FC2ブログ

岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

2016年から1巻が発売した作品縛りで、個人的ベスト5!




うめだ店の吉野です。
今回は2016年上半期の個人的総括と称して「2016年から1巻が発売した作品」の
個人的ベスト5を振り返ってみます。

【第5位】涼川りん「あそびあそばせ」

あそびあそばせ


学生時代流行ったしょーもない遊びをある意味、命を懸けてやっている様が
表情や言動から読み取れて面白いです。
おおよそ女子高生の顔つきとは思えないおっかなさが後をひき、帯のアオリ通り
中毒となりました。


【第4位】青野春秋「100万円の女たち」


100万円の女たち


前作ではニートを描いた作者が、今作では真逆のシリアス&サスペンス!
サバサバした画の雰囲気が恐怖感を駆り立てます。
連載では謎が解明されていっているので、まだ未読の方は単行本から読むこと
をお勧めします。


【第3位】大和田秀樹「所得倍増伝説 疾風の勇人」


疾風の勇人


実在の政治家・池田勇人をモチーフとして、大和田先生得意のドラマチック誇張
で熱さを駆り立てられる半ノンフィクション漫画。
互いの思惑が交差する政治家同士の交渉、看破しようと様々な言葉を発する“駆け引き”
の部分が最大の見所です。


【第2位】藤本タツキ「ファイアパンチ」


Fパンチ


能力バトル漫画はジャンプが得意とするところでありますが、
能力が概ね不幸な方向へ向いているのは新しいです。
最近の連載では映画好きのトガタの狂人っぷりが良いですね。
こんなキャラ、なかなか思いつかないですよ。


【第1位】山本英夫/池上遼一「アダムとイブ」


アダムとイブ


商業誌で「描きたいものを描く」というのは制約もあって難しいことです。
山本英夫と池上遼一の両雄だからこそ造れた漫画なのかもしれません。
お題は単純明快で、ヤクザVS透明人間!
山本英夫先生の斬新なアイデアを池上遼一先生が漫画として表現すると、
こうも艶のある漢(オトコ)が出来上がるものなのか!

…今回は駆け足で個人的上半期ベスト5を振り返ってみました。
「これはぜひ読んでみたい!」と思った作品があったら、下記の通販ページリンクまで!

担当:うめだ店 吉野

★WEB通販はこちら。

・涼川りん「あそびあそばせ」

・青野春秋「100万円の女たち」

・大和田秀樹「所得倍増伝説 疾風の勇人」

・藤本タツキ「ファイアパンチ」

・山本英夫/池上遼一「アダムとイブ」
  1. 2016/08/22(月) 10:51:15|
  2. うめだ店吉野

夏フェス近いので「シオリエクスペリエンス」を読んで気分を盛り上げYO。




うめだ店 吉野です。コンニチワ。
今年はQに暑くなりましたね。エヴァンゲリオンだって序、破、Qと段階を踏むってもんです。
もう夏です。
夏と言えば、夏フェスの季節です!
今年のサマーソニックは13年振りにRADIOHEADが出ます。
自分が唯一体験したサマーソニックが、その13年前でして。
感動したなあ…、自分は大阪なので「Creep」は聴けませんでしたが、
「My lron Lung」が聞けたので十分満足でした。
行こうかな…、13年振りに…。

…という訳で、今回はロックンロール臭のする漫画をひとつ。


160708①


物語は、家庭の事情で夢を諦めた地味子な女教師・本田紫織が27歳誕生日の夜、
夢か幽霊か幻覚か?アフロで黒くてビラビラの服を着た外国人に遭遇するのだが、
何とその外国人とは伝説のギタリスト「ジミ・ヘンドリクス」であった!


160708②


紫織は自分の知らない内にジミと悪魔の契約を結ばれており、その内容とは…
「27歳が終わるその日までに伝説を残さなければ…死ぬ!」
紫織のうなじにエレキギターのコードを“JACK in”したジミは、紫織と憑依し、
生前見せた超絶ギターテクを全校生徒の前で披露する!


160708③


160708④


紫織は憑依されて意識が薄い中で、かつて諦めた「バンドを組んで、ライブを演りたい!」
という夢を思い出すのだった…。

「ジミ・ヘンドリクス」という名前は、音楽に疎い方でも一度は聞いたことあるんじゃないでしょうか?
後は「Purple Haze」という彼の代表曲は、聞けば必ず「ああー」ってなるはず。
あらすじの「27歳が終わるその日までに伝説を残さなければ…死ぬ!」は、
彼が他界した年齢に基いて設定したものだが、音楽ファンであれば承知の通り、
27歳で他界した有名ミュージシャンは、27クラブと呼ばれていてジミはその代表格なのだ。
ちなみに巻が進めば、


160708⑤


も登場!
演り過ぎて嫌いになったはずの「Smells Like Teen Spirit」を演るだと!?


160708⑥


さて、この漫画のツボは、今のとこ6巻に集約されていると思われる伝説2人のコラボ!


160708⑦


音楽ファンなら1億積んででも、決して実現することのないこの2人のライブ…観たいですね。


160708⑧


この妄想は、プロレスで言う所の「今、三沢と武藤がシングルで戦ったらどっちが勝つよ?(1995年当時)」
に近いと思うのは自分だけでしょうか?
今後、ジャニスやジム・モリソンも絡む展開も予想される「シオリエクスペリエンス」。
読めば、あなたも夏フェスに行きたくな~る~。


担当:うめだ店 吉野

★WEB通販はこちら。
長田悠幸「シオリエクスペリエンス」

長田悠幸 全作品

  1. 2016/07/08(金) 10:33:45|
  2. うめだ店吉野

このタイミングで「ヒメアノ~ル」を取り上げるのは、あざといですが?





タイトルの“このタイミング”とはズバリ、実写映画を指します。
“あざといですか?”と自分から聞いておいて、世間の答えには耳を塞ぐ所存です。
そんな訳で、うめだ店の吉野です。
今回は旬のモノってことで「ヒメアノ~ル」をメインに、古谷実作品について少々。


古谷実①


齢36歳の自分が初めて出会った古谷実作品は当然「稲中」から。
当時は高校生でした。
世間的にもちょっとしたブームだったかと思います。
以来、現在連載中の「ゲレクシス」まで作品を追っていくことになります。
古谷実作品は順番に読めば誰でも分かるターニングポイントがあって、
それが前回、実写映画化された「ヒミズ」です。
「稲中」>「僕といっしょ」>「グリーンヒル」≠「ヒミズ」>「シガテラ」…
初期を作品順に並べるとこんな感じ。
古谷実作品の特徴として自分の見解なのですが、
“振り切れる”ところから始まるって印象があります。
だから「稲中」>(大なり)「僕といっしょ」なわけです。
作品の評価としての記号付けではないのであしからず。
でもって「グリーンヒル」の後、ギャクを排除した「ヒミズ」が始まります。
今までのギャグ漫画の流れが寸断されたってことで、≠を置くのが
「グリーンヒル」と「ヒミズ」の間には合ってるんじゃないかと。
そしてこの後の流れはと言うと、
「ヒミズ」>「シガテラ」>「わにとかげぎす」>「ヒメアノ~ル」>「サルチネス」>?「ゲレクシス」
ってところでしょうか。
最悪の結末を描いた「ヒミズ」の後は、ダーク面とエロ面とギャグ面の配合を
うまくコントロールしながら作品を出し続けているんじゃないかと。
(「ゲレクシス」はちょっとまだよくわかんない…なんだ、あの顔のオバケは。)

さて、今回は「ヒメアノ~ル」。
何もない日常に不満を抱く青年・岡田と、


古谷実②


日常に帰ることが出来ない青年・森田が、


古谷実③


時に接点を交えつつも、基本はお互い別々の視点で物語が進みます。
ただその表裏の天と地とたるや。
1歩踏み出した勇気のおかげで、愛の告白までされちゃった岡田。


古谷実④


徐々に闇の部分を出し始める森田…。


古谷実⑤


自分は古谷実作品を読んでいると、結構感情移入して、
「頼むから幸せになって!」
とか、
「頼むから殺さないで!」
とか思ってしまいます。
それだけ「ヒミズ」のインパクトは大なのです。
そしていつも自分が望む結末とはずらされてしまうのが、
古谷実作品の魅力なのかと思います。

ちなみに、物語の後半に出てくるコイツは、


古谷実⑥


古谷実⑦


「サルチネス」主人公のプロトタイプですよね、多分。


担当:うめだ店 吉野


★★★ web通販はタイトルクリックで! ★★★

「ヒメアノ~ル」

「古谷実 全作品」
  1. 2016/06/01(水) 10:59:00|
  2. うめだ店吉野

桜玉吉の3・11以前と以降





うめだ店の吉野です。
今回は僕が子供時代からリスペクトしている桜玉吉(別名義:チャーリー野沢)について少々。

今でも知ってる人は知っていて、知らない人は全く知らない漫画家・桜玉吉。
僕は子供時代はテレビゲームが好きで、好きなら通るゲーム雑誌「ファミコン通信(現:ファミ通)」で
その名を知ることになります。
それがテレビゲームのパロディをメインにした漫画
「しあわせのかたち」
なのであります。
おまえ・コイツ・べるのの例の3人組を筆頭に、オリジナルキャラとゲームキャラ(改変あり)
を隔週4ページを使って自由な切り口で子供時代の僕達を楽しませてくれました。

…が

時が立つにつれて子供ウケするゲーム漫画は影を潜め、代わりに主役に踊り出たのが
桜玉吉本人なのでした。

「しあわせのかたち」4巻以降から自身の日常を切り売りする漫画を描くようになった
桜玉吉は「しあわせのそねみ」や「ラブラブルート21(なんと2014年に映画化!!)といった
作品内代表作を生み出しました。
特に「しあわせのそねみ」はその後の作風に多大な影響を及ぼし、後作品の
「防衛漫玉日記」
「幽玄漫玉日記」
「御緩漫玉日記」
に受け継がれていくことになります。

ですが作品を全部読まれている方はご存じかと思いますが、桜玉吉作品の積み重ねは
自身を晒した代償による鬱との共存を描いた軌跡でもあるわけで。
それ故休筆期間も多く、それは作品を積み重ねるごとに長くなってしまったのです。
「御緩漫玉日記」終了後は約5年に渡って長期休載、その間はファミ通でひっそり連載している
「読もう!コミックビーム4コマ」のみで読者は生存を確認する日々が続きました。

そんな桜玉吉がひきこもり状態から復活へのきっかけになった出来事が起こります。

3・11です。

前置きが長くなりましたが、今回メインで紹介したい作品がこちら。


160419-玉吉1


「漫喫漫玉日記 四コマ便」
メインの収録は「読もう!!コミックビーム4コマ」4年分になりますが、
この本には復活の軌跡がわかる桜玉吉本人のインタビューが盟友・○村編集長との
対談形式で4部に渡り掲載されており、僕としてはこの作品、一通りインタビューも含めて
読んだ後にもう1度4コマの部分を1から読むと、桜玉吉の精神状態や環境が回を追うごとに
変化していく様が読み取れてネタとプラスで面白いです。

3・11以前の桜玉吉はインタビューにも記載されていますが「御緩漫玉日記」以降から
長期に渡って続く鬱の極地時代。
作中にもふいにその痛々しい姿が散見されます。


160419-玉吉2160419-玉吉3


160419-玉吉4160419-玉吉5


最早、4コマにすらなってない四面楚歌。
当時の心境を直球で表現しているとも言える。

作中だと画の印象やネタと相成って
「そんなにヤバイ状態なの?」
「なんでヤバイ状態なのにネタが面白いの?」
と思わず勘ぐってしまうのですが、インタビューで以下の述懐があります。
以下、抜粋。

玉吉:どんなシリアスな状況になっても、俺はオッチョコチョイってことがわかって、
   そこからUターンして戻ってこれた。
○村:横で見ててそれはわかったよ。どんどん内向していって、ほとんど日常生活破綻
   してるのに、アホな漫画描けちゃうんだからな。
   だってさあ、ほとんど外出ないわけじゃん。
玉吉:うん。
○村:そんでも、さすがにタマ~~~に外に出たら、妙な事が起こって、ネタになる状態
   になっちゃうのよな。
玉吉:そうなんだよ! マヌケなタイミングでマヌケな事が起こる。
   オカルトとかそんなんじゃなくって、何なんだろう?
○村:まあ、俺も人の事、全然言えねえんだけどさあ。
   何なんだろう?
玉吉:そういう星の下に産まれたとしか言いようがないね。
○村:情けねえけどなあ。
玉吉:情けないけど、人の本質じゃない? それって。
○村:まあな。
玉吉:そのことに気づいて、なんとか戻ってこれたんだよ。
○村:原点回帰ってヤツだな。

達観度ハンパない…。
40歳にも満たない僕にはまだ辿り着けない境地でしょうか。
また、鬱の極地から戻れたのは自覚があって自身を客観視できていたからとのことも
インタビューには綴られていました。

そして、あの日を迎えることになります。
以下の作品は3・11以降にあたるものです。


160419-玉吉6160419-玉吉7


作中外に出ている、また人と対話している場面が徐々に増えてきます。
インタビューによると、3・11以降外に出るようになったのだそうです。

…なぜ?

一般的に考えると、より絶望感に襲われて、よりひどい症状に向かってしまうのでは?
以下、抜粋。

○村:普通さあ、地震やら放射能やらって話になって、外出するのはどうよ?
   って状態になって、外うろつき始めるってのは、どんだけ天邪鬼なのよ?
   なんでそーなんの?
玉吉:わからねえよ!
   ただ……震災後、原発事故で放射能が漂い始めた時あたりに、NHK観ててさ、
   電波調整用にかわいい子犬の映像が流れて、その後、日本の四季がただ流されててさあ、
   綺麗な自然、山、川、花、樹木……それで涙が止まらなくなっちゃった。
○村:あ、俺も似たようなことあったなあ。
玉吉:なんで泣いちゃったかってのを、具体的に言うとね、美しい日本の風土の中でさ、
   親子が散歩してるわけ、そこで子供が綺麗な落ち葉を拾おうとすると母親が
   「やめなさい! それ放射能ついてるから!」なんて情景を想像したら
   涙が止まらなくなっちゃってさあ。
○村:うん。
   そんで俺らも、ちょうどそういった花鳥風月、四季の移り変わりみてえなモンが、
   ええなあって思えるようなトシになっちゃったから、余計に敏感に感じちゃった
   のかもしれん。
玉吉:そういう要素も相まって、なんであんな事態を、食い止められなかったのかという
   自責の念も湧いちゃって……。
○村:まあ……なあ。

この後のインタビューでも述懐していますが、元々桜玉吉は原発関係には昔から
興味があったのだそう。
ただ、理屈だけでは説明しきれない何かが3・11をきっかけに桜玉吉の心を動かした
のではないかと思います。

それから徐々に復活の道を歩む桜玉吉は、仕事場の拠点を鬱により崩壊寸前の自室から、
タイトルにも含まれている漫画喫茶に移し、1年以上に渡って生活まですることになるのです。


160419-玉吉8160419-玉吉9


仕事場と化した漫画喫茶の一室での風景。

3・11以降そして「御緩漫玉日記」以降久々発売の4コマではなく短編漫画集がこちら。


160419-玉吉10


「漫喫漫玉日記 深夜便」
特に震災当日の桜玉吉の様子を綴った「3・11金曜日」は必見!!
漫喫生活開始のきっかけの話でもあります。


160419-玉吉11

160419-玉吉12


相変わらず桜玉吉が描く女の子はかわいい。
だがそんな事言ってられない事態が襲いかかる!!

最近はというと、生活拠点を伊豆の別荘に移した桜玉吉。
今何かと出てくるセンテンススプリング(週刊文春)で「日々我人間」も連載中。
単行本化が楽しみではありますが、どうか体と心には気をつけてください。
気長に待ってます。

担当:うめだ店 吉野


★★★通販ページはこちらから!! 購入したいタイトルをクリックしてね!!★★★

「漫喫漫玉日記 四コマ便」

「漫喫漫玉日記 深夜便」

「桜玉吉 全作品」

「マリオの大冒険(チャーリー野沢名義)」


(うめだ店/吉野)
  1. 2016/04/19(火) 10:56:18|
  2. うめだ店吉野

暴走する4コマ 碓井尻尾作品のススメ





うめだ店 吉野です。僕の掲載は今回が3回目です。

さて今回は僕の一押し4コマ漫画家、
碓井尻尾作品を幾つかご案内しまーす。

店長の憂鬱(2007年~2011年連載 全3巻)

usui A


これがデビュー作です。
竹書房の新人賞最終選考まで残った本作がゲスト掲載から人気が出て、
短期連載→本格連載といった流れです。4コマ作家にはままある経緯ですね。

話の基盤は、
「個性的な店員やアルバイトに振り回される、回転寿司屋の店長」
といった一見すると日常系4コマなのですが、
これが碓井尻尾の手にかかれば、独特のセンスと勢いに満ちた4コマになるのです。


usui B


1巻最初のページから。店長のスズキはなかなかの男前。
アルバイト女子のアユカワに今後も翻弄され続けるのだ。


usui C
ノータイムからのどうでもいいカミングアウト炸裂。


あとこの作品には雇われ店長=サラリーマンの哀愁に満ちた名言や
エピソードも多数あり、涙と笑いを誘います。


usui D
血涙が出そうな名言。


usui E
あるあるネタも披露。疲れてくると、ね…。


人生疲れてる方におすすめな作品です。

続いては碓井尻尾の魅力全開のコチラを。


青春甘辛煮(2009年~2015年連載 全4巻)

usui F

あらすじは…

usui G


ここまではいたって普通。
だか部員がいない理由を尋ねると…、


usui H

usui I


だってさ。
何こののっけから超展開は。

学園×日常×剣道×青春×温泉?
という不可解な要素と相変わらずの超個性的キャラが
店長の憂鬱以上に登場し暴れまくる本作で碓井尻尾の
作風がガッチリ固まったのではないかと思われます。

その最大の魅力はズバリ、


ドS!!


この作品では主役級の超ドSキャラ(イケメン)土方が、
周囲の暴走をドSにツっこみを入れて行きます。


usui J
話にスジがあるのでここだけ見ても分からないと思いますが、
3コマ目の台詞の殺傷力はドSならでは。


usui K


一度ぐらい女の子にこんな台詞吐いてみたいですな~(個人的に)

あと作風として気になっているのが、
話の展開にちょうど合っている画力でしょうか?
僕の想像ですが、あえて上手く描きすぎず、勢いのある画をキープし続けている
んじゃないかと思えてならないのです。

これからもこの黄金律をキープして頂きたいものです。

碓井尻尾の作品はコチラから!!

  1. 2016/03/09(水) 10:56:39|
  2. うめだ店吉野

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション