、こういった遊びの部分が冷めて弱まってしまうものですが、
「細いようで太く、太いようで細い繊細な線」が全て許されるというか、全てかっぱらっていってしまう。
魅せてくれます。読ませてくれます。引っ張っていってくれます。山田参助作品からはそんな魅力を常々感じます。
80年代(90年代も)をMIXしただけでなく、女の子の髪の毛がトーン一色だったり、塗り忘れていたりと茶目っ気もありつつ、
ぜひ、ゲイコミックという括りで山田参助作品の二の足を踏んでしまった方もぜひ、お試しあれ。

…と書いている矢先、タイムリーに加納梨衣の「スローモーションをもう一度」1巻が発売…
あちらこちらから甘酸っぱさと80年代が追っかけてくるぜぇ~

(担当:小泉)


山田参助作品はこちら→http://qq4q.biz/zkHp
やまだないと作品はこちら→http://qq4q.biz/zkHx
わたせせいぞう作品はこちら→http://qq4q.biz/zkHA
  1. 2016/11/04(金) 11:00:28|
  2. 中野店小泉

未確認を確認せよ!田中政志のほぼサイレント漫画!!




-----------------------------------

注意:「ネタバレ」がありますが、
本を手に取ってみないと分からない部分が大多数なので大丈夫かと思われます。

-----------------------------------

この2.3か月、多くのUFOが世界中で目撃され、個人的には投稿動画に沸いた2016年の夏でした。
特にやはりというか今年も明治神宮は「凄い」の一言です。有料で入れる例の場所、円と縁と鏡、これがキーワードです。

という事で、UFO関連で1作品紹介したいと思います。


160926トピ画像1


『未確認プリンス物体U.P.O』
著者:田中政志 発行:講談社
モーニングKCデラックス

「ヒャッハー!」感のある表紙も最高!


160926トピ画像2


とある男(作中で「プリンス」と自分で名乗ってはいるが実名は明らかにされていない)が車に乗りながら、
障害物を避けようともせずに前進していく。この漫画を語るなら正直に、ただそれだけの話であるが、
ハードコア版「逆柱いみり」よろしくほぼサイレントで展開していくスピード感が中毒性を含み、
本棚の整理中にでも開いてしまうと「さぁ大変」てな具合に読み込んでしまうのは私だけでは無い筈だ。


160926トピ画像3


彼の目的は姫(プリンセス)探しである。
乗っている車が破壊されれば戦闘機に乗り換え、
戦闘機が壊され上空から放り出された矢先でも全力疾走し、
農村、戦場、中世らしき時代を超え場所が変わっても姫を探し続ける。

ついに麗しき姫を見つけることに。そしてすぐ様のキッス!


160926トピ画像4


しかし、そこは敵(ダークサイドに堕ちた側の軍)に囲まれて絶体絶命の状況でもあった。

そんな状況でも描かれていないだけで約80ページの間、
キッスし続けるプリンスとプリンセス。


160926トピ画像5


究極の愛の力的な何かで、なぜか「スーパーサイヤ人」化してあらゆる攻撃を受け付けず武空術的な何かで空を飛んだりします。
度々登場するキーアイテム的な本に導かれ、ここからはノンストップで生命の誕生に准ずる壮大な結末が用意されています。
(説明をはしょり気味なので実物で確認ください)


プリンスは言う
「なぜ姫は現れない!」「もう現れてもいいはずだ」「やはりやり方がまずかったのか」

田中政志はほとんど詳細を教えてはくれない。読者はただの漫画の証人である。

アニメにもなった「GON」同様に、田中政志のギャグともシュールとも何とも言えない味わいは、
「漫画って恋愛したり日常を切り取ったりスポーツしたりしてるんでしょ?」な枠に囚われない
実験性だったり他でやらない事を最初にやる、だったりするのだと思うのです。


今見ても色褪せる事無い「ベルセルク」に見紛う程の書込みも圧巻!!


160926トピ画像6


これも氏の魅力の1つ。


少しでも興味があれば手に取って欲しいです。
「未確認プリンス物体U.P.O」こちら、確認されたし。


「田中政志」作品→http://ur2.link/yrbN
「ベルセルク」→http://ur2.link/yrbT
「逆柱いみり」作品→http://ur2.link/yrbY


(担当:小泉)
  1. 2016/09/26(月) 10:36:47|
  2. 中野店小泉

リアル広末の前にリアル手塚治虫がいた!?




リアル漫画家でリアル医者でちょっと鼻大き目で…ん?それは手塚治虫じゃないか!?

いやいや、いるんです!そして未だ現役で活動中!中原とほる!!
(39歳の時に少年マガジンにて「ちばてつや」賞で佳作を受賞しています。2016年現在74歳)


160815-画像1


160815-画像2


『ドクトル・ノンベ』(全2巻)アフタヌーンKC
著者・中原とほる

1巻1993年5月22日発行
2巻1994年5月23日発行

90年代のアフタヌーンは20年以上たった今でも掘り起こされる凄い作品が満載です。
一見、堀道広的な筆使いかと思いますが、内容はかなりハードな熱血漢溢れるブラックジャック。
主人公「のんべ先生」(こちらは免許有)は、なぜか拉致られて埋蔵金探すはめになったり、スポーツ選手の再起をかける為に奮闘したり、
話の振り幅がでかく、しかもアル中で・・・という、でたらめな設定ではありますが、読み終わる頃にはかなり「のんべ先生」が魅力的に見えてしまうからアラ不思議。

1巻ごとに「特別書き下ろし」があり、
1つは「くされ縁」でもう1つが「私と手塚治虫先生」。

やっぱりね!


160815-画像3


160815-画像4


ウェブ上でも自身の作品を公開しており、自らのリメイク版も出したりと莫大な枚数とそのバイタリティには30代の自分も圧倒されます。
先生はツイッターもやっており、そちらもこそこそと見させていただいてます。
(これを機会に近日中に自分もツイッターを始めてご挨拶に伺う予定です)
そして・・・何より伝えたい事は、持ち込みがボツになっても明るくめげない先生が好きだという事!
これからも書いて書いて書き続けてください!!
(とファンレター的なブログでしたがこれにて失礼)

追記:「ドクトル・ノンベ」」単行本未収録も先生のウェブに上がっています!
これで少しでも訪問数が伸びてくれれば・・・

中原とほる作品→http://ur2.link/xGy7
堀道広作品→http://ur2.link/xGyf
ブラックジャック→http://ur2.link/xGyo


(担当:小泉)
  1. 2016/08/15(月) 10:58:53|
  2. 中野店小泉

サブリミナルな谷口ジロー




「孤独のグルメ」「犬を飼う」「神々の山嶺」等々、今や国内外でも知らない人はいない、
と言っても過言では無くなってきた谷口ジローの単行本から1つ、とある話を取り上げたいと思います。


160703-1.jpg


『西風は白い』1984年 双葉社発行


160703-2.jpg


この単行本短編集で構成されており、奥付の初出一覧を見ると収録されているのは
「増刊ヤング・コミック」「漫画アクション」「漫画パンチ」、
そして今回説明したいのは「漫画キック」という雑誌に掲載されていた「犬の日」という漫画です。
(パンチがあったらキックも出てくるあたりが1970年後半の劇画誌の氾濫っぷりを表しています)


160703-3.jpg


簡単にまとめるとこんな話です。
場所は現代日本。関東圏を発端に犬が人間を襲う事件が頻発する。そしてそれを追い求めるジャーナリストがいた。
取材を続けていくうちに、最近テレビを見ていると具合が悪くなると言う女性に突き当たり取材を試みるが、
まさにその時暴徒と化した犬の群れが一斉に人々を襲い始めた…と話は続き、
最後のページはまさかの結末。(画像は張りませんよ!)
捻りが利いてて「ああ無情」な気分になります。


160703-4.jpg


お尻可愛いです。

そもそもサブリミナル効果とは?という方の為に説明しますと、
放送の一部に意図的にカットされた画像を差し込むことで潜在意識にイメージを埋め込む事が可能になるものです。
(この効果を利用して某清涼飲料水メーカーの売り上げが上がったとか…)


160703-5.jpg


シュワシュワっとするやつ

年代から言って90年代からのバンド・デシネ以前の谷口ジロー作品も、今なお続く膨大な知識量と資料により書き込みと、
(当時の)現代文化との融合は今改めて読み返しても斬新さが際立っています。見かけたらぜひ一読を。
他、収録されている作品も全体にハードボイルドな雰囲気を醸し出す作品が多いので、
「犬」「熊」「山」という単語や、続く80年代の狩無麻礼作品が好きな方にもお勧めいたします。

谷口ジロー作品→http://urx2.nu/uOBx

(担当:小泉)
  1. 2016/07/03(日) 10:38:39|
  2. 中野店小泉

私には「食運」がない…!?





「トリコ」じゃないですよ!
でも小松来てくれ!

まんだらけスタッフも大好きグルメ漫画!
今回取り上げるのは、その師でもある「土山しげる」の「怒りのグルメ」です。


160525画像1

コアマガジン発行 コアミックスNO.415 2015年7月22日
著者:土山しげる 「怒りのグルメ」



グルメ漫画と言えば、作る過程だったりシチュエーションだったり食べた時のリアクションだったり、
日本独自的すぎる表現の細分化が進んだジャンルの1つですが、基本的にはどの漫画も「美味しかった」で終わるのですが、
これを現実に置き換えた時に、毎回毎回そんなに旨い飯に当たるわけもなく、行き場のない感情を持ったまま店を去る…
こういう状況もあるのではないかと…むしろ自分がそんな体験を何度も繰り返しているおかげで今では
「決まった店にしか行かない」「家でご飯を食べる」という2極になりつつあります。
(食べログで行きたい店を見つけても閉店している事がほとんどな位の食運の持ち主ですよ、私は)


160525画像2

裏表紙
(実名は分からないまでも、なんとなく分かりそうな感じで書いてます)



本当、本当に色々考えさせられます…


160525画像3


主人公は冴えない中年の細井守。
しかし、店の横暴な振る舞いや食材の愛情の無さに対して
アンパン○ンならぬ憤飯男(フンパンマン)に変身し、必殺仕事人的にお仕置きをします。
基本一話完結ですが奥さんや謎のライバルも登場し、1冊一気に読みおススメです。


160525画像4


160525画像5


160525画像6


これは一瞬見ただけではグルメ漫画とは分かりません!

飯の怒りを漫画で表わしたらこうなった!というのを土山先生自らが愛を持って牙を向けています。
もちろん飯自体に罪は無く、それを出す人間の飯に対する愛情の無さを警告しているのです。
(ちょっと言いがかりに近い部分や、無銭飲食はどうなんだろ…と思いますが、それは…漫画なので!)
コンビニ本だからこそ出来た、正に飯テロ漫画ではないのでしょうか。


160525画像7

読み切りも収録されています


と、ここまでは発売時にでも紹介する方はいたと思うんですけど、
最近は新しい本も個人的に仕入れまして、それがこちらです。


160525画像8

ガイドワークス発行 2015年10月17日
「酒場のグルメ」



160525画像9


なんと土山先生のDVD付き!


DVDの内容を要約すると
・先生自身の言葉で「ここ20年位は居酒屋漫画を描いている」という発言。
・1件目は高田馬場で呑まれ、2件目はなんと、まんだらけ本社もある中野に移動されています!
・先生はお酒のロックが好き。(イラストを描いたお酒の手取川も出てきますよ)
・体調を崩された件から「喧嘩ラーメン」制作エピソードを先生の声で説明していただいています。

なにより一番の驚きは、先生のMC・仕切りが上手い!
アシスタントとして天野麻衣さんも一緒に呑んでいるのですが、
天野さんの出身地まで事前にリサーチしている辺り、流石と言わざるを得ないです。
土山しげる漫画ファンもリアル土山先生ファンにもぜひ1度見ていただきたい。

(賛同者がいれば、まんだらけソドムで上映会も予定しています)


(担当:小泉)



土山しげる作品→
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E5%9C%9F%E5%B1%B1%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B

食運開眼漫画トリコ→
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=1101&keyword=%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B3+%E5%B3%B6%E8%A2%8B%E5%85%89%E5%B9%B4
  1. 2016/05/25(水) 11:00:28|
  2. 中野店小泉

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション