岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

麻雀漫画をオススメしてみる 第1回




週刊少年マガジンで連載していた麻雀漫画、甲斐谷忍「無敵の人」最終巻が先日発売になりました。
同誌では「哲也~雀聖と呼ばれた男~」以来の麻雀漫画連載ということで、麻雀漫画好きの注目を浴びてのスタートでしたが、
「哲也」ほどのロング連載になることはなく終了となりました。

やはり、バブル期ほどの麻雀ブームではない現在、麻雀漫画でヒットは厳しいのか?
麻雀、というだけで敷居が高いのか?
たしかに面白いのに「麻雀漫画」というだけで日の目を見ていない漫画が多い気がします。

以前、ちょうど「無敵の人」の連載が始まった頃に
「咲-saki-」や「アカギ」「哲也」などで初めて麻雀漫画に触れた人に勧める「次に読んで欲しい麻雀漫画」
として麻雀漫画の紹介をしました。

なので、今回はもうちょっと踏み込んで「麻雀漫画」を紹介していきたいと思います。
あれを初級編とするなら、今回紹介するのは「中級編」。
「麻雀漫画」というくくりでは収まり切れない、破天荒な作品ばかりです。
前回はけっこう駆け足で紹介してしまったので、今回は1作品ずつ数回に分けて紹介していきたいと思います。

原恵一郎「麻雀放浪記 凌ぎの哲」(竹書房)


161218麻雀01

161218麻雀02 161218麻雀03


最初に紹介するのは、こちら。
画像を見て奇妙に思うかもしれません。
実はコミックスが6巻まで出て打ち切り、連載は続いてもコミックスは出ずに終わってしまった作品です。
訂正文:画像では6巻までですが、7巻まで出ていました。ここに訂正させていただきます。

ところが、その未収録の中の「博打列車編」のエピソードがストーリー、敵役、イカサマ技等が群を抜いて面白く、コミックス打ち切りから実に8年後、廉価版(所謂、コンビニコミックス)「麻雀バクチ列車」上下巻として刊行されました。
ここでファンが悲鳴を上げます。
「コミックスは「権々会編」の途中で終わってるのに、その結末は読めないのか!?」
「バクチ列車」の売れ行きがよかったのか、そうしたファンの悲鳴が編集部に届いたのか、半年後「バクチ麻雀地獄寺」上下巻として、コミックスと「バクチ列車」の間のエピソードもコミックス化されたのでした。
ちなみに最終エピソードはまだコミックス化されておらず、ファンはコミックス化を待っています>竹書房様

物語はタイトルからも分かるように、基本設定は阿佐田哲也「麻雀放浪記」に則ります。
ただ、アレンジが凄い。
登場人物の名前が一緒なだけで、もうまったくの別物と言っていい。
もうひとつ、この漫画の凄いところは、これだけアレンジしておいて、骨格というか、雰囲気というかは実に原作に近いのです。


161218麻雀04

主人公・坊や哲はしょぼくれた兄ちゃんだし、


161218麻雀05

野上の健、ことドサ健はまさに"ドサ回り野郎"といった風体。

漫画の「哲也」に慣れてしまった向きからすると違和感が凄いのですが、原作の雰囲気的にはこっちのほうが"近い"。
もっとも言動やらは全然違うんですけどね。

今回紹介したいのは、とくに「麻雀バクチ列車」。このエピソードを単体でコンビニコミックス化したのは英断だと思います。
何より、このエピソードだけ読んでも問題がない、というボリューム。ついで、麻雀知らない知人何人かに読んでもらって、いずれも面白いという評を得ていること。麻雀部分が分からなくてもストーリー、キャラクター性で読めるところなのが大きいです。

物語は麻雀で飯を食っているバイニンたちが次々と列車からの転落死をしている、という事件から始まります。


161218麻雀06


過去の幽霊からの招待状、そして蜜に誘われる虫のように、列車に集うバイニンたち。
警察の手が及ばない列車内で行われるバクチ、とは表の顔。
裏では、負けた者たちが飛び降りる狂気の麻雀が行われたいた。


161218麻雀07161218麻雀08


そして出てくるラスボス・ブー大九郎。


161218麻雀09161218麻雀10


あれ? おかしいなぁ、阿佐田哲也の小説に出てくるブー大九郎ってこんなキャラじゃなかった。


161218麻雀11


こんなこと叫ぶキャラじゃなかった。

そんな濃いラスボスに負けない脇役たち。舞台はずっと列車の中なのに、そんなことも忘れるほど物語は有為転変します。

ちなみに「バクチ麻雀地獄寺」はマイナス分を払いきれない者が鐘に吊るされて腕を砕かれます。


161218麻雀12


そんな狂気に満ちた「凌ぎの哲」の世界に、どっぷりハマってみませんか?


【次回予告】

究極のイカサマ麻雀を描いた「治外法権麻雀」が読める、雀鬼の半生を描いた作品を紹介予定。


(うめだ店/山本コウ)

原恵一郎作品はこちら→https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%8E%9F%E6%81%B5%E4%B8%80%E9%83%8E&shop=55&soldOut=0&dispCount=24
  1. 2016/12/18(日) 10:55:36|
  2. うめだ店山本

狩猟漫画「猟犬探偵」と作家・稲見一良




最近、ジビエ料理が流行っているらしいです(ソースはN○K)。

漫画を読まれる方では「ゴールデンカムイ」(集英社:野田サトル)や「山賊ダイアリ
ー」(講談社:岡本健太郎)で馴染み深いかもしれません。

私、うめだ店スタッフ・山本がジビエ……と言うよりも「狩猟」と聞いて思い浮かべる
のは稲見一良(いなみ・いつら)という作家です。
というわけで、今回ご紹介するのは、稲見一良の短編小説を谷口ジローが漫画にした「
猟犬探偵」全2巻です。


161207画像01 161207画像02


原作者の稲見一良は狩猟を嗜んでいて、書かれるのは狩猟小説であり、ハードボイルド
小説。著者の言葉を借りると
「ハードボイルドの厳しさと感傷を底流にした闘争の話」
です。
知識を活かした猟の描写は具体的かつ説得力があり、谷口ジローの作画とあいまって、
見事な迫力となって読者に迫ります。


161207画像03

161207画像04

161207画像05


猪狩りの様子など、犬も一緒になっての集団行動だというのが分かります。まさに闘争
です。

もっとも「猟犬探偵」は狩猟がメインではなく、猟犬探し専門の探偵・竜門卓の物語で
、テーマは“誇り高き男の、含羞を込めた有形、無形の贈りもの”です。
この「含羞を込めた」というものが、実にいい味になっていて、和製ハードボイルドの
傑作と言われる所以だと思います。

たとえば1巻「セント・メリーのリボン」 。


161207画像06


ヤクザの依頼も専門外だと突っぱねる一方、


161207画像07


女の子に贈り物をするのに口上をとちらないように練習したりもします。
ヤクザ相手に一歩も引かない男でも、ガサツではなく、優しさをもって人に接する格好
よさ。憧れますね。

原作は短編小説で、1巻にあたる「セント・メリーのリボン」はまさに表題作になって
いる短編集「セント・メリーのリボン」に、2巻にあたる「サイド・キック」は著者の
死後刊行された追悼連作短編集「猟犬探偵」に、それぞれ収録されています。


161207画像08


そう、著者はかなり以前に亡くなっています。10年におよぶ癌との闘病生活の末の死で
した。
作家業に専念したのも「生きた証を残したい」ということで、闘病生活と平行してのも
のだったそうです。

物語は、猟犬専門のはずの竜門が、大型犬とはいえ盲導犬探しを依頼され、盲目の少女
と出会う話です。
犬の描写も詳しく、猟犬だけでなく、盲導犬とはどういうものか、ということも分かり
ます。


161207画像09


ジビエや狩猟に興味を持たれた方の、次の一冊にオススメする作品です。

ところで。
「セント・メリーのリボン」が1993年刊行、亡くなられたのと「猟犬探偵」の刊行が19
94年です。
そして谷口ジローによるコミックスが描かれたのが2011年。実に18年もの歳月が経って
からのコミカライズ。漫画のあとがきによると、谷口ジロー本人によるコミカライズ希
望ということで、原作に対する愛情溢れた作品に仕上がっているのも納得でした。

何が言いたいかというと。


161207画像10


同作者の作品で「ソー・ザップ!」(1990年刊行)という作品があります。レッドムー
ン・シバと名乗る男が己の人殺しの技量を試したいがために、自分に三千万円もの賞金
をかけた。この挑戦を受けたのが、元レスラー、手裏剣と小太刀の名手、大型獣のハン
ター、狙撃の名手の元警官……雄大な山野にて、5人の男によるマンハントが始まる…
…という作品。
稲見一良の自然への畏敬の念、ハードボイルドな男たちの生き様、銃や自然への深い造
詣などがふんだんに含まれつつも、実に漫画向きなこの作品のコミカライズ、まだまだ
ワンチャンあるんじゃないかな? かな?


(うめだ店/山本コウ)


猟犬探偵の通販ページはこちら→
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E7%8C%9F%E7%8A%AC%E6%8E%A2%E5%81%B5&shop=55&soldOut=0
  1. 2016/12/14(水) 10:44:19|
  2. うめだ店山本

本屋は戦場




この記事を書いているスタッフ・山本コウは、まんだらけに勤める前は本屋に勤めていました。いわゆる書店員というものです。
約8年勤めて、文芸や人文の担当からコミック・雑誌担当、売り場担当から店長、1,000坪を超える大型書店から100坪程度の町の本屋まで、様々に経験を重ねてきました。
表も裏も知り尽くして……なんてほどではないですが、他の本好きの人よりかは本屋の事情というものに通じていると思います。
そうなると、やはり本屋を舞台にした漫画、というものが気になります。
最近では「ガイコツ書店員本田さん」(メディアファクトリー:本田)が出色でした。


161105画像01


大型書店(間違いない)のコミック担当の本田さんの視点で描く書店員悲喜こもごも。外国人ネタが多いのが「あぁ、時代の流れだなぁ」って感じますね。最近、本当に海外のお客様が多くなってきています。
それにしても、書店員しながら漫画描く、っていうのが本当にスゴい。
作中でも書かれていますが、書店員、激務です。何が激務って毎日の物量です。新刊洪水です。


161105画像02
                  この物量、多分、漫画的誇張表現ではない。


本屋の利点・欠点を、自分は本屋勤め希望の人に次のように説明しています。

利点:本の情報を早く広く入手できる。社割がある(ただし、会社による)。
欠点:読む時間がなくなる。

そんな本の山に埋もれながらも、実状を漫画にしているのですから、尊敬します。

もうひとつ、本屋の裏事情を垣間見れる漫画を紹介したいと思います。
「暴れん坊本屋さん 完全版」(新書館:久世番子)です。


161105画像03161105画像04


地方のチェーン書店に勤める番子さんが本屋の仕事のアレコレを面白おかしく解説してくれます。
本屋の裏事情もかなりつっこんで描かれています。


161105画像05
                      そしてやっぱり物量との戦い。


本の探求のやり取りなどは、傍から見ると面白いんですよね。題名がはっきりしない本を、数少ないヒントから当てたときはテンション上がります。
最近ではスマホが普及してお問い合わせの対応も随分と助かっています。「暴れん坊本屋さん」が出た10数年前だと、メモどころか記憶も朧な探し物が沢山ありました。


161105画像06
                        ぶっちゃけすぎ。


他にも、注文した本が来ない事情だとか、書店での帯の扱いだとか、雑誌の付録の話だとか。かゆいところに手の届く書店員あるある。
書店に行ったときの疑問などの答えも見つかるかもしれません。
ちなみに「完全版」では書店員向け情報誌(一般販売はない)に載っていた「本販通信」と、新書館の注文書(!)に載ってた「暴れん坊営業さん」も収録されています。

知ってるようで知らない書店の裏側を覗ける作品の紹介でした。
これらの本を読むと、多分、こう思うでしょう。


161105画像07
                         楽しいよ。


(文責:うめだ店 山本コウ)

今回紹介の本は以下のページから購入できます。

「ガイコツ書店員本田さん」

「暴れん坊本屋さん 完全版」
  1. 2016/11/06(日) 10:46:52|
  2. うめだ店山本

女神の照らす灯りの先を見に行こう




「面白い漫画はありませんか?」

この仕事をしていると、よくそう尋ねられます。
店頭でこの質問を受けると、待ってました、とばかりにいろいろ紹介させてもらっています。
最近ではそれだけでは飽き足らず、うめだ店のtwitter(@umdboy)にて

「ツイート時点で長くて3巻までのコミックス」

という縛りで漫画の紹介をさせてもらっています。
(※宣伝)togetterでもまとめてますので、よろしければごらんください。
http://togetter.com/id/umdboy

ところで。
「面白い」と一口に言ってもいろいろあります。
分かりやすい「面白さ」は頁を捲る手も止まらず一気に読みきってしまうような面白さ。
ワンアイデアで吹き出すような「面白さ」もあります。
けれど、頁を捲るのも勿体無く、買ったはいいけど読み終わるのが嫌でいつまでも読み進められない、そんな面白さもあります。

今回紹介するのは、そういったじっくり読みたいタイプの漫画です。

高浜寛「ニュクスの角灯(ランタン)」(リイド社)


160923画像01160923画像02


舞台は1878年の長崎。
主人公の美世は、親が死んで親戚の家に預けられる。給仕も針もまともに出来ず、ならば奉公に出ろと、雇い人の張り紙を頼りに叩いた扉は、南蛮の雑貨を扱う道具屋だった。
文字も読めず、書けない美世には、しかし、不思議な力があった。


160923画像03


神通力。
触ったものを通して持ち主の過去や未来が見えるという。
店主のモモさんはそれを気に入り、彼女を雇う。

そうした導入から始まるこの物語は、美世の目を通して、当時の最先端の技術が日本に入ってくる様子を描く。
そして、それまでごく狭い世界しか知らなかった美世の世界がどんどん広がっていく物語でもあります。

美世は、そんなわけで、最初はとにかくネガティブで引っ込み思案。
見てください、このどんよりした顔。


160923画像04


160923画像05


160923画像06160923画像07


それが、文字を覚え、新しい南蛮の道具に触れることで、変わってくる。
周りも、美世が何もできないわけじゃなく、よく気のつく頭のいい子だということが分かってくる。

2巻になると、それまで挨拶もできなかった叔父さんにも意見を求められたり、神通力のときもこの穏やかな表情である。



160923画像08


160923画像09


そして何よりの見所は、美世の世界が広がるのと合わせるように日本に押し寄せる西洋開化の波。
明治が舞台ですが、出島のある長崎が舞台なだけにいのいちばんに西洋のモノが出てきます。
しかも、場所は道具屋。

チョコレートに蓄音機、ミシンに幻灯機、etcetc。
丁寧なイラストでそれらが描かれます。作中に出るのもいいですが、各話の合間にあるコラムが、イラストも大きく、文章も丁寧で読み応えがあります。


160923画像10


160923画像11


美世の成長ものとして楽しむもよし、アンティークの美しさに惚れるもよし、当時の世相を知る時代ものとしても面白い、いろんな楽しみ方ができる作品です。

ところで。
作中“おたまさん”という女性が出て来るんですが。


160923画像12


長崎は丸山の遊女の愛を描いた作品「蝶のみちゆき」に出てきた“たま”ですね。
知らなくてもいいけれど、分かると楽しい繋がりです。


160923画像13160923画像14

何度も読んでみたくなる「面白さ」。現在も連載中で、2巻が2016年7月に出たばかり。
「何か面白い漫画はありませんか?」と探している方にオススメです。


(うめだ店/山本コウ)


高浜寛の作品はこちらから

  1. 2016/09/23(金) 10:37:13|
  2. うめだ店山本

2016年一番自分の生活環境を変えた漫画




お盆も過ぎて、夏の終わりも見えてきました。

2016年もだいたい漫画漬けな毎日だったわけですが、それでも当然読んでない漫画のほ
うが多いわけです。
そんな中で「2016年上半期はこの漫画が一番面白かった」とか書かないといけないわけ
です。
仕事でそういう話をすることは分かっているので、できるだけ多くの漫画を読もう、と
いう理由で自分は基本的に雑誌派です。週刊誌(隔週刊誌)・月刊誌の目立ったところ
は一通り読むようにしています。
それでも、何様なんだ自分は、とか思ってしまいます。

とくに今年はその思いを強くします。
原因はこれから紹介する漫画にあります。

自分がこの漫画を知ったのは「月刊アクション」にて出張掲載されていた話を読んだの
がきっかけでした。
最初は「読み易い絵柄だな」くらいの感想だったのですが、気がつけば読む手が止まら
なくなり、読み終わったあとコミックスを買いに書店に走ったのでした。
自分が知らなくて面白い漫画はまだまだ沢山ある!

その作品がこちら。

セイ「パステル家族」


0826-画像01


いわゆる日常もので、とある家族の、あまり波風のない日々を描きます。
登場人物たちはいろいろ不器用なところがあるけれど、愛情に裏打ちされたあっけらか
んとした明るさがあります。

主人公は「マヨ」。この子が「大丈夫、まかせてね」っていうとだいたい大丈夫じゃな
い、というトラブルメーカー。でも本人は一生懸命だし、周りもそのことを分かってい
るので、暖かく見守っている(画像では思いっきり勘違いされてますが)。



0826-画像02


0826-画像03


漫画自体は四コマと普通の短編、そしてたまに長編、といろんなパターンで描かれる。
「月刊アクション」に掲載されたものは長編のもので「福引きの回」。


0826-画像04



福引きで当てたゲームを家族でやることになるが、マヨと弟のほのめには難しすぎる。
見かねた兄のタクオが協力プレイで助けながら攻略していく、という話。
文章にすると、本当にそれだけ。
それだけなのに面白い。感動する。



0826-画像05

0826-画像06


この話を読み終わって本屋に走ったのは先に書いた通りですが、実はそこで終わりでは
なかったのです。
面白い漫画を読むと「何の雑誌で連載しているんだろう?」と気になるのは雑誌派の常。
双葉社の雑誌は一通り読んでるはずなのに見たことないぞ、と思ったら、なんでもWE
B漫画「comico」での連載らしい。

ははぁ、たしかに最近web連載からのコミック化とか増えてるもんな。ジーンpixivとか、
LINE漫画とかよく聞く。
ただ、スマホは持ってるけど漫画読むには画面小さいんだよなぁ……

というわけで、


0826-画像07


買ってしまいました、タブレット。

目的は「漫画読む」です。
とりあえず漫画関係のアプリを放り込む。


0826-画像08


アプリがないサイトはsafariで。「web漫画アンテナ」というサイトが便利で活用させ
ていただいています。


0826-画像09


これで「パステル家族」を連載で楽しめるようになったわけでした。

しかし、タブレット買って紙の本買わなくなるかというと、読む漫画が増えて、結局買
う漫画も増えるというね……。


【宣伝】

ちなみにうめだ店のtwitterでも「パステル家族」紹介させていただいています。
https://twitter.com/umdboy/status/718252369058861057/photo/1
他にもうめだ店のアカウントで漫画を紹介したものをtogetterでまとめています
ので、よろしければこちらもご覧ください。→http://togetter.com/id/umdboy


(うめだ店/山本コウ)
  1. 2016/08/26(金) 11:00:14|
  2. うめだ店山本

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション