FC2ブログ

岩井の本棚、SAHRAの本棚

スタッフがマンガ界のニュースとおすすめマンガを紹介します!

暑い夏には暑そうな漫画を




夏真っ盛り!避暑地もとい北の大地からこんにちは、札幌店中谷です。
私寒いのが大の苦手なので永遠に夏が続けばいいなと毎年思うんですよ。ポケモンGOだって、秋になったら寒くてやめちゃうと思います。冬は1歩も歩きたくない...
まんだらけ札幌店の近くにはポータル多いし、ポケモンもりもりゲットできるので皆さん遊びに来てくださいね。ゲットするついでにマンガ買ってください。
漫画読むときは雰囲気に浸りたいのでその季節っぽい漫画が読みたくなります。この調子で行くと来月は「盆の国」ばっかり読んでると思います。
「地球の放課後」もだいぶ夏っぽいんですが今回はちょっとどろどろした夏の話です。
ますむらひろし「アンダルシア姫」


160805-表紙


舞台は夏のスペイン。


160805-1.jpg


うう…!その気持ち分かるよ!初めてコミケに参加し、朝6時から並んだ時の事を思い出すセリフ!


160805-2.jpg


時蔵はここで不思議な力を持つ織部に出会い、ずっとひっかかっていた心の奥の「恨み・辛み」を抜かれてしまいます。
それからというもの今まで起こっていた「絵を描きたい!」という衝動が失われてしまい、「恨みを返してくれ」と懇願する時蔵。
ひまわりの下に「恨み」があることを探しあてた時蔵は、恨みを食べることで自分の体内に返していきます。

160805-3.jpg


160805-4.jpg


この絵が強く印象に残りすぎた私は、今でもひまわり畑を見ると目玉の事を思い出します。
「恨みや憎しみこそが、生きているという味を深くする」負の感情って、喜びの感情よりもエネルギーが凄いなと感じる事があり、喜びは思い出すとしてもじわじわと感情が包まれていく感じがするのですが、嫌なことを思い出すときって一気に感情が押し寄せてくる感じがするんですよね。ちょっと苦しい方が生きてるって感じがします。弱虫ペダルの真波くんもそんな感じの事いってましたね。
これとは別の話のラストには、自分の悲しみや苦しみを燃やして光るオリーブ畑が描かれています。夜のオリーブ畑を飛び、負の感情に負けずに生きていくんだよと勇気付けられる場面なのですが、女の子が「生きたい」と思うたびにチカッと光る光は、一つの光は小さいが集まるとまるで銀河のような輝きを見せました。そりゃーずっと生きてたらやなことも沢山ありますが、あまりけだるい感情にずるずるつられずに、はつらつと生きて生きたいなぁと感じさせる話でした。


160805-5.jpg


160805-6.jpg


他にも一面豚肉の壁を使った整形の話・リボンを使った口寄せの話など見た目も中身も楽しい話がもりだくさん。
ますむらひろしさんの作品って、猫が多く出てくるんですがこの話に猫は一切見かけません。人間+猫、人間+ペンギンというヒトと動物を同等の位置に置く作品を多く見られますが、この作品では骨が織部の従者として動いています。アタゴオルや宮沢賢治コミカライズとは違った雰囲気です。暑さを楽しみたい方は是非ご一読を。ビール飲みたい!



アンダルシア姫
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=00&keyword=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB


(札幌店/中谷)
  1. 2016/08/05(金) 10:33:05|
  2. 札幌店中谷

どこまで残っていたら人間だと思う?




前回「生死の境目が曖昧な世界って、ギャグ漫画のお約束みたいで安心しませんか?」と書いた事で紹介したい本が出来たので、今回はゆるい人体改造モノを紹介しますね。

ふらんけん・ふらん


160626画像1_convert_20160622131534


最近チャンピオンで「兄妹」「名探偵マーニー」を連載していた木々津 克久先生の作品です。
このへんとか


160626画像2


このへんが


160626画像3


「後味の悪い話」として画像が貼られてるのをご覧になった方もいるはず。

ふらんって、犬の脳を人間に移植したりクローン人間を量産→大量虐殺したり、シリアスな作品なら凄くショッキングな場面として描かれるエピソードが多いです。しかし毎回ゆるく手術シーンが始まってしまうので、主人公のふらん目線で作品を読んでしまうと「仕方ないなー」「またかー」くらいの気持ちで読めてしまいます。たとえ全体を通して見て「後味が悪いな」という印象を持ったとしても、ふらんは被害者…もとい瀕死の人間を助ける「いい事」をしているので後腐れなく読めちゃうんですよね。
また、ふらんさんは手術シーンになると作業量を増やすため腕が増加されます。


160626画像4


最初は蜘蛛みたいでギョッとしたんですが、これも読み進めてると慣れちゃうんですよね...むしろかわいい...
そんなふらんの中でも、さすがにこれはという話を一つ。

莫大な遺産を受け継いだ大富豪のお嬢様が、交通事故に遭ってしまい、運転していた自分の叔父さんと脳を繋がれた状態で(!)蘇生されます。


160626画像5


160626画像6


これだけでも結構ゲンナリきちゃいます。

この叔父さんはもともとお嬢様の遺産を狙っていて、自分の脳をお嬢様の脳と入れ替えてほしい要望をふらんに出していました。形はどうであれ、患者の願いをかなえてくれるふらんさんは素敵ですね。

さてこの叔父さん、今となっては元々自分という「個」を形成していたモノはヌイグルミの中の脳のみ。一応人間の姿で、外部との接触が取れて、自分で思考も出来ているから生きている...のかな...?私もこんなふうにメモリ増やしたいんですがヌイグルミと脊髄を繋ぐのはちょっとなぁ。重そうだし...

一方ふらんさんはあれだけの手術をしてくれたにも関わらず返事は「当然のことをしただけ」...なんて謙虚!
あくまで患者の意向を汲み、実現させてくれるふらんさん。彼女、患者の事情にはあまり感心が無く、「可哀想」「人命は尊い」「救ってあげたい」「要望を叶えてあげたい」くらいの理由で手術が行われます。ふらんさん自身は患者の話をしっかり聞いた後に技術面では最善を尽くしていますが、それ以外のフォローが皆無に等しいのです。ゆるい...
この手術をする以前にもこんな手術をしていました。


160626画像7


ただ脳をどうにか「生きている」状態にさせるにもいろんな方法があるんですね!ふらんさん!
さて、いきなり体は子供、頭脳は大人になってしまった叔父さん。叔父さんの脳を追加増設したことがきっかけだったのか、重症だったお嬢様の意識も目覚めます。
2人分意識があることで精神崩壊するオチかな?と思いきや、彼女とうまく会話できる状態に。その後大規模な親族会議が行われるのですが、爆破事件が発生。叔父さんとお嬢様も含む参加者全員が巻き込まれ、元の体には戻れなさそうで…

オチのコマの視覚的インパクトは抜群!「個」ではなく「群」になってしまった人達...全員の合意がなければ指1本動かす事が出来ない姿にされた人々の姿はぜひ単行本で確かめてくださいね。

このエピソードは「ふらんけん・ふらん」6巻に収録されています。

ではまた。


160626画像8


ふらんけん・ふらんの購入はこちらから
https://order.mandarake.co.jp/order/listPage/serchKeyWord?categoryCode=11&keyword=%E3%81%B5%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%91%E3%82%93%E3%83%BB%E3%81%B5%E3%82%89%E3%82%93

  1. 2016/06/25(土) 11:00:00|
  2. 札幌店中谷

御伽噺ゾンビ





ハロー! 街はゾンビで溢れかえっていますね!チャンピオンで連載が始まった「ミドリノユーグレ」が楽しみな中谷です。

映画でも漫画でもゾンビは大抵、襲ってきたり意思疎通が出来なかったりして寂しいので今回はポップでキュートなゾンビをご紹介しますねー


160514画像1


水野純子のシンデラーラちゃん

アッ懐かしい...2つ折り携帯電話の待受画面にしてたわ...ってお嬢さんも多いのでは?

水野さんの漫画家としての活躍は90年代後期~00年代が中心で、以降はイラストレーターやおもちゃのデザインで活躍されています。1コマずつ切り取っても、挿絵かポスターに出来そうな描きこまれた絵柄は漫画としてだけではなく画集を見ている感覚で楽しむことが出来るほど、情報量と色数が凄いことになっちゃってます。フルカラーが嬉しい。

シンデラーラちゃんはその名の通りシンデレラになぞらえたストーリーなのですが、登場キャラの9割がゾンビになります。といっても四肢は欠損せず、血色が悪くなり、顔のラインがちょっと崩れる程度。水野ワールドに慣れるとよくあるカラーリング...


160514画像2


ご飯の食べすぎで死んだお父さんは緑ゾンビ!ユーグレナかな?嫁と連れ子を見つけて復活!


160514画像3


シンデラーラちゃんは舞踏会ではなく王子様のディナーショーに行くためにドレスをこさえるのですが、会場はゾンビ限定!生者は入れない事が発覚...


160514画像4


160514画像5


こんなに前向きな死にたい初めて見ました

なんやかんやで無事ゾンビになることが出来て、王子様のディナーショーに駆けつけることが出来、束の間の触れ合いの後帰り際に落としたのは目玉...ゾンビだから落ちるよね。


160514画像6


その後、国中のゾンビ娘が片目を捨て去り王子のともとへ向かうのです...

巻末には、シンデラーラちゃん宅に伝わる秘伝の焼き鳥のタレのレシピも公開!


160514画像7

160514画像8



この「作り方」の鳥さんもそうですが、生死の境目が曖昧な世界って、ギャグ漫画のお約束みたいで安心しませんか?お父さんの胃の中の食べ物も消化されずに出てきているし...王子とシンデラーラちゃんはお互いゾンビなのに体を重ねることが出来ています。ギャグとホラー、エロスとカワイイが凄くいいバランスで配合されているのが水野漫画の魅力だと強く主張したいです...!

他作品もとにかく全コマカワイイ!
「人魚姫殿」「ヘンゼルとグレーテル」はフルカラーです。

ではまた!


今回紹介した作品の通販はこちらから


札幌店/中谷
  1. 2016/05/14(土) 11:00:24|
  2. 札幌店中谷

澄んだ空気と思春期の男の子





こんにちは!最近遅ればせながらキンプリをキメ、プリズムの煌めきを感じた札幌店中谷です。エーデルローズのみんなを観ていたら男子校の話を紹介したくなったので、今回はこちらを紹介します。


売野機子「MAMA」


歴史あるギムナジウムで生活する少年達で結成された少年合唱団。天使に選ばれ、神に召される事がその学校での最高の名誉である…という設定を読んだだけでも涎が出てしまう乙女は多いはず。

ギムナジウムものといえば古くは「トーマの心臓」「風と木の詩」最近だと「Jの総て」なんかが記憶に新しいですよね。「MAMA」の掲載されていた「コミックバンチ!」は少女誌ではなかったのでお耽美成分はかなり薄め。群像劇で描かれた作品なので、主人公を軸にしてお話が進むというよりは学校に住む男の子一人ひとりにスポットが当たるので、読み進めると全員愛しく思えてきます!

思春期の少年たちのみに許された生活の場、毎日顔を合わせるのは同世代の男の子ばかり…上級生は一人部屋を持てるけど下級生は相部屋。悩みを話すのも男子。なので自然と話がBLっぽい展開の子もいるんですが、今回は「隣の宿舎に夏合宿に来たバレエ学校の生徒との、ひと夏の恋をする」話を紹介します。
早朝庭に出て練習していたシオン。「死体じゃないの?」と覗き見していた少女達が盛り上がってしまい、少女の中の一人、デボラが様子を見に来ます。


160404-画像1


似たもの同士に感じる事が恋の始まりだとまじめな二人はまだ気付かず、往来を重ね、夏至祭に姉弟だと偽って参加することに。


160404-画像2

160404-画像3


ここー!!汗をかいてたまらなく色っぽいデボラ!「自分達はおかしなことにならないわ」なんて思っている少女のこんな姿ずるい!

そんなデボラの想いは知ってか知らずか、次の朝シオンは遂に想いをこぼしてしまうのですが…


160404-画像4160404-画像5


そう!言わなければこのままの関係が続けられたのに…

シオンとデボラってここまででは1度しか夜に会ってないんですよ。朝、しかも早朝に会うことが多いんです。夏の早朝って5時頃から既に明るいのに、行動している人が少なくてなんとなく空気が特別というか、夜の延長のような雰囲気があると思うんです。バレエとクワイアという打ち込むものがある、人生で大切にしているものがある二人だからこの朝の特別な時間がよく似合っていて、美しい。

このあとシオンの両親が「同じ少年合唱団とバレエ学校の生徒同士で、シオンを生んだあと入水自殺してしまった」という過去が明らかにされ、シオンはデボラとどうなりたいのか考えるのですが…そこはぜひコミックスでお読み下さい。
  
  
売野先生が群像劇が上手い!

売野機子の作品はこちら


(札幌/中谷)
  1. 2016/04/03(日) 10:41:01|
  2. 札幌店中谷

ブラックドラえもん系マンガ





自分が頼んだばかりに得体の知れない道具を渡され、簡単な使い方だけレクチャーされて、リスクをあとから被るマンガってワクワクしますよね!大抵欲が出過ぎたり、正規の使い方をせずに暴走→バッドエンドパターンがお約束。たまにいい話。
毎回その漫画家さんが思い描くびっくりドッキリアイテムが飛び出すので何度も読み返してしまいます。
この「バベルハイムの商人」古海鐘一もそんなマンガのひとつ。 


160224-画像1


運命金貨を手にした時、悪魔との交易世界に永遠に組み込まれてしまう…というお話なので出てくるのは未来の道具ではなく悪魔の道具。
定番の宝石、人形からこけしまで世にも奇妙な効果を持つものばかり。


160224-画像2160224-画像3


1話完結形式で、人間と死神、人間とこの世のものではない生き物の対比と欲と金に対する愚かな話が半分…いやそれ以上かも…あります。金と欲と力のバランスが崩れると大抵自滅します。まさに悪魔的な魅力を持つ道具を手にしたら大抵の人間はバッドエンド一直線でしょう。上手く道具を使いこなしている話はちょっと人間として嬉しい。
話によってばらつきはありますが、描き込みが多く、悪魔や人ならざるもののキャラクターはしっかり描かれていて素敵!
人間と他の生き物を掛け合わせたデザインってなんて魅力的なんでしょう。


160224-画像4160224-画像5


160224-画像6


もう一冊
「魔物鑑定士バビロ」西義之 

160224-画像7


なんで一巻で終わってしまったんだ...!先生!連載再開待ってます!
道具使用→欲が出て(バビロ君が邪魔して)→自滅という流れは多作品と一見変わらずですが、西先生の描く瞳の丸いぷにっとした絵柄で描かれると辛さ倍増!
さえない主人公が信じては裏切られ、信じては裏切られる姿にやきもきすること間違いなしですね。
こちらは勧善懲悪というよりバビロ君が故意に道具を渡してしまい、渡された相手が自滅するのでバベルハイムよりも後味が悪い作品。でも道具が面白いから読んじゃう。

160224-画像8160224-画像9

160224-画像10


では本日はこの辺で。ごきげんよう。


(札幌店/中谷)
  1. 2016/02/25(木) 11:00:39|
  2. 札幌店中谷

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション