岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

面白い漫画を見つけるシンプルな方法




本日もよろしくお願いいたします。
うめだ店コミックスタッフの山本コウです。


現在書かせていただいている「麻雀漫画を紹介してみる」をちょっと休憩して、今回は文字ばかりのブログ記事を書かせていただきます。
ちなみに「麻雀漫画を紹介してみる」は現在4回書かせていただいています。今後もあと3~4作品は紹介したいと思っています。

↓↓今までの記事はこちらをご覧ください↓↓
麻雀漫画をオススメしてみる 第1回
麻雀漫画をオススメしてみる 第2回
麻雀漫画をオススメしてみる 第3回
麻雀漫画をオススメしてみる 第4回

さて。
それはともかく。
現在、うめだ店ではtwitterもやっていまして、そこでいろんな漫画も紹介させていただいています。

うめだ店少年コミックのtwitterはこちら→https://twitter.com/umdboy
twitterで紹介しているコミックスはこちら→https://togetter.com/id/umdboy

こういう仕事をしていてよく聞かれるのが「何か面白い漫画ないですか?」という質問です。
また、自分も面白い漫画を紹介したくてこの仕事をしている面が少なからずあります。8割くらい。
そんなわけで、今回は古本屋のスタッフとしてどういう視点で漫画を読んでいるのか、という話をしたいと思います。


超重要:とりあえず読む

大事なことに近道などあるわけもなく、一番のポイントはコツはひたすらに読み続けることです。
「読むだけなら特別な才能は必要ない」とひたすらページを繰っています。

ただし、時間もお金も有限な身の上、ある程度絞って読むことになります。


ポイント1:雑誌編(自分の担当全般に、広く薄く網をかける)

自分の趣味の分は別途読むとして、何はともあれ、自分の担当範囲です。
古本屋ではありますが、自分の担当は直近の少年・青年コミックスになります。となると、まずは現行コミックスの売れ筋を把握しなければいけません。
広く浅く、となるとやはり雑誌が一番です。
そこで、まずは雑誌を一通り読むことにします。

一通り、とはどれくらいか。

まずは週刊誌。
週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデー、週刊少年チャンピオン
ヤングマガジン、ヤングジャンプ、ビッグコミックスピリッツ、モーニング
週刊漫画ゴラク、週刊漫画Times
※これらは最低限押さえます。

次いで隔週刊誌
ヤングアニマル、ヤングガンガン、ヤングチャンピオン、漫画アクション、ヤングキング
グランドジャンプ、ビッグコミック、ビッグコミックスペリオール、ビッグコミックオリジナル
イブニング、近代麻雀
※ここまでは刊行形態で区分けして考え、好みによらず全て読むようにしています。

次いで、月刊誌/隔月刊誌/季刊誌です。
月刊誌は数が多いので、全部網羅は正直厳しい。なので、出版社ごとに旗艦誌を中心に、余裕があれば姉妹誌に手を伸ばしていくことにしています。

なので、まずは出版社をリストアップして、各出版社の出している月刊誌を1、乃至複数ピックアップして読むことになります。
これで、だいたい50誌くらいになります。

雑誌を読む際、正直ひとつひとつじっくり読んでいると読み切れないので、基本は流し読みになります。
その際に注意する点は以下。

・新連載(面白そうかどうか)
・単行本広告(出版社がどれくら推しているのか)
・読み切り、出張掲載(注目作、注目作家になりうるのか)
・アンケートは可能な限り答える(意外と当たります)

他、各ページには目を通すので、気になったコマなどがあると過去に遡ったりして読み返します。こうして流し読みだと気付かなかった面白さが分かる作品も多いです。


ポイント2:新刊コミックス編(気になるタイトルを精査する)

現在こそ、その形態が崩れつつありますが、日本のコミックスの多くは雑誌連載からのコミックス化、というのが基本的な流れになります。
なので、上記のように雑誌の連載の段階でチェックしておいたコミックスの1巻が出ると購入してじっくり読みます。雑誌で大方はチェックしているので、あまり外れを引くことはありません。
うめだ店のtwitterで紹介しているのは主にそうしたタイトルたちになります。
他、知らないタイトルの1巻、となると、読んでいない雑誌か、描き下ろしか、最近だとWEB連載からのコミックス化や同人誌からのコミックス化などもあります。ここらへんは基本的に表紙買い(勘)が多いです。イラストだけでなく、タイトルやあらすじや帯、作者の他の作品などが購入する際の参考になります。


ポイント3:ブログ編(趣味範囲外のタイトルをチェックする)

最近ではブログやtwitterなどで漫画の感想を書いているところは、それこそ星の数ほどあるので、お気に入りのサイトをいくつか見つけておきます。
その際注意することは、できるだけ自分の趣味と被らないようにする、ということです。
自分のアンテナにひっかからなかったタイトルを、面白く紹介している記事などがあると、改めて読みたくなります。そうやって知っているタイトルを増やしていきます。
とくに、まったく関係のない複数の筋から、同一タイトルが紹介されるなら、それはブレイクする兆し(あるいはすでにブレイクしている)と捉えることができます。


ポイント4:作者編(過去にさかのぼっていく)

新刊を追うのもいいですが、ウチはあくまで古本屋です。最新の漫画事情を追いつつ、過去にも手を伸ばしていきます。その際はやはり作家から追うことが多いです。気に入った作家の過去作、だけでなく、その作家のエッセイなどに手を伸ばすと、影響を受けた漫画、などの話がかならずといっていいほど出てきます。
そうしたものを読むことで、いろんな作品の目に見えない繋がりが分かるようになります。


ポイント5:お客様編(紹介してもらう)

まんだらけ、という場所はやはり大きなアドバンテージです。放っておいても漫画好きのお客様が来店されるのです。貴重な情報源です。忙しくなければ、漫画の話をしたいところです。ディープな話は、やはり直接お話してこそ知ることもできます。面白い漫画や裏話など教えていただければ嬉しいですね。


ポイント6:電子書籍編(まだまだ開拓中)

電子書籍は、まだまだ自分にとっては未開拓の地です。
各出版社の電子書籍サイトを中心にいろいろ読んでいるところですが、雑誌のようにたまたま目に入る、ということが少ないので、どうしても気に入った複数のタイトルに偏重しがちになるのが個人的問題点です。


以上、自分が面白い漫画を見つけるために注意・実行していること、でした。
電子書籍が本格的に普及してきて、漫画を読む形態や客層というものも変わってきています。とくに雑誌の売上減という話もここ数年いよいよのっぴきならないところまできていると聞きます。
そんな中でも、そんな中だからこそ、面白い漫画は、知られていないだけで沢山あるのです。今年も、このブログや、twitter、店頭などを通して広く紹介していければ、と思います。

こんな感じで社会人なのに漫画ばかり読んでいるスタッフですが、本年もおつきあい、よろしくお願いいたします。

(うめだ店/山本コウ)
  1. 2017/01/27(金) 11:00:11|
  2. うめだ店山本

麻雀漫画をオススメしてみる 第4回




麻雀漫画をオススメする記事、第4回目です。
↓↓今までの記事はこちらをご覧ください↓↓
麻雀漫画をオススメしてみる 第1回
麻雀漫画をオススメしてみる 第2回
麻雀漫画をオススメしてみる 第3回

今回紹介するのは、作画・みやぞえ郁雄×原作・志村裕次「真・麻雀伝説 風の雀吾」(グリーンアロー出版)です。

風の雀吾

麻雀401


まず、最初に宣言しておきます。
思いっきりネタバレします。
ネタバレしたほうが読みたくなると思うので、この漫画に限り、ネタバレありで紹介させていただきます。


さて。
まずはあらすじです。

【あらすじ】
修行の旅から帰ってきた雀吾は、道場で父が倒れているのを発見する。決闘(麻雀)で破れ、封印していた十二の雀技を奪われたという。
その雀技は、父が若き頃ガムシャラに麻雀道を追求した末、悪魔に魂を売って造りあげた邪神の技!

麻雀402


雀吾は、父の仇をとるために、敵組織・夜叉連合と戦う決意を固める。
そして、夜叉連合も雀吾を放っておかない!

麻雀403


「我々は麻雀界に革命を起こす! そして再び卓の上を戦場にもどすのだ!」

敵はそれぞれ十二の雀技をひとつずつ習得して、雀吾に挑んできます。

この荒唐無稽な設定。設定こそ「なんで麻雀なんだよ」といった感じですが、それ以外……たとえば
「何故夜叉連合はわざわざ雀吾に勝負を挑むのか?」
「何故ひとりずつ挑むのか?」
「何故雀技はひとつずつしか授けられていないのか?」
といった疑問には、きちんとした理由があり、物語の展開とともに、ただのバトルものとは違った味わいが出て来て、全2巻とは思えないカタルシスを生みます。

さて。
ここで気になるのは邪神の技といわしめた十二の雀技が、はたしてどのようなものなのか?

第一の雀神技“三方魔円陣”こそ、一瞬手牌を見せることで捨て牌読みを惑わす、というマナー的にはともかく実に麻雀っぽい技なのですが……

第二の雀神技“残留思念陣”……相手がアガりたいと願いつつもあがりきれぬ悔しさ、恨み……牌に残るその残留思念を使い、代わりに自分が上がる!


麻雀404

……うん?
早くも怪しくなってきました。次も見てみましょう。

第三の雀神技“精霊陣”……精霊が手牌を覗いて教えてくれるよ。


麻雀405


そんな感じで、超能力バトルが繰り広げられます。
しかし、あくまで決着をつけるのは麻雀!

とか思っていたら……
いや、たしかに第十の雀神技までは“必ず天牌をあがる”とか“牌に命を与えて勝手に動く”とか、とんでもではありつつも麻雀の技のうち(?)なのですが、

第十一の雀神技“離霊陣”……相手を幽体離脱させる。


麻雀406

麻雀407


第十二の雀神技“太陽陣”……太陽の熱で相手を溶かす。


麻雀408

麻雀409

麻雀410

麻雀411


すでに麻雀で決着つけようとしていない。殺しに来ています。

最終的には時空を狂わせ、何兆何億という時間の流れを往復するという空間の中で麻雀を打ち、決着をつけることになります。


麻雀412


「麻雀牌が出るなら麻雀漫画」の定義でこれは誰が何と言おうと麻雀漫画であり、空前絶後の傑作少年漫画なのです。
麻雀漫画とはかくも可能性に溢れた、豊饒なる大地なのです(結論)。

【蛇足】
ちなみに自分が好きな雀神技、一番は文句なく太陽陣なんですが、ほか、お気に入りはここらへん(↓)です。

第四の雀神技“谺陣”……超音波で攻撃。あ、これも麻雀関係ないですね。
麻雀413


第十の雀神技“絶対陣”……相手の出すエネルギーをすべて吸収し、自分の力(ツモとか配牌とか)にする。
麻雀414


この“絶対陣”はちゃんと伏線もあって、敵・登竜の登場シーンをごらんください。
麻雀415


「この地と空のエネルギーを少し吸いとれば浮く事ができる」
ちゃんと自分の力を事前に教えてくれる優しい敵です。


【次回予告】

最新の長期連載がまさかの打ち切り! 不遇の麻雀漫画家の傑作長編2作を紹介予定。

(うめだ店/山本コウ)
  1. 2017/01/12(木) 11:00:40|
  2. うめだ店山本

麻雀漫画をオススメしてみる 第3回




麻雀漫画をオススメする記事、第3回目です。
↓↓今までの記事はこちらをご覧ください↓↓
麻雀漫画をオススメしてみる 第1回
麻雀漫画をオススメしてみる 第2回

今までオススメしたものがことごとく竹書房でした。
竹書房は、現在では唯一の麻雀漫画専門誌「近代麻雀」を擁する出版社であり、紹介する麻雀漫画が竹書房に偏るのは致し方ないところはあります。
しかし、竹書房以外からも面白い麻雀漫画は数出ています。

今回紹介するのは、現在「ヤングチャンピオン」で連載中の志名坂高次「凍牌」……ではなく、その作者の昔の麻雀漫画「麻雀倶楽部」です。
「凍牌」は結構巻数も出ていて、スピンオフ作品も出ていることから、ご存知の方も多いと思いますが、簡単に説明すると“血みどろ麻雀漫画”です。

たとえば、掻っ捌いた腹から腸がはみ出たので詰めてホッチキスで縫ったり(麻雀漫画のあらすじです)、

麻雀301

6000点失うごとに人が首を吊ったりします(麻雀漫画のあらすじです)。

麻雀302


現在連載中のところでも、ばんばん登場人物が死んでいく……そんなバイオレンスな作品の志名坂高次先生がかつて「マガジンGREAT」で不定期連載していた作品がコチラ


麻雀倶楽部

麻雀303


オリジナルが手元になく、画像が復刻版なのはご容赦ください。復刻版……結局竹書房ですが……。

それはともかく。
こちらは少年誌に掲載とあって、非常にライトな学園もの×麻雀ものとなっています。
「凍牌」のバイオレンスの片鱗もありません。
金銭のやり取りも(基本的には)ないので、純粋に麻雀を楽しむ物語となっています。

あらすじとしては、麻雀好きが揃って学校内で隠れて麻雀を楽しむ、というもの。
麻雀を楽しむ場を守る話、でもあります。
個人的に好きなシーンが第一話の、これ。プール麻雀、超楽しそう
麻雀304


主人公の得意技が「平和(ピンフ)」で、実に地味。基本にして王道。
麻雀305


おまけ漫画の夢の話でもコレです。徹底しています。
麻雀306


対して、ヒロイン役は最初は麻雀好きの先生、後半からは後輩がヒロイン役になりますが、どちらも強運の持ち主。
麻雀307


この対照的な麻雀の打ち筋を軸に、男女の高校生活を描く作品です。

細かい麻雀ネタも多い。「五門齋(ウーメンサイ)」とか他の麻雀漫画で見たことないヨ! 中国麻将(ちゅんま)打ちたいヨ!
麻雀308


麻雀の楽しさと学園生活の楽しさ、両方を描いた青春漫画「麻雀倶楽部」、本当に「凍牌」と同じ作者の作品なのか、是非読み比べて欲しいと思います。

【次回予告】

奪われた十二の雀技を葬り去るための戦いを描く、麻雀バトル漫画を紹介予定。

(うめだ店/山本コウ)

志名坂高次作品はこちら→https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%BF%97%E5%90%8D%E5%9D%82%E9%AB%98%E6%AC%A1&shop=55&soldOut=0&dispCount=120
  1. 2017/01/06(金) 11:00:33|
  2. うめだ店山本

麻雀漫画をオススメしてみる 第2回





麻雀漫画をオススメする記事、第2回目です。
↓↓第1回目の記事はこちらをご覧ください↓↓
麻雀漫画をオススメしてみる 第1回
麻雀漫画を紹介する上で外せない人物として阿佐田哲也がいて、この人物については何度も言及しましたが、もう一名、スター選手としていい人物がいます。

それが雀鬼・桜井章一
漫画では、20年間無敗、という肩書きで紹介されることが多く、現在では“雀鬼会会長”という肩書きのほうが通りがいいかもしれません。

阿佐田哲也は物書き業をしつつも、生粋のギャンブル狂であり、それゆえに愛される人物でした。
逆に、桜井章一は圧倒的な強さと厳しい精神論で、崇められ、雀鬼流道場を立ち上げることで一派の長となった人物です。
現在では自己啓発系のビジネス書を多く出していることからも分かるように、他者をも律するその風潮は、合う合わないの個人差が激しい。桜井章一を主人公にした麻雀漫画も数多いけれど、エンターテイメントとしては説教臭さが混じって純粋に楽しめないものが多いのが事実です。

そんな数ある桜井章一を主人公にした麻雀漫画の中から、純粋にエンターテイメントとして面白い作品が、こちら。

神田たけ志「ショーイチ 20年間無敗の男 桜井章一伝」全9巻


麻雀201


ノンフィクションの風を装っていますが、さて、どこまで嘘か本当か。ただ、単純に物語として面白い。
序盤は桜井章一が麻雀を覚える学生時代から始まり、素人を食い物にする熊(裏プロ)やヤクザに対して、暴力には屈せず、技で仕返して懲らしめる、という水戸黄門のような黄金パターンの短編を幾つか積み上げます。


麻雀202麻雀203


そしてイカサマ麻雀漫画の傑作「治外法権麻雀」が14話のロングエピソードとして始まります(コミックス4・5巻収録)。

拉致された桜井章一が連れられてきたのが「西側の或る大使の私邸」という治外法権で、何の説明もなく、一切の発言も禁止という状況で勝負の場に立たされるところから勝負が始まります。

四人が四人ともロン・ツモ、点数(上がり役)申告以外の発声をしない。会話がない状況だが、裏技の応酬でまさに“会話”がなされるのが見所。


麻雀204

麻雀205

麻雀206


積み込みの段階での応酬が第一段階。


麻雀207 麻雀208


そしてすり替え、ぶっこ抜きetc、あらゆる技の応酬そして心理戦の第二段階。

何より秀逸なのが“四人の応酬”になっているという点だと思います。麻雀(四人麻雀)は1対3が現実ですが、漫画という表現上、また分かり易さの面からも1対1のような表現になることが多いのです。
しかしこの「治外法権麻雀」は会話を一切省いたうえで、全員の積み込みや裏技を表現することで、実に見事に4人の対決、という麻雀の醍醐味を描いています。


麻雀209


状況に応じて、各自が臨機応変に対応していく。直前まで協力していた相手が、一瞬後には敵になる。そんなヒリヒリした緊張感が、終始張りつめています。

相手の技に対して、どのような技を返すのか……という当たり前のイカサマ麻雀漫画の限界を超えて、流し読むだけだと何がどうなっているのかすら分からない複合技の応酬の密度は他の追随を許しません。

そして漫画「ショーイチ」はこの「治外法権麻雀」を境に転調します。
引退に向けて、師匠を求めての、桜井章一の模索の旅が始まり、最後の「一人だけの引退試合」へと収束していきます。

脇役、とくに前半出て来るキャラに味のあるキャラが多く、定時出勤定時退社をしてひと月で常にほぼ同じ額だけ勝ち続けて“サラリーマン”として家庭を養う「サラリーマンプロ」とか、もう肩書きで笑ってしまう「銀座の夜の帝王」の負けっぷりとかは、それだけでも充分に読んで欲しい魅力に溢れています。


麻雀210
             サラリーマンプロ。雀荘に「出勤」。


麻雀211
            銀座の夜の帝王の見事なまでのやられっぷり。



最後に、せっかくなので「雀鬼会(雀鬼流)」に関しても軽く触れておきます。
「雀鬼流」といえば「1打目に字牌を切らない」「ドラは聴牌するまで切らない」
「打牌が早い」くらいの通り一遍な理解がまかり通っています。
しかし、興味を持った人がそうした表面的なことで勘違いしてしまうのも勿体ないので、入門書として以下をオススメしておきます。


谷口亜夢「雀鬼サマへの道」全5巻

麻雀212


麻雀好き&雀鬼サマ大好きな漫画家・谷口亜夢が雀鬼会に入って教わっていく話になります。入門者からの視点なので、疑問点や解説が実に分かり易い。
特に雀鬼会に興味があるけど、近くに雀鬼流道場がない、という人にとって1・2巻は必読と言っていいでしょう。「何故最初に字牌を切ってはいけないのか」「何故ドラを大切にするのか」「何故~」と様々な部外者からの「何故」に答えてくれます。
3巻以降は雀鬼会員3名+作者の対局に雀鬼サマが解説をする、という形でまるまる使われるので、細かい状況に応じた考え方を知りたい、という向き以外にはあまり……
「ショーイチ」でも書かれていた「天運」「地運」の話もかなり詳しい……が。


麻雀213
                  ここらへんはまだ門外漢の私にも分かる。


麻雀214
                  うん、ちょっと何言ってるかよく分からない。


麻雀215                     
                      駄洒落……?


なお、この漫画が書かれたのももう15年以上前なので、現在のものは変わってしまっているかもしれない点はご注意ください。

最後に「雀鬼会の目的と心得」を載せて今回のブログは終わりとします。


麻雀216


【次回予告】

現在血みどろ麻雀漫画を書いている作者の、お気楽極楽麻雀漫画を紹介予定。

(うめだ店/山本コウ)

「ショーイチ」通販はこちら→
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%81%E3%80%80%E7%A5%9E%E7%94%B0%E3%81%9F%E3%81%91%E5%BF%97&shop=55&soldOut=0&dispCount=24

「雀鬼サマへの道」通販はこちら→https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E9%9B%80%E9%AC%BC%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93&shop=55&soldOut=0&dispCount=24


(うめだ店/山本)
  1. 2016/12/28(水) 11:00:25|
  2. うめだ店山本

麻雀漫画をオススメしてみる 第1回




週刊少年マガジンで連載していた麻雀漫画、甲斐谷忍「無敵の人」最終巻が先日発売になりました。
同誌では「哲也~雀聖と呼ばれた男~」以来の麻雀漫画連載ということで、麻雀漫画好きの注目を浴びてのスタートでしたが、
「哲也」ほどのロング連載になることはなく終了となりました。

やはり、バブル期ほどの麻雀ブームではない現在、麻雀漫画でヒットは厳しいのか?
麻雀、というだけで敷居が高いのか?
たしかに面白いのに「麻雀漫画」というだけで日の目を見ていない漫画が多い気がします。

以前、ちょうど「無敵の人」の連載が始まった頃に
「咲-saki-」や「アカギ」「哲也」などで初めて麻雀漫画に触れた人に勧める「次に読んで欲しい麻雀漫画」
として麻雀漫画の紹介をしました。

なので、今回はもうちょっと踏み込んで「麻雀漫画」を紹介していきたいと思います。
あれを初級編とするなら、今回紹介するのは「中級編」。
「麻雀漫画」というくくりでは収まり切れない、破天荒な作品ばかりです。
前回はけっこう駆け足で紹介してしまったので、今回は1作品ずつ数回に分けて紹介していきたいと思います。

原恵一郎「麻雀放浪記 凌ぎの哲」(竹書房)


161218麻雀01

161218麻雀02 161218麻雀03


最初に紹介するのは、こちら。
画像を見て奇妙に思うかもしれません。
実はコミックスが6巻まで出て打ち切り、連載は続いてもコミックスは出ずに終わってしまった作品です。
訂正文:画像では6巻までですが、7巻まで出ていました。ここに訂正させていただきます。

ところが、その未収録の中の「博打列車編」のエピソードがストーリー、敵役、イカサマ技等が群を抜いて面白く、コミックス打ち切りから実に8年後、廉価版(所謂、コンビニコミックス)「麻雀バクチ列車」上下巻として刊行されました。
ここでファンが悲鳴を上げます。
「コミックスは「権々会編」の途中で終わってるのに、その結末は読めないのか!?」
「バクチ列車」の売れ行きがよかったのか、そうしたファンの悲鳴が編集部に届いたのか、半年後「バクチ麻雀地獄寺」上下巻として、コミックスと「バクチ列車」の間のエピソードもコミックス化されたのでした。
ちなみに最終エピソードはまだコミックス化されておらず、ファンはコミックス化を待っています>竹書房様

物語はタイトルからも分かるように、基本設定は阿佐田哲也「麻雀放浪記」に則ります。
ただ、アレンジが凄い。
登場人物の名前が一緒なだけで、もうまったくの別物と言っていい。
もうひとつ、この漫画の凄いところは、これだけアレンジしておいて、骨格というか、雰囲気というかは実に原作に近いのです。


161218麻雀04

主人公・坊や哲はしょぼくれた兄ちゃんだし、


161218麻雀05

野上の健、ことドサ健はまさに"ドサ回り野郎"といった風体。

漫画の「哲也」に慣れてしまった向きからすると違和感が凄いのですが、原作の雰囲気的にはこっちのほうが"近い"。
もっとも言動やらは全然違うんですけどね。

今回紹介したいのは、とくに「麻雀バクチ列車」。このエピソードを単体でコンビニコミックス化したのは英断だと思います。
何より、このエピソードだけ読んでも問題がない、というボリューム。ついで、麻雀知らない知人何人かに読んでもらって、いずれも面白いという評を得ていること。麻雀部分が分からなくてもストーリー、キャラクター性で読めるところなのが大きいです。

物語は麻雀で飯を食っているバイニンたちが次々と列車からの転落死をしている、という事件から始まります。


161218麻雀06


過去の幽霊からの招待状、そして蜜に誘われる虫のように、列車に集うバイニンたち。
警察の手が及ばない列車内で行われるバクチ、とは表の顔。
裏では、負けた者たちが飛び降りる狂気の麻雀が行われたいた。


161218麻雀07161218麻雀08


そして出てくるラスボス・ブー大九郎。


161218麻雀09161218麻雀10


あれ? おかしいなぁ、阿佐田哲也の小説に出てくるブー大九郎ってこんなキャラじゃなかった。


161218麻雀11


こんなこと叫ぶキャラじゃなかった。

そんな濃いラスボスに負けない脇役たち。舞台はずっと列車の中なのに、そんなことも忘れるほど物語は有為転変します。

ちなみに「バクチ麻雀地獄寺」はマイナス分を払いきれない者が鐘に吊るされて腕を砕かれます。


161218麻雀12


そんな狂気に満ちた「凌ぎの哲」の世界に、どっぷりハマってみませんか?


【次回予告】

究極のイカサマ麻雀を描いた「治外法権麻雀」が読める、雀鬼の半生を描いた作品を紹介予定。


(うめだ店/山本コウ)

原恵一郎作品はこちら→https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E5%8E%9F%E6%81%B5%E4%B8%80%E9%83%8E&shop=55&soldOut=0&dispCount=24
  1. 2016/12/18(日) 10:55:36|
  2. うめだ店山本

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。