岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

豪筆、米原秀幸。「ダイモンズ」再評価のススメ






               160527-1.jpg


米原秀幸さんという漫画家がいます。

今の時勢に完全アナログ、むせ返るような硬派なペン画と練られたストーリーで有名な作家です。

ネットを良く見る方には『侵略!イカ娘』の安部真弘先生のデビュー作に「漫画を馬鹿にしているとしか思えない」という酷評をした作家、という印象もあるかもしれません。
本人は、パソコンでの作画も断じてしないという発言もある実直で、ある意味不器用な作家さんで、後の「侵略!イカ娘」の躍進や、ストーリーへの安部真弘先生の苦心と努力を鑑みるに、この酷評は強い激励であったことがわかります。

米原先生の代表作といえば「ウダウダやってるヒマはねェ!」「フルアヘッド!ココ」といったヤンキー漫画の路線にありながら、少年漫画魂を忘れない熱い人間ドラマが凝縮された作品です。
この二作は長編ながらストーリーもまとまっており、各キャラクター達を大切にした作風が多くの人をファンにしました。
自分としても米原先生の「キャラの過去話は外れがない」といった印象があります。
米原作品はかなり長いこと「週刊少年チャンピオン」の顔とでもいうべき存在となり、いわゆる安定枠として時に混沌となりがちな「週刊少年チャンピオン」を堅実に支え続けてきました。

そんな米原先生は活躍の場所は「週刊少年チャンピオン」でした。中篇ながら今までの作風を反映した「Switch」惜しくも4巻で終了した「南風!BunBun」と当時は連載が終わった後のインターバルが異様に短いことが不思議でしたが、そんな中で次に発表されたのが「ダイモンズ」でした。
原案を手塚治虫の短編「鉄の旋律」としたダイモンズも前作「南風!BunBun」終了直ぐに告知された作品でした。
当時は「ブラックジャック黒き医師」「どろろ梵」など手塚作品のリメイク、リブートが企画として多く連載されていた時期でその流れを若干ながら組むものです。
この手塚作品のリブートは様々な作品を産みましたが、「ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~」の大成功以前は良かれ悪かれ大味だったり、怪作だったりとした秋田書店らしいケイオスの溢れた企画でした。
「鉄の旋律」とは鋼鉄の義手を持つ男による復讐譚という原案を元に膨らませたほぼオリジナルのストーリーでそのようなリブートの流れとは一線を画する存在です。


              160527-2.jpg
               こちらが原案となった「鉄の旋律」 似ているような 似てないような


ですが、米原作品と見るとこのダイモンズ、かなり違った面を見せてくれます。
妻子を失った男の復讐譚ということで、そのストーリーはかつてないほど残酷で救いのない展開。ペンの妙技を活かして描かれる主人公ヘイトの激情やグロテスクシーンは読者に強い印象を残しました。


              160527-3.jpg
                  ヘイトの妻子のホルマリン漬け…少年漫画ギリギリアウトぐらいの描写。


         160527-4.jpg


「ウダウダやってるヒマはねェ!」「フルアヘッド!ココ」ではサブキャラまで愛を持って描かれていた米原作品でしたが、ダイモンズではキャラへの描写はそのままに、キャラがあっさりと死亡、世界もあっという間に崩壊する世紀末展開で驚かされました。
その死因も餓死や窒息死、惨殺、そもそも主人公へイトの妻子はホルマリン漬けの見世物状態と全く描写に容赦なし。
「ウダウダやってるヒマはねェ!」「フルアヘッド!ココ」で米原先生のファンになった読者たち(自分含む)は米原先生、一体どうしてしまったんだ…と戦慄いたしました。

              160527-5.jpg
                各エピソードのサブキャラも即堕ち2コマレベルの趣で大虐殺!


主人公へイトは鋼鉄の両手で復讐をなしていくわけですが、その力の元となる者が怒りと憎しみではなく、ヘイトが復讐に身を染めながらも捨てきることの出来なかった人との「繋がり」という設定も絶妙で、
復讐鬼でありながら同時に、妻子をもった父親であったことが作品を単なる復讐譚では収まらない作品にしています。


               160527-6.jpg
                 主人公ヘイトの激情。ペンで描く感情の濃度たるや。


相手の復讐相手もどこか憎めなかったり人間らしいところもあるものの屑は屑、といった魅力的ながらも恐ろしいキャラクターばかり。


            160527-7.jpg

                160527-8.jpg
               人の良さそうな博士もこの変貌。キャラの善性のなさも今までの作品と一線を画します。


ナノマシン技術による武装もシャープでカッコ良く、作品に暗く重い復讐譚にバトル漫画らしいケレン味が加えられており作品を引き締めています。


             160527-9.jpg

                160527-10.jpg
                   宿敵プログレスさんは常にシリアスな笑いを読者に提供してくれました…


この「ダイモンズ」以降、「風が如く」連載後に米原先生は「週刊少年チャンピオン」を離れて「ヤングチャンピオン」や「別冊少年チャンピオン」に活躍を移しました。
一時期は「週刊少年チャンピオン」で人気の出た作家さんはその後秋田書店を離れて別の雑誌、出版社に移ってしまうことが多い・・・いえほとんど当たり前だったのを考えると非常にファンとしても嬉しいことです。


             160527-11.jpg

                おそらく作品内唯一の手塚キャラ、丸首ブーン。ちなみに「鉄の旋律」にも重要どころで出てました。


それでも「ダイモンズ」は米原作品の中でも、漫画的な面白さ、表現はそのままにもっと深く暗いところを描こうとした転換期であり、大きな楔になっているといえるでしょう。
「ダイモンズ」はその後もコンビニコミックで再版がされていますが、この機会に白き表紙にキャラが映える印象的な単行本で揃えてみるのは如何でしょうか?


               160527-12.jpg


通販での購入はこちらから

原案「鉄の旋律」通販購入はこちらから


(担当 黒田)

  1. 2016/05/27(金) 10:49:59|
  2. 中野店黒田

和製クトゥルフの萌芽を感じよ・・・「アリシア・Y」」





160417-1.jpg


今回ご紹介するのは茜新社にんじんコミックスから出版されたタイトル「アリシア・Y」です。
作者は成人向け漫画家として有名な後藤寿庵先生です。
成人向けの作品では主に「童貞」や「ドM」などを題材をテーマにした作品を今でも発表し続けている大ベテランの作家さんですが、初期の作品にはSFテーマやコメディタッチの作品も存在しています。
「アリシア・Y」もそのような初期作品となります。

この「アリシア・Y」、94年の作品ですが今でも語られることが多い作品です。
その理由が日本でも「クトゥルフ神話」をメインテーマに持ってきた最初期の漫画だからでしょう。
「クトゥルフ神話」といえばいわずと知れたHPラブクラフトの作り出した創作世界であり、その世界観を使った作品は小説だけでなく、TRPG、ゲームと様々な広がりを見せており今でも強い人気を持っています。

「ニャル子さん」のアニメ化やニコニコ動画の動画配信などで若年層にも認知度グッと高まった「クトゥルフ神話」ですが、80~90年代のHJでの翻訳出版されていた時代はSFの延長線上にあったコアホビーという趣が強いジャンルでした。
そのような流れで「クトゥルフ神話」そのものを題材にしたアニメ、漫画、ゲームはまだ数少なく「アリシア・Y」も数少ない漫画作品と一つでした。

「クトゥルフ神話」関連の漫画作品では「アリシア・Y」よりも若干前に発表された矢野健太郎「邪神伝説シリーズ」も有名です。
「邪神伝説シリーズ」は短編シリーズが続くオムニバスの形式を取っており、本家ラブクラフトやその周辺作家達による「クトゥルフ神話」作品と似た形式ながら、ラストエピソードを代表する少年漫画らしさも上手く融合しており、和製クトゥルフ作品として人気のあるタイトルです。

「アリシア・Y」も「邪神伝説シリーズ」に続いて発表された和製クトゥルフ作品であり、出版社の特色かエロティックな表現も多い作品となっています。


160417-2.jpg
こちらが主人公のアリシア。苗字に注目・・・



160417-3.jpg
こちらは敵役となるジョン・ディー博士。一応実在の人物です!


1巻完結の作品ながらクトゥルフ神話に登場した人物が多く登場し、日本漫画的な能力バトルを繰り広げたりと「邪神伝説シリーズ」ともまた味付けの異なった「クトゥルフ神話」と日本の漫画の融合が楽しめる作品となっています。


160417-4.jpg

160417-5.jpg

もはや隠す気もないナイアールさん(=ニャルラトホテプ・・・)とクトゥルフさんの楽しげな語らい。さりげなくニャル様とクトゥルフの絡みは珍しい・・・なんかクトゥルフさまはいい人みたいな雰囲気が出てるのも日本的・・・?


面白いのが、主人公のアリシアを代表としたキャラクター達のパワーインフレぶりで、アリシアの友人(?)ナイアールとアリシアの出自もチートクラスの設定。
実際に「クトゥルフ神話」を読んだことのある人ならば誰もが想像したことがあるであろう、宇宙的驚異をなぎ払う妄想を具現化したかのごとき内容となっており、実に日本漫画的に正しい展開となっております。


160417-6.jpg
160417-7.jpg

主人公勢がヨグソトースとニャル様というチートパーティーでディー博士涙目の案件であります。

このような作品が源流となり、更なる和製クトゥルフ神話である「沙耶の唄」、「デモンベイン」や「ニャル子さん」といった作品へと繋がっていきました。
最近もデータ販売やウェブ公開などで続編が描かれたりと未だに後藤寿庵先生的にも特にお気に入りの作品の模様。
ウェブ公開も存在する作品ですが、そこはやはりクトゥルフ神話的な「怪しげな本、物といったアーティファクトを手にとり、そこから恐怖が忍び寄ってくる」といったプロセスに沿った、本実物の重みも手にとって頂くのも一興ではないでしょうか?


通販での購入はこちら

続編が載っているクトゥルー神話ダークナビゲーションもどうぞ・・・


(中野店/黒田)
  1. 2016/04/17(日) 11:00:14|
  2. 中野店黒田

「少年ジャンプ」という名の魔界、そして巻来功士スペースよ永遠なれ!イース トプレス「連載終了!」」





160310-1.jpg


「メタルK」というコミックの話題を出すと知っている人は大体、
「あー、なんか女の子がグロいロボットのグロいヤツ!!」
第一次攻撃体系(ファーストマーダーフォーメーション)という名の笑顔になってく
れます。


160310-2.jpg


そこを「ゴッドサイダー」とかにすると
「あ、ファミコンジャンプでピッコロを主人公が瞬殺できるヤツでしょ?あとラスボスでラスネール伯爵!
筋肉獣牙殺(マッスルビーストエンドーッ)!」
と少々愉快なことになったりも。
「ミキストリ」、大好きです!って人は中野で僕と握手!
というわけで今回は巻来功士先生の「連載終了!」のお話です。

このイーストプレスの巻来功治「連載終了」はつい先日発刊されたばかりのコミック。
内容は今までのホラーグロテスクなコミックではなく、ジャンプデビューからそのジャンプとの別れまでを描いたエッセイコミックです。
え?巻来先生がエッセイコミックですか!?と一瞬なったのですが、つい先日にはキックスターターで代表作「ゴッドサイダー」の外伝が描かれたり、その出資額によって巻来先生自らと食事ができたり(残念ながら自分は熟考の末、参加をしなかったという今思えば大きな後悔がw)と今までの先生とは違うという雰囲気はヒリヒリと感じていた自分的には非常に腑に落ちる展開でした。
そもそも「連載終了!」のタイトル理由であり、先日打ち切られてしまった「ゴッドサイダーサーガ」自体が、「ゴッドサイダー」はもちろん「機械戦士ギルファー」のキャラクターも登場した自作を振り返る姿勢をみせておりこの展開は当然のものだったのかもしれません。

160310-A.jpg

160310-B.jpg
 
                     上記が「連載終了!」の股間ネタ。で、似たような話が「機械戦士ギルファー」に!
                     後書きの漫画は他にもフランクな内容で人柄がにじみでます!



そんなエッセイコミックス、ところどころギャグを含みながらもジャンプデビューへの道が描かれており、それがまさに初期の作品にあったようなギャグ作品のよう。
学生時代の北条司への羨望や、上京したての悪戦奮闘など新人時代の先生の頑張りは実際の作品「ジローハリケーン」「
サムライR」などからもはち切れんばかりに感じます。


160310-3.jpg

160310-4.jpg

160310-サムライR


そして「メタルK」でのジャンプデビュー・・・も一筋縄ではいかない今だからこそ話せる裏事情が描かれています。
中盤以降から描かれるのは個性的な編集者とその関わりあいが多くなり、純粋に情熱だけで突き進んでいた青年巻来先生に大きな試練が降りかかります。


160310-5.jpg


漫画の王道「少年ジャンプ」でも編集者と作者との軋轢や、企業としての冷厳な
る戦略がありそれに翻弄される巻来先生は胸が痛くなります。


160310-6.jpg

                         彼女云々まで突っ込む辺りが生々しくてつらい

160310-7.jpg

            なんだこのスタープラチナ的ななにかは!他にも巻来先生の描いたジャンプキャラが他にもチラホラ楽しめます



そんな中でも同郷の北条司や、輝きある新人として登場する荒木飛呂彦などの漫画達への羨望、嫉妬、そして具体的に描かれているわけではありませんが憎悪が作品に「魅力ある歪み」として「メタルK」「ゴッドサイダー」といった作品を
後年も語らせる原動力になってといっても過言ではないでしょう。
最終的には巻来先生は「少年ジャンプ」を離れ、「スーパージャンプ」といった青年誌へと活躍の場を移していき今に至るわけですが、その道筋には先生自身も多くの葛藤があり、この「連載終了!」にありありと情調的に描かれています。
しかしながらこの道筋が悲劇的なものであったかというと、そうではなく、その美しい異端の輝きは今でも愛されている作品達が物語っています。
そう「少年ジャンプ」という場にありながら、そこを離れ、しかしながら常に忘れることはなかったからこそ巻来功治作品は魅力的だったのかも知れません。

また巻来功治フリークとしては「メタルK」「ゴッドサイダー」といった代表作だけでなく「機械戦士ギルファー」「ザ・グリーンアイズ」といった作品もキャラやストーリーの深いところまで語られており巻来先生の各作品への深き愛が感じられて感動ものです。


160310-8.jpg


また後書きの巻来先生と当時の編集長であった堀江氏との対談も必見の出来で、特に堀江氏の「漫画家にはストーリーを紡ぐ事が出来る「縦軸」の才とキャラクターやそれを盛り上げる描写を得意とする「横軸」の才があり、巻来先生こそ「縦軸」の才の持ち主であり、だからこそ編集との関係が上手くいかなかった理由でもある」といった旨の発言は、まさに黄金期のジャンプの編集長を務めた人ならではの名言。

そんな「連載終了!」、だけではなく巻来先生の過去の作品を今の機会に振り返ってはいかがでしょうか?


160310-9.jpg

160310-10.jpg

160310-11.jpg




(中野店 黒田)




通販での購入はこちら


他の巻来功士作品をお求めはこちら

  1. 2016/03/10(木) 11:00:43|
  2. 中野店黒田

夢見るは郷愁か、未来か・・・中山昌亮「ブラック・ジャック 青き未来」



               160127-BJ表紙


僕の親父は「ブラック・ジャック」嫌いなそうです。
僕の親父は所謂手塚治虫世代ともいえるマンガ世代な年齢で、札幌にあった実家には「鉄腕アトム」を筆頭に「W3」「火の鳥」「シュマリ」などの手塚治虫作品が多くありました。
意外に贅沢な舌をもっていたらしく一般には子供向けで手塚本人曰くおりこうさん的な漫画はあまり好みではなかったようで「マグマ大使」「ビッグX」といった作品は置いてありませんでした。
そんな中これがベスト、と教えてもらった「ノーマン」が自分のマンガ人生のドアを開けるきっかけになったわけなのですが、それはまた別のお話。

で、なぜか本棚には「ブラック・ジャック」、なかったわけです。
なんでかはよく分からないですが、恐らく「シュマリ」なんか本棚に入れて、学生ではガンダムに大はまりしてた父なので世代じゃないから、オタクじゃなくなったから、というわけではないのでしょう。
もしかしたら祖父が医師をやっていたのも関係があるのかもしれませんがそんなわけで自分の人生に「ブラック・ジャック」が登場するのは結構遅いタイミングでした。
自分としては手塚先生が一話完結で通している「ブラック・ジャック」は手塚作品の中でも珍しくも新しく、少々異端の作品といった印象でした。
個人的には連載最終回である「人生という名のSL」が一番好きで、それぞれ収録順番が変わっている版に四苦八苦して集めた覚えがあります。
一人、夢を見ているBJの姿は酷く寂しげであり、次々と夢の中に現れる登場人物達は連載漫画というものそれ自体の暗喩ということもあって非常に「ブラック・ジャック」らしい最終回でした。

というわけで今回ご紹介するのは秋田書店 中山昌亮「ブラック・ジャック 青き未来」です。
秋田書店の有する少年チャンピオンは「ブラック・ジャック」のリメイクや関連作品を頻繁に出しており、エログロ描写で有名な山本賢治の「ブラック・ジャック黒い医師」や「ブラック・ジャックNEO」など様々な作品が発表されました。
「ブラック・ジャック 青き未来」もそんな作品の一つです。
シナリオは「寄生獣」「ヒストリエ」で著名な岩明均、漫画は「不安の種」で著名な中山昌亮と、発表の際には大いに盛り上がりました。
が、実際に単行本になっている際にはシナリオ原作山石日月という岩と明を分けた形の変名になっています。
岩明先生的にはこの作品の出来には疑問があったようで、アフタヌーンのコメントにて作品の名前自体は出ていないものの、要約して

「テーマに則したものにならず共同作業の難しさを感じた」、
「先達の権威の下で主題を放棄した郷愁ばかりの残骸作」

と相当に辛辣なコメントを載せていました。
では、実際にどうなのかというとまず目に付くには作画中山先生の異様なまでの筆の冴えです。まず冒頭のシーンを見ていただきたいのですが、


               160127-BJ1


この手塚絵から中山絵の変化とともに加齢していく描写は実に秀逸です。


               160127-BJ13_convert_20160124192646.jpg

               160127-BJ12_convert_20160124192548.jpg

               ブログ追加


また物語の始まりである飛行機で目覚めも、最終回のひとつとして有名な「人生という名のSL」に繋がりを感じさせるところは非常に美しく、「ブラック・ジャック」が始まったことを認識させ作品の世界にどっぷり没入していきます。
それ以外にも中山絵で往年の手塚スターシステムの名俳優達が多く登場しており、レッド公、スカンク、丸首ブーンといった絵が劇画調で登場しストーリーを盛り上げます。
あえて華やかなで派手なランプ、ハムエッグ、ロックといったキャラクターでなく、渋い親父達を使っているのもニヤリとできるところ。


               160127-BJ3

               160127-BJ4

               160127-BJ5


岩明先生自身も「絵そのものは上手く仕上がっていると思っている」とのコメントもあり、「不安の種」のホラー描写からは想像できなかった中山先生のペンと演出と手塚作品の意外な相性には驚かされます。


               160127-BJ11_convert_20160124192524.jpg

               BJ10_convert_20160124194327.jpg


肝心のストーリーは、年老いたブラック・ジャックはさすがの存在感といったところで変わらぬ減らず口と飄々とした態度ながら忍び寄る老いを感じさせるのがショッキングです。
それだけに後半にはブラック・ジャックは老いで患った昏睡の病気でずっと眠ったばかりでありストーリーからはんばドロップアウト気味になってしまうのは実に惜しいところです。
新キャラクターのクロエに関しては、正直かなり浮いた印象があったのですがその描写も複線としてがその後の展開に繋がっていくというのがなかなか秀逸。
とはいえ、その描写は賛否両論であったことも事実だったと思います。
そして最後のシーン、「郷愁ばかりの残骸作」と語られてはいますが、やはり手塚作品に幼い時から慣れ親しんだ者としては感動できるものとなっています。

そんな「残骸作」と言い切るには中々に惜しい作品なのも確かなところですが、逆に岩明先生の頑固で職人気質である面も伺えたのも確かです。
一度描き上げた作品に対して酷評とはいえ顧みることがあったのはファンとしてはなんとも難しいですが非常に興味深いことでもあります。
岩明先生は代表作「寄生獣」がアニメ化と映画化となっており、如何にしてそのような事になったのかも気になるところ。

そんな「ブラック・ジャック 青き医師」、「ブラック・ジャック」が嫌いな父が読んだらどんな反応するか、郷愁なのか未来を感じるのか、楽しみな今日この頃です。


(中野店/黒田)

「ブラック・ジャック 青き医師」通信販売はこちらから。
  1. 2016/01/27(水) 11:00:18|
  2. 中野店黒田

「雷」への系譜・・・アジア系ロボットアクション太田垣康男「東方機神傳承譚ボロブドゥール」

中野店の黒田と申します。
年末で忙しくなってきましたね。
皆さんも忙しい時に流れる脳内BGMみたいなものが一曲はあると思うんですけど自分の場合は断然キングギドラの「平成童子」ですね。
まぁ所謂ラップなんですけど、途中の歌詞の「関羽が来たぜもう大丈夫 一騎当千 五虎大将軍」のパワーワード感が素晴らしいですね。
個人的声に出したい日本語5年間単独王者をひた走っておられます。いや関羽は中国人ですが。
そういうわけで自分は忙しさを自分の脳内で勝手に関羽で計っており、今日は5関羽ぐらいだな?とか勝手に納得したりしているわけです。
皆さんの脳内の関羽、本日はいくらぐらいでしょうか?


・・・とまあそんな事はさておいて本日の漫画の紹介です。

151217-1.jpg


「機動戦士ガンダム サンダーボルト」がその名の通り電撃的アニメ化決定、一話先行公開とものすごいスピードで展開されたのには驚かれたファンも多いと思います。
思えば15年は富野監督自ら指揮をとった「Gのレコンギスタ」をはじめ、例年にないほどガンダム作品が発表されファンを喜ばせた年となりました。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」は、「MOONLIGHT MILE」などで著名な漫画家太田垣康男による漫画で、今までガンダム作品と関わりが深いとはいえなかった小学館、
スペリオールという隔週雑誌から連載が始まったことで大きく話題になりました。
もちろん太田垣康男の持ち味であるハードシリアスなSF描写や緻密で硬派な描きこみを最大限活かされており、常に緊張感の漂うスパルタンな物語もあって、新たな宇宙世紀のストーリーとしてファンを沸かせました。

そんな太田垣康男作品の中にはロボットアクション物があり、それが今回ご紹介させていただく作品「東方機神傳承譚ボロブドゥール」となります。
こちらは双葉社から1巻完結で刊行されたコミックで後の「FRONT MISSION」シリーズや機動戦士ガンダム サンダーボルト」などとは異なり原作のないオリジナルの作品になります。

151217-2.jpg
151217-3.jpg
151217-4.jpg


この作品の特徴はなんと言っても繊細で豪快な筆で描かれるアクション!
またロボット作品としても珍しい仏教文化を取り入れたアジア系のロボットアクションとなっており一般的なロボットデザインとは一線を画する異形のデザインも相まって他に類似性のないロボットアクション物となっています。
もちろんSFにはとことん拘る太田垣作品ですので、人々の文化や生活、テクノロジーが臭い立つ濃度で描き込まれています。

151217-5.jpg
151217-6.jpg


ロボットアクションということで他の作品の様なハードSF要素や陰鬱な張り詰めるような雰囲気の作品ではなく、漫画的な娯楽性に溢れた快作となっており、一巻完結ながらストーリーも綺麗にまとまっており手に取り易い一冊となっております。
太田垣作品の中でも他と違ったスタンスの作品とも見れる作品ですが、後の「FRONT MISSION」シリーズに繋がる残虐描写も多く見られておりこの作品が大きな転換になったと見ても良い作品です。

151217-7.jpg

それだけでなく「機動戦士ガンダム サンダーボルト」でも見られる、主人公が体の一部を失いながらもロボット操縦する描写やジオンと連邦の対立に代表される持つもの、持たざるものの対立と、持たざるものの力の獲得など作品を構成する多くの要素が類似していることが分かります。
そういった意味で太田垣作品の中にもいまでも「東方機神傳承譚ボロブドゥール」は息づいていると言えます。
あ、でも「MOONLIGHT MILE」序盤の様に毎回SEXしまくったせいで「宇宙開発=SEX」というような誤まった認識を埋め込むような破廉恥な描写はそんなにないのでご安心を!(?)

というわけで「東方機神傳承譚ボロブドゥール」の紹介とさせていただきました。
この作品、1巻完結ながらB6版だけでなく文庫版もでておりコアな人気が窺い知れます。
どちらも一冊で読めますのでお好きなほうをどうぞ・・・


(中野/黒田)



[「雷」への系譜・・・アジア系ロボットアクション太田垣康男「東方機神傳承譚ボロブドゥール」]の続きを読む
  1. 2015/12/17(木) 11:00:37|
  2. 中野店黒田

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション